■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 『貴闘力 炎の第二戦!』
■開催日:12/5(金) 開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会場:後楽園ホール (東京都)





(構成・文:新井 宏)

初代タイガーマスク率いるリアルジャパンプロレスが12月5日(金)東京・後楽園ホールにて「貴闘力 炎の第二戦!」(開場/17時30分、 試合開始/18時30分)を開催する。

 タイトルにもあるように、この大会は4・16代々木競技場第二体育館で衝撃のプロレスデビューを実現させた元関脇・貴闘力の第2戦だ。前回は“世界一性格の悪い男”鈴木みのるを用心棒に“邪道”大仁田厚&矢口壹琅組と対戦、初陣でいきなり自力勝利をかっさらい、絶大なインパクトを残してみせた。

 46歳の遅咲きデビューながら、大相撲・元関脇の肩書は伊達ではなかった。その強さは誰が見ても認めざるを得ないほど圧倒的。そのうえ、大相撲時代にはあり得ないプロレス独特の攻めにも耐え抜いた。机、有刺鉄線を巻きつけたバットでの殴打。さらには有刺鉄線ボードに叩きつけられ大仁田から毒霧を浴びた。そして、額からの流血…。そのすべてを耐えて繰り出した矢口への強烈な張り手。フィニッシュの取れる張り手をプロレス界に持ち込み、貴闘力という男の生き様を強烈にマットに叩きつけた。これだけやれば、ネクストに期待するなという方が無理である。

 あれから8カ月、満を持して貴闘力がふたたびリングに上がる。9・18後楽園で発表されたように、パートナーには初代タイガーマスクが直々に名乗りを上げた。年内最後のジャパンプロレスで、初代タイガー&貴闘力という夢のチームが実現することになる。

 気になる対戦相手には、こちらもふたたび“邪道”大仁田が出陣を宣言した。11月6日におこなわれた初代タイガーと貴闘力の公開練習に矢口を伴った大仁田が乱入。ここから貴闘力と大仁田の“再戦”が決定し、さらにはリアルジャパン軍vs邪道軍の5対5全面対抗戦に戦火が拡大。11月11日におこなわれた会見では、リアルジャパン軍が初代タイガーマスク&貴闘力&スーパー・タイガー&アレクサンダー大塚&タカ・クノウ組、邪道軍が大仁田厚&田中将斗&矢口壹琅&保坂秀樹&リッキー・フジ組と発表された。ルールについては大仁田の要求を飲んで「ストリートファイト・エニウェアフォール10人タッグデスマッチ」に決定。デスマッチだけに凶器持ち込みも認められ、リング内はもちろん場内どこでも決着がつくストリートファイト・エニウェアフォールが採用される。 振り返ってみれば、貴闘力のプロレスデビューきっかけとなったのが昨年9月の後楽園ホール。リアルジャパンの大会を観戦していた貴闘力が大仁田に襲撃されたのが発端である。あのときの混乱が蘇ることは必至だが、今回は試合として正式に闘いがおこなわれるのだ。不意打ちを食らうはなく、こんどは遠慮なく向かっていける。4・16で見せた強さがさらに上乗せされて発揮されるのではなかろうか。

 貴闘力と大仁田の絡みに注目が集まるのは当然。しかし、この試合の見所はここだけではない。リアルジャパン初参戦となる田中将斗の闘いぶりも楽しみのひとつだ。田中は、ZERO1をホームリングとする大仁田の弟子。FMWでデビューした田中はどこのリングでも抜群のコンディションを誇る。現在、NOAH杉浦貴とのコンビでGHCタッグ&NWAインターナショナルタッグの2冠王者。また最近では師匠の大仁田と組み、電流爆破デスマッチにも出陣している。正統派の試合からハードコア、デスマッチに至るまで、どんな闘いでも最高のコンディションで臨むのだ。その田中が貴闘力とどんなコンタクトを果たすのか。両者の絡みも見逃せないポイントである。田中の弾丸ファイトと貴闘力による殺しの張り手。考えるだけでもゾクゾクする。

