3月3日(日)の15時15分より、東京・神楽坂で開催いたします、佐山サトル総監の特別講演会『PRINCIPLE(プリンシプル) 』に向け、佐山総監から皆様へのメッセージを承りました。ぜひご閲読いただきますようお願い申し上げます。




■公演名:初代タイガーマスク 佐山サトル特別講演会『PRINCIPLE(プリンシプル) 』
■開催日:2013年3月3日(日)15時00分開場/15時15分開始
■会場:新生武士道 掣圏真陰流『神楽坂スタジオ』
■講演テーマ:『武士道〜思考のプロセスと変換〜』
詳細・チケット申込はコチラ!



■《佐山サトル総監より皆様へ》

約三十年前、総合格闘技を創始した時、それはスポーツとして全ての面で具現化することでした。真剣勝負の試合による、真剣勝負用の選手を造り、真剣勝負でのルールを造る。それが今ではUFCにまで適用されています。いわゆる「本物」の総合格闘技の始まりでした。そして総合の「技術」を開発することが何より重要な時期でした。

低重心アップライト、打・投・極

元々日本という国は、受入れと融合の国です。そしてより高度に変換する国なのです。 前者の全てを造りあげ・・・・・、私は格闘技という亡霊から離れました。 人を育て精神を育てるものでなければ、何の意味もないと気付いたからです。全て一からやり直そうと決心し二十年、今日の佐山サトルがあります。科学を研究し、武士道を研究し、各剣術の流派を研究し、歴史を研究し、神道、仏教、儒学、朱子学、陽明学、孫子、韓非子、五輪書、マキャベリックまでまさぐりました。そして現代のフリー主義と世界の原理主義の現状をつかみ、 然るに私は私の立ち位置を、新生武士道と位置づけることにしたのです。

その証がプリンシプルです。

この間、一切「格闘技」と縁を切り、武道に邁進することにしたのですが、格闘技をバカにしのではなく、完璧に分けて進まないと前進できないと感じたからです。

世に認められるのは遠いとよく言われます。また特許をとっていれば良かったのにともよく言われます。

そんなの私には一切関係ありません。サムライとして通用するでしょうか、武士道は哲学です。世の中にはすぐにでも認めなくてはならないものはいくらでもあります。

例えば、何万ベクレルあるセシウムを、元の自然界と変わらぬものにする装置。国が認めた機関でも通り、後は一刻も早く実施するところに来ているそうです。哲学は急務なものではないのです。 


現在、私はプロレスも行っていますが、プロレスを格闘技として位置付けはしていません。プロレスはプロレスとして夢を売るものです。これだけはハッキリ言っておきます、両者を中途半端にしない、だから私は信用があり、本物が出来るのだと思っています。ファンのための名誉回復が目的であり、OBとして、あまりにもさげすまされた現状を取り戻したいのです。両者につながるものがストロングスタイルなのです。では私が言う武士道とは何かというと、明治に諸外国へ規律精神基底ある国として紹介する、あの有名な新渡戸先生の「武士道」や、山鹿素行の「士道」でもありません。これらは儒教(朱子学)を主体としているものです。

朱子学的に切腹を美化して取り入れ、各礼法を武道として学ぶと負けてしまいます。

プロレタリア左翼思想の餌食となるだけでしょう。朱子学は五世紀六世紀に、王仁博士や五教博士によって伝来して来た孔子孟子の儒教とは、まるで違うものです。宋の時代に生まれ、明の時代に管学として採用されたものが、江戸時代に伝来したもので、山鹿は朱子学の形而上の部分を否定したのであって、朱子学自体を否定したのではありません。その後、古学を取り入れ「中朝事実」を説きますが、これは素晴らしい思想ですが、学問ではないのです。

しかし朱子学の全てが悪いのではありません。

事物を追及する「格物窮理」の思想は、日本の物作りに多大な遺伝子を残したと思います。更に、国学を定義した水戸学は陽明学を取り入れ、江戸封建制度からの脱却として、がぜん思想の実戦化をしていきます。

