©REAL JAPAN

スーパー・タイガーが“殺人キック”で王座奪取か?4・27リアルジャパン大谷晋二郎vs.スーパー・タイガー王座戦に初代タイガーマスクが「見逃したら損する闘い!片時も目をそらせない緊張感ある戦いになる」

【4月18日(火)記者会見@興義館】

リアルジャパンプロレス「初代タイガーマスク黄金伝説 2017『LEGEND OF THE GOLD Y』」(4月27日、東京・後楽園ホール)の記者会見が18日、都内・リアルジャパン本部で行われた。

チケットの詳細はこちら



 第11代レジェンド王者・大谷晋二郎にスーパー・タイガーが挑むレジェンド王座戦がメインとなる今大会だが、会見には両選手が出席。9日後に迫った決戦へ向け、前哨戦とばかりに火花を散らした。

昨年9月に王座を奪取し、すでに2度の防衛を成し遂げている大谷を初代タイガーは「いま日本で一番いい試合をする、一番強い選手でストロングスタイルのかなめになる選手」と高評価。挑む立場の愛弟子スーパー・タイガーには「どこまでやれるか、プロレスラーとしてしっかり一流どころに入っていけるのかどうか。勝つことができればかなりの実績になる」と期待を掛けた。

すでに同王座を2度防衛している大谷は「メチャクチャしっくりきている」というベルトを肩に堂々の入場。

「スーパー・タイガー選手は佐山先生の一番弟子と聞いています。やっと佐山先生の弟子を送り込んできたなと。もしかしたら僕がベルトを獲った時、佐山先生はすぐ誰かが獲り返すだろうって思ったのかもしれません。でも、ここに来てヤバいぞと。このままじゃベルトを獲り返せない、それで満を持してスーパータイガー選手を指名してきたのではないかと僕の中では勝手に思っています」

そう話す大谷だがベルトと自分は「相思相愛」の関係であるといい、「佐山先生のどんな要望があろうと、このベルトは僕の下から離れない。自信を持って今回のタイトルマッチに挑みたいと思います」と片時もベルトから手を放すことなく意気込みを語った。


©REAL JAPAN

この試合を見届ける初代タイガーは「必ずリアルジャパンが打ち出した方針に則った、すごくいい試合になると思います」と2人に大きな信頼を寄せるが、大谷はこれに「噛み合う試合・いい試合をやる気は全くないです」と持論を展開。「噛み合って『いい試合だった』で終わるような試合はこのリングで絶対やっちゃいけないと僕は思っています。“噛み合う試合”ではなく、緊張感が溢れて片時も目をそらすことができない雰囲気が漂う試合、ヘタをしたら1分で終わってしまうんじゃないかという緊張感ある試合をスーパー・タイガー選手とならできるんじゃないかという気がします」と、自身のストロングスタイル観にも繋がるコメントを続けた。

大谷の熱を帯びた話を受けスーパー・タイガーも「僕自身も噛み合う試合や上手いプロレス、そういったものはできるつもりもないですし、やはり切れ味鋭い刀を常日頃この道場で磨いています。お客様に媚びを売るような戦いを見せる気はないし、1分1秒、いつ何時終わるか分からない、一撃必殺の部分をしっかり持って戦いに挑みたい」と、こちらもやはりストロングスタイルでの戦いを誓った。

3月末に行われた会見では初代タイガーがスーパーの蹴りに“殺人キック”と太鼓判を押したが、大谷は「それがどんなキックか分かりませんが、そのキックを打ち込んだ時がもしかしたら彼が一番恐れる大谷晋二郎が出る時じゃないですか」と反撃。「僕の必殺技は何度でも立ち上がること。スーパー・タイガー選手が自信を持って放った蹴りで仮に倒されても、そこでゾンビように起き上がってくる大谷晋二郎を見て、恐怖を感じるんじゃないですかね」と不気味に言い放った。

しかしスーパーも「仕上がりは自分のこの10年の中で最高の形ができています。ちょうど先月末のキャプチャー地下室マッチで現パンクラス王者ロッキー川村選手を相手に試し斬りもしていますので、この蹴りに関しては絶対的な自信を持っています」と返し一歩も引かない。

はたしてレジェンド王座史上初、3度目となる戴冠を目指すスーパーが大谷を蹴り倒すのか、あるいは大谷が相思相愛のベルトを守り抜くのか。

また、この試合は今月亡くなったプロレス解説者・桜井康夫さんの追悼試合として行うことを初代タイガーが発表。20カウントを行うなどの構想があり、「実況中継でも悪い試合をやった時は『タイガーは今日は調子が悪い』とすごく的確に言ってくれる方」と思い出を語り、故人を偲んだ。


