株式会社ワールドパンクラスクリエイト

PANCRASE 2007 RISING TOUR 9月30日(日)梅田ステラホール大会
対戦カード第一弾決定!

>>パンクラスの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!

----------------------------------------------------------------------

>> 藤原大地 vs エマニュエル・フェルナンデス
>> 藤本直治 vs パンチィー山内
>> 長谷川孝司 vs 中村健太
>> 鳥生将大 vs 北浦徳之
>> 出場予定選手


----------------------------------------------------------------------


★ フェザー級戦/5分3ラウンド ★
■5/30(水)後楽園ホール大会で裕希斗(U−FILE CAMP.com)と対戦し、様々なサブミッションで攻め立て勝利を収めた藤原。一方、前『ケージ・ウォリアーズ』フェザー級王者にして現『FX3』フェザー級王者エマニュエル・フェルナンデスがパンクラス初参戦!『プロ・アマオープンキャッチレスリングトーナメント』に出場しベスト4入りを果たすなど、寝技の鋭さに磨きの掛かる藤原が初の国際戦で一本を極めるのか?それとも、柔道20年、柔術7年というバックボーンを持ち、高い極め率を誇るフェルナンデスが得意の三角絞めで一本を奪うのか?稲垣組の特攻隊長vs現役フランス格闘王による注目の一戦!

藤原 大地(パンクラス稲垣組)
エマニュエル・フェルナンデス(フレンチ・トップチーム)/初参戦

◆エマニュエル・フェルナンデス/ Emmanuel Fernandez
▼生年月日:1972年7月12日生 35歳   ▼身長、体重:168cm、65kg
▼国籍:フランス共和国  ▼出身地:フランス、アングレーム  ▼所属:フレンチ・トップチーム
▼格闘技歴:柔道20年、柔術7年  ▼総合格闘技戦績:13戦7勝(5TO)4敗1分1無効試合
▼主な獲得タイトル:『ケージ・ウォリアーズ』フェザー級王者、『FX3』フェザー級王者

----------------------------------------------------------------------


★ フェザー級戦/5分2ラウンド ★
■4/8(日)テルヤホール大会で曹竜也(闘心)と対戦した藤本。一方、3/25(日)新木場ファーストリング大会ネオブラッド・トーナメント準々決勝で村山トモキ(AJジム)と対戦したパンチィー。フェザー級ランカーとして藤本が、プロ経験の差を見せつけ勝利を獲得するのか?それとも、コブラ会期待の若手ファイターパンチィーが勝利を掴むのか?大阪で鎬を削りあう、稲垣組とコブラ会による期待のフェザー級戦!

藤本 直治(パンクラス稲垣組)/5位
パンチィー山内(総合格闘技道場コブラ会)


----------------------------------------------------------------------


★ フェザー級戦/5分2ラウンド ★
■5/30(水)後楽園ホール大会ネオブラッド・トーナメント準決勝で吉本光志(AJジム)と対戦し、キックボクシング王者を相手に積極的に関節技を仕掛けていった長谷川。一方、2006年12月ディファ有明大会以来、約10ヶ月振りの参戦となる中村。最年少パンクラシストである長谷川が稲垣組のお膝元で勝利を掴み取るのか?それとも、今年3月福岡で行われた『天下一武道会』で一本勝ちを収めた中村が連続一本を果たすのか?共に21歳という若獅子によるアグレッシブなフェザー級戦!

長谷川 孝司(パンクラス稲垣組)
中村 健太(禅道会広島支部)


----------------------------------------------------------------------


★ ライトヘビー級戦/5分2ラウンド ★
■7/8(日)『DEEP 30IMPCT』Zepp Osaka大会で島川敦行(PUREBRED京都)と対戦した鳥生。一方、柔道、柔術、アマチュアレスリングで活躍し、パンクラスゲートでは僅か36秒で相手を破壊し、2月の『ケージ・フォースEX』でも44秒で勝利し、秒殺記録を更新する北浦。パンクラスism期待の若手中量級ファイター鳥生が、地元大阪でKO勝利を挙げるのか?それとも、パンクラスデビュー戦となる北浦がデビュー戦を白星で飾るのか?鳥生の打撃と北浦の打撃、先に相手を破壊するのがどっちだ?

