【“最後のトンパチ”滑川康仁、韓国戦の雪辱晴らせ!】“GRABAKA対吉田道場”、渡辺久江が韓国キック女王と激突!2・16(金)「DEEP 28 IMPACT」売切れ間近!【王者直筆サイン入りオープンフィンガーグローブプレゼント!】

「DEEP 28 IMPACT」
2007年2月16日(金)東京・後楽園ホール
開場17:30、開始18:30

大会詳細とチケットのお申込はコチラ!

“格闘技のオモチャ箱”DEEPとe+が「イープラス購入者特典」をご提供。
イープラスで2・16(金)『DEEP28 IMPACT』後楽園ホール大会のチケットをご購入の方全員に「大会記念特別カラーチケット」仕様で発券、そして、抽選で3名様に、【DEEP王者直筆サイン入り&試合使用済み「FIGHTING ROAD製」DEEP公式オープンフィンガーグローブをプレゼントします!完売間近の特別大会のチケットを是非イープラスでGET!

【決定対戦カード】

▼DEEPミドル級タイトルマッチ 5分3R 82kg以下
長南 亮(チームM.A.D/DEEPミドル級王者)
VS
桜井隆多(R-BLOOD/挑戦者)

▼DEEPウェルター級タイトルマッチ 5分3R 76kg以下
中尾受太郎(フリー/DEEPウェルター級王者)
VS
長谷川秀彦(SKアブソリュート/挑戦者)

▼DEEPライト級タイトルマッチ 5分3R 70kg以下
帯谷信弘(総合格闘技木口道場チームラスカル/DEEPライト級王者)
VS
横田一則(GRABAKA/挑戦者)

▼フェザー級 5分2R
山崎 剛(GRABAKA)
VS
志田 幹(パンクラスP’sLAB東京)

▼女子ライト級 5分2R
渡辺久江(フリー/DEEP女子ライト級王者)
VS
ハム・ソヒ(韓国/CMA KOREA 争心館)

▼5分3R
石川英司(GRABAKA)
VS
ヘクター・ロンバード(キューバ/吉田道場)

▼5分2R
滑川康仁(チームM.A.D.)
VS
ファビアノ・カポアニ(イタリア/ブラジリアン・トップチーム)

▼5分2R
小見川道大(吉田道場)
VS
オ・ウォンジン(韓国/CMA KOREA 正進MMA)

▼5分2R
北田俊亮(パラエストラ千葉)
VS
薩摩竜仁(BLUE DOG GYM)

▼フューチャーファイト
渡辺良知(AACC)
VS
潮田健志(A-SQUA)

▼フューチャーファイト
宮下トモヤ(フリー)
VS
高橋基希(高田道場)

▼フューチャーファイト
羅相福(GRABAKAジム)
VS
島崎太郎(U-FILE.CAMP)

<出場予定選手>
キム・ドンヒョン(CMA KOREA 争心館)

以上、

ALL JAPAN KICKBOXING PRESS RELEASE [2007.1.25]
全日本キックボクシング連盟 オフィシャルリリース
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
■大全日本キックボクシング連盟認定
「第23代・全日本ウェルター級王座決定トーナメント」開催決定!■

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆大会概要
ALL JAPAN KICKBOXING 2007
「Departure 〜野良犬FINAL〜」2007.3.9(金)東京・後楽園ホール

17:00開場/18:30本戦開始(本戦開始前にオープニングファイト数試合予定)
・チケット料金(全席指定/当日は各\1,000アップ)
野良犬FINALシート(特製チケット/特典つき/連盟販売のみ) \20,000
RS席 \10,000 / S席 \7,000 / A席 \5,000

★チケット情報とお申込はコチラ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
全日本キックボクシング連盟認定
「第23代・全日本ウェルター級王座決定トーナメント」

■トーナメント概要
第22代王者・大輝(JMC横浜GYM)の返上により空位となった、全日本ウェルター級王座を4選手によって争うトーナメント戦。2007年3月9日大会で準決勝2試合、5月11日大会で決勝戦を行う。

■ルール
パンチ・キック・ヒジ・ヒザ有効の全日本キックボクシング連盟公式ルールを適用する。準決勝は3分3ラウンド、延長1ラウンドまでの「サドンデスルール」。決勝戦は王座決定戦となるため、3分5ラウンドルール。判定ドローの場合は1ラウンドの延長ラウンドを行い王者を決定する(この場合の公式記録はドローとなる)。

