ギャル曽根参戦!神奈月vsザ・たっち実現!

『2007 ファン感謝デー』
12月16日(日)東京・後楽園ホール 試合開始12:00

 
【決定カード】

◆F−1タッグ選手権試合60分1本勝負
武藤敬司&神奈月(王者チーム:2度目の防衛戦)
vs
佐々木健介&ザ・たっち(挑戦者チーム)

◆大食い対決 ハンディキャップマッチ 3キロのカレー大食い20分1本勝負
ギャル曽根
vs
荒谷望誉&平井伸和

[ルール]
20分以内に3キロのカレーをどちらが多く食べられるか?
どちらかが食べ終わった時点で試合終了。
荒谷&平井組は試合中のタッチが認められるが、2人同時に食べることは認められない。


ギャル曽根さんからのコメント
「この度は、全日本プロレスの ファン感謝デーに参加できて光栄です!!体力では負けますが、大食いでは絶対に勝ちます!!」


出場選手のプロフィール

【武藤敬司】
1962年12月23日生まれ。山梨県富士吉田市出身。新日本プロレス時代は、蝶野正洋・橋本真也(故人)と共に“闘魂三銃士”として一時代を築く。2002年、新日本プロレスを退団した武藤は、ライバル団体である全日本プロレスに電撃入団。その後、社長の座に就任。以来、“プロレスLOVE”を合言葉に、理想のプロレス実現を目指して突き進んでいる。

【佐々木健介】
1966年8月4日生まれ。福岡県福岡市出身。1985年6月ジャパンプロレスに入門。1987年6月に新日本プロレス移籍後は、馳浩(現:衆議院議員)との“馳健タッグ”で名を馳せる。その後、WJを経て2004年以降は全日本プロレスに定着。2007年8月には、永遠のライバル・鈴木みのるを下し、念願の三冠ヘビー級王者に輝いた。なお、妻は元女子プロレスラーの北斗晶。

【神奈月】
1965年11月3日生まれ。岐阜県土岐市出身。太田プロダクション所属。萩原流行・井上陽水・石原良純・新庄剛志などのモノマネを得意とし、特に武藤敬司のモノマネに関しては彼の右に出る者はいない。武藤本人からの信頼も厚く、地方のイベントなどで共演も行っている。ただ、その際はもっぱら神奈月が喋りの部分を任されてしまい、苦労する場面も。

【ザ・たっち】
たくや(兄)・かずや(弟)共に、1982年11月10日生まれの一卵性双生児。栃木県下野市出身。ホリプロコム所属。双子である事を上手く使ったショートコントや、モノマネ芸などを得意とする。「ちょっと!ちょっと、ちょっと!!」「幽体離脱〜」など、持ちネタ多数。


>>全日本プロレスの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!

070831_alljapan01.jpg 左から:佐々木健介、中嶋勝彦

『2007 FLASHING TOUR』開幕戦
■9月16日(日)後楽園ホール 試合開始12:00


>>渕正信取締役が語る、 9・16後楽園の見どころ解説
>>全対戦カード


>>全日本プロレスの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!

----------------------------------------------------------------------


■渕正信取締役が語る、 9・16後楽園の見どころ解説


【健介&勝彦vs小島&近藤】
 両国で世界タッグを獲った小島が、三冠王者に登り詰めた健介相手に、一体どういった闘いを   挑むのかが楽しみだよな。ベルトを持った人間たちがズラッと揃ったカードだけど、この中で1   人だけベルトを持っていない近藤も健介相手にパワー負けしてないところを見せて欲しいよな。 この4人の闘いだったら、誰が勝ってもおかしくない。予想のつかない展開になると思うので、   それが楽しみだね。


【武藤&ケア&ザックvsTARU&諏訪魔&YASSHI】
 “義足レスラー”ザックは、武藤社長が海外遠征のときに本人が全日本参戦を直訴して、話が決  まったんだけど、その熱意がどれだけのものなのかをハッキリと見せて欲しいよな。武藤社長と 組んでの6人タッグだけど、対戦相手がブードゥー・マーダーズなんで、何か事故が起きるん じゃないか!?って俺は今からハラハラしてるよ(苦笑)。 彼がどれだけ動けるのか、この目で見るのも楽しみだし、彼が活躍することで、日本のプロレ   スファンやハンディキャップを持った人たちに勇気や感動を与えてくれるようなファイトに期待   したいね。 


【鈴木vsメンドーサ】
 三冠を落とした途端にこんなカードを組まれて、鈴木は怒り心頭なんじゃないか?  まあ、このカードはメンドーサの要望で組んだものなんで、この試合に懸ける意気込みは本人に  聞いてくれよ。


※という訳で、メンドーサ本人のコメント 我々メキシコ・アミーゴスが、両国大会でサムライ・ジャパンを激闘の末に下して勝利し、解   散に追い込んだのにも関わらず、あっけなくサムライ・ニュージャパンを結成するという行為は、 お客様を裏切る行為。我々メキシコ・アミーゴスは、絶対にサムライ・ニュージャパンを認めな    い! さらにAKIYOSHIという新たな刺客が、その昔インディーマット界で「兄じゃ」と呼ば   れた伝説のいじめっ子であるのなら、こちらも“プロレス界一のいじめっ子”を用意したい。 次の後楽園では私、エル・ノサワ・メンドーサが鈴木みのると一騎打ちし、勝ってメキシコ・ア   ミーゴスの新メンバーにして、“メキシコ・アミーゴス・DX”として、サムライ・ニュージャ パンを壊滅させる。


【ミゲル&ペペvsTANAKA、AKIYOSHI】
 両国での敗者解散マッチでメキシコ・アミーゴスに敗れて、サムライ・ジャパンを解散させた   MAZADAが試合後、『サムライ・ニュージャパン』を結成させるって突然ブチ上げたけど、   アイツら一体どこまで増殖するんだ!? どんだけコマが揃ってるのか不気味だけど、ある意味楽  しみだよな。メキシコ・アミーゴスとの決着もなかなかつきそうにないし、興味が尽きないね。   まだまだ新メンバーがゾロゾロと出てくる予感がするな…。 そう言えば、AKIYOSHIっちゅうのは“初来日”って資料に書いてあったけど、アイツ   ら日本人なんだろ!?


070831_alljapan02.jpg 左から:武藤敬司、TARU、小島聡、鈴木みのる

----------------------------------------------------------------------


■全対戦カード


◆ダブルメインイベント【2】60分1本勝負
佐々木健介、中嶋勝彦
vs
小島聡、近藤修司


◆ダブルメインイベント【1】60分1本勝負
武藤敬司、太陽ケア、ザック・ゴーウェン
vs
TARU、諏訪魔、“brother”YASSHI


◆第5試合30分1本勝負
鈴木みのる
vs
エル・ノサワ・メンドーサ


◆第4試合30分1本勝負
ミゲル・ハヤシJr. 、ペペ・みちのく
vs
TANAKA、AKIYOSHI


◆第3試合30分1本勝負
土方隆司、T28
vs
MAZADA、シルバー・キング


◆第2試合30分1本勝負
真田聖也
vs
ジョー・ドーリング


◆第1試合30分1本勝負
渕正信、荒谷望誉
vs
平井伸和、菊タロー


>>全日本プロレスの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!


【武藤敬司トークショー】
 司会:夏目ナナ
 日程:8月31日(金)17:00〜17:30予定
 会場:プレナ幕張 ボールパーク特設ステージ
 住所:千葉市美浜区ひび野2−4 プレナ幕張1F


>>武藤敬司の出場する全日本プロレスの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!