続きますよ、「アントニオ猪木酒場」画像レポート。

※「レポート第1弾」、「レポート第2弾」もご覧くださいね!

 

ロープが張り巡らされたリング(?)の中から、クールなバーカウンターが出現。一人でグラスを傾けながら、「アントニオ猪木とは?」を考えてみてはいかがだろうか。えっ、「お酒は何」って・・・。闘魂オリジナルカクテル『灼熱のヘッドパッド』はいかがだろうか。アルコールが苦手な方は、「ブラジル珈琲」をアイスいや、フローズンでどうだ!

店内の壁には、アントニオ猪木氏、歴戦の写真が無数に飾られている。まるで、写真集の中に迷い込んだ「ミクロの決死圏」状態である。

この日、招待されたVIPの方達も、猪木氏の前では、皆、一ファンに戻ってしまったのではないだろうか。向こうの壁には、猪木氏が過去に表紙を飾った数多くの雑誌も展示されている。

黄金の’80年代 金曜夜8時の「ワールドプロレスリング」もここで見れる!(平均視聴率:22%というバケモノ番組をアントニオ猪木氏と初代タイガーマスク、長州力、ドラゴン藤波他の闘いが成り立たせていたんだ。)

1989年(平成元年7月の参議院選挙 当選の瞬間!なんと最後の1議席に滑り込み当選。本当に猪木氏は運の強い、運を呼ぶ男である。)尚、写真の右横には筆者も(笑)。

1989年、国会議事堂前の写真。議員会館には私もよく行きました。当時(1989年〜1995年)7Fの道路側角部屋と言う特等席ともいえる部屋が猪木氏の部屋。

「週刊ゴング」誌の表紙の数々。

この日は、角界からも力士達が来賓として、ご出席されていました。

それ、知っていますか?新日本プロレス野毛道場名物の鍛錬器具「闘魂コシティ」です。これメチャクチャ重いんです。このコシティを両手に持ち、上下左右に回すんです。並みの力では無理です。プロレスラーの強さの源の一つです。

最後にご紹介するのはコレ!アントニオ猪木氏が現役時代に、身に着けていたリングシューズ。このシューズで長年の凄まじい激闘の数々の修羅場を潜り抜けてきたんですね。世界の多くの人々に夢と勇気を与え続けた闘いは、このリングシューズあってこそ。「おつかれさま、シューズくん。」と私は言いたい!

【アントニオ猪木酒場(第1号店池袋店)】は、池袋東口を降り、明治通りを左に2分ほど歩いた左側の東急ビル4Fです。是非、皆様、足をお運びいただけますよう宜しくお願い申し上げます。料理はボリュームと味が両立したグッドテイスト。店内には、猪木氏の足跡を辿る写真、記念品、現役時代のレスリングシューズ、猪木氏が表紙を飾った雑誌の数々、そして激闘の映像、など、猪木信者のみならず、プロレスファン以外の方でも、お店の雰囲気、料理の味に満足されると思います。また、ダーツやスロット機も完備。様々なエンジョイタイムを満喫できます!「アントニオ猪木酒場オフィシャルサイト」はコチラです。

 アントニオ猪木が2007年1月13日(土)& 14日(日)に東京ドームで上演される山本寛斎のビッグショー"KANSAI SUPER SHOW"の次回作品『太陽の船』に出演することが発表された!日本武道館を「100トンの水で覆い尽くす!」という前代未聞の興奮から2年半。山本寛斎が手がける感動スペクタクル"KANSAI SUPER SHOW"。山本が次に挑むのは日本最大のライブスペース、東京ドーム。アントニオ猪木の出演で「日本が元気になる!?」

 

