28日、東京・興義館でリアルジャパンプロレスの平井丈雅代表が記者会見を行い、心臓を痛めて試合を欠場している初代タイガーマスクの病状を発表した。

 初代タイガーは3・20後楽園ホール大会での曙戦の後に心臓の痛みを訴え、安静に努めていたが、その後の状況は思わしくなく、ドラディションの5・11後楽園ホール大会を緊急欠場。数日間の精密検査の結果、5月21日に緊急入院し、翌日22日に手術を行った。

 検査の結果、心臓に繋がる冠動脈の1本が細くなっており、血流が詰まる状態となっていたため、心臓カテーテル手術(PCI経皮的冠動脈形成術)を行った。手術中にもう1本の動脈も細くなっていることがわかり、計2本の冠動脈をカテーテルで広げる手術を実施。4時間にわたる治療の末、無事に終了した。

 翌23日に再び精密検査を行い、術後の容体も安定。病院側からは1週間の入院を促されたが、初代タイガーは自宅での静養を希望し、自宅での絶対安静が条件で24日午後に退院した。今後は10種類以上の薬を飲みながら、1週間に最低1回のペースで精密検査を行い、術後の経過を見ていく予定だ。ただ、まだ痛みや動悸が残る状況で、当初は今回の会見にも出席する予定だったが、状態が思わしくなく大事を取って欠席となった。

 最終的に「狭心症」と診断されたが、原因は不明だという。ドラディションの後楽園大会を欠場した際には、曙戦でのボディプレスをキッカケにした心臓疾患と発表されたが、その後の調査で初代タイガー自身が子供の頃に心臓病を煩ったことも発覚。また、曙戦の前に激しいトレーニングを積み過ぎた(10分×10R等)ことも原因のひとつとして考えられるようだ。

 初代タイガーは「ご心配をおかけして、申し訳ありません。一刻も早く病気を治して、皆様の前に姿を出せるようにしたいです」と前向きな姿勢を見せているが、回復までにどのぐらいの時間がかかるか目処がたっておらず、復帰できるかどうかも現時点は不明。10周年記念となる6・11後楽園ホール大会にも来場を希望しているが、検査の状況次第で実現するかどうかは未定だ。

 「いつもより力のない声ではあるけれど、早く治して元気な姿を見せたいと言っている。精神的には早く治すという強い気持ちは感じている」と平井代表。一日も早い回復が待たれるところだ。

2015-05-29 20:42 この記事だけ表示

 28日、東京・興義館でリアルジャパンプロレスの平井丈雅代表が記者会見を行い、10周年記念興行となる『初代タイガーマスク黄金伝説〜LEGEND OF THE GOLD〜』6・11後楽園ホール大会の全対戦カードを発表。初代タイガーマスク欠場という緊急事態の中、メインイベントとしてスーパー・タイガー&タカ・クノウvs船木誠勝&5代目タイガーマスクの一戦が決定した。


スーパー・タイガー「この試合は運命の導き」

 この日、欠場中の初代タイガーが狭心症であることが発表に。復帰の目処はまったく立っておらず、非常事態を迎えた中、メインイベントでは『初代タイガーマスク 佐山サトルプロデュース試合』として、初代タイガーの愛弟子であるスーパー・タイガーがタカ・クノウとタッグを結成し、船木誠勝&5代目タイガーマスク組と対戦することになった。クノウを除く3人は記者会見に出席し、現在の心境を語った。

 「常に『いつ何時何があるかわからない』という気持ちがあった」というS・タイガーは、今回の対戦カードを「10周年記念興行であることの重みは僕自身感じています。そういった覚悟の中で、船木誠勝選手、5代目タイガーマスク選手と戦うことは自分にとって運命の導きなのかな」と“運命”と表現した。昨年の7月大会で初代タイガーが負傷により緊急欠場した際にはダブルヘッダーも経験しており、いざという時の覚悟もできている。自分がやらなければという責任感も強い。