一方、近代から発達して来た共産プロレタリア思想は、それら「教え」のものを全て排除し、フリー思想を造りました。彼らの主な思想排除はキリスト教でしたが、日本のプロレタリア思想家達は、儒教に目をつけたのです。しかし、それは朱子学のことなのです。共産革命を成功させたヴォルシェビキとは、トロッキー、ジェノビエフ、ルカーチ、レーニン、カーメネフ等、日露戦争時、反帝政ロシアの核として日本が100万円を持って支援した組織です。彼等は長年帝政ロシアで差別され続けて来た民、ユダヤ教を信仰する人々でした。

ユダヤ人とは血縁で結ばれた人々ではなく、ユダヤ教に入信すればユダヤ人となります。長年に及ぶキリスト教との軋轢と虐待。1881年には、一晩で20万人が殺されたというポグロムが起こります。宗教を捨て、全ての差別や、差別に関する要因を否定させる。

「これがあるから差別が起こるんだ」という概念、

宗教、家族制度、父権、権威、性的節度、伝統、国家、愛国心、尊敬心・・・、ありとあらゆる徳目や「価値」は排除する必要がありました。 この思想はドイツからアメリカに回り、現在日本に来ています。アメリカや世界は宗教心が強いので、実は全てを受け入れていません。私が言う武士道とは、平安末期から戦国後期までの武士思想であす。これに、後に伝わる陽明学がプラスされたら、どんなに強く正しい思想になるか。

単なる格闘技では人を造ることはできませません。単なる武道も然り。真の武士道こそが理想のものとなる、新生武士道とは、上記にさらにユダヤキリスト思想や、フリー思想までも配慮し、この国を最新思想に造るためのものです。ベストは生まれます。正直この思想が完成するまで格闘技を教える気にはなりませんでした。この10年、選手技術育成よりも思想構築の方が大事だったのです。

本当の実践は後一年から一年半だと思っていました。
完全なる武道の完成と本格的な選手育成のことです。

現在の選手には精神武道を教えています。勝手に強くなっていきます。昔、総合格闘技が全盛を向かえたと言われた頃、私は全く興味がなく新生武士道を模索していました。私にとって精神性のない格闘技は、しょせん個人の金や名誉だけを目的とする組織にしか見えず、偽物の過ぎないのです。一切格闘技会にも雑誌にも出ませんでしたし、将来もそうでしょう。

何かに押されて最終段階と共に、今回は大成長して育成に本腰を入れ、総合の選手を造りUFCやロシアに送りだします。私が本格的に武道家として送るのですからチャンピオンも決して夢ではありません。技術や精神論を学びながら、選手は武道掣圏を行うか、武道家としてUFCやロシアに遠征することになるのです。ここで私の選手達は武道家として紹介されるでしょう。神聖な礼儀と態度、あらゆる要素を発揮して日本の武道家として、リングに立つことになるのです。本物の心技体が造れる場所や寮を用意し、仕事を用意し(ステーキハウス)「みんなも来てね!」、練習に没頭する。そんな青春があったら素敵でしょ?

ストロングスタイルプロレスにも通じる技術。

武道家として巣立つもよし。セラピストとなってもよし。掣圏を広めるもよし。青春時代、世界で金を稼ぐもよし。プロレスラーになるもよし。

次回プリンシプルは、武士道の思想を語りましょう。

儒教とは何か、朱子学とは何か、陽明学とは何か、士道とは何か、国学とは何か。 この辺を知っておけば、深く日本が理解できますよ。 時間があれば、武士道とは何かをもう少し深く行きましょう。

佐山 聡




■公演名:初代タイガーマスク 佐山サトル特別講演会『PRINCIPLE(プリンシプル) 』
■開催日:2013年3月3日(日)15時00分開場/15時15分開始
■会場:新生武士道 掣圏真陰流『神楽坂スタジオ』
■講演テーマ:『武士道〜思考のプロセスと変換〜』
詳細・チケット申込はコチラ!

