【追加対戦カード決定!】“PANCRASE 2006 BLOW TOUR”4月9日(日)ディファ有明大会

★ フェザー級戦/5分3ラウンド ★
■昨年12月11日(日)『D.O.G』ディファ有明大会で『修斗』環太平洋ランキングライト級10位の門脇英基(和術慧舟會東京本部)と対戦。初の金網での試合の中、最後まで激しい打撃戦を展開した志田。対するは、アメリカ『KOTC』を中心に活躍するダマシオ・ペイジ。
勝利するのは、フェザー級のトップになるためにも躓けない“P’s LABのエース”志田か?それとも、現在5戦5勝のすべて一本勝ちの強豪ペイジか?
メンジヴァーに続き、未知なる海外の強豪を相手にする志田が、パンクラシストの意地を見せる緊迫のフェザー級ランキング選考試合!

志田 幹 vs ダマシオ・ペイジ/初参戦
(パンクラスP’s LAB東京)     (ジャクソンズ・サブミッション・ファイティング)

◆ダマシオ・ペイジ/ Damacio Page
▼生年月日:1982年9月30日生。23歳。  ▼身長、体重:165cm、63kg  ▼国籍:アメリカ合衆国
▼出身地:アメリカ、ニューメキシコ州アルバカーキ
▼所属:ジャクソンズ・サブミッション・ファイティング  ▼格闘技歴:レスリング
▼総合格闘技戦績:5戦5勝(全て一本勝ち)
▼総合格闘技プロデビュー:2005.2.5/キング・オブ・ザ・ケージ 47/vsウィル・トリヴァー/1RTKO勝利

★ フェザー級戦/5分2ラウンド ★
■昨年7月10日(日)横浜文化体育館大会でのぶゆき(和術慧舟會RJW/G2)と対戦。距離を取り見合う中、左フックをヒットさせると、そのままフロントチョークで絞め上げ、見事一本勝ちを収めた山本。対するは、
 1月26日(木)後楽園ホール大会で井上学(U.W.F.スネークピットジャパン)と対戦し、技術の高いグラウンドの攻防を展開した村田。
勝利するのは、昨年は『HERO’S』にも参戦し、多くの経験を積んだ山本か?それとも、精力的に試合をこなし着実に実力を上げている村田か?
フェザー級ランキング上位を狙う若き実力者同士による白熱の一戦!

山本 篤 vs 村田 卓実
(KILLER BEE)         (和術慧舟會A−3)

4.9(日)ディファ有明大会 全8試合対戦カード

★ メインイベント 第2代ヘビー級王者決定トーナメントBブロック第二試合/5分2ラウンド ★
2位   前GHCジュニア・ヘビー級タッグ王者
野地 竜太 vs 杉浦 貴/初参戦
(パンクラスGAR)       (プロレスリング・ノア)

★ セミファイナル 第2代ヘビー級王者決定トーナメントBブロック第一試合/5分2ラウンド ★
金原 弘光 vs アルボーシャス・タイガー
(U.K.R.)               (ラトビア士道館)

★ 第六試合 ミドル級戦/5分3ラウンド ★
9位
渡辺 大介 vs  久松 勇二
(パンクラスism)          (和術慧舟會TIGER PLACE)

★ 第五試合 フェザー級戦/5分3ラウンド ★
志田 幹 vs ダマシオ・ペイジ/初参戦
(パンクラスP’s LAB東京)     (ジャクソンズ・サブミッション・ファイティング)

★ 第四試合 ミドル級戦/5分2ラウンド ★
6位
中西 裕一 vs 瓜田 幸造
(フリー)                (掣圏会館)

★ 第三試合 ウェルター級戦/5分2ラウンド ★
8位
小路 伸亮 vs 和田 拓也
(KILLER BEE)           (SKアブソリュート)

★ 第二試合 フェザー級戦/5分2ラウンド ★
山本 篤 vs 村田 卓実
(KILLER BEE)         (和術慧舟會A−3)

★ 第一試合 ミドル級戦/5分2ラウンド ★
金井 一朗 vs 山田 護之
(パンクラスism)          (チームPOD)

ALL JAPAN KICKBOXING
「SWORD FIGHT 2006 〜日本VSタイ・5対5マッチ〜」 
2006.3.19(日)後楽園ホール
http://mars.eplus.co.jp/ss/kougyou/syosai.asp?kc=013170&ks=14

<タイ選抜選手プロフィール>
[小林 聡 VS]
タイ国ライト級 
元タイ国ルンピニースタジアム・バンタム級6位
ヨードクングライ・ノーンカムジム(タイ)Yodkunglai Noonkahmgym
1978.7.6生 タイ・ナコンラチャシマー出身 27歳 身長170センチ 得意技:ヒジ 
戦績:78戦56勝(11KO)19敗3分 ※サウスポー
★初来日。現WBCムエタイチャンピオンのヨードセングライ(現在はフェアテックスジムに移籍)とは同門。20
01年にルンピニーで連勝を重ね、バンタム級6位にランクインしている。現在はライト級に階級をアップ。最近も、現ラジャダムナン&タイ国プロムエタイ・ライト級王者のヂャルンチャイ・ヂョー.ラチャダーゴンと一騎討ちを行
っており、一流選手の座をキープしている。

[サトルヴァシコバ VS]
タイ国ライト級
元タイ国ルンピニースタジアム・スーパー・フェザー級10位
シンバード・シットバンク(タイ)Sinberd Sithbank
1985.8.29生 タイ・ナコンラチャシマー出身 20歳 身長172cm 得意技:ミドルキック、ヒザ
戦績:51戦36勝(7KO)12敗3分
★初来日。今大会では最年少となる20歳のムエタイ戦士。18歳の時にルンピニースタジアム130ポンドの10
位にランキング入り。現在は135ポンドを中心に試合を行っている。ムエタイ選手らしくミドル&ヒザが武器。

[石川直生 VS]
タイ国スーパー・フェザー級 
元タイ国ルンピニースタジアム・スーパー・フライ級9位
デッドゥワン・ポー.ヂャルンチャイ(タイ)Dejdwan Por.Jaruenchai
1983年3月21日生 タイ・チャイヤプーン出身 22歳 身長170cm 得意技:パンチ
戦績:55戦41勝(19KO)12敗2分 ※サウスポー
★初来日。19歳の時にルンピニースタジアムの軽量級戦線でランクインした実績を持つ。パンチを得意とし、ムエ
タイ選手の中では高いKO率を誇る。