©REAL JAPAN

12月1日(金)、東京・興義館にて12月7日(木)東京・後楽園ホールで開催される「新間寿プロデュース 初代タイガーマスク佐山サトル認定『原点回帰』プロレス」(18時30分開始)の記者会見がおこなわれ、レジェンド選手権試合の対戦カードを発表、タイトルマッチに臨む選手が意気込みを述べた。


©REAL JAPAN

初代タイガーマスク  原点回帰という言葉通りの試合ですが、選手を厳選させてもらっています。何人か候補がいることはいるのですが、ストロングスタイルを実際に体現できる選手を選ぶ責任があります。その一番重要な試合の最後の試合のタイトルマッチ、スーパー・タイガーvsHGZ(不明)、これを原点回帰の代表的な試合にしたいと思います。その選手を厳選させてもらいました。その選手の名前は、HGZ(エイチジーゼット)。本日、HGZ選手を紹介したいと思います。(ストロングスタイルの)代表的試合になると思いますので、ストロングスタイル、これからの日本の試合を引っ張っていけるような試合になると思いますので、なにがストロングスタイルか、ボクが説明していきますから。その中に、この代表的な試合がひとつ入ってくることをみなさんにお伝えしたいと思います。HGZ、期待してください。

平井  では、選手権試合を闘いますお二人に登場していただきます

スーパー・タイガー、HGZが登場。

HGZ  よろしくお願いいたします。佐山総監のおっしゃったプロレスをはずれないように、そして、おっしゃられたことを体現できるように、試合をしていきたいと。そして、このレジェンドチャンピオンシップのベルトを私の腰に巻きたいと思っております

スーパー  2017年、私もスーパー・タイガーとして10周年を迎え、この最後の大会で最強の相手、そして、初代タイガーマスク、佐山総監が前回も言われました、これから先の10年、ストロングスタイルを如何に見せていくか。それの最初の、ここから始まるという相手としては最強の対戦相手が現われたと、覚悟してます。その中でボク自身の気持ちをしっかりこの闘いで見つけて、しっかり防衛していきたいと思います

初代タイガー  スーパー・タイガーは申し分ないストロングスタイルのできる有数の選手ではありますが、HGZ選手も誰にしようかと何人かの選手に目標を定めいて、後は名前をどうするかという段階でした。正式に今日、HGZという名前に決まってこの選手がストロングスタイルのこれから日本の代表になってくるということに私はすごく喜んでいます。ストロングスタイルというものがどういうものか、私もその当日リングに上がってストロングスタイルとはこういうものですよというデモンストレーションを実際にやってみたいと思います。みなさんが納得できるような説明をして、力道山先生、(アントニオ)猪木会長、それから長州(力)さん、藤波(辰爾)さんに伝わってきたストロングスタイルが実は、何なのかということを説明していきたいと思います。このHGZは絶対にそれができる選手です。スーパー・タイガーももちろんできます。この代表的選手によるストロングスタイルの実践、それをこれから10年先まで担ってくれるこの二人が日本をリードしてくれる二人になっていただけるように。まだ他にも何人かその選手はいますけれども、数少ない選手の中でこの二人を今回選ばせてもらったことは非常にボクは説明に納得ができていて、心の中で、今後どんどんやっていけるという内容に迫っています。(ストロングスタイルの)代表的な試合になりますのでよろしくお願いします。


©REAL JAPAN

――HGZ選手がいま被っているのは試合で着用するマスクではない?

HGZ  ハイ、そうです。

平井  試合で着けるマスクはまた別のものがあります

――HGZの特長は?

