(C)M-1 Sports Media

■大会名:K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN 〜-70kg初代王座決定トーナメント〜
■開催日:7/4(土)
■会場:国立代々木競技場 第二体育館 (東京都)






【記者会見記事】

4月23日(木)東京・GSPメディアセンターにてにて、7月4日(土)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催される「K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN 〜-70kg初代王座決定トーナメント〜」の記者会見が行われた。

 新生K-1としては65kg、60kg、55kgに続いて、いよいよ70kgで初代王座決定トーナメントが開催されることになった。この日の会見ではK-1前田憲作プロデューサーよりトーナメント出場選手・組み合わせが発表された。

 組み合わせ発表に先立ち、前田プロデューサーは「日本人4選手と外国人4選手のワンデイトーナメントでK-1 WORLD GP-70kg初代王者の座が争われます。世界中の選手からK-1に出場したいという声が挙がりましたが、契約上、それが叶わない選手もいました。今回は新たな世界の強豪が出場するのでみなさん期待してください」と挨拶。各試合について説明し、出席選手たちが順に登場し、意気込みを語った

 最初に登場したのはシルバーウルフが誇るハードパンチャーの山崎陽一。対戦相手は70kgの次代を担う逸材として注目を集めているアルメニアのマラット・グレゴリアンだ。グレゴリアンは抜群のボクシングテクニックとローを武器とし、IT’S SHOWTIMEやGLORYといったヨーロッパのビッグイベントで活躍。昨年4月には現GLORY世界ライト級王者ロビン・ファン・ロスマーレンに敗れてはいるものの、互角以上に渡り合い、判定2-1で大接戦を演じている。

 前田プロデューサーも開口一番「グレゴリアンは強いです」と切り出し「山崎選手も日本人離れした強打を持っているので、激しい打ち合い・倒し合いが見られると思います」と2人の熱いファイトに期待を寄せた。

■山崎陽一
「昨年、K-1が新体制で始まって絶対に70kgのトーナメントが開催されるだろうなと思って、出て優勝してやろうと思っていました。K-1出場が決まってうれしいですし、楽しみです。そして僕を選んでくれた関係者のみなさんには感謝しています。他の階級のトーナメントはものすごく盛り上がりましたが、70kgは過去ににK-1MAXがあったので半端な試合をしてはダメで、ものすごい試合をしたいと思います。世界一になることしか考えていませんが、僕には失うものも肩書きもないので、リングに上がって目の前の相手を倒すことだけにすべてを捧げて、暴れます。そして僕が生まれ育った福島県いわき市の人に夢を与えられる試合、K-1ファンのみなさんが興奮する試合を約束します」

 続いては第3代Krush-67kg級王者・牧平圭太が登場。普段は67kgで戦う牧平が、K-1という大舞台で70kgに挑戦することになる。対戦相手のディラン・サルバドールはフランスが誇るスーパーテクニシャン。2013年、19歳の時にK-1 WORLD GP-65kg初代王者ゲーオ・フェアテックスとヒジ打ち・首相撲ありのムエタイルールで対戦して勝利、タイ人以外で唯一ゲーオにムエタイルールで勝った選手となった。

 前田プロデューサーはグレゴリアンに続いて「サルバドールはフランスで若き天才と言われていて、いい選手です」と紹介し「牧平選手は蹴りが得意なファイターなので、牧平VSサルバドールはハイレベルな蹴り合いの技術戦になると思います」と語った。

■牧平圭太
「今回K-1に出場することになって、中学を卒業する時にタイムカプセルに『10年後の自分へ』という手紙を書いていて、(その手紙を取り出して)実はそこに『K-1に出て暴れたい』と書いていました。今回はそれを実現することが出来ました。僕は67kgで試合をしていて正直悩む部分もありましたが、今すごくトレーニングをして身体が大きくなっていて、70kgに挑戦したい気持ちがありました。ここから70kgの始まりなので楽しみです。階級の差はないような試合をしたいので、それを楽しみにしてください」

 3番目に現れたのは第3代Krush-70kg級王者の中島弘貴。過去にK-1MAX参戦経験があり、4月のKrush後楽園大会で70kg王者になって、堂々のトーナメント参戦を果たす。対戦相手は1月のK-1代々木大会で佐藤嘉洋のリベンジをKOで返り討ちにしたサニー・ダルベック。端正なルックスで日本でも人気急上昇中の“北欧最強の伊達男”が待望のトーナメント参戦となった。

 前田プロデューサーは「ダルベック選手はサウスポーで様々な角度から打つパンチ、ヒザ蹴り、ハイキックが要注意です。対する中島選手も最近の試合ではディフェンスに隙がなく、ヴァンダレイ・シウバを彷彿とさせるヒザ蹴りがいつさく裂するのか楽しみにしています」と試合の見所を語った。

■中島弘貴
「新しいK-1が始まって、新しいK-1を盛り上げるために必ず世界トーナメントで優勝します。世界の強豪が集まる70kgでトップになれるように、チャンピオンを目指します」

 そして最後に登場したのは魔裟斗らと共にK-1MAXの時代から日本の70kgをけん引してきた佐藤嘉洋だ。その佐藤の対戦相手は元K-1MAX世界王者ジョルジオ・ペトロシアンの実弟アルメン・ペトロシアン。佐藤とアルメンは2011年に対戦しており、この時はアルメンが判定勝利。佐藤にとってはトーナメント1回戦でリベンジマッチが組まれたことになる。

