初代タイガーが鈴木みのる&4代目タイガーと激突か!?/リアルジャパン6.193周年特別興行『PRINCIPLE!〜佐山原理主義〜』会見

5月7日(水)掣圏真陰流総本山・興義館に於いて、6月19日(木)に控えたリアルジャパンプロレス3周年特別興行『PRINCIPLE!〜佐山原理主義〜』後楽園ホール大会の記者会見が開かれ、初代タイガーマスク、4代目タイガーマスクを始めとした出場選手12人が集結した。

☆大会の詳細とチケット申し込みはコチラ!

☆★DSCF7717.JPG

【初代タイガーマスク冒頭挨拶コメント】
☆★DSCF7670.JPG
 「3年目を迎えて、これからリアルジャパン、ますますプロレスの本道という方向に導いていきたいなと思います。これは初代タイガーマスクがどうのこうのという問題じゃなくて、プロレス界全体をちょっとゴチャゴチャに洗濯し直して、おかしくなっている状態を洗濯し直して、プロレス界をピシッともう1回したいなという。そして、僕らの時代の時に、プロレスラーが誇りを持って、“ああ、プロレスラーだ”と言えていた状態。そういう日があったわけですから、今はどうしてもそういうのを見てみると、まったくそれらがないと。それは、総合格闘技にやられていたり、勝ってねえじゃないかという話も簡単なことで。あとは学芸会みたいになっているものもあり、こんな状態じゃプロレスラーが、プロレスがプロレスとして誇れるものはないんだなというのが自分の直接感じる気持ちです。タイガーマスクは利用してというのはちょっとおかしな言い方ですけど、私がプロレスに残していってあげることはそれを元に戻すと。今の状態を洗濯して、ガラガラといっぱい洗濯して、そして元に戻して、実力あるものが、プロレスラーは基礎がしっかりしていて、レスリングの基礎がしっかりしている、格闘技の基礎がしっかりしている、それらがリングに上がっていい試合を見せる。子供たちが“プロレスラーって強いんだな”と、“頼れるんだな”と。そういったものであるんだというプロレスをもう1回復活させてあげたい。そういう気持ちでプロレスに取り組んでるつもりです。3周年はこういったリアルジャパンの流れをこちらに無理矢理持ってこさせてもらうつもりで、対戦カードを組みましたので宜しくお願いいたします。」


 今大会はダブル・メインイベント形式で、そのひとつを飾るのは、初代タイガーの熱烈オファーによる、石川雄規vsアレクサンダー大塚。2代目スーパー・タイガーとタイガー・シャークをバトラーツに参戦させ、その後もバトラーツ道場で練習させるほどバトラーツに信頼を寄せている初代タイガーは「石川選手とアレク選手ならストロングスタイルの手本を見せてくれる。ある意味、一番重要な試合」と期待を寄せ、これには初代タイガーに心酔する石川も「重要なモノを任された」と神妙な面持ちで応える。石川はアレク戦の先にレジェンドチャンピオンシップのタイトルも見据え、ライバルからの勝利を誓った。
一方、バトラーツ1月大会で石川にシングルで敗れているアレクは、ベルトを視野に入れつつも、まずはリベンジを優先。「借りを返す」と打倒・石川を宣言した。

☆★DSCF7705.JPG

 もうひとつのメインカードは未定ながら、すでに初代タイガーと4代目タイガーの参加は決定済み。初参戦となった4代目タイガーは「タイガーを受け継いで13年経ちますが、ぜひ先生と一戦交えたい」と対戦を要求すると、親交のある鈴木みのるとタッグを組む希望を示した。鈴木といえばリアルジャパンのリングでの悪行が記憶に新しいところ。約10年ぶりになるというタイガー師弟対決に水を差す可能性もある。会見後の囲みで初代タイガーは鈴木に不快感を表し「(鈴木に試合を)持っていかれたらイヤだね」と吐き捨てており、鈴木との絡みに慎重な姿勢を見せた。

☆★4代目トリミング.JPG

 4代目タイガーは、初代タイガーのパートナーにサミー・リーJr.を推薦。96年、欧州に遠征した際プロモーターの意向からサミー・リーJr.の名で試合している4代目タイガー。「僕ももうひとりのサミー・リーJr.。リアルジャパンに登場するサミー・リーJr.もいい選手だと聞いてるし、存在が気になる」と宣戦布告。実現すればサミー・リー兄弟対決(?)となり、前代未聞となるジュニア戦争に注目が集まる。初代タイガー&サミー・リーJr.vs鈴木&4代目タイガーが実現すれば、リアルジャパン3周年記念大会のメインに相応しいカードに違いない。満更でもない様子の初代タイガーは「コイツ(4代目)は全てを引き継いでいる」「コイツと戦って引退するなら本望と思ってる」「コイツを光らせてあげたいけど、それには自分がもっと絞らなきゃならない」と弟子との対戦に前向きな姿勢を見せた。

☆★DSCF7715.JPG

 セミファイナルと目される『レジェンドチャンピオンシップ選手権試合』は、王者・折原昌夫vs“仮面シューター”スーパー・ライダーに決定。3月大会ではメインに抜擢され、今回もタイトル挑戦者に選ばれたことに戸惑うライダーは「この一戦で真価が問われる。人間とは大義に目覚めた時、一番力を発揮できるもの。師匠が果たして何を望んでいるのかは十分わかっているつもり。最初は“なぜ自分が?”とも思ったが、今は落ち着いている。」と心境を吐露。「折原選手はパワフルだし、インサイドワークにしても自分より一枚も二枚も上。すべてをチャンピオンにブツけていく」と王者を冷静に分析した。迎え撃つ折原はライダーの実力は認めつつも「負ける気がしない」と余裕の構え。「彼を破って、このベルトの勝ちをもっと高める。まだまだ自分が巻いているべきベルト。誰にも渡さない」と社会人レスリング元日本王者の肩書きを持つ陰の実力者は長期政権を誓った。