 また、リアルジャパン陣営からすればスーパー・タイガーにも期待したい。7・2後楽園では初代タイガーが直前の肉離れで欠場。スーパーは初代に代わり、2試合連続で闘った。頼もしい存在である一方、団体の未来を考えればいつまでもナンバー2の座に甘んじてはいられない。大きすぎるレジェンドの壁であるが、邪道軍との闘いで最も目立つことができれば、その存在感は一気に増すことができる。貴闘力に当たるであろうスポットライトをかっさらうくらいの気持ちが欲しい。この試合には、誰もが主役になれる権利がある。  なお、この全面対抗戦にリアルジャパン軍が負ければ“団体フラッグ”を邪道軍に明け渡さなければならない。この旗は旗揚げから大会、会見を問わず掲げられてきた、虎マークのロゴが入った団体の象徴。それを奪われることはリアルジャパンそのものを乗っ取られることを意味している。団体最大の危機を初代タイガーがどう乗り越えるのか。あっさりと引き渡すのか、それとも意外なヒーローが誕生するのか…。 そのほか、同大会には藤波辰爾、スーパー・ライダー、ウルティモ・ドラゴン、グレート・タイガー、百田光雄、折原昌夫、小笠原和彦、グラン浜田、若翔洋、力(力道山3世)、間下隼人ほか、精鋭陣が参戦予定。貴闘力を加えた初代タイガー軍と大仁田率いる邪道軍の全面対決がおこなわれるリアルジャパン12・5後楽園は、後世に語り継がれるレジェンドイベントになる!



■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 『貴闘力 炎の第二戦!』
■開催日:12/5(金) 開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会場:後楽園ホール (東京都)



【対戦カード】
<メインイベント 第6試合 エニウェアフォールストリートファイトデスマッチ 10人タッグマッチ 60分1本勝負>
“リアルジャパンvs大仁田軍団 5対5全面戦争!”
初代タイガーマスク&貴闘力&スーパー・タイガー(リアルジャパン)&アレクサンダー大塚(AODC)&タカ・クノウ(チーム太田章)
vs
“邪道”大仁田厚&田中将斗&矢口壹琅&保坂秀樹&リッキー・フジ

<セミファイナル 第5試合 タッグマッチ 60分1本勝負>
藤波辰爾(ドラディション)&鈴木秀樹(フリー)
vs
齋藤彰俊(プロレスリング・ノア)&柴田正人(U-FILE CAMP)

<第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
グレート・タイガー(国籍不明)
vs
間下隼人(リアルジャパン)

<第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)&小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)
vs
ブラック・タイガー(国籍不明)&若翔洋(Yamaishi Pictures)

<第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
百田光雄(リキエンタープライズ)&折原昌夫(メビウス)
vs
グラン浜田(フリー)&“力道山3世”力(リキエンタープライズ)

<第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負>
スーパー・ライダー(リアルジャパン)
vs
ベアー福田(SECRET BASE)

※出場選手は怪我その他諸事情により変更となる場合があります。

2014-12-03 11:59 この記事だけ表示



■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 『貴闘力 炎の第二戦!』
■開催日:12/5(金) 開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会場:後楽園ホール (東京都)







    リアルジャパンプロレス『貴闘力 炎の第二戦!』(12月5日、後楽園ホール)で初代タイガーマスク率いるリアルジャパン軍との5対5全面戦争に臨む大仁田厚率いる邪道軍が27日、貴闘力が経営する都内の「焼肉ドラゴ 横綱通り店」で決起集会を行った。

    この日、決起集会に参加したのは大仁田のほか田中将斗、矢口壹琅、保坂秀樹、リッキー・フジという邪道軍の5人。指定の時間にドラゴを訪れると、邪道軍の5人は道の向こうからGメン'75を思わせる横並びで登場。「悔しいけど美味いんだよ」という大仁田に先導され、一行は横綱通り店に足を踏み入れる。



   ちょうど1年前には大仁田が矢口とともに店を急襲し無銭飲食を働いた経緯もあることから、田辺博樹店長は警戒気味の様子だったが、大仁田は「今日は許可を取ってるし、お金を払うから」と敵陣へ乗り込んだとは思えないリラックスムード。店内にはすでに「ドラゴのオススメ肉を凝縮した」(田辺店長)という通称“邪道盛り”が2皿=計8万円が用意されており、これには邪道軍もテンションの上昇を抑えられない。