 前田プロデューサーは「アルメン選手はパワーがあってパンチとローで前に出るアグレッシブなファイターで、K-1史上初の兄弟王者の快挙を目指して参戦します」とアルメンを紹介し「佐藤選手は今までK-1MAXをけん引してきた第一人者として様々な経験をしてきました。アルメン選手に一度敗れているので、リベンジしてほしいと思います」と期待を寄せた。

■佐藤嘉洋
「愛を知る県、愛知県の佐藤嘉洋です。今回、日本代表としてトーナメントに出場することになりました。対戦相手のアルメンとは2011年に戦っていて判定負けしています。ここでリベンジして、仮にサニーが上がってきたら、サニーにリべンジして、決勝で劇的な勝ち方をしたらかっこいいだろうなと思っています。そこで自分の夢を実現させたいです。年齢のこともあり、計量後の食事の量も減ってきたので、ワンデイトーナメントは最後のつもりです。ラストチャンスを掴みたいと思います」

 続く質疑応答では1回戦の対戦相手、そしてトーナメントを優勝する上で誰が強敵になるか?という質問が挙がった。

■山崎陽一
「(グレゴリアンの)映像を見ましたが、ロスマーレン相手にも結構ガンガンパンチとローで前に出続けているので、自分と噛み合うなと思います。バチバチに打ち合って倒してやろうと思います。(強敵は?)外国人選手は全員強敵だと思います。自分は一回戦の相手を倒すことだけを考えています」

■牧平圭太
「Krushのタイトルを防衛して、強い海外選手とやりたいという気持ちがあったので、この試合はチャンスだと思います。トーナメントではボロボロになると思うけど、プライドと身体をかけて勝ち上がろうと思います。(強敵は?)僕以外の7人はみんな僕以上の選手です。3試合すべて挑戦という形で挑んでいきます」

■中島弘貴
「ダルベックは左ストレートが強いので気をつけようと思います。またダルベックはアグレッシブなので激しい試合にあると思いますが、しっかりKOで倒します。(強敵は?)8人とも全員強いので3試合勝って、出来ればKOで勝てたらいいなと思います」

■佐藤嘉洋
「アルメンは城戸康裕にも判定勝ちしていて、世界のトップどころの力を持っています。自分もきっちり完勝、できればKOで倒したいと思っています。(強敵は?)サニーですね。2回負けているので。もしくは中島選手がサニーに勝ったら中島選手です」

 トーナメント出場日本人・4選手の中でも、最も注目されるのは、今回をラストチャンスと位置づける佐藤だろう。トーナメントのメンバーを見渡し「ものすごい曲者が集まってきたと思います。アルメンやダルベックは日本でも知られていて、サルバドールやグレゴリアンは日本では有名ではないけれど、僕の耳にも情報は入っているし、試合を見たこともあります。格闘技通の人は『おおっ!』と思うメンバーだと思います。日本人選手も他に強い選手もいまが、このメンバーでやることに関して異論はありません」とK-1王者を決めるに相応しい8選手が揃ったと語り「7月4日のトーナメントでものすごい大会にして、他の選手が全員K-1に出たいと嫉妬するような大会になるんじゃないかなと思います」とK-1の大ブレイクを誓った。

 そしてトーナメント4試合に加え、リザーブファイトとして渡部太基VSセルゲイ・アダムチャックも決定。渡部はKrush-67kg級を主戦場とする激闘派で、アダムチャックはバダ・ハリやメルヴィン・マヌーフを輩出し、イリアス・ブライドやマサロ・グランダーをK-1に送り込む名門Mike’s Gymの新鋭。前田プロデューサーは「アダムチャック選手は“(アルトゥール・)キシェンコ2世”と呼ばれていて、頑丈でパワーがあり、連撃しながら前に出る選手です。気が強い渡部選手とは激しい打ち合いが期待されます」と激闘を予想した。

■渡部太基
「70kgは初めてなんでやってみないと分からないけど、しっかり勝って本戦に出られるようにリザーブファイトで勝ちたいと思います。まだ対戦相手の映像を見てないんで何とも言えないですけど、Mike’s Gymの選手なので強いと思います。自分は普段から75〜76kgあるのでいいチャンスだと思ったし、挑戦ですよね。K-1はやってみたい大舞台だし、このチャンスをものにしようと思う。身体が動けば70kgでもやりたいし、それはやってみないと分からないです。(どんな試合を見せたい?)倒し合いです。自分は必ず倒しに行くし、必ずいい試合になるので期待して欲しいです」

 トーナメントの注目選手を聞かれ、前田プロデューサーは「グレゴリアン選手とサルバドール選手ですね。この2人は日本でもファンのみなさんに届くような試合をすると思うので、期待して欲しいです」とK-1初参戦となる2人の名前をピックアップ。日本人選手が勝ち残ることが出来るかどうかはもちろん、海外のニュースター誕生にも期待する。過去にはK-1 MAXとして数々の歴史に残る名勝負が繰り広げられてきた70kg。K-1 WORLD GPという新たな舞台ではどんなドラマが生まれるか?