■日程
【準決勝】2007年 3月 9日(金)後楽園ホール 
【決勝戦】2007月 5月11日(金)後楽園ホール

■出場選手
山本優弥(全日本ウェルター級1位/青春塾)1984.7.15生/広島県出身/22歳/身長175cm/28戦16勝(7KO)11敗1分

金 統光(全日本ウェルター級2位/藤原ジム)1980.8.12生/神奈川県出身/26歳/身長175cm/16戦9勝(2KO)6敗1分

湟川満正(全日本ウェルター級3位/AJジム)1978.8.5生/島根県出身/28歳/身長178cm/21戦14勝(7KO)7敗

2月2日(金)新宿FACE大会/宝樹まもるVS三上洋一郎戦の勝者

宝樹まもる(全日本ウェルター級7位/勇心館)
1967.2.28生/東京都出身/39歳/身長171cm/11戦4勝(3KO)7敗

三上洋一郎(全日本ウェルター級8位/S.V.G.)
1974.8.12生/東京都出身/32歳/身長173cm/21戦8勝(3KO)13敗1分

■準決勝・対戦カード/3月9日(金)後楽園ホール
★山本優弥 vs 金統光★湟川満正 vs [2/2新宿・宝樹まもるvs三上洋一郎戦の勝者]


■全日本ウェルター級王座・変遷
初代王者    増沢 潔(山田/71年)
第二代王者   バズーカ岸浪(青葉/72年)
第三代王者   マンモス岡田(すずや/72年)
第四代王者   増沢 潔(山田/72年)1回防衛
第五代王者   横山 剛(協同/73年)1回防衛
第六代王者   猪狩元秀(弘栄/75年)
第七代王者   沢野正典(渡辺/75年)1回防衛
第八代王者   佐藤正信(山田/76年)1回防衛
第九代王者   岡田 剣(土浦/78年)
第十代王者   沢の太志(忠誠/78年)3回防衛
第十一代王者  岡田 剣(土浦/79年)1回防衛
第十二代王者  向山鉄也(ニシカワ/87年)
第十三代王者  村越浩信(光/88年)
第十四代王者  船木鷹虎(仙台青葉/88年)4回防衛
第十五代王者  小島圭三(藤/92年)
第十六代王者  船木鷹虎(仙台青葉/93年)1回防衛
第十七代王者  松浦信次(東京北星/95年)1回防衛
第十八代王者  鈴木達也(稲毛/97年)
第十九代王者  魔裟斗(藤/99年)
第二十代王者  内田康弘(S.V.G./01年)
第二十一代王者 山内裕太郎(AJ/03年)2回防衛
第二十二代王者 大輝(JMC横浜/06年)

※各選手の所属ジムはタイトル奪取時のもの

以上、

ALL JAPAN KICKBOXING PRESS RELEASE [2007.1.25]
全日本キックボクシング連盟 オフィシャルリリース
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「Departure 〜野良犬FINAL〜」2007.3.9(金)東京・後楽園ホール
大月晴明VS増田博正、5年ぶり2度目の一騎討ちが決定!
 第23代・全日本ウェルター級王座決定トーナメントもスタート!
「Departure〜野良犬FINAL〜」2007.3.9(金)後楽園 第2弾カード発表!☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 “野良犬”小林聡(藤原ジム)の引退記念興行として行われる、3月9日(金)後楽園ホール大会の第2弾決定カード6試合が決定しました。前売チケットは2月3日(土)より一般発売開始となります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
☆大会概要
ALL JAPAN KICKBOXING 2007
「Departure 〜野良犬FINAL〜」2007.3.9(金)東京・後楽園ホール
17:00開場/18:30本戦開始(本戦開始前にオープニングファイト数試合予定)
・チケット料金(全席指定/当日は各\1,000アップ)
野良犬FINALシート(特製チケット/特典つき/連盟販売のみ) \20,000
RS席 \10,000 / S席 \7,000 / A席 \5,000

★チケット情報とお申込はコチラ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【第2弾・決定カード(2007.1.25)】
<スペシャルマッチ/61.5kg契約/5ラウンド>
WPKC世界ムエタイ・ライト級王者       全日本ライト級王者
★大月晴明(AJKF)               VS  増田博正(スクランブル渋谷)