©REAL JAPAN


【対戦カード】

<第6試合 メインイベント レジェンド王座戦>
[第11代王者]大谷晋二郎(ZERO1)
vs
[挑戦者]スーパー・タイガー(リアルジャパン)

<第5試合 セミファイナル タッグマッチ>
船木誠勝(フリー)&関本大介(大日本プロレス)
vs
石川雄規(Battle Arts Academy)&ケンドー・カシン

※出場予定でありました曙選手は右脚の蜂窩織炎(ほうかしきえん)と感染症により、現在病院にて療養中の為、欠場となりました。

<第4試合 タッグマッチ>
タカ・クノウ(チーム太田章)&倉島信行(ドラディション)
vs
【魔世軍】
魔世軍5号アレクサンダー大塚&魔世軍8号佐野巧真(with青柳総裁)

<第3試合 6人タッグマッチ> ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)& 小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)&柴田正人(フリー)
vs
折原昌夫(メビウス)&グレート・タイガー(国籍不明)&ブラック・タイガー(国籍不明)

<第2試合 タッグマッチ>
山本SAN(COMBO)&間下隼人(リアルジャパン)
vs
“力道山3世”力(リキ・エンタープライズ)&LEONA(ドラディション)

<第1試合>
スーパー・ライダー(リアルジャパン)
vs
松本崇寿(リバーサルジム立川ALPHA)

※対戦出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。



■大会名:初代タイガーマスク黄金伝説2017 『LEGEND OF THE GOLD VI』
■日時:4/27(木)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-04-21 20:15 この記事だけ表示


©REAL JAPAN

強靭なパワートリオで出撃!本来のヒール魂が爆発の予感!
折原昌夫「リアルジャパンは永遠に不滅です」


4月27日(木)に後楽園ホールで開催されるリアルジャパンプロレス、初代タイガーマスク黄金伝説2017『LEGEND OF THE GOLD Y』に向けて、折原昌夫がインタビューに応じた。この大会では、グレート・タイガー、ブラック・タイガーとトリオを結成、ウルティモ・ドラゴン、小笠原和彦、柴田正人組と激突する。このカードがどのようにして組まれたのか。さらには旗揚げから10年、所属選手ではないものの、ずっと参戦しているリアルジャパンについても答えてくれた。

チケットの詳細はこちら



 ヒールのパワートリオ結成の理由? 魔世軍が邪魔だから。平井社長にも疑問を感じる
「最近、他団体でも露出が多くなってきているグレート・タイガー、ブラック・タイガー。同じリングに立つ仲として、ちょっと同じ色を感じた。これまでカードの希望を自分から言ったことなど数える程しかないけど、今回初めて自分で組ませて欲しいと申し出た。意外と知られてないかもだけど、今回が初めて。ルードで組んだことはなかった」。
「彼らはこのカードが発表されたことさえ知らないかも。そんな性格の人たちだから。あくの強いルードの3人なので、僕がまとめたらどうなるか勝手に思っているだけ。ただ、この3人が組んだことでバラバラになるのか、あるいはうまくいくのか」。
「うまく行ったら魔世軍をあっと言う間に潰せるんじゃないか。じゃまだから。リアルジャパンに必要ない。こういうのを招き入れている平井社長にも疑問を感じる」。 「佐山先生が体調の問題とかある時に、ノコノコと出てきた魔世軍は平井社長に責任がある。マッチメイクが上手くできてない。青柳館長、もうプロレス出来ないんでしょ? 未練があるのか何なのか。WARで当たった当時は鋭かったけど、今はただのオッサンじゃない。大仁田軍がいなくなったと思ったら、今度は魔世軍だと? しかも、魔世軍5号アレクサンダー大塚、魔世軍8号佐野巧真ってなんだよ。いつからマスクマンが、自分の中身を名乗るようになったのか」。
まくしたてる折原だが、筋は通っている。歯車が合えば、このパワートリオは強力であろう。まとめることが出来ればではあるが・・・。