K-1 WORLD GP -70kg初代王座決定トーナメント
【出場選手プロフィール】 ※2015.4.23現在




■“日本中量級の帝王” 佐藤嘉洋 Sato Yoshihiro
国籍/日本
生年月日/1981年1月25日(34歳)
出身地/愛知県名古屋市
身長/185cm
構え/オーソドックス
所属/名古屋JKファクトリー
通算戦績/79戦54勝(20KO)24敗1分
主な獲得タイトル
K-1 WORLD MAX 2010世界トーナメント準優勝
K-1 WORLD MAX 2006・2007日本トーナメント王者
ISKA世界ライト・ミドル級王者
WKA世界ムエタイ・ウェルター級王者
WPKC世界ムエタイ・スーパー・ウェルター級王者
K-1 MAXの中心選手として活躍し、2008年には魔裟斗と格闘技史に残る死闘を演じた。その後も日本の70kg最強の男として世界の強豪と鎬を削り、今年1月に新体制でスタートしたK-1に参戦。「新しいK-1のレギュラー選手として、世界一を目指す」と宣言した。1月大会ではサニー・ダルベックに敗れたものの、初代王座決定トーナメントへの参戦が決定。デビューから16年、“日本中量級の帝王”がK-1のリングで世界最強の座を目指す。

■“イタリアの最強皇弟” アルメン・ペトロシアン Armen Petrosyan
国籍/イタリア
生年月日/1986年11月6日 (28歳)
出身地/アルメニア・エレバン
身長/178cm
構え/オーソドックス
所属/TEAM LEONE PETROSYAN
通算戦績/70戦60勝(22KO)9敗1分
主な獲得タイトル
ISKA世界スーパー・ウェルター級王者(K-1ルール)
K-1 WORLD MAX2009・2010を連覇したジョルジオ・ペトロシアンの実弟で、ヨーロッパを中心に活躍し、ISKA世界スーパー・ウェルター級のベルトを巻く。テクニシャンの兄とは対照的に、パンチ&ローを主体とした馬力のあるファイトスタイルの持ち主で、過去に佐藤嘉洋や城戸康裕といった日本のトップファイターたちに勝利している。K-1史上初の兄弟王者という野望を達成するべく、最強皇帝の弟が新生K-1のリングに来襲する。

■“戦慄のヒザ爆弾” 中島弘貴 Nakajima Hiroki
国籍/日本
生年月日/1988年7月5日(26歳)
出身地/東京都八王子市
身長/176cm
構え/オーソドックス
所属/バンゲリングベイ・スピリット
通算戦績/30戦20勝(13KO)10敗
主な獲得タイトル
K-1 WORLD MAX 2010日本トーナメント準優勝
第3代Krush -70kg級王者
Krush 70kg Tournament 2009優勝
シュートボクセ・アカデミーの日本支部(現在は閉鎖)で格闘技を始め、2006年のプロデビューから13連勝を記録。K-1 WORLD MAX 2010日本トーナメントで準優勝するなど、国内-70kgのトップファイターとして活躍する。今年4月に第3代Krush-70kg級王者となり、初代王座決定トーナメントへの参戦が決まった。一発で仕留めるパンチと飛びヒザ蹴りに加え、最近では巧みな蹴り技も習得。着実に進化を続ける国内屈指のハードヒッターが世界の強豪に挑む。

■“北欧最強の伊達男” サニー・ダルベック Sanny Dahlbeck
生年月日/1991年5月12日(23歳)
出身地/スウェーデン・ストックホルム
身長/178cm
構え/サウスポー
所属/Odenplan Fightgym
通算戦績/42戦34勝(20KO)8敗
主な獲得タイトル
YOKKAO世界 -70kg王者
WMC北欧ウェルター級王者
IFMA北欧ウェルター級王者
サウスポーのムエタイスタイルながら絶妙の距離感から繰り出す左ストレートを武器に、スウェーデンをはじめ北欧諸国で数々のタイトルを獲得。2012年にGLORYで行われた-70kg世界トーナメントで佐藤嘉洋をKOし、その名を世界、そして日本に知らしめた。1月大会でK-1初参戦を果たすと、再び佐藤をKOで沈めた。その実力はもちろん、端正なルックスで日本でも人気急上昇中の“北欧最強の伊達男”がK-1の頂点を決める戦いに再びやってくる。

■“反骨の暴れ馬” 牧平圭太 Makihira Keita
国籍/日本
生年月日/1988年12月14日(26歳)
出身地/広島県福山市
身長/179cm
構え/サウスポー
所属/HALEO TOP TEAM
通算戦績/25戦15勝(5KO)8敗2分
主な獲得タイトル
第3代Krush -67kg級王者
地元・広島でキックボクシングを始め、18歳でプロデビュー。昨年4月に山本優弥を下して、第3代Krush-67kg級王座に就いた。その後はアブデラ・エズビリ、渡部太基の挑戦を退けて2度の防衛に成功している。パンチ主体の選手が多いKrushにおいて、蹴りを主体としたスタイルが特徴的。今回は-70kgに階級を上げての出場となったが、日本人離れした身体能力とスピードを誇っており、必殺の蹴りでトーナメントの台風の目となるか?

