初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
『プロフェッショナルレスリング 失地回復戦』
〜猛虎遺伝子覚醒 2代目スーパータイガーデビュー戦〜

■日  時:2007年3月7日(水) 
                             開場/17時30分 試合開始/18時30分

■会  場:後楽園ホール

■大会内容:“伝説”初代タイガーマスクが設立した「プロレス&格闘技(武道)」のフュージョンベース【リアルジャパンプロレス】の第8弾大会。佐山サトルの格闘技集大成“市街地型実戦武道”『第10回掣圏真陰流トーナメント』も同時開催。

■席種・料金: RS席:8.000円 /A席:6.000円 /B席:5.000円

■主  催:リアルジャパンプロレス、掣圏真陰流本部「興義館」

■協  賛:レッドリボン推進実行委員会、鰍「くた、轄b曜会グループ、潟宴Cクライフ、かまだ家、チェアウォーカー快適情報誌WaWaWa、トランスデジタル梶Aデルモンパラダイス、日通トレード梶A皆DIエージェンシー、アルファオート梶A他。

■協  力:財団法人エイズ予防財団http://www.jfap.or.jp/、武道通信、     スーパータイガージム、KIAI PROJECT

■お問合せ  : KIAI PROJECT 03(5778)4995

■チケット発売:
1月28日(日)午前10時〜より一斉発売開始
e+(イープラス)  http://eplus.jp/tiger/(パソコン&携帯)

e+プレオーダーでチケットをご購入の方全員
【佐山サトルが語る非売品の映像!】掣圏真陰流本部道場「興義館」紹介DVDをプレゼント!(1回のお申込みにつき、紹介DVD 1枚)
e+の一般発売でチケットをご購入の方全員大会特製ポスター
(1,000円相当)
をプレゼント!(1回のお申込みにつき、ポスター1枚)

【“佐山サトルの一番弟子”・桜木裕司とファビアーノ 因縁の再戦が決定!】

 

10・28両国国技館「MARS 05 MARCHING ON」で組まれながら、わずか15秒で無効試合に終わってしまった両雄の決着戦!桜木にとっては連敗脱出を懸けた闘い、ファビアーノにとっては記念すべき総合デビュー戦とあってお互いに負けられない一戦だったが、気合いが入りすぎたせいか開始直後のファビアーノのローキックが桜木の下腹部を直撃。うずくまった桜木がそのまま戦闘不能に陥ったため、結果はノーコンテストに!MARSサイドはその場で両者の再戦を組むことを約束、それが早くも実現の運びとなった。そもそも二人とも、確かな実績を残した打撃の持ち主だけに、真っ向から打ち合えばド迫力の展開となることは間違いなし!前回の一件でさらに闘いへの欲求は増しているだけに、今度こそ、とんでもない最恐の闘いが繰り広げられる!

 

 

『MARS 06 “RAPID FIRE” 』12/22(金)横浜文化体育館大会の公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!

 

 

MARS横浜大会 因縁のファビアーノ戦に向けて曙と練習だと!】

──今日は22日のMARSに向けてどんな練習をしてるのかなって思って聞きに来ました。

 

桜木 あ、今日は横綱のパンチが入ってちょっと効きましたね。

──ああ、横綱。え? 横綱ってあの横綱ですか!?

桜木 そうです、曙さんです。

──えー! いま曙さんと練習してるんですか!

桜木 先生(初代タイガーマスクで興義館総監・佐山聡)が前から曙さんを教えてまして、その流れでいま僕がスパーリングパートナーをしてるんですよ。

──それは知りませんでした! ずいぶん贅沢ですね(笑)。

桜木 いや、凄いですよ、横綱は。最後、自分の練習ためにレスリングから関節をやってたら、「桜木君、その部分は相撲の立ち合いと一緒だね」って言って凄い技を教えてもらいました。で、「これはね、貴乃花がうまかったんだよ」って言うんですよ(笑)。

──つまり、曙から伝授された貴乃花の得意技だと(笑)!

桜木 そうなんです。それをやられて勉強になったんですけど、凄い苦しかったですよ(苦笑)。で、その後も「これはこういう風にやるんだよ」ってポンとやられたら、もの凄い飛ばされたんですよ。だから、凄い得したなと。

──思った以上にいい練習してるじゃないですか! しかもマスコミ的にも面白い(笑)。

桜木 だから恵まれてますよね。

──すいません、ちょっと脱線しちゃうんですけど、曙さん、いま調子どうなんですか?

