T-1GP6.27U.jpg
 6月18日(月)T−
1・二見社長が、627(水)に開催が予定されている自身の大会「T−1グランプリ」〜高原智美&二見社長ダブルデビュー戦〜の公開練習を「DEEP OFFICIAL GYM」にて行った。

★詳細とチケットのお申込みはコチラ!
 

【大会概要】

★大会名 :「T−1グランプリ」〜高原智美&二見社長ダブルデビュー戦〜

★開催日時:2007627(水)開場/1900 開始/1939(イク〜!?・サンキュー!)

★開催会場:新宿FACE
決定対戦カード:

<“高原組みが勝ったら浦井ゼロサム入り”“堀田組み勝ったら二見と高原は別れて浦井と二見が付き合う”スペシャル6人タッグマッチ 231本勝負> 

★高原智美(ゼロサム)、T−1二見(チケット&トラベルT−1)、T−1マスク2号(Team T−1 ) vs 堀田偽美子(一宮章一)、浦井百合(ガッツワールド)、桜井亜矢(元クラッシュジュニア)

<早千予ファイナルカウントダウン キックルールエキシビジョンマッチ>

★早千予 (白龍ジム)vs 篠原光(チーム南部)

 

nao.(ゼロサム)、乙音奈々(ゼロサム)、今野梨乃(ゼロサム)、志村玲子(ゼロサム)、常盤みちる(ゼロサム)のトークショー

◆全試合終了後、ゼロサムプレミアシート限定のイベントがあります

1.高原智美&二見社長の共同記者会見(ふたりが別れた場合は高原単独の会見となります)

2nao.、乙音奈々、今野梨乃の水着撮影会

注意事項:動画撮影禁止。ゼロサムプレミアシート以外のお客様は、カメラ撮影禁止。

 この公開練習にて二見社長のリングネームは、“T−1二見”になるとと発表された。そして、二見社長から浦井百合へ、二見社長が勝った場合の条件は、“浦井ゼロサム入り”。また、一宮章一が、堀田祐美子の偽造“堀田偽美子”として出場。メインの勝敗に関する条件が、二見と浦井の個人ではなくチームとしての勝敗で条件を呑むことに変更。

 

公開練習の画像や会見の内容は別途発表。

  【マスコミ各位に送った一宮章一の声明文】「自称リアルプロレスラーの二見さんへ。高原智美というAV女優と付き合っているらしいが、お前の性格からしてAV女優のことを好きになれるわけないじゃん。隠さなくていいよ。二見が堀田祐美子のことが好きなのは、業界に携わっている人間なら誰もが知っていることだから。俺が二見が大好きな堀田の偽造をやってやるから、そろそろ正直になろうよ。それとメインの“浦井が二見に勝ったら高原と二見が別れて浦井と二見が付き合う”という条件なんだが、これ仮に高原が負けた場合はどうするつもりなんだよ。まさか二見が負けていないから交際続行なんて茶番劇をやらないよね。3対3なんだから、チームの勝敗で決めましょうよ。ウチらも二見が言う条件なんでも呑むから。俺も桜井も負けたら何でも言う事聞きますよ。でもどう考えてもお前らはウチらに勝てない。負けるのは決まっているし、俺も条件を言うよ。負けたら二見は浦井と付き合うんだろう?それなら俺は智美ちゃんと付き合わせろ!AV女優と付き合った事ないし、別れるならこんなオイシイ条件はないぜ。智美ちゃん、俺の方が二見よりフェミニストだから、俺が付き合ってやるよ!まあよろしく頼むよ、実は堀田が好きな二見さん」

以上。

メキシコに向けて成田空港を出発。

5・13(土)メキシコ最大のアリーナである「アレナ・メヒコ」のビッグマッチ《闘龍門9周年子記念興行》に、参戦する“グレート・ムタ”こと武藤敬司氏(全日本プロレス社長)も、
成田空港ロビーで出発前の記者会見を実施!会見終了後、出発便が表示された電光案内板をバックにポーズを決めた!

“ルチャ・リブレ”の本場であるメキシコマットに今回、初上陸する武藤敬司氏は、
公私ともに初めてのメキシコ渡航とのこと。

今回の試合予定は、《闘龍門9周年子記念興行》に、“グレート・ムタ”として登場する他、素顔の武藤敬司としても2試合に出場。計3試合の出場とのこと。

アメリカ、日本を始め、世界中で有名な“グレート・ムタ”は、メキシコのルチャ・リブレファン達にどう写るのか。日本のプロレスマスコミも多数取材に訪れている今回の武藤敬司とウルティモ・ドラゴンの合体興行は、来週の各マスコミ誌面で大きく取り扱われるはずのビッグサプライズだ!

バンクーバー経由で、日本時間、5・12(金)朝にメキシコ到着後、武藤敬司は・・・・・。
その去就が非常に楽しみだ。

★バンクーバー空港での待ち時間には、ゴング誌のインタビューで、メキシコ遠征に対する思いを語っていた。

★メキシコ空港に着くと、何故か「みちのくプロレス」で活躍していた野橋真実選手が!
いつのまにかメキシコにいたのか。