■『2007 プロレスLOVE in 両国 Vol.3』
 8月26日(日)両国国技館 
 試合開始16:00 観衆8200人


DVC00088_M.JPG
◆第1試合 トリプル・スレッド・マッチ30分1本勝負
○渕正信
 vs
×荒谷望誉
 vs
 菊タロー
(9分52秒 首固め)

◆第2試合30分1本勝負
 平井伸和、土方隆司、×櫛田雄二郎
 vs
 ハワイアン・ライオン、○ジョー・ドーリング、フィル・アトラス
(7分50秒 エビ固め※スカイハイボム)

◆第3試合30分1本勝負
×T28、真田聖也
 vs
 近藤修司、○“brother”YASSHI
(6分1秒 原爆固め)

◆第4試合 敗者チーム解散マッチ30分1本勝負
 ミゲル・ハヤシJr. 、ペペ・みちのく、○エル・ノサワ・メンドーサ【メキシコ・アミーゴス】
 vs
 MAZADA、×YAMADA、TANAKA【サムライ・ジャパン】
(11分38秒 超高校級横回転エビ固め)
※サムライ・ジャパンが解散決定。

◆第5試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合60分1本勝負
○中嶋勝彦(第24代王者)
 vs
×クリス・セイビン(挑戦者)
(18分21秒 片エビ固め※デスロール)
※中嶋が3度目の防衛に成功。

◆第6試合 スペシャル・タッグマッチ60分1本勝負
○グレート・ムタ、TAJIRI
 vs
 スコット・スタイナー、×諏訪魔
(15分2秒 体固め※月面水爆)

◆セミファイナル 世界タッグ選手権試合60分1本勝負
 川田利明、×太陽ケア(第52代王者組)
 vs
○小島聡、TARU(挑戦者組)
(24分37秒 片エビ固め※ラリアット)
※川田&ケアが2度目の防衛失敗、小島&TARUが第53代王者に輝く。

DVC00089_M.JPG

◆メインイベント 三冠ヘビー級選手権試合60分1本勝負
×鈴木みのる(第35代王者)
 vs
○佐々木健介(挑戦者)
(42分7秒 体固め※ラリアット)
※鈴木が6度目の防衛失敗、健介が第36代王者に輝く。
DVC00087_M.JPG

10月シリーズ『2007 シャイニング・シリーズ』興行日程が決定!

10月8日(月・祝)東京・後楽園ホール 試合開始12:00〜
10月10日(水)青森・弘前市河西体育センター 試合開始18:30〜
10月11日(木)青森・青森産業会館 試合開始18:30〜
10月13日(土)岡山・岡山卸センターオレンジホール 試合開始18:30〜
10月15日(月)山口・新南陽体育館 試合開始18:30〜
10月16日(火)和歌山・田辺ハナヨアリーナ 試合開始18:30〜
10月18日(木)東京・代々木体育館(第2) 試合開始19:00〜

>>全日本プロレスの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!
『2007 プロレスLOVE in 両国 Vol.3』

 全日本プロレスが夏休みのビッグマッチとして8月26日に両国国技館に進出する。両国での大会開催は2月17日以来、実に半年ぶりのこと。満を持して豪華カードを並べた。

 社長の武藤敬司が「目指す方向性は宝塚であり、劇団四季。チケットを買って会場に入ってきた時点でスクリーンが回ってドラマがスタートしている」と言うように、第1試合からメインイベントに至るまで見所満載。選手のキャラクターも際立っていて、最初から最後まで飽きることがない。

 昔のプロレスは「メインイベントがあれば、それでいい」という感じだったが、武藤・全日本が目指しているのは、大会全体がひとつのパッケージとして楽しめるパッケージ・プロレスだ。

>>全日本プロレスの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!
----------------------------------------------------------------------

 さて、今回の両国のメインは“世界一性格が悪い男”鈴木みのるに“世界一一本気な男”佐々木健介が挑む三冠ヘビー級選手権。これは紛れもなく大勝負である。

 昨年9月3日、札幌で太陽ケアを撃破して第35代三冠王者になった鈴木はブードゥー・マーダーズのRO`Z、新日本の永田裕志、全日本が至宝奪回を託した小島聡、そしてTAJIRI、武藤敬司を下して防衛記録を更新中。遂に武藤が健介オフィス所属ながら全日本正規軍で活躍する佐々木健介に託したのだ。

070816_pro_minoru01.jpg  先シリーズ、王者・鈴木は健介の挑戦について「やんねぇよ」と拒否宣言。これに対してスタン・ハンセンに代わってPWF会長になった馳は「シリーズ中に健介が一度も負けず、王者・鈴木とファンが認めれば挑戦権を与える」と発表したことで、鈴木は「健介を負かせた奴に挑戦権をやるよ」と連日、健介を弄んだが、健介はこれを突破し、7・29金沢で遂に鈴木は健介の挑戦を受諾した。