☆★DSCF7703.JPG

 なお、ドラディションの長井満也も初参戦。迎撃する2代目スーパー・タイガーは4月のバトラーツ北千住大会で長井に敗れており「前回の戦いでリミッターを外せる相手だとわかった。前回はまだスタイルに迷いがあったが、今回は勢いがあるところを見せつける」と気合い十分。「初代タイガーがいなければ、今の僕はない」と豪語する長井は「彼が虎の仮面をかぶる資格があるのか確かめる」と査定を予告。「もし彼の中で “俺は2代目だから、こういう選手じゃなきゃいけない”というのがあるとしたら、それをブチ壊す。彼らしい2代目スーパー・タイガーにしてやりたい」と超虎覚醒を買って出た。

☆★DSCF7693.JPG

 そして、2代目スーパー・タイガーと並ぶ初代タイガーの愛弟子マスクマンであるタイガー・シャークは、前大会でサミー・リーJr.のデビュー戦の相手を務めたケンドー・ナカザキと対決。「虎でも鮫でもどっちでもいいんですが、僕は高性能な戦闘機だということをしっかりとみんなの目に見せつけてやりたいと思います」と語るシャークに対して、「ベス…ベスト…ベストヲツクス」と英語で短い単語を発するケンドー・ナカザキ。荒々しさを持ちながら、実力を兼ね備えたのマスクマンレスラー同士の意地と意地のぶつかり合いは見ものだ。サミー・リーJr.戦とは違うケンドー・ナカザキの違う面も見られるような試合になるのではないだろうか。

☆★DSCF7682.JPG


【大会概要】
リアルジャパンプロレス第13弾
3周年特別興行『PRINCIPLE!〜佐山原理主義〜』
6月19日(木)東京・後楽園ホール開場17:30開始18:30

■決定カード
▼第1試合『リアルジャパンvsバトラーツ ヤング対抗戦』
間下隼人、斎藤彰文
vs
吉川祐太、矢野啓太

初代タイガーマスクと“燃える情念”石川雄規の若手遺伝子がストロング対決。

▼シングルマッチ
タイガー・シャーク
vs
ケンドー・ナカザキ

初代タイガーマスクの愛弟子がサミー・リーJr.を追って来日した国籍不明の実力マスクマンと激突!

▼シングルマッチ
長井満也
vs
2代目スーパー・タイガー

スーパータイガージムを自身の格闘技人生のスタート地点とする男が遂に佐山サトルの総本山に参戦。初代タイガーマスクの愛弟子と勝負。

▼『レジェンドチャンピオンシップ選手権試合』
折原昌夫(第2代王者)
vs
“仮面シューター”スーパー・ライダー

レスリング社会人王者の肩書きを持つ実力者と総合格闘技シューティング初代王者と噂される
伝説のレスラーが雌雄を決するのはこのリアルジャパンマット。

▼『ダブルメインイベント第1試合 バチバチ最強対決』
石川雄規
vs
アレクサンダー大塚選手

カール・ゴッチ、藤原組の遺伝子の最強ストロングスタイル対決がリアルジャパンマットで実現。


■出場決定選手:初代タイガーマスク、4代目タイガーマスク、他
■大会出場予定選手:鈴木みのる、サミー・リーJr.
■チケット RS席8000円、A席6000円、B席5000円
※大会当日、来場者全員に3周年記念限定オリジナルポストカードをプレゼント
■問 KIAI PROJECT03−3833−3662
『第2回TIA講義会〜プリンシプル〜』開催決定!

★principle.jpg

4月26日(土)に第一回目を開催し大好評を博した佐山サトル講義会。
早くも第2回目講義会を5月17日(土曜日)に実施します。

今回は「真の武士道」と、「心の仕組みや普遍的無意識」について
講義する予定です。

佐山講演画像.JPG


【開催概要】
★『第2回TIA講義会〜プリンシプル〜』
★日時 2008年5月17日(土曜日)
★場所 興義館
★時間 15:00〜17:00
★料金 1,500円
★講師 佐山サトル(掣圏真陰流 創師 / 興義館 総監 / 初代タイガーマスク)
★締切 先着50名様まで
★お問い合わせ・お申込み 興義館 03-3812-1202(14:00〜20:00)

※TIA=Tiger Intelligence Agency
初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
第13弾 3周年特別興行『PRINCIPLE!〜佐山原理主義〜』
6/19(木)後楽園ホール 18時30分試合開始


★大会詳細とチケット申込みはコチラ!
★080619-poster_c.JPG

【出場予定選手】
初代タイガーマスク(RJPW)/4代目タイガーマスク(新日本プロレス)/鈴木みのる(パンクラスMISSION)/石川雄規(バトラーツ)/折原昌夫(メビウス/第2代レジェンドチャンピオン)/アレクサンダー大塚(AODC)/長井満也(ドラディション)/ケンドー・ナカザキ(国籍不明)/サミー・リー JR. (国籍不明)/“仮面シューター”スーパー・ライダー(RJPW)/2代目スーパー・タイガー(RJPW)/タイガー・シャーク(RJPW)/間下隼人(RJPW)/
斎藤彰文(RJPW)