『MARS 05 “MARCHING ON”』 10月28日(土)国技館大会

 

◆ミドル級-83kgトーナメント、三原秀美が欠場。代役選手として韓国のベ・ミョンホが電撃参戦決定!

◆ビッグジム・ヨークが欠場。エドモンド・カバウカンチ・ジュニオールが緊急出撃!

◆追加カード決定!

“松本 勇三 vs 野井 翔健”

“ルイス・フェルナンド vs パク・ウォン”

 10月28日(土)東京・両国国技館にて開催される「MARS 05“MARCHING ON”」大会において行われるミドル級-83kgトーナメントに出場する予定だった三原秀美(総合格闘技コブラ会)でが、怪我のため、本トーナメントを欠場することが発表された。代役選手として、前大会トーナメント一回戦でダニエル・タベラに善戦した韓国のベ・ミョンホが出場が発表された。

 トーナメント出場が決まったベ・ミョンホは下記のコメントを出している。

「急に試合が決まり、不安もありますが、良いチャンスを頂きました。出場するからには、優勝を目指してベストを尽くします。」

  また、高森啓吾と対戦予定だった、ビッグジム・ヨークの欠場も発表された。代替選手は、「MARS bodogFIGHT 01」(10/4:新宿FACE)で、見事、カリエム・エリングトンに1本勝ちをおさめたエドモンド・カバウカンチ・ジュニールに決定。

 

 そして、下記2カードも追加対戦カードとして発表された。 

“松本 勇三(勇三道場) vs 野井 翔健(キックボクシング千葉ジム)”

“ルイス・フェルナンド(ブラジル) vs パク・ウォン(韓国)”

 

【野井 翔健(ノイ ショウケン)プロフィール】

所属:キックボクシング千葉ジム

身長:180cm  体重:85kg

 【ルイス・フェルンド(ブラジル)プロフィール】

所属:マルセロ・ブリット・チーム

身長:170cm  体重:70kg

バックボーン:柔術

タイトル:2004年柔術世界大会―チャンピョン

成績:1戦1勝

 

【パク・ウォン プロフィール】

所属:闘神塾KOREA

身長:180cm  体重:73kg

バックボーン:柔術

タイトル:2005年グラップ第1回ブラジル柔術大会75kg準優勝 、2006年第2回全国ブラジル呪術連合大会73kg優勝(道衣あり、なし両部門)

 

■□■『MARS 05“MARCHING ON”』決定全カード 全12試■□■

キックルール -70kg契約 3分3R

1試合 チョ・インジュン(韓国)vs丸山準一(ザ・スピリットジム)

キックルール -85kg契約 3分3R

2試合 野井 翔健(キックボクシング千葉ジム)vs松本勇三(勇三道場)

総合ルール ミドル級-83kgトーナメント準決勝 5分2R

3試合 佐藤 隆平(R-BLOOD)vsダニエル・タベラ(スペイン)

総合ルール ミドル級-83kgトーナメント準決勝 5分2R

4試合 ベ・ミョンホ(韓国)vsブライアン・ラフィーク(フランス)

総合ルール -70kg契約 5分2R

5試合 パク・ウォン(韓国)vsルイス・フェルナンド(ブラジル)

キックルール ヘビー級契約 3分3R

6試合 外岡真徳(シルバーアックス)vsウィル・リーバ(ザ・スピリットジム)

総合ルール -93kg契約 5分3R

7試合 バト・ホトコン(モンゴル)vsビタリー・シュメトフ(ロシア)

総合ルール 無差別契約 5分3R

8試合 エドモンド・カバウカンチ・ジュニオール(ハードコンバット)vs高森啓吾(SAMURAI SWORD)

総合ルール -97kg契約 5分3R

9試合 桜木裕司(掣圏会館)vsファビアーノ・サイクロン(ブラジル)

総合ルール -85kg契約 5分3R

10試合 金原弘光(U.K.R.)vsマルセロ・ブリッド(ブラジル)

総合ルール 無差別契約 5分3R

11試合 野地竜太(TEAM GARO)vsセルゲイ・シュメトフ(ロシア)

総合ルール ミドル級-83kgトーナメント決勝戦 5分2R+延長1R

12試合 第3試合の勝者 vs 第4試合の勝者

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2006年10月28日『MARS 05 〜MARCHING ON』

 

★野地竜太対セルゲイ・シュメトフ★

 

2006年10月28日東京・両国国技館にて開催されるMARS 05」大会においてMARSリング初参戦を果たす元パンクラスの野地竜太選手の対戦相手が、ロシアのセルゲイ・シュメトフ選手に決定。

セルゲイ・シュメトフは、8月26日の両国大会に出場したビタリー・シュメトフの兄であり、ムエタイキックボクシングでは、輝かしい戦績をおさめている選手。

この試合は、<MARS総合ルール、5分3ラウンド、無差別級>で行われるとのこと。

 

【セルゲイ・シュメトフ プロフィール】

 