鳥生 将大(パンクラスism)
北浦 徳之(和術慧舟會兵庫支部)/初参戦

◆北浦徳之/ Noriyuki Kitaura
▼生年月日:1982年2月14日生 25歳   ▼身長、体重:181cm、83kg
▼所属:和術慧舟會兵庫支部  ▼格闘技歴:柔道初段、ブラジリアン柔術青帯、アマレス
▼主な獲得タイトル:『レスリング西日本学生選手権』 準優勝
          2005年『JTC』関西大会&全国大会優勝
▼パンクラスゲート戦績:2戦1勝1分
▼ケージ・フォース戦績:1戦1勝
  2007.2.17/ケージ・フォースEX/vs小林哲也/1R0:49、スリーパーホールドで勝利

----------------------------------------------------------------------


★9月30日(日)梅田ステラホール大会の出場予定選手
◆伊藤あすか(パンクラス稲垣組)
◆高田谷悟(格闘技吉田道場)
◆花澤大介13(総合格闘技道場コブラ会)
◆国本起一(総合格闘技道場コブラ会)

---------------------------------------------------------------------- >>パンクラスの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!
株式会社ワールドパンクラスクリエイト

PANCRASE 2007 RISING TOUR 9月5日(水)後楽園ホール大会
カール・ゴッチ氏 追悼興行

 「プロレスの神様」と呼ばれ、パンクラスの名付け親でもあるカール・ゴッチ氏が7月28日(土)に逝去されました。
 パンクラスでは、ファンの皆様とともに故カール・ゴッチ氏を偲びたく存じます。それに伴い、9月5日(水)後楽園ホール大会は『カール・ゴッチ氏 追悼興行』として行ないます。

>>パンクラスの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!

----------------------------------------------------------------------

>> 北岡悟 vs ミルトン・ヴィエイラ
>> 竹内出 vs ブライアン・ラフィーク
>> 川村亮 vs ジェーミー・フレッチャー
>> 渡辺大介 vs ガジエフ・アワウディン
>> 砂辺光久 vs 吉本光志
>> 松田恵理也 vs 星野勇二
>> 小路伸亮 vs フラービオ田中
>> 出場予定選手


----------------------------------------------------------------------


北岡悟が大晦日に現役復帰の船木誠勝に挑戦状を叩き付けた!

★ウェルター級戦/5分3ラウンド★
■4/13(金)DEEP 29 IMPACTでファブリシオ“ピットブル”モンテイロ(グレイシーバッハ・コンバットチーム)と対戦。柔術選手権で4度王座に輝いているピットブル相手に、一歩も引かず見事な肩固めで一本勝ちを収めた北岡。一方、ルタ・リーブリを10年以上経験した黒帯の実力者であるミルトンが、パンクラスに初参戦!現在4連勝中、その内3試合は一本勝ちを収めている北岡が、トップランカーとしての強さを見せつけるのか?それとも、勝利のほとんどをサブミッションで奪いとっているミルトンが、寝技の実力の差を見せつけるのか?一瞬の隙が試合を極める、緊迫のウェルター級サブミッション戦!

北岡悟(パンクラスism/1位)
ミルトン・ヴィエイラ(ブラジリアン・トップチーム/bodog/初参戦)


またこの試合に関してファンからこんなオススメコメントも来た!
 北岡は4月のDEEP 29 IMPACTでファブリシオ“ピットブル”モンテイロを肩固めで破り、PRIDEライト級GPへの出場権を獲得した。しかし、その直後PRIDEは活動休止状態になる。 PRIDEに代わる目標として大晦日に現役復帰する元キング・オブ・パンクラシストの船木誠勝に、現パンクラスのエースとしての対戦をブチ上げた。

 そんな北岡の相手は北岡の憧れるPRIDEでも試合経験のあるブラジルの名門B.T.T. (ブラジリアン・トップ・チーム)のミルトン・ヴィエイラだ。この男、何を隠そうあの「スピニングチョーク」の開発者だ。

 そんな男との対戦を前に、北岡は 「貴殿に挑戦を表明させていただきます。つきましては、同封したチケットの大会へご来場何卒よろしくお願いいたします」 と直筆で書いた挑戦状を既に船木の事務所にチケット込みで郵送し、更にはDynamite!!を主催するFEGの谷川プロデューサー宛にも送ったのだ。ヴィエイラ相手に文句のない内容で勝利したあかつきには、リンク上から直接アピールをするつもりだ。

 しかし、それもこれも試合の結果次第。勝つのは北岡かヴィエイラか!?

----------------------------------------------------------------------


★ミドル級王座 次期挑戦者決定戦/5分3ラウンド★
■4/27(金)後楽園ホール大会で渡辺大介(パンクラスism)と対戦し、上のポジションをキープすると、強烈なパウンドを叩き落し勝利を収めた竹内。一方、同じく4/27(金)後楽園ホール大会に出場し、ランキング2位(当時)の佐藤光留(パンクラスism)と対戦。グラウンド状態で鉄槌の雨を降らせると、最後は豪快なパウンドを叩き込み勝利を挙げたラフィーク。絶対的な強さを誇るレスリング力と、底なし沼のスタミナを武器に、相手を叩き潰してきた竹内が“フランスの白熊”を破り、4度目の挑戦を実現させるのか?それとも、打・投・極、全てで高いレベルを見せる、フランスの若き天才格闘家がトップランカーの竹内を下し、挑戦権を奪い取るのか?ミドル級の頂に昇るためにも絶対に負けられない、実力者同士による挑戦者決定戦!