初代タイガー  くすぶってるところがあるんですけれども、くすぶってると言っても試合の勝敗ではなくスタイル的に。ハッキリしたことが全部できる選手です。ストロングスタイルならストロングスタイルの真髄を持っている選手なので、そのことを表していければウチのリング(リアルジャパン)では常にメインイベンターがつとまる選手ですので、それをみなさんに知らしめてほしいと思います。みなさんも「エイチジー!」と言って声援を送ってあげてください。ホントにストロングスタイルができる選手です。ホントに素晴らしいストロングスタイルができる選手がそれを出さなければ、出すリングがないかもしれないけども、ウチはできます。それをぜひやってもらいたいと思います


©REAL JAPAN

――今回はリアルジャパンの本戦とは違い、新間氏が激怒した中でおこなわれる特別な大会。そういった状況下でタイトルマッチをおこなうのはどうか?

スーパー  私としましてはうれしい限り、新間会長が思う、いまのプロレスに対して怒りを感じる。それは初代タイガーの佐山先生も一緒ですし、そういった部分で大事な役目としてタイトルマッチをやれるというのは、なによりの後押しだと思ってますので、私自身しっかりその気持ちをぶつけていきたい。逆にパワーになってますね

――他団体のベルトも獲得した中でリアルジャパンの頂点であるレジェンド王座をかけることに関してはどうか?

スーパー  レジェンドチャンピオンシップ自体が、ストロングスタイルを背負うためのベルトだと思ってるので、それを代表する選手が持てるベルト、そういった闘いができないとボク自身もまだこのベルトを巻く資格がないと思うので、いまこれを持っているということは、私自身もしっかり自信を持って示していきたいと思っています

――HGZのこのあたりを見てほしいというところは?

HGZ  佐山先生がおっしゃったように、くすぶってるというのか、自分自身の中で、私の中で出し切れていないと、たぶん佐山先生には映っている。そこの部分を自分自身の殻を、ここ数年の殻を破って表現またできればいいなと。そういう意味では、核心にあるものがまたさらに進化した形で表れてるなというものが表現できて闘えればいいなと思っています。そのへんがお客さんに伝わる闘いにしたいと思っております

――“ここ数年”ということは、ほかのリングネーム、ほかのマスクであったり素顔であったりで闘っているということ?

HGZ  そうですね


©REAL JAPAN

――個人的には(HGZは)聞き覚えのある声だが、スーパー・タイガーはそのあたりはどう?

スーパー  そうですね。もう、ボク自身も中の方はわかってますので。ただ表面上どういう形になるのか。もってるものは大先輩として背中を見せていただいているので、どういう形でマスクがあろうがなかろうが、この選手と闘えるのであればボクもまた進化して、次のまたステージへと上がっていけるなと確信してます

――HGZに新しい必殺技はある?

HGZ  もしかすると試合中に見たことのない技が自然と出てくることはあるかもしれないですね。対戦相手の出してくる技に対してどう対応するかで。そこは自分自身もわからないです

初代タイガー  まだ彼がHGMくらいのときに、ボクと対戦しているわけですけど素晴らしい試合をやりました。素晴らしい選手、ストロングスタイルを実証してくれてるような素晴らしい試合をしてくれたことがあります。そのくらいの実力の持ち主ですので、それを開花させてあげたい気持ちでいっぱいです。Zまでいっちゃいましたけども、HGZ選手は素晴らしい選手です

HGZ  ありがとうございます。でも初心を忘れないように、HGAでもありたいと思っています

平井  前回の大会(リアルジャパン9・14後楽園)で激怒した新間会長がプロデュースする試合、そして新間会長、佐山総監が選んだメインの選手がこのお二人です

初代タイガーマスク  相当な試合、ストロングスタイルというものをお客さんたち関係者の方すべて納得していただけるような説明をしていきながら、その内容を醸し出しながら、この二人が最後に闘うということはものすごくいい試合になると思います。この状況の中でこの闘いを見れるということは最高の状態になると思います。それを期待してこの試合をプロデュースさせてもらいました。それだけ素質のある二人、資質を持っている二人が闘うということです。是非当日会場でご覧いただきたいと思います!