 タッグを組むのは、関節技の名人タカ・クノウ。両者は2013年の12月大会でレジェンド王座を懸けて対戦し、名勝負を繰り広げている。書面にてコメントを発表したクノウは「私としては、この試合に勝利し、今回タッグ・パートナーでありますスーパー・タイガー選手との対戦も視野に入れたいと思います」と再戦を熱望しており、S・タイガーにとってはパートナーとの戦いという側面も持つことになりそうだ。

船木誠勝「佐山さんが戻ってくる場所を守りたい」

 対するは船木&5代目タイガーの強力タッグだ。5代目タイガーはリアルジャパン初参戦。2010年の7月18日に後楽園ホールで開催された『KICK GUTS 2010梶原一騎24回忌追悼記念・第13回梶原一騎杯』でプロレスデビュー(対戦カードは初代タイガー&5代目タイガーvs長井満也&嵐)し、その後、全日本プロレスマットなどで3試合を経験。試合出場は4年ぶりとなる。

 船木は10年前のリアルジャパン旗揚げ会見に出席しており、映画『新説タイガーマスク』ではタイガーマスク役を演じた経験もある。「ちょうど10年前、旗揚げの時はまだ自分は復帰してなかったんですけど、その旗揚げ会見に出たということで、あれから10年経ったんだなあと」と感慨深げに語ると、「今回の試合に出る4人で佐山さんの穴を埋めて、また戻ってこれるように準備したいなと思います。佐山さんが戻ってくる場所を守りたいという気持ちで試合をします」と力強く宣言した。

 正体不明ながら船木に「自分の後輩」と紹介された5代目タイガーも、初代タイガーへの思いは強い。「今回の佐山さんの様態のことで、おそらく各プロレスラーは心が動いたかと思います。今回の出場に対しても自分は心が動いて、オファーを頂き、出場を決意しました」と経緯を説明し、虎戦士としての覚悟を垣間見せた。

 強敵を相手に迎えるS・タイガーに求められるのは、試合に勝つだけでなく、初代タイガー不在のリングで“ストロングスタイル”を体現すること。「初代タイガーマスクの思い、そしてリアルジャパンの未来を背負う上で、僕はしっかり覚悟を持って戦っていきたいと思います」と当然本人もそのつもりだ。「僕自身がプロレス界に何を残せるのか。現状のプロレスがどう変わっていけるのか。そういった思いを込めて、タカ・クノウと組んで、この2人を相手に、リングの中で“戦い”を見せていければと思います」と熱い思いを吐露した。

元DEEPウェルター級王者・長谷川秀彦のプロレスデビューが決定

 その他、「藤波辰爾&LEONAvsアレクサンダー大塚&関本大介」、「大仁田厚&矢口壹琅vsグレート・タイガー&小笠原和彦」、「ウルティモ・ドラゴン&長谷川秀彦vs折原昌夫&ブラック・タイガー」、「10人参加バトルロイヤル」が行われることが決定した。

 注目は総合格闘技出身で元DEEPウェルター級王者である長谷川のプロレスデビュー戦だ。長谷川は2013年12月に総合格闘技を引退。その後、桜木裕司、タカ・クノウらとともにトレーニングを続けていたが、「昔から一緒にやっていたメンバーが頑張っているのを見ると、また何か自分の中で燃えるものがあって」プロレスデビューを決意したという。デビュー戦からいきなり難敵が相手となるが、「総合格闘技時代から自分の売りはサンボなんで。サンボの関節技でしっかり勝ちたいと思います」と一本勝ちを予告した。

 また、3・20後楽園大会で勃発した大仁田とグレート・タイガーの因縁に割って入る形となる小笠原も会見に同席し、「大仁田軍団の選手たちはみんな対戦経験がある人間たちで、一通り全員倒しています。ぜひ彼ら全員を掃除してやろうと思っています」と必勝を誓っていた。

 大会当日に初代タイガーが来場できるかどうかは未定だが、旗揚げ10周年のセレモニー開催を予定している。

対戦カード(2015.5.28現在)