竹内出(SKアブソリュート/1位)
ブライアン・ラフィーク(ジュカオ・アシル・チーム/bodog/2位)


----------------------------------------------------------------------


★ライトヘビー級戦/5分3ラウンド★
■5/30(水)後楽園ホール大会でブラジル・シュート・ボクセ・アカデミーの新鋭ファビオ・シウバ(シュート・ボクセ・アカデミー)と対戦し、一進一退の壮絶な打撃戦を展開し、最後まで攻め続けた川村。一方、アメリカの金網での大会において連戦連勝を記録した“金網の処刑人”ジェーミー・フレッチャー(ザ・シャーク・タンク)。プロ初黒星を喫した川村が、渾身の一撃でKO勝利を掴み取るのか?それとも、金網の試合で数多くの強豪を必殺のギロチン・チョークで斬り落としてきたフレッチャーが、パンクラスでもギロチン刑を執行するのか?唸る拳と、締め上げる腕が火花を散らす注目のライトヘビー級戦!

川村亮(パンクラスism/3位)
ジェーミー・フレッチャー(ザ・シャーク・タンク/初参戦)


----------------------------------------------------------------------


★ミドル級戦/5分2ラウンド
■4/27(金)後楽園ホール大会で竹内出(SKアブソリュート)と対戦。大流血になり、テイクダウンを奪われながらも、下から打撃で攻め続けた渡辺。一方、3/18(日)後楽園ホール大会で金井一朗(パンクラスism)と対戦し、重みのあるパンチで攻め続けてダウンを奪い、最後はパンチラッシュでTKO勝利を収めたガジエフ。パンクラスの威信を背負い、“ismの門番”渡辺が金井の敵討ちをとるのか?それとも、対パンクラスism2連勝に向けて、得意の打撃でガジエフがKO勝利を飾るのか?パンクラスミドル級ランキング入りを目指す両者による期待の一戦!

渡辺大介(パンクラスism)
ガジエフ・アワウディン(SKアブソリュート・ロシア)


----------------------------------------------------------------------


砂辺光久 vs 吉本光志対戦決定!

★ フェザー戦/5分3ラウンド ★
■4/8(日)沖縄・テルヤホール大会で村田卓実(和術慧舟會A−3)と対戦し、肩固めであと一歩まで追い込むなど、初の沖縄大会メインイベントを勝利で締めた砂辺。一方、5/30(水)後楽園ホール大会で長谷川孝司(パンクラス稲垣組)と対戦し、パンチの連打でKO勝ちを収めた吉本。スピードとテクニックを併せ持つ、“沖縄のスピードスター”砂辺が総合格闘家としての深みを見せ付けるのか?それとも、ネオブラ決勝を不戦勝で勝ち上がった吉本が、その鬱憤を鋭い打撃と共に砂辺に叩き込み、一気にランキング入りを果たすのか?パンクラスフェザー級のパイオニアと今年度ネオブラ王者によるフェザー級サバイバルマッチ!

砂辺 光久(P’s REAL/4位)
吉本 光志(AJジム/2007年度『ネオブラッド・トーナメント』フェザー級優勝)


----------------------------------------------------------------------


★ ライト級戦/5分3ラウンド ★
■5/30(水)後楽園ホール大会でアライケンジ(当時パンクラス所属)と対戦し、強烈な右ストレートでマットに沈め、 2試合連続で秒殺KO勝利を挙げた松田。一方、3/18(日)後楽園ホール大会で昇侍(K.I.B.A.)と対戦し、スピードのあるパンチでダウンを奪い、アグレッシブに攻め続け勝利を掴みとった星野。今回試合を制するのは、3連続KO勝利に挑む松田か?それとも、キャリアに勝る星野がオールラウンダーの意地を見せつけて勝利するのか?新旧ネオブラ優勝者によるサバイバル戦!

松田 恵理也(TEAM坂口道場/3位)
星野 勇二(和術慧舟會GODS)

----------------------------------------------------------------------


★ ライト級戦/5分2ラウンド ★
■2/28(水)後楽園ホール大会でヨシロックT(和術慧舟會A-3)と対戦し、持ち前のレスリング力をいかんなく発揮した小路。一方、3/25(日)『ネオブラッドトーナメント 予選トーナメント』の決勝戦で高田谷悟(格闘技吉田道場)と対戦し、寝技の攻防で上からも下からも積極的に極めにいったフラービオ。 2005年度ネオブラ王者の小路がレスリング&パウンドで相手を粉砕し、白星を挙げることができるのか?それとも、立って良し、寝て良しのフラービオが本戦で輝かしいデビューを飾るのか?自らのフィールドに引きずり込み勝利を挙げるのはどちらだ!?

