来る3月26日(日)ディファ有明にて開催される“FULLCAST PRESENTS R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAEMNT '06のトーナメントに出場する全10選手(リザーブマッチ出場んも2名含む)の直前コメントが、主催者より送られてきましたので、ご案内します。各選手の熱い想いを感じて会場に足をお運びください!

★大会チケットはコチラよりお申込ください!

★百瀬竜徳独占インタビューはコチラよりお申込ください!

★イープラスでチケットをご購入の方の中から抽選で5名様に百瀬竜徳選手直筆サイン入り色紙 をプレゼントします!(当選者は発送をもってかえさせていただきます。)

【トーナメント出場選手コメント】

◎百瀬竜徳(TARGET)
気持ちは挑戦者。2連覇に向けて戦い必ず優勝します!

◎青柳雅英(アイアンアックス)
ショータイムの始まりだーー!!

◎澤屋敷純一(チームドラゴン)
優勝して楽しい大会にします。100万円いただきます!!

◎悠羽輝(大誠塾)
ここは通過点に過ぎないのでサクサクっと優勝します。

◎ファビアーノ・サイクロン(TARGET)
決勝で百瀬とやって優勝する。子供にチャンピオンベルトを持って帰りたい。

◎コウイチ・ペタス(ザ・スピリット・ジム)
ここまで戦ってこられたのもチームスピリットのお陰です。このトーナメントが終わった時、
僕は7戦全勝になっています。

◎マグナム酒井(士魂村上塾)
外国人が日本に来て簡単に小遣い稼げると思うなよ!おれの拳から放たれるドラゴンフックで
教えてやる。決勝戦は百瀬にリベンジ。オレの時間はあの日から止まっているからな!

◎アレックス・ロバーツ(空柔拳会館)
トーナメント決勝で百瀬選手にリベンジをして優勝する。優勝する自信?
もちろん誰にも負けないよ。

◎内田洋一(リアルディール)
本戦に勝ち上がる可能性は非常に難しいですが、チャンスを信じてリザーブマッチを戦います。
良くも悪くもKO決着になる試合をして大会一発目を盛り上げますよ!

◎濱田淳史(チームドラゴン)
このリザーブマッチを大事にしたいです。絶対殴り倒します!!


 <大 会 概 要> 
■大 会 名:FULLCAST PRESENTS R.I.S.E. G-BAZOOKA TOURNAMENT '06
■主  催:R.I.S.E.プロモーション   株式会社フルキャストスポーツ
■特別協賛:株式会社フルキャスト
■開 催 日:2006年3月26日(日)
■時 間:開場 15時 / 試合開始16時 ※オープニングファイト15時15分より開始
■会  場:ディファ有明 (東京都江東区有明1-3-25)
■アクセス:新交通ゆりかもめ「有明駅」より徒歩7分、りんかい線「国際展示場駅」より徒歩5分
■入 場 料:SRS 15,000円、RS 10,000円、指定席A 6,000円、指定席B 4,000円
(当日は500円増し)
■問合せ:R.I.S.E.プロモーション 03-3374-8621

【全対戦カード】
▼オープニングファイト第1試合 -60.0kg契約
鈴木敏也(スクランブル渋谷)×龍 馬(y-park)

▼オープニングファイト第2試合 -61.0kg契約
高橋正也(クロスポイント吉祥寺)×板橋 寛(大誠塾)

▼オープニングファイト第3試合 -49.0kg契約
岡田敦子(ドージョーチャクリキ・ジャパン)×山田純琴(y-park)

▼第1試合 G-BAZOOKA TOURANAMENTリザーブマッチ
内田洋一(リアルディール)×濱田淳史(チームドラゴン)

▼第2試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT1回戦@
百瀬竜徳(TARGET)×青柳雅英(アイアンアックス)

▼第3試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT1回戦A
澤屋敷純一(チームドラゴン)×悠羽輝(大誠塾)

▼第4試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT1回戦B
ファビアーノ・サイクロン(TARGET)×コウイチ・ペタス(ザ・スピリット・ジム)