桜木 日に日に調子がよくなってて、先週土曜日に会って、今日会って、こんなに変わるかなってぐらい。

──調子いいんですね。

桜木 スタミナはだいぶ上がってます。前は先生と練習やってても1Rぐらいでバテてたんですけど、今日は2時間ぐらい、15Rぐらいやってましたね。

──いままでのバテバテの横綱ではないと(笑)。で、桜木さんは仮想ジャイアント・シルバなんですか?

桜木 はい。台の上に乗ってミット持ってますね。スパーリングの時には普通にやってますけど。

──あんな200キロ超える人と滅多にできないんでいい経験ですね。

桜木 いや、本当にそうなんですよ。曙さん、早いんですよ。先生も「曙のジャブは凄い」って言ってて、「ボクシングやってたら世界チャンピオンになれる」って言うんですけど、実際早いんですよ。

──え、ホントですか? にわかには信じがたいです

桜木 たぶん力が抜けてきたんでしょうね。リズムが読めないんですよ。僕らはどっちかというと相手のリズムを崩して入っていくんですけど、横綱も先生にそれを習い始めたら完全に習得したんですよ。もともとハワイアンっていうのもあってリズムがいいんでしょうね。いまスパーするとお互いにリズムの探り合いになるんですよ。で、横綱とスパーリングしたあとほかの選手とスパーすると、その選手を遅く感じて「え!?」って。

──うそー!

桜木 一緒にやってる瓜田(幸造)さん(掣圏真陰流・師範代)も「桜木君が横綱とスパーリングやると早くなるから困るよ」って。

──早く動く曙(笑)。それはぜひとも見てみたいですよ!

 

【大晦日は、曙のセコンドに!!】

桜木 だから、大みそかの『Dynamite!!』は僕もセコンドに付きます。横綱には「ぜひ」って言っていただいて、先生も「行ってこい」っていうんで僕、「チーム・ヨコヅナ」です(笑)。

──面白いですね(笑)。

桜木 その流れで来年はいろいろ面白い動きができそうなんですね。ま、どうなるか、わかりませんけど(苦笑)。

──じゃあ、そのためにも今度の22日はしっかり勝っておきたいですね。

桜木 そうですね。

──で、今回はファビアーノ・サイクロン選手との再戦ですけど、前回はかかと落としを出して掴まれて、金的蹴られて、わずか15秒でノーコンテストという。

桜木 いままでも何度も金的蹴られたことがあって、基本的にはあまり気にしないでいたんですけど、当たり所が悪いっていうのはこういうことを言うのかなと(苦笑)。

──そもそも前回は試合前からケガしてましたしね。

桜木 あ、そうですね。試合2週間前の練習で足首をケガして。でも、そこで痛い顔してたら、先生に「いつまで痛い顔してるんだ」って絶対言われるんで練習してました。

──そしたら試合でタマを蹴られてまた痛い目に合い(笑)。

桜木 で、ようやく病院に行ったら足首折れてるよって。

──え! 折れてたんですか!

桜木 でも、いまさら「折れてました」って言って片足引くのもおかしいし(苦笑)。

──ですね(笑)。じゃあ、結局足首が折れたまま練習して試合に出ちゃったんですね。

桜木 結果的には(苦笑)。あと2週間の辛抱だからと思ってましたから。先生も「やれ!」って言ってましたし。

──佐山さんがそう言ったら、そうするしかないですからね(笑)。いまはもう足首は治ってるんですよね。

桜木 はい。

 

【対戦相手との試合前に、佐山サトル総監に壊される??】

──で、現在は、興義館(東京・本郷に完成した掣圏真陰流の総本山)で、曙さんとの練習も含め、日々鍛錬してるんですね。聞くところによると、最近、佐山さんがよく興義館にいらっしゃると。

桜木 いや、よくじゃなく毎日いらっしゃいます。昔は週に何回かで来てらしたんですけど、いまは毎日いらっしゃいます。夜は出るんですけど、だいたい昼はいますね。

──それは嬉しいですよねぇ(笑)。

桜木 う〜ん、嬉しいですね。もう一回青春が帰ってきたというか(苦笑)。

──先生の練習はどうですか?

桜木 気が抜けないです。道場に監視カメラがついていて、先生が隣の部屋にいても、いつ見てるかわからないんです。まったく気が抜けないんです(苦笑)。

──怖ろしいですね(笑)。

桜木 だから、いまの体調はいいです。紙一重ですけど。一歩間違えると試合前に壊れてますからね。瓜田さんがここ2試合ぐらい試合前に壊れてますから。

──あ、そうですか(苦笑)。具体的にはどんな練習してますか?