小路 伸亮(KILLER BEE)
フラービオ田中(Flavio.V.T道場 )/本戦初出場

◆フラービオ田中/Flavio Tanaka
▼生年月日:1975年8月7日生32歳  ▼出身地:ブラジル
▼身長、体重:173cm、74,5kg  ▼所属:Flavio.V.T道場
▼格闘技歴:柔術2年、空手12年 ▼得意技:ハイキック
▼ パンクラスゲート戦績:4戦3勝1敗
2007.3.25/新木場1stリング/ネオブラッドトーナメント 予選トーナメント/ウェルター級戦
      1回戦/vs市川ランデルマン/1R 5:00 判定勝ち
      2回戦/vs光田昌平/1R 2:14 KO勝ち
決勝戦/vs高田谷悟/延長5:00 判定負け
2007.5.6/ゴールドジムサウス東京アネックス/ウェルター級戦
      vs阪本洋平/1R 2:38 KO勝ち


----------------------------------------------------------------------


◆9月5日(水)後楽園ホール大会の出場予定選手◆
◎前田吉朗 (パンクラス稲垣組/初代フェザー級王者)

---------------------------------------------------------------------- >>パンクラスの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!

株式会社ワールドパンクラスクリエイト

PANCRASE 2007 RISING TOUR 4月27日(金)後楽園ホール大会
坂口征夫プロデビュー戦決定!

★ ウェルター級戦/5分2ラウンド ★
■2006年9月ディファ有明大会パンクラスゲートで小野明洋(チームタイゴン)と対戦。得意のヒザを何度も相手に叩き込み、最後は顔面へのヒザ蹴りでKO勝利を挙げた坂口。一方、韓国・格闘技界の雄チェ・ムベが主催するチーム タックルで活躍し、日本初登場となるチェ・ヒュンソク。“世界の荒鷲”と呼ばれた坂口征二の遺伝子を受け継ぐ坂口征夫が遂にプロデビュー!父親譲りでもある、持ち前の闘争心とアグレッシブなファイトスタイルで坂口がデビュー戦を白星で飾るのか?それとも、未知の強豪チェ・ヒュンソクがチーム タックルの強さを見せ付けるのか?荒鷲二世と韓流ファイターによるプロレス・格闘技界注目の一戦!

本戦初出場/坂口 征夫 vs チェ・ヒュンソク/初参戦
(TEAM坂口道場)        (チーム タックル)


◆坂口征夫 / Sakaguchi Yukio
▼生年月日:1973年7月26日 33歳  ▼身長、体重:177cm、74.2kg
▼所属:TEAM坂口道場  ▼格闘技歴:柔道三段、空手、ブラジリアン柔術、総合格闘技
▼獲得タイトル:2004年 『コパ・リバーサル』白帯メジオ級準優勝

◆チェ・ヒュンソク / Choi Hyungsuk
▼生年月日:1980年10月30日 26歳  ▼身長、体重:179cm、80kg
▼所属:チーム タックル  ▼国籍:大韓民国  ▼出身地:韓国、大邱
▼格闘技歴:空手、総合格闘技  ▼得意技:ハイキック


★ ウェルター級戦/5分2ラウンド ★
■2006年12月2日ディファ有明大会でヨシロックT(和術慧舟會A−3)と対戦。グラウンドで相手をコントロールし、最後はチョークスリーパーを極めて一本勝利を挙げた和田。一方、2006年6月後楽園ホール大会で関直喜(RISE FIGHT CLUB)と対戦。今回、約10ヶ月振りの総合復帰戦となる山田。
『bodogFIGHT』コスタリカ大会シークレットファイトにも出場した和田がパンクラスで2本目の一本を奪うのか?それとも、『東日本修斗グラップリングトーナメント』ミドル級をオール一本で優勝した山田が磨きのかかったサブミッションで一本を奪うのか?
サンボベースの寝技と柔術ベースの寝技、一本を極めるのはどっちだ!?

和田 拓也    vs    山田 崇太郎(SKアブソリュート)  (TEAM JUNKiey)


★4月27日(金)後楽園ホール大会の出場予定選手
◆渡辺大介(パンクラスism)
◆佐藤光留(パンクラスism/ミドル級2位)
◆前田吉朗(パンクラス稲垣組/初代フェザー級王者)
◆武重賢司(パンクラス稲垣組)
◆志田 幹(パンクラスP’s LAB東京/フェザー級2位)
◆竹内 出(SKアブソリュート/ミドル級1位)
◆マイケル・サ・ジン・クォーク(チーム タックル)