小林聡の引退興行で、黄金のライト級チャンピオン対決が実現! 大月晴明と増田博正とは2002年3月30日、後楽園で初対決。当時J-NETWORKフェザー級王者に君臨していた増田を1RKOに沈めた大月は、この勝利を機に一躍スターダムにのし上がりました。一方の増田もライト級に転向後、着実に実績を重ね、昨年サトルヴァシコバを下して全日本ライト級王座を獲得。待ちに待った5年ぶりのリベンジマッチに大きな闘志を燃やしています。大月の爆腕が再び火を噴くか!? それともベテラン増田が執念のリベンジを果たすか!?因縁の再戦、その結末やいかに!?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<第23代・全日本級王座決定トーナメント・準決勝/サドンデスマッチ3ラウンド>
全日本ウェルター級1位           全日本ウェルター級2位
★山本優弥(青春塾)       VS 金 統光(藤原ジム)   
  

<第23代・全日本級王座決定トーナメント・準決勝/サドンデスマッチ3ラウンド>
全日本ウェルター級3位            2/2新宿
★湟川満正(AJジム)       VS 宝樹まもる(勇心館)VS三上洋一郎(S.V.G.)の勝者

昨年、タイ国ラジャダムナンスタジアム公式ランキング入りを果たした第22代王者・大輝が、スーパー・ウェルター級に階級を上げることを理由に、4月1日付で王座を返上する。これにより、全日本ウェルター級ランカー4選手によって新王座を争うトーナメントが決定しました。3月9日大会で準決勝2試合、決勝の王座決定戦は5月11日(金)後楽園ホール大会で行われます。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<全日本フェザー級ランキング戦/サドンデスマッチ3ラウンド>
全日本フェザー級5位
★岩切博史(月心会)       VS 中村元気(クロスポイント・ムサシノクニ)
 

かつての名選手・山口元気氏の秘蔵っ子である中村元気が初参戦。昨年度の全日本キック新鋭賞を獲得したホープ・岩切博史との一戦が決まりました。弱冠19歳ながら日本とタイでキャリアを積む中村は、昨年12月のタイ王宮前「国王生誕60周年記念大会」に出場。本場タイ選手とムエタイの技術で渡り合い、堂々の判定勝利を飾っています。一方の岩切も昨年は上位ランカーの正巳をKOで撃破、12月「藤原祭り」ではノンタイトル戦ながら全日本フェザー級王者の山本真弘と大接戦を演じ、今年は大きな飛躍が期待されている一人です。 持ち前の強打で若き和製ムエタイ戦士を迎え討ちます。
<全日本ライト級ランキング戦/サドンデスマッチ3ラウンド>
全日本ライト級9位            前全日本フェザー級7位
★畑尾龍宏(REX JAPAN)         VS 遠藤智史(AJジム)
 

昨年はルンピニースタジアムに参戦、元王者・前田尚紀との対戦で名を上げた、AJジムNo.1ホープの遠藤智史がフェザー級からライト級に転向。回転系の攻撃を武器とする変則ファイター畑尾龍宏とのランキング戦が決まりました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
<全日本ライト級ランカー昇格決定戦/3ラウンド(延長あり)>
★寺崎直樹(青春塾)        VS 野間一暢(JMC横浜GYM)
 

4戦4勝(1KO)の寺崎と5戦4勝(1KO)1分の野間による、ライト級3R無敗対決が実現! ともに1.4後楽園で勝利を飾って今年早くも2戦目のリングとなる。なお、この試合はランカー昇格決定戦として行われるため、3R本戦ドローの場合は1Rの延長ラウンドを行い勝者を決定する。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【発表済カード(2007.1.12)】
<小林聡・引退記念エキジビションマッチ/3分1ラウンド>
★小林 聡(藤原ジム)      VS X(後日発表)
 
<スペシャルマッチ/56kg契約/5ラウンド>
全日本フェザー級王者          全日本バンタム級王者
★山本真弘(藤原ジム)       VS 藤原あらし(S.V.G.)

※本戦は上記8試合/試合順は後日発表/ほか3ラウンド数試合予定
※出場選手および対戦カードはケガ等により変更となる場合があります。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

【全日本キックボクシング連盟 2007年度・大会スケジュール】
■ 2月 2日(金)新宿FACE「CUB☆KICK’S−5」
■ 3月 9日(金)後楽園ホール「Departure〜野良犬FINAL〜」
■ 4月15日(日)後楽園ホール
■ 5月11日(金)後楽園ホール
■ 6月 9日(土)新宿FACE「CUB☆KICK’S−6」
■ 6月10日(日)新宿FACE「CUB☆KICK’S−7」
■ 7月29日(日)後楽園ホール
■ 8月25日(土)後楽園ホール
■ 9月29日(土)後楽園ホール
■11月18日(日)後楽園ホール
■12月 7日(金)後楽園ホール 
※試合スケジュールは追加・変更となる場合があります。

以 上