ALL JAPAN KICKBOXING
「初代全日本スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント〜決勝戦〜」4・21(金)東京・後楽園ホール大会
OPEN/17:00 START/18:30 ※17:30オープニングファイト開始

【湟川満正(AJジム) vs大輝(JMC横浜GYM)の全日本ウェルター級王座決定戦が決定!】

★全日本ウェルター級2位:湟川満正と4位:大輝による「第22代・全日本ウェルター級王座決定戦」が決定。

“本部のヒットマン”湟川は通算戦績18戦13勝(6KO)5敗、2004年7月にウェルター級へ転向後は7試合で6勝(3KO)1敗の好成績をマーク。

対する“ハマの核弾頭”大輝は2004年11月のデビュー。僅か14ヶ月で8連勝(5KO)を飾った、JMC横浜ジム期待の新鋭です。

ともにタイトルマッチは初出場。湟川は同じAJジム所属・山内裕太郎に続いての同王座奪取を、一方の大輝はJMC横浜GYM初戴冠を目指しての出場となる。

★昨年10月以来、半年ぶりのリングとなる全日本バンタム級王者:藤原あらしの対戦相手は、“戦慄のムエタイ軍団”ウィラサクレック・フェアテックス・ムエタイジム所属のタイ選手、ラジャサクレックに決定!

★全日本ライト級ランキング戦に出場する6位:凱斗亮羽は、今回よりリングネームが「海戸淳(かいと・あつし=本名)」に変更となった。

★今大会は全9試合に加え、17:30より“オープニングファイト”を3試合が行われる。

<第9試合 初代全日本スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント決勝戦/5R>
第4試合の勝者                VS 第3試合の勝者

<第8試合 第22代全日本ウェルター級王座決定戦/5R>
全日本ウェルター級2位               全日本ウェルター級4位
湟川満正(AJジム)             VS 大 輝(JMC横浜GYM)
Mitsumasa Horikawa Daiki
18戦13勝(6KO)5敗             8戦8勝(5KO)

<第7試合 日本VSタイ/54kg契約/サドンデスマッチ3R>
全日本バンタム級王者                タイ国バンタム級
藤原あらし(S.V.G. )          VS ラジャサクレック・ソー.ワラピン(タイ)
Arashi Fujihara Radjasakrek S.Worraping
20戦15勝(10KO)2敗3分          45戦32勝(6KO)11敗2分

<第6試合 全日本フェザー級ランキング戦/サドンデスマッチ3R>
全日本フェザー級5位                全日本フェザー級7位
正 巳(勇心館)            VS 遠藤智史(AJジム)
Masami Masafumi Endo
14戦8勝(5KO)4敗2分            7戦5勝(1KO)2分

<第5試合 全日本ライト級ランキング戦/サドンデスマッチ3R>
全日本ライト級6位                 全日本ライト級9位
海戸 淳(S.V.G. )           VS 村山トモキ(AJジム)
Atsushi Kaito Tomoki Murayama
10戦7勝(3KO)3敗              9戦5勝(3KO)2敗2分

<第4試合 初代全日本スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント=準決勝/サドンデスマッチ3R>
前全日本ウェルター級王者              全日本ミドル級4位                 
山内裕太郎(AJジム)            VS 吉武龍太郎(アイアンアックス)
Yutaro Yamauchi Ryutaro Yoshitake
19戦10勝(6KO)6敗3分           4戦4勝(1KO)

<第3試合 初代全日本スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント=準決勝/サドンデスマッチ3R>
全日本ミドル級2位                 全日本ミドル級7位
濱崎一輝(シルバーアックス)         VS 白川裕規(S.V.G. )
Kazuki Hamasaki Yuki Shirakawa
13戦7勝(2KO)3敗3分            11戦6勝(3KO)5敗

<第2試合 初代全日本スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント=リザーブファイト/サドンデスマッチ3R>
望月竜介(U.W.F.スネークピットジャパン)VS 藤元洋次(NSG)
Ryusuke Mochizuki Hiroshi Fujimoto
15戦10勝(6KO)5敗             8戦4勝(1KO)4敗

<第1試合 55kg契約3R>
菊地 慧(藤原ジム)             VS 井出 満(WSRフェアテックスジム)    
Satoi Kikuchi Mitsuru Ide
3戦2勝(2KO)1敗               4戦3勝1敗

 

<オープニングファイト第3試合 75kg契約3R>
木塚龍司(勇心館)              VS YO次郎(P’S LAB東京)
Ryuji Kizuka Y O Jiro
4戦2勝(1KO)2敗               1戦1敗

<オープニングファイト第1試合 ライト級3R>     
佐藤翔太(S.V.G. )           VS 鈴木真治(藤原ジム)
Syota Sato Shinji Suzuki                      
1戦1勝                      1戦1勝

<オープニングファイト第2試合 60kg契約3R>
宮田裕司(シルバーアックス)         VS 上杉隼土(超越塾)
Hiroshi Miyata Hayato Uesugi
1戦1分                      1戦1分

※王座決定戦は5R判定ドローの場合、1Rのみの延長Rを行います(公式記録はドロー扱い)。
※サドンデスマッチ6試合の延長Rは、すべて1Rのみとなります。
※出場選手はケガ等により変更となる場合があります。

 

 本日、PRIDEを運営する株式会社ドリームステージエンタテインメントが都内ホテルにて、『PRIDE無差別級グランプリ2006 開幕戦』(5/5 大阪ドームにて開催)の開催発表記者会見を実施。会見には、高田延彦統括本部長と、グランプリへの出場が決まった吉田秀彦と高阪剛が出席。日本格闘技界を代表する二人の「無差別級グランプリ」出場の経緯と決意が発表された!

