来る6月17日(日)ディファ有明にて開催される“INNER WARP presents R.I.S.E. FLASH to CRUSH TOURNAMENT’07”(以降FtC)のトーナメント出場選手が一部決定した。

≪R.I.S.E. FLASH to CRUSH TOURNAMENT '07出場決定選手≫
★中須賀芳徳(OGUNI-GYM)

★ファイヤー原田(レグルス池袋)

≪同トーナメント出場決定既出選手≫
★大嶋茂樹(スクランブル渋谷)
≪トーナメント出場選手紹介≫
★中須賀芳徳/Yoshihiro Nakasuka
所属:OGUNI-GYM
生年月日:1977年11月1日(29歳) 身長:180cm
戦績:15戦12勝3敗(3KO)
   ニュージャパンキックボクシング連盟 フェザー級2位
   真王杯60kgトーナメント準優勝
≪最近の戦績≫
2006.11.23 桜井洋平(B.FREELY)1RTKO負け
2006.09.24 ラスカルタカ(月心会)5RKO勝ち
2006.07.22 奥山光次(渡辺ジム)3RKO勝ち

■ニュージャパンキックボクシング連盟のトップランカー中須賀芳徳がR.I.S.E.初参戦を果たす。
昨年、日本人キックボクサーの“真の王者”を決めるオープントーナメント「真王杯」が開催され、その60kg級で準優勝を収めた中須賀。決勝戦は本命であった桜井洋平のヒジの前に涙を呑んだが、1回戦、準決勝と各団体のトップ選手をKOで下しており同階級においては国内屈指のその実力をR.I.S.E.マットでも魅せつけるのか注目である。

★ファイヤー原田/Fire Harada
所属:レグルス池袋
生年月日:1974年8月14日(32歳)  身長:170cm
戦績:14戦8勝3敗3分(3KO)  J-NETWORKライト級3位
≪最近の戦績≫
2007.03.21 細野岳範(チームドラゴン)判定勝ち
2007.01.08 道浦義和(多田ジム)2ラウンドTKO勝ち
2006.10.01 濱島康大(はまっこムエタイジム) 判定勝ち
2006.06.25 水谷秀樹(スクランブル渋谷)判定負け

■入場から試合終了まで見る者全ての心を熱くさせる男ファイヤー原田が1年振りにR.I.S.E.マット参戦!昨年のFtCトーナメントでは優勝した水谷秀樹と1回戦で激突し、激しい乱打戦の末惜敗。しかし、その後ホームであるJ-NETWORKのリングでは3連勝中と絶好調!!3月の細野戦後、マイクを握り自らFtC出場をアピールするほど今年に懸ける想いは強い。6月の梅雨を吹き飛ばすファイヤー旋風は巻き起こるのか!?

★大嶋茂樹/Shigeki Oshima   

所属:スクランブル渋谷
生年月日:1988年4月1日(19歳)  身長:176cm
デビュー戦
KAMINARIMON 60kg級トーナメント優勝('07.3.25)

≪スペシャルワンマッチ出場予定選手≫
HAYATO(FUTURE_TRIBE)、龍二(リアルディール)

≪大会概要≫
◆大会名:INNER WARP presents R.I.S.E. FLASH to CRUSH TOURNAMENT'07
    (インナーワープ プレゼンツ・ライズ フラッシュトゥクラッシュ・トーナメントゼロセブン)
◆主催:株式会社KGS
◆協力:株式会社アクアプラネットエンターティメント
◆特別協賛:INNER WARP
◆協賛:スリーエー・ライフ株式会社、株式会社フルキャスト、株式会社WEBBWOODSほか

◆開催日:2007年6月17日(日)
◆時間:開場15時/トーナメント開始:16時30分(予定)
RISING STAGE:15時10分開始(予定)

◆会 場:ディファ有明

【話題はキック界一番!?】“魔裟斗2世”最強中学生がプロ3戦目を大差の判定で勝利!プロ入り後、破竹の3連勝でキック界の話題をさらう!

★大会名  : キックボクシング『天空』東西南北

★開催日時:4月15日(日)12時試合開始

★会 場  :新宿FACE

観衆=468人(満員)

 「天空キックボクシング協会」は、キックボクシング「天空」東西南北 新宿FACE大会を開催。満員の観客の中、注目の天才少年キックボクサー“魔裟斗2世”(中学3年生)・藤鬥嘩裟(フジツカサ/藤ジム)は、かつて、ベニー・ユキーデと激闘を演じた、宮越会長(現役名:内藤武)が率いる「拳枠会宮越道場」の新鋭・森山進介を大差の判定(3-0)で下し、初のメインイベントに勝利。昨年9月のデビュー以来、破竹の3連勝を記録。

<第12試合 メインイベント フライ級 3分5R>
藤 鬥嘩裟(藤ジム/「K-2グランプリ 第14回全日本新空手大会」優勝)
判定 3−0 
森山進介(拳枠会宮越道場)

試合開始前には、藤鬥嘩裟への5年間スポンサード(イメージキャラクター契約〜桜井マッハ速人同様)を決めた「ボディーメーカー(株式会社ビービースポーツ)」の取締役副社長長渕氏より、から白のリングガウンが贈呈され、14歳にして早くも未来の王者の貫禄を感じさせた。

 K-12003年度世界王者の魔裟斗と極真会館松井館長を(世界王者に)育てた名伯楽・加藤重夫会長(藤ジム&天空キックボクシング協会会長)は、「KO出来そうで出来なかったが、前蹴りと首相撲で圧倒していた。鬥嘩裟なら、50ラウンド戦い続けたとしてもスタミナ切れはない!」と断言するほど、鬥嘩裟の練習量と技量には絶対的な自信を持つ。

今後の参戦予定は、6月のJ-NET興行と7月22日(日)『天空』第8弾大会だ。

(以下、株式会社ドリームステージエンターテインメント オフィシャルリリース)

ファン・関係者の皆様へ

5月20日(日)さいたまスーパーアリーナでの開催を発表しておりました「PRIDEライト級グランプリ2007 開幕戦」ですが、開催の延期を発表させていただきます。なお開催日時に関しましては改めて発表をさせていただきますので、何卒ご了承ください。

すでに「PRIDEファンクラブ先行予約」、「PRIDEオフィシャルサイト会員先行予約」、「PRIDEオフィシャル携帯サイト先行予約」は終了しておりますが、ご購入いただいている方々には、改めまして払い戻しの方法等、詳細が決まり次第ご案内をさせていただきます。なお、明日4月15日(日)に予定しておりました「特別先行電話予約」、「PRIDEオフィシャルサイト先行予約」も、これに伴いまして延期させていただきます。

現在、株式会社ドリームステージエンターテインメントより、新会社 PRIDE FC Worldwideへの「PRIDE」に関する移管業務を進めておりますが、新オーナー、ロレンゾ・フェティータ氏からは「移管業務を進めつつ、5月20日の大会を準備するには1ヶ月しかなく、私どもの最初のPRIDEの大会としてファンの皆様にご提供するに相応しい内容にするためには、十分な制作及びプロモーションの時間がありません」との見解が届いております。つきましては、初の大会として最高のスタートを切るために、大会の延期を決断するに至りました。

大変急なご案内で、ファン並びに関係者の皆様にはご迷惑をお掛けしてしまいますが、本日ここに大会の延期を発表させていただきました。繰り返しますが、「PRIDEライト級グランプリ2007 開幕戦」の日程は改めて発表をさせていただきますので、ファン並びに関係者の皆様におかれましては何卒ご了承いただけますよう、重ねてお願い申し上げます。

株式会社ドリームステージエンターテインメント