「一番最初の最初から、あいつが手を上げた時から、俺の中ではあいつだって決まっていたんだよ。だけど俺がここまで上がってきた道と、持ち上げられたあいつの道は違うじゃねぇか。だからちょっと面白いゲームを仕組んでやったんだよ」

 と、鈴木。鈴木は当初から健介とのタイトルマッチを望み、大切にしていたのである。それもそのはず、この2人には19年にも及ぶドラマがあるのだ。

 キャリア的には健介が2年半先輩。健介は86年2月にジャパン・プロレスでデビューし、87年春に新日本に移籍した。鈴木は88年6月のデビューだ。当時の新日本は新日本、健介が所属していたリキ・プロダクション勢、UWF勢の3軍団対抗戦になっていたが、鈴木はUWFの藤原喜明に弟子入り。それを見ていた健介も軍団の枠を越えて藤原に弟子入りして、若い健介と鈴木は試合前に藤原の指導を受けてスパーリングを繰り返し、練習したものを試合でぶつけ合って切磋琢磨していた。鈴木は89年春にUWFに移籍、同じ頃、健介は海外修行から帰国したが、その健介に鈴木が「一緒にやろう!」とUWF移籍を持ちかけたのは、今だから書ける話だ。

 その後、月日は流れ…02年には新日本とパンクラスの間で健介VS鈴木の話が持ち上がったが、その過程で健介は「これは俺と鈴木の純粋な気持ちの問題」と、新日本に不信感を持って結果的には同年10月に新日本を離脱。それほど健介にとって鈴木との戦いは大切なものだったのである。

070816_pro_kensuke01.jpg
ストラングル・ホールドZ
 もちろん今も健介にとって鈴木との戦いは大切なもの。この三冠戦に備え、鈴木の逆落としに対抗するキング・バスターと、鈴木のスリーパーに対抗するストラングル・ホールドZ(ゼータ)を開発した。

 キング・バスターは相手の両腕を固めて受け身が取れない状態にして、脳天から真っ逆さまに叩きつける投げ技で「プロレス界のキングと呼ばれる男たちをぶっ潰していく」という意味で命名されたもの。ストラングル・ホールドの最終形という意味で命名されたZは、相手の肩、首、右腕を極め、さらに頚動脈を締め上げることで落とすこともできる複合サブミッションだ。

 2人の一騎打ちは04年11月13日、新日本の大阪ドームにおけるIWGP戦以来。この時は王者・健介に鈴木が挑戦して健介がラリアットで勝利。試合後、2人は抱き締め合った。

 あれから3年…時に認め合い、時に反発し合い、時に意地を張り合ってきた両雄が全日本の頂点で激突する。ベルトの行方はもちろんだが、お互いがお互いのプロレス人生を確かめ合う人間ドラマがそこにはある。
070816_pro_kensuke02.jpg
キングバスター

◆メインイベント 三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
鈴木みのる(第35代王者)※6度目の防衛戦
vs
佐々木健介(挑戦者)


----------------------------------------------------------------------

 セミの川田&ケアに小島&TARUが挑む世界タッグは完全な遺恨マッチだ。7・27金沢で小島のイス攻撃を顔面に食らったケアは上顎骨歯槽骨折で全治1ヵ月の大怪我を負ってしまった。この両国も本来なら欠場の予定だったが「小島にリベンジしたい!」というケアの主張を全日本が受け入れて実現するもの。渕正信取締役は「選手生命を懸けてまでこの試合に挑むケアの生きざまを悪に染まった小島に見せつけてほしい」と言う。

 一方の小島にしてみれば、悪のブードゥー・マーダーズ入りして初めての勲章のチャンス。そして手負いのケアの顔面を凶器で思い切り殴れるか? “悪の小島”の真価が問われる一戦と言ってもいい。

◆セミファイナル 世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
川田利明、太陽ケア(第52代王者組)※2度目の防衛戦
vs
小島聡、TARU(挑戦者組)

070816_pro_semifinal.jpg
左から:川田利明、太陽ケア、小島聡、TARU


----------------------------------------------------------------------

 ビッグマッチにふさわしいスペシャルマッチはNWAでトップを取ったグレート・ムタとWWEでトップを取ったTAJIRIの日本人メジャーリーガー2人と諏訪魔&スコット・スタイナーが激突するタッグマッチ。