 

【佐山サトルの指導を受けた選手は強くなるという事実!】

桜木 以前と変わりないですね。スパーリングパートナーが何人かいて。で、出稽古に来てる人たちが先生から直接指導を受けてて、その人たちはしっかり結果を出してるんですよ。最近で言ったらSKアブソリュートの長谷川(秀彦=柔道三段・サンボ初段のサブミッションの名手)さんが先生に直接打撃を習って、DEEPで勝って次タイトルマッチじゃないですか。あとパレストラ八王子の鹿又(智成)くん、僕のセコンドに付いてるんですけど、彼はこの前、イギリスでやった金網総合格闘技の大会(『ケージ・ウォリアーズ・ショーダウン2』1119日開催)でオール一本勝ちで優勝したんですよ。

──あー! 僕も鹿又選手の話を聞いて凄いなって思ってたんですけど、佐山さんの指導を受けてたんですか。

桜木 彼はグラップリングはアブダビの日本代表になるぐらいですから問題ないんですけど、「打撃が怖い」っていうんで、先生に、催眠まではいかないんですけど、精神面でも強くしてもらったんですよ。

──佐山さんは精神面の強さをいま凄く研究してますからね。催眠まで取り入れて。

桜木 それで結果を出してるんですよ。先生に習ったモノをそのまま出して。だから、出稽古に来てる2人が両方とも結果を出してるのが。

──ヤバいじゃないですか。

桜木 ですね。だから、バランスの問題なんだなって思います。一歩間違えると壊れるんですよ。たまに来るといいのかなと(苦笑)。もうギリギリのラインですよね、一歩行きすぎるとオーバーワーク気味になったり、そういう紙一重のところで試合ギリギリまで持って行く。

──結構綱渡りですね。

桜木 でも、それで強くなってるなっていう実感はあるんですよね。

 

【佐山サトルの地雷とは?】

──いま佐山さんが直接教えてるんですよね? 

桜木 毎日ですね。いまはだいぶいい感じですけど、先月先々月は大変でした。

──どんな風に大変だったんですか?

桜木 ボクらの動きが悪いと……。この前、瓜田さんが地雷を踏んだ時は、2時間、3時間休憩なしでサンドバッグでした(苦笑)。その時、僕は足が折れてて、交代する人がいないんで瓜田さんはもうずっと。

──地雷ってどの辺にあるんですかね? わかんないから地雷なんでしょうけど(苦笑)。

桜木 まあ、そうですね(苦笑)。要は僕らが、先生の思うように動けないってことなんですね。動けないまでも、先生が思ってるものにほんのちょっとでも出来ないけどやろう、やろう、やろうって3段階ぐらい前に出ていかなきゃいけないんですよ。自分で限界を決めてこの辺でいいかなって妥協すると地雷ですね(苦笑)。

──そうすると地獄の特訓が待っているんですね(笑)。

桜木 結局、人が頑張ったっていうレベルの3倍から5倍頑張ってはじめて、先生の思う、頑張ってるのレベルになるんですね。普通の人の頑張ってるは先生にとっては頑張ってないんです。要は、“これくらいやってます”なんて度合いはどうでもいいんです。先生が思うものに達してるか、達していないか。達してなければ、全部やってないことになるという

──そうですか(苦笑)。ここ最近で開眼したことってありますか?

桜木 先生的にはもうある程度はできてるとおっしゃっていただいてます。

──良かったじゃないですか。

桜木 ただ、僕の場合は、先生が見なくなると崩れるんですよ。あとほんのちょっとなのにね、って言っていただけるんですけど、そのちょっとがもの凄く許せないようです(苦笑)。

──あ、許せないんですか(苦笑)。

桜木 ここまで来てるんだったら最後までヤレよと。なんでオレが見てなかったらまた悪くなるんだよと。なんか僕はヤレって言われたらその瞬間はできるんですけど、またちょっと時間が経つとダメになるんですよ。

──忘れっぽいんですかね?

桜木 う〜ん、やれって言われるとできるみたいですけど(苦笑)。

 

★佐山サトル直伝の“ロシアンフック”がファビアーノに炸裂する!

【対戦相手 ファビアーノとの肉体的ハンデは「面白い!」】

──ま、とりあえず形としてはいい方向に向かっていると(笑)。で、22日ですけど、相手のファビアーノさんはキックの選手とはいえ、PRIDEの中尾“KISS”芳広さんと一緒に練習してるんで侮れないですよね。

桜木 彼の弟はブラジリアン・トップチームの選手だって言ってましたしね。中尾さんとはずっと組技の練習をしてるようですし。今日も見てたら寝技しかやってないんですよ。

──え、近くで練習してるんですか?