■“フランスが誇るスーパーテクニシャン” ディラン・サルバドール Dylan Salvador
国籍/フランス
生年月日/1993年5月20日(21歳)
出身地/フランス・リオン
身長/176cm
所属/Team Nasser K
スタンス/サウスポー
通算戦績/53戦44勝(18KO)8敗1分
主な獲得タイトル
WAKO-PRO世界ウェルター級王者
“ヨーロッパ軽量級最強戦士”カリム・ベノーイらを擁する名門「Team Nasser K」に所属。卓越したムエタイ技術で10代の頃から注目を集める。2013年にゲーオ・フェアテックスとヒジ打ち&首相撲が許されるムエタイルールで対戦し、ハイレベルな技術戦の末に勝利。19歳という若さにして、タイ人以外でゲーオにムエタイルールで勝った唯一の選手となった。フランスが誇るスーパーテクニシャンが待望のK-1初参戦を果たす。

■“静穏の撃砕王” 山崎陽一 Yamazaki Yoichi
国籍/日本
生年月日/1983年11月8日(31歳)
出身地/福島県いわき市
身長/174cm
所属/シルバーウルフ
通算戦績/33戦20勝(13KO)10敗3分
学生時代はサッカーに青春を捧げ、大学ではJリーガーを目指すも叶わず、魔裟斗が所属する「シルバーウルフ」に入門。サッカーで培ったフィジカルですぐに頭角を現し、主戦場のKrushで豪快なKO勝ちを連発。今年4月に中島弘貴と第3代Krush-70kg級王座を争い、判定で敗れはしたものの、そのアグレッシブなファイトスタイルが評価されてトーナメントに抜擢された。-70kgらしい倒すか倒されるかのスリリングな試合はK-1のファンを魅了するに違いない。

■“ヨーロッパ中量級の至宝” マラット・グレゴリアン Marat Grigorian
国籍/アルメニア
生年月日/1991年5月29日(23歳)
出身地/アルメニア・エレバン
身長/176cm
構え/オーソドックス
所属/Team Nick Hemmers
通算戦績/47戦39勝(21KO)6敗1分1無効試合
アルメニア出身・ベルギー在住のキックボクサー。ヨーロッパでは10代の頃から注目を集め、「70kgの今後を担う逸材」という高い評価を得ていた。昨年4月のGLORY大会で、後に同団体の世界ライト級王者になるロビン・ファン・ロスマーレンと対戦。スプリット判定で敗れたものの、ほぼ互角の試合内容で評価をさらに高めた。シャープなパンチと常にKOを狙うスタイルはまさにK-1ルールの申し子。-70kgの新時代の旗手が満を持してK-1のリングに立つ。

■“A LONE WOLF” 渡部太基 Watabe Daiki
国籍/日本
生年月日/1987年12月12日(27歳)
出身地/東京都葛飾区
身長/173cm
構え/サウスポー
所属/Golden Globe
通算戦績/38戦20勝(13KO)17敗1分
主な獲得タイトル
WPMF日本ウェルター級王者
藤原ジム(現Golden Globe)で格闘技を始め、2011年1月に自身初となるタイトルを獲得する。2014年からKrushを主戦場に2連続KO勝利を飾り、牧平圭太の持つ-67kg級タイトルに挑戦。ドローで王座獲得はならなかったものの、王者・牧平をパンチで何度も追い込み、その実力が王者にひけをとらないことを証明した。牧平と同じく-70kgに階級を上げる形だが、ゴツゴツとしたパンチと切れ味鋭いハイキックはK-1でもインパクトを残すだろう。

■“ウクライナの重戦車” セルゲイ・アダムチャック Serhiy Adamchuk
国籍/ウクライナ
生年月日: 1990年2月7日 (25歳)
出身地/ウクライナ・クルィビーイリーフ
身長/174cm
構え/オーソドックス
所属/Mike’s Gym
通算戦績/30戦25勝(11KO)5敗
主な獲得タイトル
ISKAヨーロッパ・ウェルター級王者
バダ・ハリらを輩出したオランダの名門「Mike's Gym」が誇る中量級戦士。地元ウクライナでは総合格闘家としてキャリアを積み、現在はキックボクサーとしてオランダを中心に活躍する。ガッチリとした体型から繰り出すパワフルなパンチと突進力を活かした戦い方で、Mike's Gym所属らしいKOファイトを身上としている。マイク・パッセニール会長も“第2のアルトゥール・キシェンコ”と太鼓判を押す新鋭は、K-1のリングでどんな暴れっぷりを見せるか?

■大会名:K-1 WORLD GP 2015 IN JAPAN 〜-70kg初代王座決定トーナメント〜
■開催日:7/4(土)
■会場:国立代々木競技場 第二体育館 (東京都)



2015-04-28 18:28 この記事だけ表示

10月14日(日)両国国技館「K-1 World GP Final 16」出場選手詳細 <スーパーファイト出場選手>

GENJI UMENO / 梅野 源治
CHANHYUNG LEE / チャンヒョン・リー
JAFAR AHMADI / ジャファル・アーマディ
BENJAMIN ADEGBUYL / ベンジャミン・アダブル
SAULO CAVALARI / サウロ・カバラリ
PAVEL ZURAVLIOV / パヴェル・ズラフリオフ
Rick“The Jet”Roufus / リック・ザ・ジェット・ルーファス
James Wilson / ジェームズ・ウィルソン
Koutarou Mori / 森孝太郎
Zhou Zhipeng / 周志鵬




GENJI UMENO/梅野 源治

ニックネーム:日本ムエタイ界の至宝
1988年12月13日生まれ(23歳)日本出身
178cm (5.84ft)/62kg(137lb)
所属ジム:PHOENIX

23戦/21勝(KO:10勝)2敗0分
 2010年M-1フェザー級王座
 2011年WPMF世界スーパーフェザー級王座

― 2013年新設予定の階級における、魔裟斗EPが注目する選手のK-1初参戦。

魔裟斗EP:「ムエタイを主戦場としていた彼が、今回初のK-1ルールに挑戦。K-1ルールでどれだけの力が出せるかに注目」



CHANHYUNG LEE/チャンヒョン・リー

ニックネーム:なし
1992年8月11日生まれ(20歳)韓国出身
168cm (5.5ft)/60kg(132lb)
所属ジム:Moovi Gym/KHAN Sportainment