©REAL JAPAN


【出演情報】

【初代タイガーマスク ストングスタイル デモンストレーション】
初代タイガーマスク、
スーパー・ライダー、間下隼人、タカ・クノウ、倉島信行

【試合部門 対戦カード】
<レジェンド選手権試合シングルマッチ60分1本勝負>
スーパー・タイガー
(第13代レジェンド王者/リアルジャパンプロレス)
vs
HGZ(不明)

<シングルマッチ60分1本勝負>
“大鵬三世”納谷幸男(デビュー第2戦/リアルジャパン)
vs
雷神矢口(フリー)

<シングルマッチ60分1本勝負>
船木誠勝(フリー)
vs
松本崇寿(リバーサルジム立川ALPHA)



■大会名:新間寿プロデュース 初代タイガーマスク佐山サトル認定 『原点回帰』プロレス大会
■日時:12/7(木)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-12-06 12:55 この記事だけ表示


©REAL JAPAN

「新間寿プロデュース 初代タイガーマスク佐山サトル認定『原点回帰』プロレス」の会見が24日、都内ホテルで行われた。

 新日本プロレスのフロント時代、“過激な仕掛け人”と異名を取った新間氏(現リアルジャパンプロレス会長)は、セコンド陣の乱入や凶器が飛び交った“大鵬三世”納谷幸男のデビュー戦(9月14日)に怒りを表明。


©REAL JAPAN

「一度しかないデビュー戦をああいう形で終わらせてしまった納谷幸男にもう一度デビュー戦を組みたい」、そんな思いと「道場で積んだトレーニングの成果を出し合うのがプロレス」という自身の理念を実現するべく、今回の「『原点回帰』プロレス」を開催するに至った。

 いわば再度のデビュー戦を迎えることとなった納谷の相手は、再び9月に続き雷神矢口に決定。新間氏直々に「正々堂々やってもらいたい」と矢口に申し入れたといい、前回敗れている矢口も「今回は叩き潰すつもりでリングに上がる」とこれを快諾。しかし試合については「これは俺のリベンジマッチじゃない。納谷くんのリベンジマッチだと思っている」と、勝敗だけで測れないプロレスの奥深さを示すように力説した。


©REAL JAPAN


©REAL JAPAN

 対する納谷も「場外でボコボコにされて、勝ったけどいいところを持っていかれた」と、試合内容については矢口の言い分を認めており、「前回のような試合をする訳にはいかない」と表情を引き締める。デビュー戦の反省を踏まえ「体力と筋力を重点的にやった」と進化した自身を語り、前回は温存して終わった必殺技のファイル・ストーリーズ・ホールドも「今回は確実に使えるようにします」と力を込めた。

 原点回帰したストロングスタイルのプロレスを見せる今大会で行われるのは「厳選に厳選した」(初代タイガーマスク)シングルマッチ3試合。しかし初代タイガー自らによるストロングスタイルの解説が行われるといい、「ストロングスタイルについて全員に納得してもらう」と鼻息は荒い。

 従来にない大会となるのは確実で、初代タイガーは「“本当のプロレス”を期待していて下さい」とコメントを締めくくった。


©REAL JAPAN


©REAL JAPAN

(取材・文:長谷川亮)



【試合部門 対戦カード】

<シングルマッチ>
“大鵬三世”納谷幸男(デビュー第2戦/リアルジャパン)vs雷神矢口(フリー)

<レジェンド選手権試合シングルマッチ60分1本勝負>
スーパー・タイガー(第13代レジェンド王者/リアルジャパンプロレス)vsミスターX(不明)

<シングルマッチ>
船木誠勝(フリー)vs松本崇寿(リバーサルジム立川ALPHA)



■大会名:新間寿プロデュース 初代タイガーマスク佐山サトル認定 『原点回帰』プロレス大会
■日時:12/7(木)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-11-24 18:42 この記事だけ表示


©REAL JAPAN

 3日、リアルジャパンプロレスの初代タイガーマスク、新闔会長、榛葉賀津也コミッショナー、平井丈雅代表が帝国ホテル・中華料理『北京』レセプションルームで記者会見を行い、12月7日(木)に『原点回帰』プロレス大会を後楽園ホールで開催(実行委員会主催)すると発表した。