身長:186センチ

体重:112キロ

プロ総合戦績:0勝0敗

プロキック戦績:39勝4敗2引き分け

所属:タイガーズデン

出身:ロシア

主な獲得タイトル:

IAMTFムエタイ・オープン・ワールドカップ覇者

ユーラシア・プロフェッショナル・パンクラチン・チャンピオン

今年4月以来、約半年振りの試合となる野地は、今回の試合に向けて下記のコメントをリリース。

「久しぶりの総合の試合ですが、全く問題ありません。相手も打撃が得意な選手なので、スリリングな試合展開になると思います。絶対KOしますので、一瞬も目を離さないで下さい。応援よろしくお願いします。押忍!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【インタビュー前編はコチラ!】

 では、「はみだし空手!」の体現者である東孝塾長の独占インタビュー後編をお楽しみ下さい。後編は、11月12日(日)に開催される、国際空道連盟・「北斗旗空道無差別選手権大会」の注目選手と見所をたっぷりとご堪能下さい!

【東塾長から皆様へ素敵なプレゼント!】

11月12日(日)に開催される、国際空道連盟・「北斗旗空道無差別選手権大会」のチケットをイープラスでご購入の方の中から3名様に、東塾長直筆サイン入り「空道無窮 扇子」をプレゼントさせていただきます。当選結果はプレゼントの発送を持って替えさせていただきます。さあ、みんな、「空道」を目撃してしまおう!

11月12日(日)国際空道連盟・「北斗旗空道無差別選手権大会」の大会詳細とチケットのご購入はコチラをご覧下さい!

 

(取材・文:中村カタブツ君)

──そういう流れの中で、自然に大道塾の発想が出来てきたと。で、北斗旗はそういう大道塾の年に一度の集大成の場であり、晴れ舞台とも言えるわけですが、今大会で目立つ選手というと、どなたになりますか?


東 やっぱり、さっき言った藤松に、清水(和磨)、稲田(卓也)、若いところでは平塚(洋二郎)、笹沢(一有)、佐々木(継治)かな。平塚や笹沢、佐々木なんかはこれからの大道塾を背負っていく選手なんでね。次の世界大会までの3年でどこまで伸びるかに期待しているよ。


──例えば、佐々木選手は今年の体力別(体重別)大会の重量級で優勝してますけど。


東 佐々木はレスリングで国体の北海道代表選手だから、組み技は心配ないね。打撃も1年ごとにレベルは上がってきてるよ。


──体力別の決勝では一本勝ちしてますよね。


東 まあ、あの時は良かったんだけど、その後の北海道予選の決勝で負けたんだよ。まだ、波があるんで、「慢心しちゃダメだぞ、目標は世界なんだから」ってことは言っておいたんで、本人はフンドシを締め直してると思うんだけどね。そういう意味ではバランスが良くなってるのは笹沢かな。今回の予選なんかもKOで一本勝ちしてるしね。ところが、コイツはその大会で単純なヒザ十字で負けてさ。組み技はもともと東京都の高校柔道でベスト8ぐらいに入ってるのに足関節は練習してなかったらしい。いまどき珍しくズレてる奴だが(笑)。「負けるにしてもそんな基本的な技で負けるんじゃねえ」って言っといた(笑)。若手は、そういう弱い部分をどう克服するかも楽しみだね。


──優勝大本命の藤松選手はどうですか?


東 彼は打たせないで打つという、組み手をしようとしているよね。当てられないで倒す。で、同じような戦い方を真似てるのが平塚。


──今年の体力別・超重量級で優勝してるんで、期待大じゃないかと思うんですけど?


東 ところが、平塚は今年の9月30日にモスクワで試合があって、ロシア人に負けたんだよ。もともと彼は超重量の選手じゃないんだけど、まがりなりにも今年の体重別のチャンピオンなわけだ。それが軽重量級のロシア人に当たり負けしてたらしょうがないよ。カウンターのヒザ蹴りが得意なのはいいんだけど、ロシア人だから一発や2発もらっても止まらないじゃない? それで全然ダメージないのに下がっちゃうもんだから、判定負けよ。だから、ヒラリヒラリの戦い方は藤松がやる分にはいいわけ。アイツは頭で事故してる。俺は世界大会の時から試合は反対しているんだけど本人がどうしてもやりたいと、きかない…。ならばあの戦法しかないと思う。最後には寝技で仕留めるという手もあるからね。ところが、平塚がそれをやるのはどうかなと。あの負けがいい薬になってるといいんだけど、一番困るのは日本人相手なら通用するから困るわけよ。


──藤松さんには通用しますかね?


東 そこが見ものだよね。平塚が、どういう試合展開をするかはオレ自身も見てみたいな。


──そういうのを考えて、優勝予想はどなたになりそうですか?