15戦/11勝(KO:6勝) 3敗 1 分
 2011年M.K.F -60KGトナーメント優勝

魔裟斗EP:「若干20歳の韓国新鋭選手。未知数だけに期待される。」



JAFAR AHMADI/ジャファル・アーマディ

ニックネーム:K.O. King
1982年12月6日生まれ(29歳)イラン出身
186cm (6.1ft)/96kg(212lb)
所属ジム:Iran Taisei Jyuku

30戦/28勝(KO:15勝)1敗1分
 2006年、2007年、2010年アマチュアキック
 ボクシング世界チャンピオン
 2007年、2009年、2011年ムエタイチャンピオン
 WBKFヘビー級チャンピオン

魔裟斗EP:「パンチ・キック共にレベルが高い。イランのダニエル・ギタといった感じ。」



BENJAMIN ADEGBUYL/ベンジャミン・アダブル

ニックネーム:Mr. Gentleman, Hammer
1985年1月24日生まれ(27歳)ナイジェリア出身
198m (6.6ft)/120kg(260lb)
所属ジム:Respect Gym

10戦/9勝(KO:8勝)1敗0分
 2011年 SuperKombat WGP III チャンピオン
 2012年 SuperKombat WGP III チャンピオン

魔裟斗EP:「ローキックからパンチで攻めるタイプ。一発で相手を倒すクロスカウンターが非常に魅力的。」



SAULO CAVALARI/サウロ・カバラリ

ニックネーム:なし
1989年5月23日生まれ(23歳)ブラジル出身
188cm (6.2ft)/100kg(220lb)
所属ジム:Thai Brasil

26戦/25勝(KO:19勝)1敗0分
 2010年ムエタイブラジルチャンピオン
 2011年ムエタイブラジルチャンピオン
 2012年TANEFTカップロシアチャンピオン
 2012年TANEFTカップブラジルチャンピオン

魔裟斗EP:「脚を使ってヒットアンドウェイで戦う選手。右のローキックを得意とする。」



PAVEL ZURAVLIOV/パヴェル・ズラフリオフ

ニックネーム:The Caiman
1983年7月29日生まれ(29歳)ロシア出身
187cm (6.1ft)/99kg(216lb)
所属ジム:Sevastpol Muay Thai

47戦/39勝(KO:14勝)7敗1分
 2009年K-1 WORLD GP in SeoulにてK-1初参戦
 2009年WBKFスーパーヘビー級チャンピオン
 2011年SuperKombat WGPIIIチャンピオン

― 2009年のK-1初参戦でGokhan Sakiに勝利し関係者をビックリさせたことが印象的。その後もPrince AliやMourad Bouzidiにも勝利、実績を引っ提げて今回日本初参戦。

魔裟斗EP:「スピードは無いが、体力があって打たれ強い。ガンガン前でプレッシャーをかける選手」



Rick“The Jet”Roufus/リック・ザ・ジェット・ルーファス

ニックネーム:ザ・ジェット
1966年6月3日(46歳)アメリカ出身
180 cm(5.11ft)/ 98Kg (205lb)
所属ジム:Roufus Kickboxing Center

65 勝 (43 (T)KOs) 9 敗, 0 draws 1分
 1996年WBC米大陸クルーザー級王座
 1998年K-1 USA GRAND PRIX '98 優勝

魔裟斗EP:「9月8日に叶わなかった、レジェンド VS. トライアウト出身の大注目若手との対決に期待する。」



James Wilson/ジェームズ・ウィルソン

ニックネーム:ザ・ビースト
1986年10月15日(25歳)アメリカ出身
186cm(6.1ft)/ 112Kg(245lb)
所属ジム:Fight Academy



Koutarou Mori/森 孝太郎

ニックネーム:なし
1987年 7月 4日生まれ(25歳)長崎県、日本出身
187cm (6.14ft)/70kg(154.5lb)
所属ジム:REALDEAL GYM

13戦/8勝(KO:勝)3敗2分
 2012年REALDEAL 70kg級トーナメント優勝

魔裟斗EP:新進キックボクサー。周選手のパンチを、得意のキックでどう攻めるかに注目している。



Zhou Zhipeng/周志鵬

ニックネーム:中国勇士
1984年08月28日生まれ(28歳)中国出身
170 cm (5.7ft)/70kg(154lb)
所属ジム:中国人民解放軍八一ボクシングチーム

36戦/29 勝(KO:17 勝) 7 敗
 2008.10 全中国ボクシング 二位
 2011.11 “武林風”決戦ニュジーランド70KG チャンピョン

魔裟斗EP:人民解放軍出身、ボクシングに妙味あり、アグレッシブな試合に期待したい。





K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL 16


■公演名:K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL 16
■開催日時:2012年10月14日(日) [16時30分開始予定]
■会場:国技館
詳細・チケット申込はコチラ!