■納谷デビュー戦に激怒 プロデュース大会開催を決意

 かつて新日本プロレスで様々な大企画を実現させた“過激な仕掛け人”新濶長がプロデューサーを務めるという今大会。このプロジェクトが生まれたキッカケは、9・14後楽園ホール大会で行われた“大鵬三世”納谷幸男のデビュー戦から感じた“怒り”だった。

 新濶長は納谷のデビューに大きな期待を持っていた。今のプロレス界の現状を憂えてきた新濶長にとって、この試合は言わば「お釈迦様が地獄に垂らした一本の糸」。かつてのプロレスを取り戻すキッカケになると考えていた。そのため、直前に行われた金沢合宿にも同行。営業面でもバックアップしていた。


©REAL JAPAN

 そして迎えたデビュー戦。新濶長の思いはズタズタに引き裂かれた。対戦相手となった雷神矢口のセコンドには邪道軍、魔世軍が大挙して陣取り、何度も試合に介入。場外戦では集団暴行を働き、リングサイドは大混乱に陥った。納谷がそのポテンシャルを発揮する場面もあったが、有刺鉄線バットや毒霧、パウダーなどが乱れ飛び、反則暴走が続いた。

 リングサイドで試合を見守っていた新濶長は激怒。納谷の勝利で一応の決着がついたものの、気持ちは収まらず、その後の試合を見ずに会場をあとにしたという。「やってしまった後悔よりも、やらなかった後悔の方が何倍も重い。途中で私は榛葉コミッショナーと一緒にリングに上がるべきだった。『この試合を中止します。1試合挟んで、改めてあとで再戦させます。リングサイドから全員立ち退け』と言ってやるべきだった。そういう後悔の念があります」と悔しさをにじませた。

 そこまでの怒りが湧いてきたのも、デビュー戦という晴れ舞台がいかに大切なのかを知っているからこそ。「タイガーマスクは何百万人に1人の素質を持った選手でしたが、彼のデビュー戦に関わったのは、私にとって誇りであり、喜びですよ。未だに『タイガーマスクを作った男』と私はどこに行っても説明されます」と胸を張った新濶長は、「デビュー戦は一生に一度だけ。納谷幸男は大鵬3世であって、そういう血筋を引いた人がデビューするということだったら、レスラー同士も一緒に励まして、何とか彼のデビュー戦を盛り立てようという気持ちにならないのかと私は思った」と疑問符をつけた。

 大会終了後、新濶長はすぐに平井丈雅代表に状況を確認。こんな試合になってしまったことを叱責し、一時は「今日限りでプロレス人生を終わりにする」という覚悟まで持った。その後、初代タイガーマスクと何度も話し合いを持ったが、「新間さん、簡単なことです。原点回帰です」という言葉を聞き、自らがプロデューサーとして原点回帰の大会を開催すると決意した。  本来ならば12月にリアルジャパンの大会が行われる予定だったが、今後の興行は一旦白紙に。『原点回帰』プロレス大会実行委員会主催、リアルジャパン協力という形で今回の大会は行われる。

■S・タイガーのレジェンド王座戦と納谷のデビュー第2戦が決定

 現在、決まっているのは、スーパー・タイガーのレジェンド王座防衛戦と納谷のデビュー2戦目が行われていることのみ。終わった試合をなかったことにはできないが、「人生一度しかないデビュー戦をああいう形で終わらせてしまった納谷幸男に、もう一度デビュー戦を組みたいと私は思いました」と、新濶長の心情としては“本当の意味での納谷デビュー戦”となる。対戦相手は未定で、これからリストアップしていく予定。

 新濶長は「しがらみも全部切って、蜘蛛の糸も全部切ってしまって、原点回帰を今一度皆さんとともにやっていきたい」と断言。これまでのリアルジャパンの戦いに一旦区切りを付け、継続参戦してきた選手にも大なたを振るい、出場するレスラーはストロングスタイルに順応できるメンバーに厳選する予定だ。その他、団体オフィシャルのグッズ以外の販売禁止、レスラー以外の控え室入室絶対禁止の厳正化なども打ち出した。