    「タイガーマスクと貴闘力の奢りだからじゃんじゃん食ってよ」という大仁田の声を合図に、5人の箸が次々特上肉へ伸びていく。大仁田と矢口こそすでに味わい済みの「焼き肉ドラゴ」だったが、「こんなに美味しいと思わなかった」(田中)、「いくらでも食えちゃう」(リッキー)、言葉少なに黙々と食べる保坂とそれぞれが絶賛。



    「我々は普段から組んでるようなもんだし楽勝」(田中)、「誰よりも大将のサンダーファイヤーパワーボムを食らってきた俺や保坂がいるんだから最強」(リッキー)、「あっちみたいな寄せ集めと違って最強のコンビネーションを見せる」(矢口)、「何十年も一緒にいるから寄せ集めと違う」と、肉の美味さも手伝ってか自然と全面戦争へ向けての言葉も滑らかとなった。

    さらに対戦発表会見で初代タイガーマスクが発した「何でも受けてやる」という言葉を逃がさず、大仁田は試合当日に机、イス12脚、有刺鉄線バット2本、バリケードマット2枚の凶器を持参することを予告。極上の“邪道盛り”に舌鼓を打った後は、「俺たちが培った力と痛みを教えてあげようかな。焼き肉は美味いけど、これはこれ、試合は試合」と田辺店長に貴闘力への伝言を残し、上機嫌で「焼き肉ドラゴ」を後にした。

   リアルジャパン軍に対し、今回の試合形式でのキャリアの違い、そして長年の絆の強さをアピールし、「寄せ集めとは地力が違う」と語った大仁田。その意気込みそのままに、リアルジャパン軍を粉砕し、団体フラッグを持ち帰ってしまうのか。






■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 『貴闘力 炎の第二戦!』
■開催日:12/5(金) 開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会場:後楽園ホール (東京都)



【対戦カード】
<メインイベント 第6試合 エニウェアフォールストリートファイトデスマッチ 10人タッグマッチ 60分1本勝負>
“リアルジャパンvs大仁田軍団 5対5全面戦争!”
初代タイガーマスク&貴闘力&スーパー・タイガー(リアルジャパン)&アレクサンダー大塚(AODC)&タカ・クノウ(チーム太田章)
vs
“邪道”大仁田厚&田中将斗&矢口壹琅&保坂秀樹&リッキー・フジ

<セミファイナル 第5試合 タッグマッチ 60分1本勝負>
藤波辰爾(ドラディション)&鈴木秀樹(フリー)
vs
齋藤彰俊(プロレスリング・ノア)&柴田正人(U-FILE CAMP)

<第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
グレート・タイガー(国籍不明)
vs
間下隼人(リアルジャパン)

<第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)&小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)
vs
ブラック・タイガー(国籍不明)&若翔洋(Yamaishi Pictures)

<第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
百田光雄(リキエンタープライズ)&折原昌夫(メビウス)
vs
グラン浜田(フリー)&“力道山3世”力(リキエンタープライズ)

<第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負>
スーパー・ライダー(リアルジャパン)
vs
ベアー福田(SECRET BASE)

※出場選手は怪我その他諸事情により変更となる場合があります。


2014-12-02 19:10 この記事だけ表示



■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 『貴闘力 炎の第二戦!』
■開催日:12/5(金) 開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会場:後楽園ホール (東京都)