 ムタは8月シリーズ前にプエルトリコに遠征。今から19年前の88年1月〜7月にムタの前身スーパー・ブラック・ニンジャがプエルトリコで活躍しており、原点回帰の旅に出ていた。そして新たにパイレーツ・ムタとして両国に凱旋するというから楽しみだ。ムタとスコット・スタイナーは92年1月4日の東京ドームでムタ&スティングVSリック&スコットのスタイナーズという形で対戦するなど、遺恨浅からぬ仲。そしてTAJIRIとスコットもWWEのRAWブランドで一緒にサーキットした仲だけに、これまた興味深い顔合わせである。

 もちろん諏訪魔にも注目したい。諏訪魔は「世界に進出するインターナショナル・ブードゥー・マーダーズ構想」の第一歩として7月に渡米してスコットに接触、さらにこのオフにも渡米して8月12日のフロリダ州オーランドにおけるTNAのPPV大会『ハード・ジャスティス』でスコットのセコンドに付き、その後は合同トレーニングを行なってこの両国に出陣する。

「ムタ殺し用のスープレックスと合体技を研究した」と不気味に笑う諏訪魔。共にアマレスで鳴らした諏訪魔とスコットの合体は今後の全日本の勢力図を変えるかもしれない。

◆第6試合 スペシャル・タッグマッチ 60分1本勝負
グレート・ムタ、TAJIRI
vs
スコット・スタイナー、諏訪魔

070816_pro_match5.jpg
左から:グレート・ムタ、TAJIRI、スコット・スタイナー、諏訪魔


----------------------------------------------------------------------

 19歳の世界ジュニア王者・中嶋勝彦も正念場を迎える。全日本初参戦にして6〜7月のジュニア・ヘビー級リーグ戦に優勝したクリス・セイビンの挑戦を受けるのだ。

 この一戦に備えてR15を進化させたデス・ロールなる蹴り技を開発した中嶋は、「外国人の挑戦者は初めてなのでプレッシャーがありますけど、日本のジュニアを代表するベルトは絶対に譲れない。セイビンはTNAのトップなので、これを突破してTNAを始めとして海外にも進出したいです」

 と目を輝かせている。日米の若きジュニア戦士の対決は真夏の両国に爽やかな風を送り込んでくれるだろう。

◆第5試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
中嶋勝彦(第24代王者)※3度目の防衛戦
vs
クリス・セイビン(挑戦者)


070816_pro_nakajima01.jpg
デスロール 画像1
070816_pro_nakajima02.jpg
デスロール 画像2
----------------------------------------------------------------------

 その他、メキシコ・アミーゴスとSAMURAI JAPANの軍団解散を賭けた6人タッグ、今年3月にデビューしたばかりのT28&真田がブードゥー・マーダーズの近藤&YASSHIに挑むタッグマッチやライオン、ドーリング、アトラスの若き外国人勢が平井、土方、櫛田に挑む6人タッグ、そして第1試合では爆笑間違いなしの渕VS菊タローVS荒谷のトリプル・スレッド・マッチとバラエティーの富んだ全日本の8・26両国。この豪華パッケージを夏休みの思い出にたっぷりと堪能しよう!

<文=プロレスライター/小佐野景浩>
----------------------------------------------------------------------

■『2007 プロレスLOVE in 両国 Vol.3』
8月26日(日)両国国技館 試合開始16:00


◆メインイベント 三冠ヘビー級選手権試合 60分1本勝負
鈴木みのる(第35代王者)※6度目の防衛戦
vs
佐々木健介(挑戦者)


◆セミファイナル 世界タッグ選手権試合 60分1本勝負
川田利明、太陽ケア(第52代王者組)※2度目の防衛戦
vs
小島聡、TARU(挑戦者組)


◆第6試合 スペシャル・タッグマッチ 60分1本勝負
グレート・ムタ、TAJIRI
vs
スコット・スタイナー、諏訪魔


◆第5試合 世界ジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
中嶋勝彦(第24代王者)※3度目の防衛戦
vs
クリス・セイビン(挑戦者)


◆第4試合 敗者チーム解散マッチ 30分1本勝負
ミゲル・ハヤシJr. 、ペペ・みちのく、エル・ノサワ・メンドーサ【メキシコ・アミーゴス】
vs
MAZADA、YAMADA、TANAKA【サムライ・ジャパン】


◆第3試合 30分1本勝負
T28、真田聖也
vs
近藤修司、“brother”YASSHI


◆第2試合 30分1本勝負
平井伸和、土方隆司、櫛田雄二郎
vs
ハワイアン・ライオン、ジョー・ドーリング、フィル・アトラス


◆第1試合 トリプル・スレッド・マッチ 30分1本勝負
渕正信 vs 荒谷望誉 vs 菊タロー


>>全日本プロレスの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!