©REAL JAPAN

 宿敵ウルティモ・ドラゴンとの数奇な運命と、大会の裏目玉カード。
対戦相手についても聞いてみた。ウルティモ・ドラゴンとは、長い因縁の歴史がある。
「切っても切れない。僕の行くところについてくる。オモテ向きは逆のことを言ってるけど。ただ、彼とはイイ試合は出来ないですね。前もマイクで言ったことあるけど、僕は試合をしにリングに上がっている。でもドラゴンは、ビジネスをしに来ている。今回、なんで第3試合か知ってますか? 終わって休憩時間だからですよ。そこでマスクを売りたい。闘う意味が違う」。
「まぁ、それを言った時『何が悪いんだ』と言われましたよ。『じゃぁ、お前もマスク売って見ろ』と。正直、彼の試合運びなんか目をつぶっていても頭に入っている。余りにもパターン化している。プロレスラーとして進化しなければいけないのはこの3人の中ではドラゴンだ」。
ドラゴンについてはエールなのか、批判なのか微妙であるが、小笠原和彦と柴田正人には厳しい発言も飛び出した。
「伝説の空手家? それは昔の話でしょう。異種格闘技戦をやるわけじゃないんだから、プロレスラーの中でどれだけアピールできるのか」。
柴田選手について尋ねると「タイミングがいい。組んだこともある。跳躍力もあるし、体がデカいからパワーもある。感覚がいいからケガも少ない。ただ気が弱い」とも答えた。
話しは再びドラゴンに戻ってしまう。
「つきやってやろうかなぁと思っていると、急に仕掛けてきたりする。ファンに見せる魅力的な技もたくさん持っているし、また、対戦相手にしかわからない痛さの、姑息な技も出してくる時がある。ローリングソバット、みぞうちや喉ぼとけに入る時がある。安定しなくなったのか、そこを狙ってやったのか。そこが読めない。先日も、喉ぼとけに食らって、血を吐くことになった。キツイですよね、ローリングソバット!」。
「もし、本気と形だけのを使い分けているのだとすれば、もの凄い選手ですよね。自分だと、どの試合も常に同じテンションで行きますから。くるくる回されてることがある」。
「ドラゴンから『味方だと、こんな心強い選手はいない。敵に回すとホントに面倒くさい』と言われたことがある。なんとなく僕のことを、実力としては認めてくれているのかなぁと」。
元に戻って、このカードは「どれだけ僕がまとめられるか。2人は、なんでチームリーダーが折原なのかと思うかもだけど、まとまった時にはパワーになる。どんな連携が見せられるのか期待している。そしたら次は魔世軍に恥をかかせてやりますよ」と自信をのぞかせる。

 リアルジャパンとの10年〜知られざる折原の貢献とは?
自然と流れに沿って入り込んでしまったので、折原がリアルジャパンに10年いることは意外と知られてない。
「テーマ曲のアイデアも、タイガー・シャーク(引退)の青いマスクのデザイン案も、虎の穴のシステムを作ったのも僕なんです。プロレス担当の師範として名前ありましたから。知っている人は知っているだけでしょうけど。当初の、格闘色満載のプロレスの試合が1,2試合だけだった大会から変わってきた」。
「佐山先生の考えはわかりました。決してショーじゃないんだと。シルクド・ソレイユのような決まったものではない。でも日本に生まれた僕たちは、勝つか負けるか。お客さんのニーズに合わせるプロレスもありますが、リアルジャパンは違う。僕らがお客さんにインスピレーションを与える。何が起きるかわからない。喧嘩が勃発して、そこから会社が動いて、じゃぁこの選手とこの選手を来月当ててみようとか、そこにワクワクしたんじゃないですか?」
「僕が流れを作ったとか、そんなおこがましいことはないです。ただ、僕は言うタイプなんで・・・。(10年の間に)変わってきたかなぁと」


©REAL JAPAN

 これからもリアルジャパンは永遠に不滅だ
 「いろんな団体がある中で、ひとつにまとまってきている。ここに来て初めて知る厳しさがあり、納得できる闘いが見られる。お客さんに媚びているようなのとは違う。佐山先生が一歩引いていることで、より厳しい目になっている」。
 ここで「いつか初代タイガーマスクの最後(引退)がくるんじゃないですか?」と振ったら、「みんなそう思ってるんじゃないですか? だからこそ不滅なんです」と返された。  「『佐山先生が心臓病? ふ〜ん、今、出てないんだ。』そう思われることが不滅であって、いろんなスーパースターたちが集まってくれている。数年前に、締めてくれと言われた時に『永遠に不滅だ』とやったんです。お客さんはポカンとしてましたけど、今になってやっと真意がしゃべれたかなと」。