<メインイベント タッグマッチ 60分1本勝負>
【初代タイガーマスク 佐山サトルプロデュース試合】
スーパー・タイガー(リアルジャパン)&タカ・クノウ(チーム太田章)
VS
船木誠勝(WRESTLE-1)&5代目タイガーマスク(不明/初参戦)

<セミファイナル タッグマッチ 60分1本勝負>
藤波辰爾(ドラディション)&LEONA(ドラディション/初参戦)
VS
アレクサンダー大塚(AODC)&関本大介(大日本プロレス)

<第三試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
大仁田厚(大仁田軍団)&矢口壹琅(大仁田軍団)
VS
グレート・タイガー(国籍不明)&小笠原和彦(PRO-KARATE 押忍闘夢)

<第二試合 タッグマッチ 30分1本勝負>
ウルティモ・ドラゴン(闘龍門MEXICO)&長谷川秀彦(アカデミア・アーザ/プロレスデビュー戦)
VS
折原昌夫(メビウス)&ブラック・タイガー(国籍不明)

<第一試合 バトルロイヤル(10名)>
スーパー・ライダー(リアルジャパン)、間下隼人(リアルジャパン)、
グラン浜田(フリー)、百田光雄(リキエンタープライズ)、力(メビウス)、
戸井克成(大仁田軍団)、若翔洋(Yamaishi Pictures)、ベアー福田(SECRET BASE)
柴田正人(U-FILE CAMP)、那須晃太郎(U-FILE CAMP)、
タケシマケンヂ(スポルティーバ・エンターテイメント)

■大会名:初代タイガーマスク リアルジャパンプロレス
■開催日:6/11(木)
■会場:後楽園ホール (東京都)

2015-05-29 20:40 この記事だけ表示



【ZONE】藤原あらし・ジョイシーイングラムジム等、全ての選手がチャンピオンクラス!
【REAL】カルロストヨタ・矢野啓太・初の女子MMA,ニュースターを発掘!


昨年12月、有明コロシアムにて、400戦無敗のカリスマ格闘家である、ヒクソン・グレイシーの実子であり唯一の継承者『クロン・グレイシー』のMMAデビュー戦を主催した、FIGHTING GLOBEの総合格闘技イベント『REAL』その第二弾が2015年5月2日横浜文化体育館にて開催されます。

FIGHTING GLOBEがテーマに掲げる『武道復活』というテーマを貫くべく、今回から肘攻撃ありの立ち技最強格闘技もプロデュースすることとなり、現役時代カリスマキックボクサーとして君臨した『野良犬 小林さとし』と協力し、小林率いる『ZONE』もFIGHTING GLOBEのグループとしてMMAとキックを共同・同時開催いたします。



■大会名:ZONE×REAL
■開催日:5/2(土)
■会場:横浜文化体育館 (神奈川県)

▼REAL2はこちら


▼ZONE2はこちら


▼ZONE2×REAL2 セット券はこちら



400戦無敗のヒクソングレイシーの息子
クロングレイシー擁する総合格闘技「REAL」

“野良犬”の異名を持つキック界のレジェンド
小林聡がプロデュースする立ち技格闘技「ZONE」

日本の格闘技界を牽引してきた2つの流れが
ここに合流いたします。

その正当な継承者であるREALとZONEが力を合わせ
一世風靡したPRODEやK-1が没落してしまった
日本の格闘技界で再びメジャーなステージを目指します。

そのためのキーワードはふたつ。
「新しいスター」と「リアルファイト」
競技スタイルこそ対極なものの全く同じ志に
皆様ご支援ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。



【ZONE】
『ZONE』は、全日本キックボクシング連盟でゼネラルマネージャーを務めた小林聡が全日本キック最終興行から5年が経った2014年11月に旗揚げしたキックボクシングシリーズ。『ZONE』には「全日本キックのZが一番(ONE)という意味」という意味が込められ「全日本キックの続きをやりたい」と全日本キックの流れを受け継ぐイベントしたいという想いに由来します。