【対戦カード】
■HEAVY WEIGHT GRAND PRIX FIGHT■
ラウル・カティナス VS. ベン・エドワース
上原 誠 VS. 天田 ヒロミ
ザビエル・ビグニー VS. ザビット・サメドフ
ヘスディ・ゲルゲス VS. セルジィ・ラシェンコ
シング・ジャイディープ VS. イスマエル・ロント
ジャレル・ミラー VS. アーノルド・オボロトフ
ポール・スロウィンスキ VS. カタリン・モロサヌ
ミルコ・フィリポヴィック VS. ランディ・ブレイク

■SUPER FIGHT■
梅野 源治 VS. チャンヒョン・リー
ジャファル・アーマディ VS. ベンジャミン・アデブル
サウロ・カバラリ VS. パヴェル・ズラフリオフ
リック・ルーファス VS. ジェイムス・ウィルソン
<スーパーファイト70kg級ワンマッチ>
周志鵬(中国) vs 森 孝太郎(リアルディール/日本)

K-1 Global Holdings Limited
公式サイト: http://www.k-1.tv/jp/
公式ツイッター: K1GlobalTV @K1Global
公式Facebook:
https://www.facebook.com/K1GlobalTV.ENG 英語
https://www.facebook.com/K1GlobalTV.JP 日本語



10月14日(日)両国国技館「K-1 World GP Final 16」出場選手詳細 <ヘビー級出場選手>

RAUL CATINAS / ラウル・カティナス
BEN EDWARDS / ベン・エドワーズ
MAKOTO UEHARA / 上原 誠
HIROMI AMADA / 天田ヒロミ
XAVIER VIGNEY / ザビエル・ビグニー
ZABIT SAMEDOV / ザビット・サメドフ
HESDY GERGES / ヘスディ・カラケス
SERGII LASHCHENKO / セルゲイ・ラシェンコ
SINGH JAIDEEP / シング‘心’ジャディブ
ISMAEL LONDT / イスマエル・ロント
JARRELL MILLER / ジェレル・ミラー
ARNOLD OBOROTOV / アーノルド・オボロトフ
PAUL SLOWINSKI / ポール・スロウィンスキー
CATALIN MOROSANU / カタリン・モロサヌ
MIRCO FILIPOVIC / ミルコ・クロコップ
RANDY BLAKE / ランディ・ブレイク




RAUL CATINAS/ラウル・カティナス

ニックネーム:Iron
1988年8月6日生まれ(23歳)ルーマニア出身
182cm (5.11ft)/110kg(243lb)
所属ジム:Chakuriki Gym

21戦/17勝(KO:9勝)4敗0分
 2008年K-1 WGP東欧大会にてK-1初参戦
 2009年K-1 WGP東欧大会にて準決勝進出
 2012年SuperKombat WGPIIチャンピオン

オランダの名門チャクリキジムに移ってからは実力が格段に上がり、総帥トム・ハーリンク会長が近いうちに必ずK-1のチャンピオンになると太鼓判を押す選手である。同じく魔裟斗EPがブンブン丸と言うベン・エドワーズとの対戦はKO決着必死である。
今後要注目の選手である。

魔裟斗EP:「筋肉隆々、マイクタイソンのようなファイター」



BEN EDWARDS/ベン・エドワーズ

ニックネーム:The Guvner
1985年2月17日生まれ(27歳)オーストラリア出身
190cm (6.3ft)/117kg(258lb)
所属ジム:Bulldog Gym Canberra

44戦/34勝(KO:31勝)8敗2分
 2009年ISKAスーパーヘビー世界大会チャンピオン
 2010年K-1 WGP豪州大会初参戦、優勝

― 意外にも、2010年K-1デビュー後で日本初参戦。
強豪ひしめく豪州で、ガンガン行くタイプの選手であり、KOが多い選手である。
ベン・エドワーズの試合に外れなし。初戦の対戦相手はラウル・カティナスとの殴り合いは楽しみである。

魔裟斗EP:「まさにブンブン丸、拳を振り回しKOを狙う。分かりやすく面白い」



MAKOTO UEHARA/上原 誠

ニックネーム:
1984年11月14日生まれ(27歳)日本出身
182cm (5.97ft)/95kg(210lb)
所属ジム:士魂村上塾

15戦/11勝(KO:7勝)4敗0分
2008年K-1 TRYOUTに参加し合格
2011年RISE ヘビー級王座

― 2008年開催のK-1 TRYOUT参戦した上原選手も、今や日本を代表するヘビー級へと成長。今回、RISEヘビー級王座を引っ提げ、K-1世界大会へ参戦。3年前に敗れた天田選手へのリベンジの機会が来た。現在の実力の差を見せせれるか。

魔裟斗EP:「パンチ蹴り共に破壊力がある、日本人離れした肉体を持つ選手」



HIROMI AMADA/天田ヒロミ

ニックネーム:Japanの特攻隊長
1973年5月10日生まれ(39歳)日本出身
185cm (6.1ft)/105kg(232lb)
所属ジム:デジタルスピリッツ

54戦/34勝(KO:15勝)17敗3分
2004年K-1 Japan GP優勝
2009年HEATヘビー級王座

― 1999年よりK-1参戦から13年、K-1の生き字引
的存在。2009年には上原選手に判定勝利した実績あり、12月26日WGP決勝戦への切符をかけ、再度の挑戦を受ける。本人曰く、実力は以前よりも現在の方が上がっていると言う事を示すかの様に、先日の試合でもアレックス・ロバーツをKOし、勢いに乗っている。

魔裟斗EP:「K1Japan時代からおなじみの選手。アマチュアボクシング出身でパンチのテクニックでは日本人ヘビー級No.1」



XAVIER VIGNEY/ザビエル・ビグニー

ニックネーム:Sagat
1990年4月29日生まれ(22歳)アメリカ出身
207cm (6.8ft)/111kg(245lb)
所属ジム:Team Black

6戦/5勝(KO:1勝)0敗 分
 IKF カリフォルニア、US+ワールドアマチュア チャンピオン

―アメリカンフットボール出身の身体能力は優れたものがある。キックボクシングに転校してからはこれまで6連勝中である。長い手足が武器であるが、22歳と言う若さもある。
アメリカのキック界を背負って行く選手になるだろう。