©REAL JAPAN

 折原は燃えていた。グレート・タイガー、ブラック・タイガーとのトリオは、今大会の裏の目玉で間違いないようだ。


【対戦カード】

<第6試合 メインイベント レジェンド王座戦>
[第11代王者]大谷晋二郎(ZERO1)
vs
[挑戦者]スーパー・タイガー(リアルジャパン)

<第5試合 セミファイナル タッグマッチ>
船木誠勝(フリー)&関本大介(大日本プロレス)
vs
石川雄規(Battle Arts Academy)&ケンドー・カシン

※出場予定でありました曙選手は右脚の蜂窩織炎(ほうかしきえん)と感染症により、現在病院にて療養中の為、欠場となりました。

<第4試合 タッグマッチ>
タカ・クノウ(チーム太田章)&倉島信行(ドラディション)
vs
【魔世軍】
魔世軍5号アレクサンダー大塚&魔世軍8号佐野巧真(with青柳総裁)

<第3試合 6人タッグマッチ> ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)& 小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)&柴田正人(フリー)
vs
折原昌夫(メビウス)&グレート・タイガー(国籍不明)&ブラック・タイガー(国籍不明)

<第2試合 タッグマッチ>
山本SAN(COMBO)&間下隼人(リアルジャパン)
vs
“力道山3世”力(リキ・エンタープライズ)&LEONA(ドラディション)

<第1試合>
スーパー・ライダー(リアルジャパン)
vs
松本崇寿(リバーサルジム立川ALPHA)

※対戦出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。



■大会名:初代タイガーマスク黄金伝説2017 『LEGEND OF THE GOLD VI』
■日時:4/27(木)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-04-21 19:42 この記事だけ表示


©REAL JAPAN

リアルジャパンプロレス「初代タイガーマスク黄金伝説『LEGEND OF THE GOLD Y』」(4月27日、東京・後楽園ホール)の全対戦カード発表会見が28日、都内・リアルジャパン本部で行われた。

チケットの詳細はこちら



 メインイベントは昨年9月に船木誠勝を破り、12月にはタカ・クノウを降して初防衛を果たした第11代レジェンド王者・大谷晋二郎にスーパー・タイガーが挑むレジェンドタイトルマッチ(大谷は26日のZERO1で高岩竜一を破り2度目の防衛も果たしている)。


©REAL JAPAN

 会見に臨んだスーパーは「この3月でスーパー・タイガーになって10年、この10年から先の道をいかに切り開くか。そしてスーパー・タイガー、ストロングスタイルをいかに満天下に示していくのか。大谷選手は僕自身にとって壁となる、超えなきゃいけない存在で、炎のように熱い思いを持ったレスリングをやる選手。それを乗り越えることで新しい世界を切り開いていく。そういう思いで今回のタイトルマッチに挑んでいきたい」と節目の大一番へ意気込みをコメント。

 師であり、この一番を見守る形となる初代タイガーマスクも「昭和のストロングスタイル、昭和の新日本プロレス復活のため、本当に面白い試合を見て頂ければ。ストロングスタイルの極限の試合を展開して、素晴らしいドラマが展開されていくことになると思う」と、かねてより高く評価する大谷とスーパーの試合に期待を寄せた。


©REAL JAPAN

 昨年末にリング復帰した初代は最近もスーパーに稽古をつけているといい、「文句ないスピードで、ものすごい蹴りをやっていた。これが大谷選手にヒットしたらどうなるか。非常に楽しみでしょうがありません。“殺人キック”という名前をつけるぐらいスゴい蹴りを出すし、すごい練習をやってます」と太鼓判。「大谷選手もプロですから耐えるでしょうし、でも、その大谷選手を打ち破っていく蹴りも見てみたい。“ストロングスタイルとは何が違うのか”というのを後楽園ホールに来てくれるお客さんに示してもらいたい」と2人の好勝負を予見した。


©REAL JAPAN

 スーパーはタッグマッチも含め意外にもこれが大谷とは初対決。高岩を迎え行われたばかりのV2戦もチェックしており、その印象を次のように語る。

「高岩選手も調子がよかったのでどっちが(王者として)来るかと思いましたが、その上で防衛した大谷選手の強さ、懐の深さというのを改めて思いました。今まで関わりそうで関わってきませんでしたが、僕自身の新しい扉を開ける印象で、相手の力を自分の力に変えられるよう、大谷選手の熱い戦いを僕自身のものにしっかり入れて、僕の気持ちもぶつけていきたい」

