090911_realjapan_01.jpg

初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス『BREAK OUT』
9月11日(金)東京・後楽園ホール 開場17:30開始18:30

■決定対戦カード
▼メインイベント30分1本勝負
初代タイガーマスク(RJPW)
vs 高山善廣(高山堂)

■出場予定選手 鈴木みのる(パンクラスMISSION)、アレクサンダー大塚(第3代レジェンドチャンピオン/AODC)、ウルティモ・ドラゴン(闘龍門メキシコ)、ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)、石川雄規(バトラーツ)、折原昌夫(リアルダーク/メビウス)、スーパー・タイガー(RJPW)、タイガー・シャーク(リアルダーク/RJPW)、ブラック・シャドー(リアルダーク/フリー)、長井満也(ドラディション)、グラン浜田(フリー)、ケンドー・ナカザキ(RJPW)、間下隼人(RJPW)、斎藤彰文(RJPW)、他

★大会詳細とチケット申込はコチラ!


 11日、リアルジャパンプロレスが記者会見を行い、9月11日に東京・後楽園ホールで開催される『BREAK OUT』のメインカードを発表した。
 初代タイガーマスクvs高山善廣という、ドリームマッチと呼ぶに相応しいカードが決定。2人は会見に出席し、決戦に向けて意気込みを語った。

 高山は昨年、タイガーの首を狙ってリアルジャパンマットに上陸。2大会に出場したが、直接対決は組まれず、対戦の気運が高まったままになっていた。その後、高山はプロレス界の至宝・三冠ヘビー級王座を戴冠。それを知ったタイガーは「日本のレスラーの中でも絶頂期を迎えている高山選手とどこまで戦えるか、試してみたい」という思いを抑えきれず、タッグではなく、あえてシングルで対戦することを決意したという。

090911_realjapan_02.jpg その決意の重さを感じさせたのは“進退をかける”という言葉だ。
「まったく通じないようであれば本当に引退を覚悟してます。必ず勝てるように頑張っていきますし、せめて当時のスーパー・タイガーぐらいの体重まで戻してくるので、思いっきりやってみたい。現代の三冠チャンピオンにどこまで通用するのか? ファンの皆さんにも、記者の皆さんにも見てもらいたい」

 タイガーはお盆休みを返上して北海道合宿を敢行。最近は体調面も安定しており、本人も「高山選手の身長を超えるぐらいのジャンプも見せることができるかもしれません」と語っていた。だからと言って、楽観視しているわけではなく、「これだけ体調が良くて完膚無きまでにやられたら、やっぱり考えてしまう。その場合には進退をかけますから」と悲壮なほどの決意を告白。100%の自分で試合に挑むつもりのようだ。
 対する高山はタイガーのことを「俺がプロレスを好きになった頃のスーパースター」と評した。

「以前、ジャイアント馬場さんと1回だけ対戦したことがあるんですけど、その時は“今さら馬場さんと…”と思ったのに、やった後は“やって良かった”と思えたんです。で、数年前にマスカラスとも対戦したんだけど、そうしたら“やんなきゃよかった”って。今回はどっちなのか? まあ、進退をかけると言ってたんで、楽しみですよ」

090911_realjapan_03.jpg いつものように刺激的な言葉が飛び出すかと思われたが、意外にも高山の口からは落ち着いた発言が目立つ。かつてのタイガーマスクを「凄かった。ホントに面白かったね」と称えると、最近のファイトについても「IGFで藤原さんと当たっているのを観て、素直に“頑張っているなあ”と思った」と発言。「ダイエットに成功したら、昔みたいにドバーン!と来るんだろうなって。最近の試合を観ても、全盛期に近い動きをしてたんだよね。あながち本人が口で言っているだけじゃないと思うから」と警戒心まで示した。
 とはいえ、これは余裕のある証拠でもある。

「進退をかけると言われちゃったら、じゃあ、俺のさじ加減次第なのかなって」

「タッグで対戦してお茶を濁しちゃったら、その間にもうできなくなるかもしれないんでね」

「マスカラスと対戦した時はとんでもない相手だったからマスクを剥ごうと思ったんだけど、今回は佐山さん次第だよね。あまりになにもできなかったら、マスクを剥ぐことぐらいしかお客さんを興奮させるシーンが無くなっちゃうもん」