2013-02-28 16:27 この記事だけ表示

「武士道の本当の正体、そして武士道思考のプロセスと変換」
3月3日掣圏真陰流 神楽坂スタジオ
初代タイガーマスク 佐山サトル総監が、特別講演会『PRINCIPLE(プリンシプル)』を開催!




■講演名:初代タイガーマスク 佐山サトル 特別講演会 『PRINCIPLE(プリンシプル)』
  〜思考のプロセスと変遷〜
■開催日:3/3(日) 開場15時00分 開始15時15分
■開催場所:新生武士道 掣圏真陰流『神楽坂スタジオ』 (東京都)
■講師:初代タイガーマスク 佐山サトル
>>詳細・チケット申込はコチラ!



 3月3日(日)、東京・新生武士道 掣圏真陰流 神楽坂スタジオにて、初代タイガーマスクこと、佐山サトル総監の特別講演会『PRINCIPLE(プリンシプル)』が再び開催される。今回のテーマは「武士道〜思考のプロセスと変換〜」。会見に集まったマスコミを前に、まずは昨年の大晦日に行われた後援会の総括から佐山総監がお話になられた。

 「武士道の本当の正体、武士道はあるのかないのか。そしてその武士道の思考。平安末期から戦国過ぎまでの思考、江戸時代から変わっていった思考、明治時代からの思考と、もちろん昭和のは違ってくる。思考の正体を解き明かす」内容であり、「武士道の思考プロセスと変遷を解き明かす有意義なものになる」と話された。

 本講演会は、参加すればわかることだが堅苦しいセミナーではなく、冗談や逸話を織り交ぜながらの内容であり、毎回知らないエピソードや世界情勢まで出て来て大変勉強になる。目を覚まされる思いがあるのは誇張ではない。気楽に質問なども受け付けているため、参加者の層は幅広く、仕事抜きの業界関係者の顔も見られるのはこのためだ。

 一度試されると、巷の風評とは違った印象を持たれる方が大半なのは事実である。世界観が広がったように思える、有意義な講義会は百聞は一見にしかずの典型であろう。



■プリンシプルとは
 真の精神武道の確立を目指す初代タイガーマスク 佐山サトルが独自の視点から、この国のあり方や将来像をお伝えしております特別講義会プリンシプル。日本再生の原動力として最も必要とされることは何か、その為に、私たち一人一人は何を考えて行動すべきか。世界各国の情勢も踏まえ、私たち、そして日本が取るべき行動について、今後の指針を佐山サトル総監がお話させていただいております。

 武道家である佐山サトルがなぜ日本のあり方を語るのでしょうか。それは国や組織のリーダーたちに必要なあり方と、武道家のあり方が共通するからです。武道で勝利をおさめるには、相手を含めた森羅万象、本質を感じとり、動くべきときに大胆に行動することが重要となります。これは、リーダーと呼ばれるすべての人に求められる資質そのものです。この森羅万象、本質を捉えるには何が大切となるのか、何を体得すべきなのかを、

 佐山サトルがお話しします。特に一昨年の3.11以降、国や組織のあり方は大きく揺らいでいるように感じられます。ここに軸を作り、再生を図るためには何が必要か、国だけでなく、会社や組織を発展させていくために重要なことは何か、これらの知見が得られることでしょう。



■講演名:初代タイガーマスク 佐山サトル 特別講演会 『PRINCIPLE(プリンシプル)』
  〜思考のプロセスと変遷〜
■開催日:3/3(日) 開場15時00分 開始15時15分
■開催場所:新生武士道 掣圏真陰流『神楽坂スタジオ』(東京都)
■講師:初代タイガーマスク 佐山サトル
>>詳細・チケット申込はコチラ!

2013-02-18 10:00 この記事だけ表示

ストロングスタイル復活を掲げる初代タイガーマスクが"帝王"




■公演名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 『聖域〜SANCTUARY〜』
■日時:3月22日(金)開場/17時30分 試合開始/18時30分 
■会場:後楽園ホール (東京都)
>>詳細・チケット申込はコチラ!