 新濶長は「鍛えに鍛えた肉体が6m40(四方)の中で真剣に戦うことがプロレスであります」と改めて定義。「力道山が日本に持ってきて、アントニオ猪木、ジャイアント馬場が育てた、そして、タイガーマスクが世に広めたこのプロレスが原点回帰するよう取り組んでいきたい」と意気込んだ。

 新濶長の熱い言葉を受けて、「これだけ怒った姿を見たのは初めて」という榛葉コミッショナーも「花のあとは実がなり、また種ができる。もう一度ストロングスタイルの種を蒔いて、リアルジャパンのリングからその芽を大切に育てていけるように、コミッショナーも努力をさせていただきたいと思います」と全面バックアップを約束した。


©REAL JAPAN

■初代タイガーは新濶長の判断を歓迎

 会見に同席した初代タイガーも「12月7日からのリアルジャパンプロレスは変わります。改革を行います」と決意をにじませ、「新間さんが怒ったというのも、私にとってはビッグチャンスであります。納谷幸男の試合に対しても怒っていましたが、私からしてみれば、プロレス界全体に対して怒っていると思います」と真意を説明した。


©REAL JAPAN

 ストロングスタイルの復興をテーマに、自らもリングに上がって激闘を重ねてきたが、全ての選手がリアルジャパンの想い描く試合をできるわけではない。興行を定期的に行うためには、方向性とは相反する要素を取り入れる必要も出てくる。「私がストロングスタイル、ストロングスタイルと言いながらも、『ストロングスタイル以外がいっぱいあるじゃないですか』とかなり言われていました。しかし、それで(ストロングスタイルの試合以外)お客さんが沸いたりもしていました」と矛盾も抱えていた。

 「ちゃんとした幸男の実力をリング上で出すために、そういうものは必要なかった。ストロングスタイルとそうじゃないものが混じり合ってしまった。それをやるしかないような現状があるんです。でも、新間さんが怒って無くそうじゃないかと言ってくれたので、僕も凄くホッとしています」と話した初代タイガーマスクは、「僕もやろうと思っていたけれど、いろんな兼ね合いやしがらみがあってできなかった。それを新間さんがバチンと断ち切ってくれたような気がします」と新濶長の判断を歓迎した。

 初代タイガーはこれまでも過剰化・複雑化が進み、根本にあるべき「戦い」が希薄になっているプロレス界の現状に苦言を呈してきた。「プロレスは受けるから凄いんだという言葉もありますが、ストロングスタイルは違います。一発で決める技を持っている。それがストロングスタイルの練習で培ってきた選手たちがリング上で行う姿であります。それは実力がないとできません」と改めてその思いを語った初代タイガーは、「プライドがあるプロレスというものはどういうものか。皆さんにお伝えしていきたい」と宣言。体調面を考慮して試合出場は見合わせてきたが、プロレスのあるべき姿をファンにリング上から言葉で説明する案が浮上した。

 また「タイガーマスクとして戦っていた全盛期の時も、一番怖かったのが猪木さんの目であり、山本(小鉄)さんの目でした。いつもビクビクしながら試合をやっていました。練習もそうでしたね」と語り、当時の猪木たち同様に、前座の試合内容に目を光らせ、場合によっては鉄拳制裁も辞さない構えを見せた。

 集まった記者団に対し、熱い言葉で“原点回帰”を訴えた新濶長。この大会が来年以降のリアルジャパン、さらにはプロレス界に影響を与える可能性は高いだけに、大きな注目を集める興行になりそうだ。


©REAL JAPAN

(取材・文:村上謙三久)



■大会名:初代タイガーマスク佐山サトル認定『原点回帰』プロレス大会
■日時:12/7(木)
■会場:後楽園ホール

チケットの詳細はこちら

2017-10-05 16:55 この記事だけ表示