■初代タイガーマスク
「12月5日の全試合が決定しましたので、ご報告させていただきます。第1試合、スーパー・ライダーvsベアー福田。福田選手は基礎もしっかりしていますんで、スーパー・ライダーと第1試合という一番重要なところで、ストロングスタイルの試合をやってくれると期待しています。かなり動くと思います。第2試合は百田光雄さんと折原昌夫選手が組んで、グラン浜田さんと力道山三世の力君と戦います。力君もスター性が最近出てきていますんで、面白い試合になると思います。期待してもらいたいなと思います。第3試合はウルティモ・ドラゴン選手&小笠原和彦先生vsブラック・タイガー&若翔洋選手の試合となります。これもちょっと変型的な戦いになるでしょうけれど、リアルジャパンプロレスの中にもこういう試合があるんだということを見せてもらいたいと思います。第4試合はグレート・タイガーvs間下隼人。これは、真下がどこまで意地を見せられるのか。どこまで善戦してくれるのか、期待を持って戦いを見たいと思います。必ず勝てるという信念のもとにやっていけば、必ずいい試合ができると思うので、期待したいと思います。セミファイナルは藤波辰爾さんと鈴木秀樹選手が組みます。2人ともストロングスタイルの要になる選手。先輩のことをそういう風に言ってはいけませんが。相手も齋藤彰俊選手と柴田正人選手。ストロングスタイルを重視するような、リアルジャパン本来の試合ができる可能性を秘めていますので、かなり期待してもらいたいと思います。キーポイントは、リアルジャパンの場合、ストロングスタイルになります。最後のメインイベントはそうならない試合になる気がするので、それまでの試合はかなりストロングスタイルを意識して組みました。メインは5対5の全面戦争ということで、今日も貴闘力選手と作戦をいろいろと組んできたわけですけど、大変な戦いになると思います。グチャグチャになるのか。そうさせないようには、どういう包囲網を作るのか。いろんな戦法を考えていきます。スーパー・タイガーもかなり成長していて。ケンカファイトでもうちは全然大丈夫ですので、そういう展開をしていくことになると思います。リアルジャパン側はストロングスタイルチームと言ってもいいと思いますけど、引くことはないと思います。かなりいい試合を展開させるように。ストロングスタイルとはいかずに、ケンカスタイルということになるかもしれませんが、そういう戦いをやっていきたいと思います。凄い沸いて沸いて沸かして、プロレスの発展に繋げて、新年を迎えたいと思います」

■スーパー・タイガー
「今回の5対5はケンカファイトで。リアルジャパンプロレスとしては絶対に勝たなくちゃいけない。ストロングスタイルを提唱する我々としても、ケンカファイトという部分では逆に得意なものなので。市街地型実戦というもの我々の中に根付いていますので、ケンカファイトを喜んで受けて立ちたいと思います。今回の大仁田選手のチームですが、田中将斗選手。今はいろいろな団体で活躍されていますが、僕自身はここを要として、しっかり止めておかないと、また大仁田さんたちに好き勝手にやられてしまうと思うので。僕自身の役割としては、田中将斗に集中したいと思います。先生、そして貴闘力、アレクサンダー、タカさんたちに上手く回していけるように、そういう部分も考えて戦っていきたいと思います」

■間下隼人
「年末のリアルジャパン大会。今年もいろいろと他団体さんのお世話になりまして、最後の最後にこういったとても強い相手とやれることを光栄に思っています。先ほど佐山総監に仰っていただいた通り、信念と意地を持って、しっかりぶつかっていきたいと思います」

■初代タイガーマスク(2人のコメントを受けて)
「まったく問題ないです。凄い試合が展開されると思います。心技体、全部揃っていると思いますので、頑張ってもらいたいです」

■質疑応答
――貴闘力選手と試合に向けて話し合ったということだが、どんな話をした?
初代タイガー「我々サイドの作戦として、どういう展開ができるか。こうなったらこうしよう、最後どういう風に決めようという戦いのシミュレーションですね」

――試合の要となる貴闘力選手にはどんな活躍を期待する?
初代タイガー「この間は凄く上手く行きました。100点をあげられるようなデビュー戦になりましたので、前に申し上げた通り、全てが上手くいった気がします。今回はそうはいかないだろうと。だったらどういう風に展開させるのか。今回はもう1つ上に持って行こうという形で考えています」

――今日、貴闘力選手が経営する焼き肉店で邪道軍団が決起集会を行ったが、報告は聞いた?
初代タイガー「聞きました、聞きました。うちが(お金を)払ったの? 貴闘力からも聞きました。総額8万円? 美味しい肉をほおばりやがって。その分、返してもらおうと思います」