 発言の数々から感じられるのは、高山の圧倒的な自信。タイガーに負けるとは微塵も思ってない様子だった。

 果たしてこの余裕をタイガーは奪うことができるのか? そのためには今まで以上に厳しいトレーニングを自らに課し、全盛期に勝るとも劣らないコンディションを作り上げることが絶対条件となる。タイガーには三冠王者の鼻を明かすような戦いに期待したいところだが…。

≫会見全文コメントはコチラ


初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス『BREAK OUT』
9月11日(金)東京・後楽園ホール 開場17:30開始18:30
■決定対戦カード
▼メインイベント30分1本勝負
初代タイガーマスク(RJPW)
vs
高山善廣(高山堂)

■出場予定選手 鈴木みのる(パンクラスMISSION)、アレクサンダー大塚(第3代レジェンドチャンピオン/AODC)、ウルティモ・ドラゴン(闘龍門メキシコ)、ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)、石川雄規(バトラーツ)、折原昌夫(リアルダーク/メビウス)、スーパー・タイガー(RJPW)、タイガー・シャーク(リアルダーク/RJPW)、ブラック・シャドー(リアルダーク/フリー)、長井満也(ドラディション)、グラン浜田(フリー)、ケンドー・ナカザキ(RJPW)、間下隼人(RJPW)、斎藤彰文(RJPW)、他
■チケット RS席8,000円、A席6,000円、B席5,000円
■チケット発売所 e+ イープラス ほか。
■お問い合わせ KIAI PROJECT 03-3833-3662

090911_realjapan_04.jpg
★★DSC03304.JPG

梶原一騎先生23回忌追悼興行MA日本キック 8月2日(日)後楽園ホール大会にて夢激突!目前に控える、初代タイガーマスクと現IWGP王者・棚橋弘至が、リアルジャパン本山の興義館にて、主催者である、真樹日佐夫先生(WKA世界空手道連盟・真樹道場宗師)立会いの下、記者会見に臨んだ!

初代タイガーマスクが、“ミスターIWGP”永田裕志と初のチーム結成で、現IWGP王者・棚橋弘至、現IWGP Jr.ヘビー級王者・タイガーマスク(4代目)と激突するという前代未聞の驚愕カードは、タイガーマスクを生んだ梶原一騎先生23回忌追悼興行でしか実現不可能な夢カード。プロレスファンは勿論、格闘技ファンも大注目になるこのカードは絶対見たい!

★大会詳細とチケット申込はコチラ!


真樹先生興行.jpg


◇◆ プロレスリング スペシャルマッチ【6人タッグマッチ 30分1本勝負】 ◇◆
初代タイガーマスク(リアルジャパンプロレス)、永田裕志(NJPW)、吉橋伸雄(NJPW)
vs
[4代目]タイガーマスク(現IWGP Jr.ヘビー級王者/NJPW)、棚橋弘至(現IWGPヘビー級王者/NJPW)、岡田かずちか(NJPW)

【三沢光晴(2代目タイガーマスク)追悼セレモニー】




【大会概要】
〜梶原一騎23回忌追悼記念・第12回梶原一騎杯〜
『K I C K G U T S 2009  BREAK THROUGH‐12 〜突破口〜』
■開催日時:2009.8.2(日) 開場/4時45分 試合開始/5時00分
■会 場:後楽園ホール
■席種・料金:RS・15.000円/ S・10.000円/ A・7.000円/ B・5.000円 (当日500円UP)
■主  催:主催/真樹道場本部 



★★DSC03247.JPG


★★DSC03329.JPG


初代タイガーマスクと現IWGP王者・棚橋弘至梶原一騎先生23回忌追悼興行で夢激突!MA日本キック 8月2日(日)後楽園ホール大会

初代タイガーマスクが、“ミスターIWGP”永田裕志と初のチーム結成で、現IWGP王者・棚橋弘至、現IWGP Jr.ヘビー級王者・タイガーマスク(4代目)と激突するという前代未聞の驚愕カードが決定いたしました。タイガーマスクを生んだ梶原一騎先生23回忌追悼興行でしか実現不可能なこの夢の対戦カード。プロレスファンは勿論、格闘技ファンも大注目になるこのカードは絶対見たい!

★大会詳細とチケット申込はコチラ!