■記者会見
 14日、東京都内のリアルジャパンプロレス掣圏真陰流興義館にて記者会見が行われ、3月22日(金)に後楽園ホールで開催される『聖域〜SANCTUARY〜』において、初代タイガーマスク対高山善廣のシングルマッチ他、主要な対戦カードが発表となった。



 会見には初代タイガーマスク、対戦相手の高山善廣のほか、村上和成とレジェンド選手権試合を争う第7代王者のスーパー・タイガー、長井満也とシングル戦を闘うタイガー・シャーク、リアルジャパン代表の平井丈雅が出席。

 スーパー・タイガーは「村上選手とは石川雄規の興行で過去2回タッグで闘っているし、UFOの頃から知っている」とした上で、「ストロングスタイルの狂気の部分」を持っているとした。「自分の場合は内側に秘めた"気"で闘うので、2つの異なる狂気、2人にしか出来ない試合になる」とコメント。

 タイガー・シャークは、「長井選手とはこれまで何回かタッグマッチで当たっていたけど、自分としてはシングルでやりたかったので、願ってもないカードを組んでくれた。もう、がっちりどんどん仕掛けていきたい」という。

 初代タイガーマスクは、「村上選手については、UFOの時に非常にイイ試合をしていて高く評価してました。基本は出来ているし、なかなかやってくれるではないかと。リアルジャパンが目指すものの一員になれるのではないか。スーパー・タイガーも、責任ある試合をやって欲しい」と述べられた。
「はっきり言って、タイガー・シャークをリアルジャパンに引き戻す試合」と定義された長井戦については、「資質を持っている。もしかしたら、一番資質を持っているので、堂々としたプロレスをやらせる。この渦の中の一員とさせてもらうと、このリアルジャパンは凄く層が広くなる。その意味での今回の試合である」としている。



 なお、この発言に関して質疑応答の際に、「少し前の(タイガー・シャークの)数試合に納得していない」と明言。「飛ぶことも出来るし、器用な選手だけど違う方向に行かされていた。本来ならもっと凄いことになる。タイガーマスクも飛びますけど、学芸会のような試合はしない。ストロングスタイルがあって飛ぶという」。「飛ぶことがガチンコなんですよ!プロセスがあってのことなんです。シャークは、ストロングスタイルの一角に食い込んで欲しい。その中でスペクタクルなもの、ハラハラしてみれるものがあるかどうか。両方が出来て、お客さんも鳥肌が立つようなことになる。面白くないストロングスタイルをやってもしょうがない。合わさればもの凄い戦力になると思いますね」と、厳しいながらもエールを送った。

 対してシャークは、「う〜ん」と一呼吸を置いたものの、「とらわれていた部分もありますね」と反省。「ただし、それとは別の部分では、石川選手の興行などではしっかりしたものをやらせていただいた。それをもっと前面に出す試合を重ねて行けば、先生の理想に近づけるんではないかと思います」と、神妙な面持ちであった。

 これを受けて、初代タイガーマスクも、「長井戦に勝ったら、もう一角に食い込むことになる」と、発破をかけることを忘れない。

 高山善廣とは、2009年9月11日に一騎打ちを行っている。「もう3年半になりますか。実はあの時、もうロートルだと思っていたのですが、ローリングソバットで記憶が飛んだんです。試合には勝ったんですが、やられたという印象しかない。やられたというのを消したいので闘う」と、これはマスコミ陣も忘れていたような秘話を出してきた。

 初代タイガーマスクは、「しばらく大仁田戦が続き、ストロングスタイルの観点からはズレていた。今回、会社には本来の姿に引き戻すための選手人選をしてくれとお願いした。自分にとっては大変厳しい試合になる。高山選手からは、前回凄いジャーマンを喰らった。ストロングスタイルが復活するにはここを通るべき。3年半前もの凄く熱い試合が展開されている」と、カード実現の意義を語る。「大仁田が悪い訳ではないが、ケンカファイトになるのでトレーニングにせよ方法がない。高山戦となると、よほどの、よっぽどの練習をしないと大恥をかいてしまう。もし、恥のような試合となったらこれで引退となるかもで、選手育成に全力を尽くすことになってしまうかもだが、もう少し、自分が必要とされているとの思いもある。150%くらいの意気込みで練習しないとついていけないということ」と、再激闘を定義した。

