本日、都内PRIDE道場にて、12/31(土)さいたまスーパーアリーナで開催される『PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-』に参戦する俳優の金子賢(対戦相手は【フロリダの暴れ馬】チャ−ルズ・“クレイジー・ホース”・ベネット)が、公開スパーリングを行った。
金子賢は約2年前より柔術を練習。現在白帯だが、プロ格闘家になりたいという強い意志の下、今年3月より「高田道場」にて修練を積んでいる。

今日のスパーリングの相手を務めたのは、佐伯PRIDE広報が主宰する「DEEP」で活躍するご存知“足関十段”今成和成と鬼木貴典(共にTeam ROKEN)の超実力者二人だ。
金子賢は、普段は高田道場やGUTSMAN修斗道場で練習をしており、今成和成、鬼木貴典とは練習を一緒にはしていないが、本日は特別に“足関十段”今成和成が、必殺技を伝授しにやって来たのだ!



【公開スパー内容】
1.金子賢が一人で、打撃シャドー

2.続いて、“足関十段”今成和成とのグラップリングのスパー


3.鬼木貴典相手のミット打ち


4.今成と鬼木を相手に、マウントを取られた状態からの切り返しの「アキレス腱固め」の練習



【インタビュー】


──相手が打撃ストライカーと言う事で、それに対応した練習なのか?
ベース的には寝技に持ち込みたいというのがあるので、そっち側を重視しています。

──今日のコンディションは?
練習の成果は、存分に出せたと思います。
ただ、このような公開スパーリングは相当緊張しました。

──本番では今日の何%位の出来が期待できますか?
あと5日間あるので、1%でも多く練習の成果を出せるようにしたい。

──手応えは?
チャ−ルズ・“クレイジー・ホース”・ベネットは力が強いので、一番想定される、そういう練習を重点的にしています。

──今現在の不安と期待は?
今日まで、不安でした。でもずっと不安がってるのも体調的に良くないので、これから当日にあわせてコンディションをあげて、自分のモチベーションも上げていきます。

──弱点は?
相手の弱点は分かりません。
“穴”みたいなものはありますが、それは言えません。

──打撃の強い相手だと思うのですが、それに対しての対応は?
そういう部分は自分の教わった先生達に言われてきたので、(練習で)やれる事はやって来てはいます。
後は、どれくらいそれを出来るか、という所です。


あまり多くは語らなかった金子であるが、その眼差しからは格闘技に取り組む真剣さが垣間見られた。本番での大番狂わせはあるのか?

本番の大晦日、『PRIDE 男祭り 2005 頂-ITADAKI-』チケットは好評発売中!
詳細はこちらから

BIGMOUTH ILLUSION II 全対戦カード決定!

12月29日(木) 18:30開始 後楽園ホール 

●第8試合 60分1本勝負
柴田勝頼 vs 小島聡(全日本プロレス)

●第7試合 30分1本勝負
村上和成 vs エンセン井上

●第6試合 30分1本勝負(X Division Match)
AJスタイルズ vs ピーティ・ウィリアムス

●第5試合 30分1本勝負
藤原喜明 vs X(当日発表)

●第4試合 20分1本勝負
真霜拳號・KAZUMA vs 石川雄規・伊藤博之

●第3試合 20分1本勝負
臼田勝美 vs 栗栖正伸

●第2試合 15分1本勝負
原学 vs 沢宗紀

●第1試合 15分1本勝負
木戸修 vs ドン荒川

チケットはこちら!

復帰戦の大月晴明は初の4RTKO負け![12.19タイ]

<全日本キックボクシング連盟/2005年12月度・海外遠征試合結果>
全日本キックボクシング連盟所属、大月晴明選手の海外遠征試合の結果
が連盟よりリリースされた。

< 試 合 結 果 >
■日 時 : 2005年12月19日(月)
■会 場 : タイ・「オームノーイスタジアム」
■結 果 : <ムエタイルール/138ポンド契約/3分5R>
○チョンレック・ゲオサムリット(タイ)
【4RTKO】
●大月晴明(日本/AJジム)
     ※4R、ヒザで2ダウン後、スリップしたところレフェリーストップがかかった。
      大月は2Rにもヒジでダウンあり

以上、

『ALL JAPAN KICKBOXING 2006 NEW YEAR KICK FESTIVAL 2006』
2大タイトルマッチ敢行!
【全日本フェザー級タイトルマッチ】山本元気 VS 山本真弘
【全日本ライト級&スーパー・フェザー級王座決定戦】
のチケットはこちら。
http://mars.eplus.co.jp/ss/kougyou/syosai.asp?kc=013170&ks=11