▼第5試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT1回戦C
マグナム酒井(士魂村上塾)×アレックス・ロバーツ(空柔拳会館)

▼第6試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT準決勝@
トーナメント1回戦@の勝者×トーナメント1回戦Aの勝者

▼第7試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT準決勝A
トーナメント1回戦Bの勝者×トーナメント1回戦Cの勝者

▼第8試合 スペシャルワンマッチ -73.0kg契約
チャンビット・ギャットボンウボン(谷山ジム)×寒川直喜(バンゲリングベイ)

▼第9試合 スペシャルワンマッチ -70.0kg契約
新田明臣(バンゲリングベイ)×白 虎(レンジャー品川ジム)

▼第10試合 G-BAZOOKA TOURANAMENT決勝戦
トーナメント準決勝@の勝者 × トーナメント準決勝Aの勝者

2006-03-24 11:18 この記事だけ表示

★大会詳細とチケットのお申し込みはコチラ!

2分×3R<スターティングクラスルール>

<第1試合 57Kg契約>

岩崎 晃久(大村ジム)

VS

中森 保貴(シーザージム)

<第2試合 57Kg契約>

センカン大和(湘南ジム)

VS

中西 卓也(大阪ジム)

<第3試合 ヘビー級契約>

西脇 恵一(チームドラゴン)

VS

炭谷 直紀(シーザージム)

3分×3R<フレッシュマンクラスルール>

<第4試合 55kg契約>

SB日本スーパーバンタム級えなりのりゆき(シーザージム)今井教行が改名

VS

タイガー石井(クロスポイント吉祥寺)

3分×3R<エキスパートクラス特別ルール>

<第5試合 68kg契約>

SBスーパーウェルター級4金井 健治(ライトニングジム)

VS

調整中

<第6試合 59kg契約>

SB日本フェザー級1位石川 剛司(シーザージム)

VS

J-NETフェザー級3位梅下 湧暉(湘南ジム.

5分×3R<エキスパートクラスルール>

<第7試合 60kg契約>

SB日本フェザー級王者及川 知浩(龍生塾)

VS

元全日本フェザー級1竹村 健二(名古屋JKF

<第8試合 70kg契約>

SB日本スーパーウェルター級王者緒形 健一(シーザージム)

VS

キム・ヨンジョン(チョンアン・チョンムジム)

<第9試合 70kg契約>

SB世界ウェルター級王者土井 広之(シーザージム)

VS

KOMAウェルター級チャンピオンキム・パン・スー(ソウル・ジョンムジム)

 MAIN EVENT

<第10試合 70kg契約>

SB日本ウェルター級チャンピオン宍戸 大樹(シーザージム)

VS

K-1MAX2002ブラジル王者マルフィオ・カノレッティ(Sit Master Roney

来たる3月25日(土)後楽園ホールで開催する2006年シリーズ第2戦「NEO ΟΡΘΡΟΖ Series.nd」にて、マルフィオ・カノレッティと対戦する宍戸大樹、そしてキム・パン・スーと対戦する土井広之、キム・ヨンジョンと対戦する緒形健一が、それぞれ試合に向けてコメントを出した。

★大会詳細とチケットのお申し込みはコチラ!

 ★対戦カードはコチラ!

■宍戸大樹(S-cup2004準優勝)インタビュー


――今回も宍戸選手はメイン登場。相手はマルフィオ・カノレッティ選手です。
宍戸 もう、やるだけのことはやってますし、結構落ち着いてますね。

――イム・チビン戦などもそうですが、カノレッティ選手はK-1 MAXの常連で、何かと比較対象になる試合ですよね。
宍戸 前回がああいう試合だったのにメインに使っていただいたということで、まずはその期待に応えたいですね。それと、カノレッティ選手に関してはK-1云々じゃなく、アンディが勝っている相手、でもKOは逃した相手という意味で凄く意識してるんですよ。
――本人いわく、今までKOされたこともダウンを喫したこともない、と。
宍戸 そういう選手を倒して勝てるかどうか。それが今回のテーマになると思います。自分はまだ線が細いっていわれるんですけど、カノレッティ選手をKOすれば、70kgでの闘い、ひいては『S-cup』に向けての自信になると思うんで。そういう意味でも今回は大事な試合になると思います。