★公演概要とチケットのお申し込みはコチラ!

【参戦決定選手】

吉田秀彦、高阪剛

【参戦予定選手】

エメリヤーエンコ・ヒョードル、ミルコ・クロコップ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラ、マーク・ハント、ジョシュ・バーネット、ヴァンダレイ・シウバほか。

 来る3月26日(日)ディファ有明にて開催される“FULLCAST PRESENTS R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAEMNT '06のトーナメントに出場する全10選手(リザーブマッチ出場んも2名含む)の直前コメントが、主催者より送られてきましたので、ご案内します。各選手の熱い想いを感じて会場に足をお運びください!

★大会チケットはコチラよりお申込ください!

★百瀬竜徳独占インタビューはコチラよりお申込ください!

★イープラスでチケットをご購入の方の中から抽選で5名様に百瀬竜徳選手直筆サイン入り色紙 をプレゼントします!(当選者は発送をもってかえさせていただきます。)

【トーナメント出場選手コメント】

◎百瀬竜徳(TARGET)
気持ちは挑戦者。2連覇に向けて戦い必ず優勝します!

◎青柳雅英(アイアンアックス)
ショータイムの始まりだーー!!

◎澤屋敷純一(チームドラゴン)
優勝して楽しい大会にします。100万円いただきます!!

◎悠羽輝(大誠塾)
ここは通過点に過ぎないのでサクサクっと優勝します。

◎ファビアーノ・サイクロン(TARGET)
決勝で百瀬とやって優勝する。子供にチャンピオンベルトを持って帰りたい。

◎コウイチ・ペタス(ザ・スピリット・ジム)
ここまで戦ってこられたのもチームスピリットのお陰です。このトーナメントが終わった時、
僕は7戦全勝になっています。

◎マグナム酒井(士魂村上塾)
外国人が日本に来て簡単に小遣い稼げると思うなよ!おれの拳から放たれるドラゴンフックで
教えてやる。決勝戦は百瀬にリベンジ。オレの時間はあの日から止まっているからな!

◎アレックス・ロバーツ(空柔拳会館)
トーナメント決勝で百瀬選手にリベンジをして優勝する。優勝する自信?
もちろん誰にも負けないよ。

◎内田洋一(リアルディール)
本戦に勝ち上がる可能性は非常に難しいですが、チャンスを信じてリザーブマッチを戦います。
良くも悪くもKO決着になる試合をして大会一発目を盛り上げますよ!

◎濱田淳史(チームドラゴン)
このリザーブマッチを大事にしたいです。絶対殴り倒します!!


 <大 会 概 要> 
■大 会 名:FULLCAST PRESENTS R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT '06
■主  催:R.I.S.E.プロモーション   株式会社フルキャストスポーツ
■特別協賛:株式会社フルキャスト
■開 催 日:2006年3月26日(日)
■時 間:開場 15時 / 試合開始16時 ※オープニングファイト15時15分より開始
■会  場:ディファ有明 (東京都江東区有明1-3-25)
■アクセス:新交通ゆりかもめ「有明駅」より徒歩7分、りんかい線「国際展示場駅」より徒歩5分
■入 場 料:SRS 15,000円、RS 10,000円、指定席A 6,000円、指定席B 4,000円
(当日は500円増し)
■問合せ:R.I.S.E.プロモーション 03-3374-8621

【全対戦カード】
▼オープニングファイト第1試合 -60.0kg契約
鈴木敏也(スクランブル渋谷)×龍 馬(y-park)

▼オープニングファイト第2試合 -61.0kg契約
高橋正也(クロスポイント吉祥寺)×板橋 寛(大誠塾)

▼オープニングファイト第3試合 -49.0kg契約
岡田敦子(ドージョーチャクリキ・ジャパン)×山田純琴(y-park)

▼第1試合 G-BAZOOKA TOURANAMENTリザーブマッチ
内田洋一(リアルディール)×濱田淳史(チームドラゴン)

▼第2試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT1回戦@
百瀬竜徳(TARGET)×青柳雅英(アイアンアックス)

▼第3試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT1回戦A
澤屋敷純一(チームドラゴン)×悠羽輝(大誠塾)

▼第4試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT1回戦B
ファビアーノ・サイクロン(TARGET)×コウイチ・ペタス(ザ・スピリット・ジム)

▼第5試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT1回戦C
マグナム酒井(士魂村上塾)×アレックス・ロバーツ(空柔拳会館)

▼第6試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT準決勝@
トーナメント1回戦@の勝者×トーナメント1回戦Aの勝者

▼第7試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT準決勝A
トーナメント1回戦Bの勝者×トーナメント1回戦Cの勝者

▼第8試合 スペシャルワンマッチ -73.0kg契約
チャンビット・ギャットボンウボン(谷山ジム)×寒川直喜(バンゲリングベイ)

▼第9試合 スペシャルワンマッチ -70.0kg契約
新田明臣(バンゲリングベイ)×白 虎(レンジャー品川ジム)

▼第10試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT決勝戦
トーナメント準決勝@の勝者 × トーナメント準決勝Aの勝者

2006-03-24 11:18 この記事だけ表示