>>チケットのお申し込みはこちら

圧倒する壮大な映像!宙を縦横無尽に駆け巡る華麗な空中パフォーマンスの数々で東京ドームの巨大空間をどのように圧倒してくれるのだろうか?期待したい。

今回、テーマソング「太陽の船」を作詞・作曲する長渕剛、主演の松岡昌宏(TOKIO)、アントニオ猪木、工藤夕貴、上戸 彩、など、超豪華出演陣の競演でも話題。
スタッフも各界から超一流の才能が参戦し、世界的CGアーティスト河口洋一郎氏や日本におけるハワイアンキルトの第一人者、キャシー中島氏が監修するなど、クリエイター山本寛斎の「美」への限りない探究心が結実した圧倒的な色彩、強烈なビジュアルインパクトを最大限に感動的なステージへ巻きこむキャスト・スタッフが集結した。
世界最大!直径40メートルにおよぶ巨大気球「太陽の船」にも注目。
この前代未聞の大スペクタクルを見逃すわけにはいかないだろう。

■公演名:

日本元気プロジェクト
KANSAI SUPER SHOW 『太陽の船』

■日 時:2007年1月13日(土)19:00開演(17:00開場)
                             1月14日(日)18:00開演(16:00開場)
■会 場:東京ドーム

■出 演:アントニオ猪木・松岡昌宏・上戸彩・工藤夕貴
■テーマソング:長渕 剛
■監督・総指揮:山本寛斎

10/24(火)、池袋東口に、アントニオ猪木がプロデュースする“みんなが元気になる居酒屋”というコンセプトの衝撃的なバーレストラン、その名も【アントニオ猪木酒場(第1号店池袋店)】が翌日の一般オープンに先立ち、レセプションパーティを開催。関係者、及びマスコミで賑わったが、イープラスでは、先般このブログで画像レポートをお送りいたしたが、本日追加画像をアップしてみました。第3弾はコチラ)、アントニオ猪木氏自身も参列したお気に入りにのこの酒場。みんなもう行きましたか?私の周りには巡礼者のレポート・感想もチラホラ来ています。この3連休中に行ってみようよ!

さーて、入口を入ると・・・。

ご満悦の我らがアントニオ猪木。自分の名前が店名になる心境はどんなものなのだろうか?もちろん、ぞの昔、伝説の「アントン・リブ」(六本木ロアビル前2F、横浜など)はあったが、今回は名前そのものなのですから。

マスコミ陣に向かって「質問ねぇのか、このヤロー!」と一喝。

(いえいえ言ってません!)

と思ったら、お店のスタッフが、自慢の料理メニューを説明に現れた。各メニューに、猪木氏にちなんだ名前がつけられているのです。

メニューをご覧になりたい方はコチラ!

少し待つと、ジュージュー、美味そうな煙と匂いと共に、鉄板焼き料理が運ばれてきた。店長が真っ先に猪木氏に賞味してもらいたかったその料理とは、・・・・・、

「炎のファイター」だと!

熱々の鉄板の上で、タコが湧き上がる湯気と共に、なんと“タコ踊り”ダー!(笑)

もう一度、メニューをじっくり見てみようか、と猪木氏がチェックしていると出るわ、出るわ、次から次へとボリューム満点のご自慢料理が。

まずは、チキンに手を伸ばしたが、・・・・。

ここは、やはり極厚のステーキ(名づけて“アントン風ビフテキ”)でしょう!

身長191pの猪木氏の前でもこんなにデカイこのステーキ。伝説のステーキハウス「リベラ」を超えるのか!「リベラ」危うし!

「男なら、チマチマするな!こうやって食うんだよ!」と男道を身をもって表現した。本当に美味そうだ。早く食いたいね!

 

やはり、店内で見つけました「道」。猪木氏には絶対これは欠かせない!

【アントニオ猪木酒場の店内を回ってみよう!】

【アントニオ猪木酒場(第1号店池袋店)】は、池袋東口を降り、明治通りを左に2分ほど歩いた左側の東急ビル4Fです。是非、皆様、足をお運びいただけますよう宜しくお願い申し上げます。料理はボリュームと味が両立したグッドテイスト。店内には、猪木氏の足跡を辿る写真、記念品、現役時代のレスリングシューズ、猪木氏が表紙を飾った雑誌の数々、そして激闘の映像、など、猪木信者のみならず、プロレスファン以外の方でも、お店の雰囲気、料理の味に満足されると思います。また、ダーツやスロット機も完備。様々なエンジョイタイムを満喫できます!「アントニオ猪木酒場オフィシャルサイト」はコチラです。