桜木 横綱が練習してる場所にはいろんな選手が出入りしてるんで。中尾さんとか、野地竜太君もいますから。

──へー。実際リング上で一回見てるとは思うんですけど、どんな選手なのかなってわかりました? 

桜木 よーい、ドンで来る人なんだろうなと。向こうも総合デビュー戦なんでスタートダッシュでガーッと行くと思うんで、そこに飲まれなければ。あと体重差が結構あるんですよ。98キロ契約なんですけど、相手はたぶん105、6キロから落としてきて、僕は最近やっと91キロぐらいなんで。

──なんでそんな体重契約になっちゃったんですか?

桜木 向こうがそれぐらいしか落とせないからみたいですね。で、身長も10センチ近く向こうのが高くて。

──それかなり体力的なハンデがありますよ。

桜木 そうです。ま、でも、そういうほうのが面白いかなっていう(笑)。

──向こうだって総合は初めてってハンデがあるわけですしね。

桜木 そうです。だから、いいかなと(笑)。

──簡単に言い切りますね(笑)。今年桜木さんは戦績があまり芳しくないんで年末最後にドカンと決めたいですよね。

桜木 だから、去年と今年の違いは、去年は2連勝して2連敗して、2連勝して2連敗してって感じで結果的には5勝4敗で勝ち越しはしたんですけど、負けた時にもの凄く落ちたんですね。でも、今年はこれだけ連敗しても、なんていうのかな、たくましくなった。結果は負けてても自分の中では強くなってるなって。やっぱり気の持ちようで。こんなに負けててもオファーもいただきますし、これはもう、もう一回やったら全部ひっくり返るなって思えるんですよ。そのための伸び悩みであり、疲れやケガだなって実感してますね。

──ジャンプする前のヒザを落とす状態みたいなもんですかね。

桜木 最終的に勝てばすべてつじつまが合う。先生もそれをおっしゃってくれてますし、なにより自分がこれは強くなるなって思ってますから。イチイチ負けて落ち込んでるよりも負けてもオファーが来るならドンドンやらしてもらって。悪いスパイラルに入ってるのかもしれないけど、それでも自力で這い上がるという。

──がむしゃらな時期なんですね。

桜木 そこで一旦休憩入れて仕切り直ししたほうがいいんじゃないかっていう意見もあると思うんですけど、いまはやる時だと思ってます。

12/22(金)は、壊れてもやる!】

(ワールドパンクラスクリエイトRelese)

鈴木みのるTシャツ

 

(200枚限定・正月Ver.

発売のご案内

2007年の年明けから、鈴木みのるの200枚限定Tシャツが発売されることが決定!

 

06年の春には桜吹雪バージョン、夏には津波バージョン、秋にはMOONバージョンと季節限定のTシャツを発売し続け、常に話題を呼んでいた鈴木みのるTシャツ。

次なる新作はなんと200枚限定の正月バージョン!しかも200枚すべてのTシャツに鈴木みのるの直筆シリアルナンバー&サイン入り。つまり各ナンバーのシャツが世界にひとつだけしか無いという超レアものとなっている。そしてさらに!Tシャツをお買い上げの方にはもれなく鈴木みのるオリジナル年賀状が付いてくる!年賀状は数種類で、中には1点モノもあり!何が出てくるかは開けてからのお楽しみ!

1月2日の全日本プロレス・後楽園ホール大会の会場にて発売開始となり、3日、5日、6日、7日の全日本プロレス、4日の新日本プロレス東京ドーム大会(レッスルキングダム)の会場でも販売され、数がなくなり次第販売終了となります。

1月2日の全日本プロレス会場で最初に販売されるTシャツがシリアルナンバー「1」となる。栄光のシリアルナンバー「1」のTシャツを手にするのは誰か?1月2日は後楽園ホールへ急げ!(ナンバー「1」のTシャツをお買い上げの方は記念としてパンクラスホームページにて掲載致します。)

尚、12月8日からパンクラス(03−5792−0815)にて通販の電話先行予約も受け付けており、1月9日以降の発送となります。

 商品名:

 鈴木みのるTシャツ

(200枚限定・正月Ver.

オリジナル年賀状付き

価 格:¥4,000(税込)

サイズ:L

カラー:白

《通信販売方法》

【送金方法】郵便局備え付けの振替用紙でお申し込み下さい。

【記入方法】通信欄に商品名・数量をご記入の上、合計金額に発送手数料(¥630)を加えた金額をご送金下さい。

尚、ご購入金額が¥10,000以上の場合は発送手数料を無料とさせて頂きます。

〔払込 先〕00160−4−417605

〔加入者名〕パンクラス