 これを受けて高山は、「本来のタイガーマスクの姿に戻りたいから俺が選ばれたんだと思う。俺は200%で叩き潰します!」と応えている。



 質疑応答では、「3年半前の試合は6分台の決着で、強気のコメントが残っているが、やられたという印象なのか?」と突っ込まれ、「あの時は三冠チャンピオンだったし、弱気の発言なんかしない。プロだもん。でも、今はベルトはない。本音を言えば、あの試合、3分くらいのところでソバット喰らって、そのあとなにをやったか覚えてない。でも勝ったという。だから、勝った感覚がない。今度はしっかり勝って、勝った感触を味わいたい」と、コメントを残した。

 「進退を賭ける」との発言を対戦相手として尋ねられると、「3年半前も同じことを言っていたと思うんだけど。だけどまぁそれだけ毎回真剣ということかと」と、冷静だった。

 初代タイガーには、「現役引退への介錯人を求めているのか」との質問も寄せられたが、あくまで重要なのは「プロレスの復活であり、(高山選手は)それの担い手だ。(プロレスを)守ってもらえればイイ」と言う。「大仁田選手のとは別の意味で、凄く熱い試合になると思いますよ。本物を見に来たんだという白熱が3年半前もあったので、それ以上のものをやらないといけない。体力の限界とかでダメだったら別の方向に行くかも知れませんが、介錯なのかなんなのかはともかく、一生懸命やるだけです!」。

 高山選手について担い手と評価した根拠を聞かれ、「やはり強さです」とシンプルに答えていた。「プロレスを愛しているし、なにがいけなくてとか、よくわかっている選手だ」と称賛を惜しまない。

 最後には高山選手単独の囲み会見も実施。「記憶が飛んだ」件は再度話題に上った。「フィニッシュはなんでもいいが、とにかく勝った感触を味わいたい」と繰り返す。「ついでに前回勝った時に貰えるかと思ったんだが、勝ったらマスクを貰いたい。約束だ」と平井代表に迫っていた。「記憶が飛んだのは、ほかにも杉浦貴のエルボー、KENTAのキックとか何度があります。三沢(光晴)さんが、記憶飛んでも試合した話をしていて、そんなことあるのかとか思っていたけど、自分が体験しました」と話したのが印象的だった。




■公演名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 『聖域〜SANCTUARY〜』
■日時:3月22日(金)開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会場:後楽園ホール (東京都)
>>詳細・チケット申込はコチラ!

【対戦カード】
<メインイベント シングルマッチ 60分1本勝負>
 初代タイガーマスク(リアルジャパン) vs. 高山善廣(フリー)
<セミファイナル タッグマッチ 60分1本勝負>
 藤波辰爾(ドラディション)&関本大介(大日本プロレス)
 vs.
 長州力(リキプロ)&岡林裕二(大日本プロレス)
<レジェンド選手権試合 60分1本勝負>
 [第7代王者]スーパー・タイガー(リアルジャパン) vs. 村上和成(フリー)
<シングルマッチ 30分1本勝負>
 長井満也(ドラディション) vs. タイガー・シャーク(リアルジャパン)

【出場予定選手】
スーパー・ライダー(リアルジャパン)、
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)、
石川雄規(フリー)、アレクサンダー大塚(AODC)、
折原昌夫(メビウス)、グラン浜田(フリー)、
若翔洋(フリー)、間下隼人(リアルジャパン)

※上記他対戦カードは、後日発表させていただきます。
※出場選手は怪我などの理由により、変更となる場合が有ります。

2013-02-15 14:00 この記事だけ表示