<全日本キックボクシング連盟 2005年度 年間表彰選手>

★最優秀選手賞

山本元気(DEION GYM)

激戦区フェザー級のトップとして対ムエタイ3連戦を敢行。常にスリリングな闘いを展開した。

★最高試合

小林聡VS大月晴明(2005.1.4後楽園)

日本人同士の大一番として超満員札止めを記録。試合は3RKOで大月が勝利した。

★殊勲賞

藤原あらし(S.V.G.)

日本人最強を決める55kgトーナメント「MACH 55」で他団体強豪を下し優勝を飾る。

★敢闘賞

サトルヴァシコバ(勇心館)

9月のオランダ遠征でWFCA世界王座を獲得。11月大会では初のメインイベント出場。

★技能賞

山本真弘(藤原ジム)

各団体の王者が出場した「IKUSAGP−U60」トーナメントで優勝を飾る。

★KO賞

前田尚紀(藤原ジム)

得意のパンチで5勝のうち4KOをマークした。いずれも他団体王者クラスからの価値ある勝利。

★特別賞

アマラ忍(白鳥忍から改名)

1月に全日本ライト級王座を獲得。11月には史上初の学園祭大会でメインを務める。

山本優弥(青春塾)

若さを武器に最多7試合に出場。「K−1 WORLD MAX」や海外でもファイトした。

WINDY智美(AJジム)

「パンクラスism」所属として総合ルールに挑戦、好成績を収める。

★努力賞

石川直生(青春塾)

「IKUSAGP−U60」は惜しくも準優勝ながら、出場選手の中で最大の存在感を示した。

寺戸伸近(BOOCH BEAT)

6戦5勝(2KO)1敗の好成績をマークして大きく飛躍。イギリス、タイでもKO勝利。

湟川満正(AJジム)

次代のウェルター級王者候補。持ち前のガッツで常にアグレッシブなファイトを展開。

★新鋭賞

大輝(JMC横浜GYM)

5戦5勝(3KO)で全日本ランキング入り。目下デビュー7連勝の期待の星だ。

■日本人女性初のキックボクシング世界王者 神風杏子
(元UKF世界女子スーパーバンタム級王者)が【競技統括】に就任した新生『天空』が、3・4(土)新宿FACE大会を開催。チケットが本日よりイープラスで発売を開始した!
国際空手道連盟極真会館が全面支援する女子キック団体にはブレイクの予感満載!注目の1・11記者会見では、『極真vsムエタイ』の夢の対決が発表された!
神風杏子が心血を注ぎ込む“極真魂”を持つ天才キックボクサー森本華世が、デビュー2戦目にして世界の壁に挑む!

大会チケットはこちらからお申込ください。

【対戦カード】
<メインイベント (52s契約 国際戦 )3分×5R>
森本華世(極真会館 千葉県北支部) 
  VS ゲンカーム ルークチャオポーカム(タイ国51kg北部チャンピオン)
     30戦19勝9敗2分
<セミファイナル(49Kg契約)3分×5R>
山田純琴(y−park) VS 渡辺愛望(実戦空手道 翔武会)

<極真マッチ2分×3R>
有馬詩織(千葉県北支部)VS福井瞳(横浜東支部)
根本幸衣(千葉県北支部)VS立川愛美(埼玉県東支部)

<キックボクシング 2分×3R>
58kg契約 龍子(菅原道場)VS HARUMI(SOD女子格闘技道場)
56kg契約 せり(SOD女子格闘技道場)VS永島梢(極真会館 千葉県北支部)
フライ級 ユウコ(多摩FG)VS CHIZU(菅原道場)
KAYA(坂本ジム)対戦相手交渉中

<極真空手演武>
岡本早代(千葉県北支部) 阿由葉朝子(千葉県北支部)

『天空』情報満載の神風杏子ブログの閲覧は下記のURLからどうぞ
http://blog.eplus.co.jp/kamikaze/

【K−1 WORLD MAX2006シリーズ予定】

★2・4(土)『日本代表決定トーナメント』さいたまスーパーアリーナ大会

★4・5(水)『世界一決定トーナメント開幕戦』代々木競技場第一体育館大会

★6・30(金)『世界一決定トーナメント決勝戦』横浜アリーナ大会

9・27(水)『世界王者対抗戦』横浜アリーナ大会

以上、全4大会の開催が発表された。