真樹先生興行.jpg


【対戦決定カード】
初代タイガーマスク(リアルジャパン) 
永田裕志(NJPW)、吉橋伸雄(NJPW)
vs 
[4代目]タイガーマスク(現IWGP Jr.ヘビー級王者/NJPW)、
棚橋弘至(現IWGPヘビー級王者/NJPW)、
岡田かずちか(NJPW)

【実施決定】
<★三沢光晴(2代目タイガーマスク)追悼セレモニー★>



【大会概要】
〜梶原一騎23回忌追悼記念・第12回梶原一騎杯〜
『K I C K G U T S 2009  BREAK THROUGH‐12 〜突破口〜』
■開催日時:2009.8.2(日) 開場/4時45分 試合開始/5時00分
■会 場:後楽園ホール
■席種・料金:RS・15.000円/ S・10.000円/ A・7.000円/ B・5.000円 (当日500円UP)
■主  催:主催/真樹道場本部 


『K I C K G U T S 2009  BREAK THROUGH‐12 〜突破口〜』
対戦決定カード

<第12試合 Wメインイベント−U /MA日本キックボクシング連盟 ヘビー級タイトルマッチ/5R>
  マグナム酒井/士道館士魂村上塾(東京)/MA日本ヘビー級王者
  高森啓吾/谷山ジム(神奈川)/MA日本ヘビー級1位

<第11試合 Wメインイベント−T 「日・タイ国際戦〜王者対決〜」/5R>
  駿  太/谷山ジム(神奈川)/WMAF世界フェザー級王者 
  デットパノム・チュワッタナ/タイ国/ラジャダムナンSt.スーパーバンタム級王者


◇◆ プロレスリング スペシャルマッチ【6人タッグマッチ 30分1本勝負】 ◇◆
初代タイガーマスク(リアルジャパンプロレス)、
永田裕志(NJPW)、吉橋伸雄(NJPW)
vs
[4代目]タイガーマスク(現IWGP Jr.ヘビー級王者/NJPW)、
棚橋弘至(現IWGPヘビー級王者/NJPW)、岡田かずちか(NJPW)

【三沢光晴(2代目タイガーマスク)追悼セレモニー】


第10試合 S.ライト級/WBCムエタイルール日本王者決定T.準決勝/5R+SD1
  山本佑機/橋本道場(東京)/MA日本ライト級1位
  HANAWA/ブリザードジム(東京)/NJKF.ライト級1位


第9試合 S.フェザー級/WBCムエタイルール日本王者決定T.準決勝/5R+SD1
  末広智明/大道塾吉祥寺支部(東京)/’07北斗旗軽量級王者
  中須賀芳徳/OGUNI-GYM(東京)/NJKF.同級1位


第8試合 フェザー級/WBCムエタイルール日本王者決定T.準決勝/5R+SD1
  ハンター御之畄/HOSOKAWAジム(岩手)/Sフェザー級3位
  心センチャイジム/センチャイムエタイジム(東京)/NJKF.同級3位
MA日本キックボクシング連盟 真樹道場本部/リアルジャパンプロレス

第7試合 バンタム級/WBCムエタイルール日本王者決定T.準決勝/5R+SD1
   島んちゅ 泰/真樹ジムオキナワ(沖縄)/MA同級2位
  TSUYOSHI/健心塾(大阪)/NJKF.同級1位

第6試合 フライ級/WBCムエタイルール日本王者決定T.準決勝/5R+SD1
  飛燕野嶋/契明ジム(兵庫)/MA日本同級王者
  大槻直輝/OGUNI−GYM(東京)/NJKF.同級2位

第5試合 フライ級/WBCムエタイルール日本王者決定T.準決勝/5R+SD1
  エリー隆司/武勇会(愛媛)/MA日本同級2位
  中西祐介/健心塾(大阪)/NJKF.同級1位

第4試合 フェザー級/3分3R ※ヒジあり
  川野賀郎/Studio-K(広島)/MA同級6位
  千葉剣士郎/新東金ジム(千葉)

第3試合 フェザー級/3分3R ※ヒジあり
  テープジュン・サイチャーン/真樹アイチ(愛知)/MA同級10位
  虎舞拳隆/新東金ジム(千葉)
  
〜Opening fight〜

第2試合 S.フェザー級/2分3R ※ヒジなし
  カズ☆ソーンパヤック/真樹ジムアイチ(愛知)
  福島文仁/ダイケンジム(山梨)

第1試合 62kg契約/2分3R ※ヒジなし
  光紀/真樹道場本部(東京)
  小田裕志/相模原ジム(神奈川)