 レジェンド王座は15年9月、第7代王者として君臨していた時代に船木誠勝に敗れ王座陥落して以来となるタイトルマッチ。1年7ヵ月ぶりにチャンスが巡ってきたが、その間で遂げた自らの成長にスーパーは自信を見せる。


©REAL JAPAN

「昨年全日本プロレスさんに挑戦した部分もありますし、もう全然違います。昨年1年間の経験っていうのは、試合数も僕が10年やってきた中で1番充実した年でしたし、“やっとプロレスラーになれた”って確信を持てた部分もあったので、その成長をしっかり戦いに反映させて見せていきたいです」

 今回奪取がなればレジェンド王座では長井満也、船木を抜き、史上初となる3度目の戴冠。すでにその後の戦いも見据えている。

「前回獲られた相手・船木選手もそうですし、まだまだはぐれIGFの選手とも決着はついていないつもりなので、今回の魔世軍もそうですし、怖い人たちがまだまだいますので、しっかりベルトを獲ってリアルジャパン、ストロングスタイルを外敵からもしっかり守れるよう、そういった確実な強さをものにしていきたい。そのために是が非でもタイトルは獲るつもりです」

 リアルジャパン、ストロングスタイルを背負っていく自覚が強くにじんだ姿勢に初代タイガーも「言葉が変わったね、スーパー・タイガーの。一生懸命背伸びしている姿じゃなく、本当に充実した言葉使いになってきた」と愛弟子の成長を感じ目を細める。


©REAL JAPAN

 会見でスーパーの蹴りのスゴさをしきりに強調した初代は、会見後には蹴りの実演を指示。スーパーはスーツ姿で抑え目ながら道場に爆音を響かせ、初代は細かなフォームの修正を行い、“殺人キック”にさらに磨きを掛けていた。

 また、大会には青柳政司総裁率いる「魔世軍」が初参戦。新たな抗争の広がりを予感させているが、初代はこれを「プロレスに対するストーリー性とかは僕は全然気にしません。そういうのはあまり作りたくないと思っています。ストロングスタイルでやってもらいたい」とけん制。

「敵なら敵でものすごい試合、ダイナマイトみたいな試合を見せてもらえれば納得できますので、魔世軍に期待するのはセミファイナルからメインイベントに上がれるようなストロングスタイルの選手を出してくださいと。その中においてリアルジャパンと対抗させてもらいたい。ストーリー性では行かないですよと。そういうように期待しています。いい試合をやってもらいたい」と続け、ストロングスタイルを追及するリアルジャパンの姿勢を改めて示した。

 なお、初代タイガーはいじめ撲滅キャンペーンのイベント出演など多忙のため今大会は欠場となるが、「体調が悪いとかそういうのはないです」と語っており、昨年末以来となる試合登場は次回大会以降に持ち越しとなった。


【対戦カード】

<第6試合 メインイベント レジェンド王座戦>
[第11代王者]大谷晋二郎(ZERO1)
vs
スーパー・タイガー(リアルジャパン)

<第5試合 セミファイナル タッグマッチ>
船木誠勝(フリー)&関本大介(大日本プロレス)
vs
石川雄規(Battle Arts Academy)&ケンドー・カシン

※出場予定でありました曙選手は右脚の蜂窩織炎(ほうかしきえん)と感染症により、現在病院にて療養中の為、欠場となりました。

<第4試合 タッグマッチ>
タカ・クノウ(チーム太田章)&倉島信行(ドラディション)
vs
【魔世軍】
魔世軍5号アレクサンダー大塚&魔世軍8号佐野巧真(with青柳総裁)

<第3試合 6人タッグマッチ>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)
& 小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)&柴田正人(フリー)
vs
折原昌夫(メビウス)&グレート・タイガー(国籍不明)
&ブラック・タイガー(国籍不明)

<第2試合 タッグマッチ>
山本SAN(COMBO)&間下隼人(リアルジャパン)
vs
“力道山3世”力(リキ・エンタープライズ)
&LEONA(ドラディション)

<第1試合>
スーパー・ライダー(リアルジャパン)
vs
松本崇寿(リバーサルジム立川ALPHA)
※対戦出場選手は諸事情により変更となる場合もあります。



■大会名:初代タイガーマスク黄金伝説2017 『LEGEND OF THE GOLD VI』
■日時:4/27(木)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-04-07 12:28 この記事だけ表示