魔裟斗EP:「これまで見てきた長身選手の中でも非常にパワーの強い選手、若く伸びシロがあるように感じられ、今後KOでの勝利を積み上げることが期待される。」



ZABIT SAMEDOV/ザビット・サメドフ

ニックネーム:Maugli
1984年6月21日生まれ(28歳)アゼルバイジャン出身
183cm (6.0ft)/95kg(209lb)
所属ジム:Chinuk Gym

84戦/73勝(KO:32勝)10敗1分
 2006年IFMA世界アマチュアムエタイチャンピオン
 2007年K-1 WGPラスベガス大会参戦
 2009年K-1 WGP東欧大会チャンピオン

―体格的には大きくはないが、プロボクシングの経験もあり、スピードがありどんな相手にも真っ向勝負を行うハートの持ち主。これまでにセルゲイ・ラシェンコやレイ・セフォーにも勝利した猛者。

魔裟斗EP:「打ち合いの好きな、荒々しい選手。激しい殴り合いに期待する」



HESDY GERGES/ヘスディ・カラケス

ニックネーム:Fighterheart
1984年2月20日生まれ(28歳)エジプト出身
200cm (6.6ft)/108kg(240lb)
所属ジム: Chakuriki Gym

51戦/39勝(KO:18勝)11敗1分
 2009年WFCAスーパーヘビー世界大会チャンピオン
 2010年It’s Showtime +95kg級世界大会チャンピオン

― トム・ハリック氏率いるドージョー・チャクリキからの刺客。Badr HariやDaniel Ghitaに勝利している安定した実力者であることを、今大会で知らしめることに
なろう

魔裟斗EP:「2メートルを超える長身が魅力。ショータイム・チャンピオンの実力者」



SERGII LASHCHENKO/セルゲイ・ラシェンコ

ニックネーム:Ukrainian Tough Guy
1987年7月21日生まれ(25歳)ウクライナ出身
191cm (6.3ft)/111kg(245lb)
所属ジム:Mike’s Gym

38戦/29勝(KO:13勝)9敗2分
 2009年K-1 WORLD GP東欧大会にてK-1初参戦
 2009年K-1 WORLD GP決勝戦準優勝
 2011年SuperKombat WGP Finalチャンピオン

― 2009年WGP初参戦で、あっと言う間に決勝戦まで登り詰めた童顔な彼も、25歳。昨年はヨーロッパのSuperkombatの トーナメントを制しK−1 GPの優勝を狙う。

魔裟斗EP:「固い拳を持った、ボクシングテクニックのある選手」



SINGH JAIDEEP/ シング‘心’ジャディブ

ニックネーム:Heart
1987年8月21日生まれ(25歳)インド出身
198cm (6.6ft)/100kg(220lb)
所属ジム:パワーオブドリーム

55戦/40勝(KO:13勝)14敗0分
 2008年 J-NET WORK ヘビー級チャンピオン
 2009年 K-1WGPソウル大会−ASIA GP−チャンピオン
 2011年 RISEヘビー級トナーメントチャンピオン

―日本国内では的無しの存在。昨年のRISEヘビー級トーナメントでは一人だけ飛び抜けた存在である事を証明した。
新生K−1の柱になって欲しい存在である。

魔裟斗EP:「長身から繰り出すパンチには破壊力があり、そこからの膝蹴りで相手をKOする。近年急成長。」



ISMAEL LONDT/イスマエル・ロント

ニックネーム:Mr. Pain
1985年7月12日生まれ(27歳)スリナム出身
196cm (6.4ft)/110kg(243lb)
所属ジム:Super Kombat

33戦/29勝(KO:13勝)3敗1分
 2011年 SuperKombat WGP IIチャンピオン
 2011年 SuperKombat WGP Final準優勝
 2012年 SuperKombat WGP III タイトル

―マネージャーがあのメルビン・マヌーフ。メルビンのヘビー級版といった感じの選手である。これから世界の舞台で活躍すること間違いなしの選手。

魔裟斗EP:「思い切りの良い選手。それだけに倒すこともあれば倒されることもある、観ている側からすれば非常に面白い試合をする。」



JARRELL MILLER /ジェレル・ミラー

ニックネーム:Big Baby
1988年7月15日生まれ(24歳)アメリカ出身
195cm (6.4ft)/113kg(250lb)
所属ジム:Renzo Gracie Fight Academy

20戦/20勝(KO:9勝)0敗0分
 NY ゴールデン・グローブ ファイナリスト
 2012年K-1 ロサンゼルス大会にてK-1初参戦

―あのプロボクシングで長い間王者に君臨しているクリチコのスパーリングパートナーを勤めた事のある選手。以前、K-1に出場しUFCへ転身したパット・バリーにも19歳の時にチャック・ノリスが主催したWCLで勝利している。ビッグマウス通りに先日でのK−1 USA大会では見事にKO勝利を納めた。相手は誰でもいいので、兎に角KOすると息巻いている。

魔裟斗EP:「ボクシング出身、9.8米国大会では、K-1ルールにも非常に良く対応しており、しっかりしたローキックが印象的。さすがアメリカンボクサーで、最後のアッパーカットでのノックアウトは圧巻」