――ズバリ、KOするパターンは見えてますか。
宍戸 一点集中の攻撃、針の穴を通すような攻めでいきたいと思ってます。他にも攻め方はあるんでしょうけど、僕のスタイルだったらそれがベストかなと。小さい穴でも細かく突いていって、打ち崩すというか。一発で倒すのはなかなか難しいと思うので。そういう無謀な夢はもう見ないことにしました(笑)。
――無謀な夢(笑)。
宍戸 自分のスタイルをしっかりと自覚して、それを突き詰めていきたいなと。
――カノレッティ選手は土井選手、大野選手にも勝ってますし、かなりハードルとしては高いですよね。
宍戸 しかもデカイですしね。でも、そういうデカイ選手を倒していかないと、今後につながらないですから。自分より大きい選手とやると判定になってしまうと思われたくないんですよね。「そういう選手でも宍戸は倒せる」とお客さんに思ってほしいですし、それでこそエースだと思うんで。それに、アンディが勝った相手に負けてたら、『S-cup』はどうなるんだって話ですよね。
――「宍戸はもともとスーパーライト級なのに頑張ってる」とかじゃなく、純粋に70kgの選手、『S-cup』に出る資格のある強豪として認められるかどうかがカノレッティ戦にかかっている、と。
宍戸 はい。いまだにそういう声はありますし、自分でもそれを言い訳にしてしまうんですよね。でも、相手がデカイっていうのは覚悟の上でこの階級に飛び込んでるわけですから。
――となると、まさにこの一戦はエースとして、そして『S-cup』に向けての正念場ですね。
宍戸 はい。このハードルを乗り越えられたら、自分は選手としてもう一段高いステージに行けると思ってます。

■土井広之(前SB世界ウェルター級王者)インタビュー

――最近、調子がいいんじゃないですか。
土井 やっとね、戻ってきたかなって感じですよ。
――で、今回は2月に続いての連戦となるわけですが。
土井 前の試合が終わってから1日しか休んでないんですよ。調子はいいわ体重は落ちるわで。やっぱり前回の試合で、会長に「若いヤツらにはまだまだ任せてらんない。オレたちが引っ張っていきます」って宣言しちゃいましたからね。まぁ自分らが頑張ってると、ジムも全体が活気づくんで、そこもいいかなと。
――あのマイクには、会長も感動したっていってましたよ。
土井 最後、噛んじゃったんですけどね(笑)。調子が悪い時って、ああいう気持ちを忘れてたんですよね。「宍戸も出てきたし、もういいか」みたいな。でも「まだまだオレが」って思えるようになった時に、やっぱり練習にも身が入るし、調子もよくなるんですよね。
――で、絶好調で迎える今回の試合は韓国のキム・パン・スー選手。土井選手は韓国の選手とは……?
土井 二回目ですね。でも最近、韓国の選手ってレベルが上がってますよね。
――そうですね。タイ人のトレーナーがいるジムも多いらしいですし。
土井 あ〜、じゃあ怖くない。所詮ね、タイ人の真似でしょ。かぶれてる選手って一番やりやすいんですよ。逆にテコンドーだったり、自分たちの色を出してくる選手の方がやりにくいんですよ。日本人でもそうじゃないですか。ムエタイかぶれの選手って、本当のトップまではいけてないでしょ。結局、自己満足なんですよ。
――相手は『KOREA MAX』でサワー選手と判定までいってるんですけど、ビデオは見ました?
土井 ビデオは届いたんですけど、画像がめっちゃくちゃ悪いんですよ。しかも動きがすんごい速くて驚いたんですけど、それは倍速で再生してました(笑)。
――結局、なんの参考にもしてないと(笑)。
土井 アンディに善戦したっていっても、3Rなら我慢できますからねぇ、必死にやれば。オレだってアンディとやった時、倒されたのは4Rですから。
――そんなこと自慢してどうすんですか(笑)。
土井 もうね、ここんとこずっとWBC見てたんで、韓国には絶対に負けらんないなと。それこそ、負けたら「人生で最大の屈辱」だと。今回はね、“キラーロー”ならぬ“イチ・ロー”で倒しますよ(笑)。
――新技開発ですか(笑)。
土井 WBCでは韓国に1勝2敗ですからね。負け越してる分は僕が取り返しますよ。「向こう30年、シュートボクシングには触れないな」ってくらいの勝ち方しますから。
――そして、その先には世界一があると。となるとやはり『S-cup』ですよね。今回の『S-cup』は日本代表争いが激しいですけど、土井選手もその流れに参戦してるとみていいわけですよね。
土井 まあ、そこはね、一戦一戦結果を出していけば、自然とそうなるんじゃないかなと。
――口で言うよりも結果で見せると。
土井 あんまり先のことを言いすぎても足元すくわれますからね。そういうパターンが多いんですよ、僕は。昔、卓球やったり空手やったりしてる時もそうで、「今回は優勝できる」って言ってた時に限って一回戦で負けたりするんですよ。それでいっつもオヤジに怒られてたんで(笑)。今回は静かにね、結果を出しつつチャンスを待とうかなと。