東 藤松、稲田、平塚、清水の誰かだろうね。清水は自力があるんだけど、勝負に対して淡泊なんだよ。清水不利とか言われると、「ええ!」っていう試合をして、下馬評をひっくり返すんだけど、「無難に勝つだろう」って言われると途端にスイッチが入らなくなる(苦笑)。この前、話したら「自分は勝ち負けにはこだわらない」とか言うから、ゲンコツをくれておいた。


──ゲンコツ(笑)。


東 そう。「藤松のほうが後輩で、前はお前のほうがずっと力があったのに、いまは完全に逆転してる。お前はそう思ってないかもしれないけど、世間は藤松のほうが上だと思ってるんだからな」って焚き付けておいたから、あとは本人がどこまでやる気になるか。やる気になれば絶対にいい試合をするんだよ。だから、この二人の試合も、楽しみだよね。


──なかなか個性的な選手がそろってますけど、先生も焚き付けたりとか、いろいろ大変ですね(笑)。


東 しょうがないよ(苦笑)。


──その分、お弟子さんたちはホントに伸び伸びしてる感じがしますね。


東 大筋が間違ってなければいいんだよ。基本的なことさえ外さなければ、いろんな考えがあっていいし、好きなことをやっていいしね。


──塾長の場合、それが口先だけじゃなくて、事実だから、凄いんですよ。


東 昔はもっと個性があって、とんでもなかったよ、みんな。オレが38 歳ぐらいだったかな、あの時は東京で大道塾を広める時期で、話題作りに公開演武で5人組手をやったのよ。そしたら、アイツら全員で本気でかかってきてさ(笑)。


──それ演武だったんですか?


東 一応、ガチで試合していいって言っちゃったから(笑)。


──そしたら、容赦なく来たと(苦笑)。


東 1対1だったら、何人掛けでも負けはしないって頭があったからね。でも、言い訳になるんだけど、当時、組織作りとかで全然練習もできなくて思ったように動けなかったんだ(苦笑)。それでアイツらも途中から「やれるな」と思ったんだろうね、俄然元気が出てきてね、周りの弟子たちなんかも「そこだ、いけー!」とか言い出してさ。最後には「やっちゃえ!」とかさ。ま、見てるほうは面白かったと思うよ。


──最高に面白そうです(笑)。


東 でも、そのあとしばらくは、昇段審査のたびにオレが出て行って、やっつけてやった。だけど、まだ何人か残っているから老け込んでられないよ(笑)。


──そういう話を聞くたびに大道塾はいいなって思って。微笑ましいんですよね。


東 大変なんだよ、オレのほうは(苦笑)。


──だけど、先生が身体を張ってるからこそ、ですから。だから、大道塾は入門したほうがいいよ、ということは言いたいんですよね。そのために一度見てくださいと。


東 そうなるといいね。そういえば、来年から、大道塾がある公立高校で採用されることになったんだよ。私立じゃないから行政もバックアップして。


──部活ですか?


東 いや、授業だよ。その学校を活性化するため、子供に興味のあるスポーツをやらせようと。それで空道っていいんじゃないかってなってね。あとは名古屋の進学校で今度武道学科っていうのを作るんで検討してるらしいね。部活でもう5、6年やってるからね。
──塾長が提唱している社会体育としての武道がいよいよ実現するわけですね。


東 そうだね。オレは空道を、柔道みたいに社会に根付いたものにしたいんだよね。


──大道塾はプロを目指すようなものではなく、社会に貢献できる人間を育成する場であるというのが理念なわけですよね。


東 だけど、なかなかそこを理解してもらえなくて、「なんでK─1に出ないんですか、PRIDEに出ないんですか」って話にすぐなるからね。


──格闘技マスコミはそうなるんですよね(苦笑)。でも、それだけのレベルがあるからこその話であって。


東 でも、プロを目指すためだけにやるのは違うだろう、と。やりたい人間は、背景も考えた上で誤解されないような所なら、本部に筋を通してやればいいよ。絶対に反対だとはいわない。でも、普通はきちんと仕事を持って、身体を鍛える中で、精神も鍛えて、社会に寄与貢献する人間を育てていくのが本筋だと思うんだよね。


──現代における武道のあり方って、そこを一番に問うべきだと思います。


東 そうだと思うよ。だから、一度、ウチの大会を見てください!


──わかりました。で、最後に写真撮影をお願いしたいんですが、え〜と、大会ポスターをバックにして撮りますか?


東 いや、ポスターはまだ出来てないんだよ。大会前日にできるんだよ。


──は? 前日にポスターが上がったら、貼るヒマがないじゃないですか。宣伝しましょうよ、もっと!(笑)。


東 いや、会場用だよ。この格闘イベント全盛の時代、宣伝という意味ではテレビでの告知とか、雑誌に広告をバンバン載せるんならまだしも、ウチみたいな貧乏所帯が無理してポスターを2,3000枚貼ったって、殆ど効果はないよ(苦笑)。


──ホント商売っ気ゼロですねー(苦笑)。最後まで大道塾らしい感じでした(笑)。

【前編はコチラをクリック!】