ARNOLD OBOROTOV/アーノルド・オボロトフ

ニックネーム:Mr. Roboto
1989年12月4日生まれ(22歳)リトアニア出身
196cm (6.5ft)/102kg(225lb)
所属ジム:KO Bloodline

29戦/25勝(KO:14勝)3敗1分
 2011年W.K.N.欧州大会スーパーヘビー級チャンピオン

― 今年4月のJerome Le Banner自身主催のメイン試合で引き分けに持ち込んだことで話題となった、若干22歳の新星ながら非常に上手い選手である。K-1初挑戦で、台風の目となるか。

魔裟斗EP:「のらりくらりと強さは感じないが、K1番長に引き分けた実績は意味ある」



PAUL SLOWINSKI/ポール・スロウィンスキー

ニックネーム:The Sting
1980年9月24日生まれ(31歳)ポーランド出身
190cm (6.3ft)/110kg(240lb)
所属ジム:Finders Muaythai

123戦/104勝(KO:63勝)18敗1分
 2007年K-1 WORLD GP in Amsterdam優勝
 2009年WMCスーパーヘビー級チャンピオン
 2011年IS.K.A.ヘビー級チャンピオン

― 5年前のK-1初参戦時のイメージとは異なる円熟度を見せる31歳。2010年7月K-1戦でBen Edwardsに負けて以来、8連勝中。ホーストの元で学んだ技術を生かしこれからも飛躍が期待出来る選手だ。

魔裟斗EP:「K1でもおなじみの選手。キックもパンチも使えるオールラウンダー」



CATALIN MOROSANU/カタリン・モロサヌ

ニックネーム:The Carpathian Death
1984年6月30日生まれ(28歳)ロマニア出身
180cm (5.11ft)/98kg(220lb)
所属ジム:SS Cotnari-Scorpions

37戦/32勝(KO:20勝)5敗0分
 2008年WKN インターコンティネンシャルヘビー級チャンピオン
 2012年SuperKombat WGP I チャンピオン

―ルーマニアのSuperKombat の代表一押しの選手であり、32勝のうち20KOという実績の持ち主。小兵ながら、試合は激しい打撃戦を好むファイターであり、そしてルーマニアでは議員という側面も持つマルチファイターである。

魔裟斗EP:「K-1 MAXでいうところのマイク・ザンビディス選手のようなタイプ。90パーセント以上をパンチで戦うのが印象的。」



MIRCO FILIPOVIC/ミルコ・クロコップ

ニックネーム:Cro Cop
1974年9月10日生まれ(37歳)クロアチア出身
185cm (6.1ft)/107kg(235lb)
所属ジム:Cro Cop Squad Gym

65戦/45勝(KO:32勝)17敗2分1ノーコンテスト

― ミルコは2003年以来、9年ぶりにK-1に参戦。
ミルコが欲しいもの、それはK−1のヘビー級のベルトだろう。その為にK-1に戻ってきた。ミルコのここぞと言う時の強さは凄まじいものがある。その姿を今回も期待したい。

魔裟斗EP:「5月のスペイン大会で、久しぶりにミルコの試合を見たが、相変わらずキレ味鋭いハイキック、全盛期と変わらぬ勢いを感じた」



RANDY BLAKE/ランディ・ブレイク

ニックネーム:Boom Boom
1986年11月25日生まれ(25歳)アメリカ出身
185cm (6.3ft)/98kg(215lb)
所属ジム:Apollos Martial Arts

24戦/24勝(KO:16勝)0敗0分
 XFL ライト ヘビー級 キックボクシング チャンピオン
 ISKA ワールド ヘビー級キックボクシング チャンピオン

―アメリカのキックボクシング界の新生は先日のK-1 USA大会での勝利を加え24連勝。アメリカでは名門で日本にも何度も試合に来た事のあるデル“アポロ”クックの愛弟子である。初の大舞台で相手はミルコ。連勝を延ばす事が出来るのか、それとも初黒星になるのか、楽しみな一戦である。

魔裟斗EP:「先日の9.8米国大会を加え、現在24戦24勝、すごくボクシングのテクニックがあると感じる選手。24勝のうちKO数が16あり、パンチ力のある若く強い選手。」





K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL 16


■公演名:K-1 RISING 2012 WORLD GP FINAL 16
■開催日時:2012年10月14日(日) [16時30分開始予定]
■会場:国技館
詳細・チケット申込はコチラ!

【対戦カード】
■HEAVY WEIGHT GRAND PRIX FIGHT■
ラウル・カティナス VS. ベン・エドワース
上原 誠 VS. 天田 ヒロミ
ザビエル・ビグニー VS. ザビット・サメドフ
ヘスディ・ゲルゲス VS. セルジィ・ラシェンコ
シング・ジャイディープ VS. イスマエル・ロント
ジャレル・ミラー VS. アーノルド・オボロトフ
ポール・スロウィンスキ VS. カタリン・モロサヌ
ミルコ・フィリポヴィック VS. ランディ・ブレイク

■SUPER FIGHT■
梅野 源治 VS. チャンヒョン・リー
ジャファル・アーマディ VS. ベンジャミン・アデブル
サウロ・カバラリ VS. パヴェル・ズラフリオフ
リック・ルーファス VS. ジェイムス・ウィルソン


K-1 Global Holdings Limited
公式サイト: http://www.k-1.tv/jp/
公式ツイッター: K1GlobalTV @K1Global
公式Facebook:
https://www.facebook.com/K1GlobalTV.ENG 英語
https://www.facebook.com/K1GlobalTV.JP 日本語