――それについて貴闘力選手は何か話してた?
初代タイガー「何も言ってなかったですね」

――イスや有刺鉄線バットなどを用意しておけと言っていたが? 初代タイガー「こちらに用意しておけと?
それについての作戦はまだ言えないですけど、それに対する我々のスタイルがありますから。ケンカマッチによってはどうでしょうね。有刺鉄線に対してはハイキックで、イスに対してはバックキックで。みんな打てるような状態ですから。ある人は関節技を取りに行く人間ですね。同じもので戦っても面白くありませんので、それをアレンジしていきたいと思います」

――初代タイガーマスク選手が有刺鉄線バットを持って戦うこともあり得る?
初代タイガー「それは試合展開次第ですね。こっち側から揃えてということはないと思います。一応主催者ですんで」

――初代タイガーマスク選手としては、ここでキッチリ邪道軍団と決着を付けて、いい形で来年を迎えたいという気持ち?
初代タイガー「もちろんそうですね。せっかく貴闘力が出てくれるわけですから。この間は大成功してくれましたけど、やはりピエロには絶対しないというスタンスは守っていきますんで。どういう形であれ、いい結果が出てくれたらと思います」

――ここまでの練習で貴闘力選手が新たに覚えた技はある?
初代タイガー「ここでは秘密ですが、あります」

――複数ある?
初代タイガー「一種類に集中していますけどね」

――打撃系?
初代タイガー「今回は人間風車系みたいな…」

――スーパー・タイガー選手は田中選手に集中すると語っていたが?
初代タイガー「それぞれ目標があるでしょうから。そういう風に集中して、そういうところでは試合をやってもらいたいですし。今回は無理矢理ストロングスタイルの選手を引っ張ってきたんですけど、こういう試合も経験させながら、いいところまで上がって行ってもらいたいなと思います。今でも忘れもしない、猪木さんがずっと言っていたことなんですが、ある選手に『プロレスだけでもダメなんだぞ。街でケンカをしてこい』と言われたんですね。それぐらい迫力が大切なんだと。そういう気持ちがあってこそ、ストロングスタイルなので。それが一番重要なところだと思います。ちまちました技よりも、気迫の方が大切。これを学んでもらいたいなと思います」

――グレート・タイガー選手はメインイベントを張るぐらいの強敵だが、間下選手は戦いに向けて特別な思いはある?
間下「タッパもありますし、横もありますし、自分よりも全然強いです。ただ、先ほど佐山総監が仰っていた部分、本当に信念と意地だけですね」

――当日、大仁田選手は貴闘力選手に任せる?
初代タイガー「そういう作戦はないですけれど、大仁田&矢口が貴闘力の相手になるでしょうから、そこをどう引き離して、分散させて、潰すかというのを今日ちょっと話してきました」





■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス 『貴闘力 炎の第二戦!』
■開催日:12/5(金) 開場/17時30分 試合開始/18時30分
■会場:後楽園ホール (東京都)



【対戦カード】
<メインイベント 第6試合 エニウェアフォールストリートファイトデスマッチ 10人タッグマッチ 60分1本勝負>
“リアルジャパンvs大仁田軍団 5対5全面戦争!”
初代タイガーマスク&貴闘力&スーパー・タイガー(リアルジャパン)&アレクサンダー大塚(AODC)&タカ・クノウ(チーム太田章)
vs
“邪道”大仁田厚&田中将斗&矢口壹琅&保坂秀樹&リッキー・フジ

<セミファイナル 第5試合 タッグマッチ 60分1本勝負>
藤波辰爾(ドラディション)&鈴木秀樹(フリー)
vs
齋藤彰俊(プロレスリング・ノア)&柴田正人(U-FILE CAMP)

<第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負>
グレート・タイガー(国籍不明)
vs
間下隼人(リアルジャパン)

<第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)&小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)
vs
ブラック・タイガー(国籍不明)&若翔洋(Yamaishi Pictures)

<第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
百田光雄(リキエンタープライズ)&折原昌夫(メビウス)
vs
グラン浜田(フリー)&“力道山3世”力(リキエンタープライズ)

<第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負>
スーパー・ライダー(リアルジャパン)
vs
ベアー福田(SECRET BASE)

※出場選手は怪我その他諸事情により変更となる場合があります。

2014-12-01 17:29 この記事だけ表示