■緒形健一(SB日本スーパーウェルター級王者)インタビュー

――前回の大会は、かなり残念な結果……というか試合直前に相手が倒れて試合そのものがなくなるというアクシデントがありました。フラストレーションは相当たまってるんじゃないかなと思うんですが。
緒形 そうですね……あの時はもう、放心状態になりました(苦笑)。タイトルマッチが3日前に流れたことはあったんですけど、当日、計量が終わってからっていうのは……。次の日も「あれ、いつ試合だっけ?」って、そんな感じなんですよ。気持ちの整理がうまくつかなかった。
――本当にビックリしましたね。
緒形 計量の朝、寒かったのもあって300グラム落ちなかったんですよ。それで必死で動いてたら相手が出てきて、こっちを睨んでプレッシャーかけてくるんですよ。それで「この野郎!」って思ってたら……。
――試合がなくなっちゃったんですからねぇ。

――あれから1カ月ほどの間、どんな感じで過ごしてきたんですか?
緒形 前回、試合がなかったことで、調整時間が長く取れたと考えるようにしました。試合のためのコンディションはできてるんで、あとは気持ちをうまく切り替えて、試合にぶつけようっていう。それだけです。
――今回の対戦相手は韓国のキム・ヨンジョン選手に決まりました。またしても未知数の相手ではあるんですが、全体的な印象として最近の韓国のキックボクサーはレベルが上がってますよね。
緒形 キックに限らず、格闘技が盛り上がってるみたいですからね。打たれ強い選手が多いし、ガンガンくる選手も多いんで、気持ちを引き締めていかないとなって思ってます。
――そういう相手を迎えて、今回の緒形さんのテーマは?
緒形 前回と一緒なんですけど……というかまぁ、前回は試合がなかったんで(笑)。今の自分のテーマは、本来の自分の闘い方をするっていうことですね。若い頃みたいに1Rからガンガン・・・といっても単にガムシャラにいくんじゃなく、冷静に倒しにいきます。それを前回やろうとしてたのに流れちゃったんで(笑)。今回やります。
――スキあらば倒しにいくというのが、緒形さん本来のスタイルであると。
緒形 最近は冷静になりすぎてた部分があったんですよね。それはダメだなって。自分の闘争心に、早めにスイッチを入れないと。今まではスイッチが入るのを待ってしまってたんですよ。でもこれからは待つんじゃなくて、自分からスイッチを入れて、仕掛けていこうと。
――前回のことも含めて、会長からは何か言われましたか?
緒形 「腐らずにプラスに考えろ」っていうことを。会長も同じような経験があるらしいんですよ。海外に行って、当日試合がなくなったって。「これも勉強だと思って、プラスに考えるしかないよな」って言われましたね。
――じゃあ今回は、前回の分も含めて鬱憤を晴らすというか。
緒形 そうですね。2試合分の気持ちを込めて、相手に叩き付けます。