【決定対戦カード(本戦全8試合)】

<第8試合5回戦 58s契約 3分5R>


藤原あらし(バンゲリングベイジム/元WBC日本バンタム級王者)
vsカルロ・パウパッダ(オーテルコッポ・ルッチェジム/イタリア王座2タイトル保持者)

<第7試合5回戦 68.0s契約 3分5R>

ジョイシー・イングラムジム(イングラムジム/欧米人初のラジャダムヌンウェルター級王者)
vsメリケン雄人(契明ジム/西日本統一ウェルター級王座)

<第6試合5回戦 59.0s契約 3分5R>
森井 洋介(格闘技道場ゴールデングローブ/Bigbangスーパーフェザー級王者)
vsマキ・ピンサヤーム(真樹ジムAICHI/第20代MA日本スーパーバンタム級王者・元ルンピニー認定バンタム&スーパーバンタム級王者)

<第5試合5回戦 52.2s契約 3分5R>
貴・センチャイ(センチャイジム/MuayThaiOpenフライ級王者、WMC世界スーパーフライ級王者)
vs薩摩 サザ波(TARGET/第20代MA日本フライ級王者)

<第4試合5回戦 フェザー級契約 3分5R>
邦博(真樹ジム沖縄/西日本統一バンタム級王者、RKAスーパーバンタム級王者)
vsTARO(月心会/西日本統一フェザー級王者)

<第3試合5回戦 68.5s契約 3分5R>
虎(RIOT GYM/RKAウェルター級王者)
vs森本 一陽(レグルス池袋/J-NETWORKスーパーウェルター級王者)

<3回戦 63.5s契約 3分3R>
吉田 敢(格闘技道場ゴールデングローブ)
vs夢(タイム)・センチャイ(センチャイジム)

<オープニングマッチ 63.5s契約>
錦 和道(格闘技道場ゴールデングローブ)
vs加藤 純平(ライラプス東京北星)

【その他予定出場選手】
<オープニングマッチ>
ウーエリック(格闘技道場ゴールデングローブ)
<3回戦 3分3R>
佐藤 出雲(ライラプス東京北星)



【REAL】
『REAL』はFIGHTING GLOBEが開催する総合格闘技『REAL』シリーズです。すでに中国で先行して開催放映された総合格闘技。Realfight Championship(リアルファイト チャンピオンシップ) は、『REAL』シリーズとして生まれ変わり、FIGHTING GLOBEが公認する大会は『REAL』とし日本を含む世界で開催いたします。年3〜4回開催する日本国外を含むトーナメントマッチやタイトルマッチも含む大規模大会にはナンバーを付与します。来年末には各シリーズの強者を集めた年間トーナメント大会として開催致します。

【決定対戦カード(全8試合)】

<第7試合 ライト級 5分2Rインターバル90秒>

Rodrigo Caporal(JAB MMA)
vs國奥 麒樹真(フリー)

<第6試合 フェザー級 5分2Rインターバル90秒>
Mourad Ennaceri(JAB MMA)
vs芦田 宗宏(Brave)

<第5試合 ミドル級 5分2Rインターバル90秒>
Noshewan Khanzada(JAB MMA)
vs坂下 裕介(TTM)

<第4試合 フライ級 5分2Rインターバル90秒>

ライカ(フリー)
vs沙弥子(Team TBP)

<第3試合 へビー級 5分2Rインターバル90秒>

カルロス トヨタ(Carlos Toyota Dojo)
vs矢野 啓太(プロフェッショナルレスリングワラビー)

<第2試合 ウェルター級 5分2Rインターバル90秒>
草・MAX(TEAM CLIMB)
vsEric Michael Fought(NOVA UNIAO JAPAN)

<第1試合 ライト級 5分2Rインターバル90秒>
間宮 晃仁(ススキノマルスジム)
vsLuiz Okamota(NOVA UNIAO JAPAN)

●その他一試合を予定






■大会名:ZONE×REAL
■開催日:5/2(土)
■会場:横浜文化体育館 (神奈川県)

▼REAL2はこちら


▼ZONE2はこちら


▼ZONE2×REAL2 セット券はこちら

2015-04-15 10:06 この記事だけ表示