■RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 実行委員会よりプレスリリース情報を引用掲載

2015年12月29日(火)・31日(木)さいたまスーパーアリーナにて「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX2015さいたま3DAYS」を開催いたします。本大会において、高阪剛の現役復帰と参戦が決定しました。




●高阪剛 Tsuyoshi Kosaka

1970年3月6日生まれ 滋賀県草津市出身
93年にリングス入門。98年にUFC初出場を果たすと日本人初のUFC定期参戦を実現し、“世界のTK”として一躍有名に。リングス時代には「世界最強の男」と呼ばれるエメリヤーエンコ・ヒョードルにTKO勝ちを収めるなど数々の強豪と対戦。2006年5月PRIDE 無差別級GP1回戦でマーク・ハントに負けを喫し現役を引退していた。その後は後進の指導に力を入れながら、解説者としても活躍。近年では日本ラグビー協会より日本代表候補合宿にスポットコーチとして招聘され、タックルやファイティングスピリッツを伝授。「ラグビーワールドカップ2015イングランド」での日本チームの大躍進に貢献した。引退後もトレーニングは欠かさず行っており、TK自ら「生涯最高のコンディション」と豪語するほど、心身ともに準備万端。満を持して現役復帰を果たす。

■大会名:RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015
■開催日時:12/29(火)、31日(木)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)

2015-11-02 14:32 この記事だけ表示

■オフィシャル プレスリリース情報

現地時間10月24日(土)、ブラジル・サンパウロ市のEsporte Clube Sirioにてヴァリッジ・イズマイウ氏が代表を務める「JUNGLE FIGHT82」が開催されました。今大会にはRIZIN実行委員長榊原信行が視察に訪れ、「こんばんは、ブラジルの全てのMMAファンの皆さん。ありがとう」とポルトガル語で挨拶すると、会場から大きな歓声が沸き上がるなど大盛況の大会となりました。

また、JUNGLE FIGHT100kg級のタイトルマッチにしてRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX2015トーナメントへの出場権を懸けたブルーノ・カッペローザとサンドロ・ダ・シウバの一戦が行われ、TKO勝利をもぎ取ったブルーノ・カッペローザが、JUNGLE FIGHT代表としてトーナメントにエントリーすることが決定いたしました。

「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX2015 さいたま3DAYS」は2015年12月29日(火)・31 日(木)さいたまスーパーアリーナにて開催いたします。本件につき是非ともお取り扱いをいただき、貴社媒体を通じて多くの皆さまへ告知いただけますよう何卒宜しくお願い申し上げます。




●榊原信行RIZIN 実行委員長コメント

「JUNGLE FIGHTは出場選手のレベルが高く驚きましたし、全員前に向かっていくスタイルにも感心しました。特に年末のGP に出場が決まったブルーノ・カッペローザは素晴らしいファイターだと思います。日本のファンに絶対気に入られるでしょうし、今回のGP でも優勝が狙えるくらいのポテンシャルがある選手だと思います。大会全体ではブラジルのファンが日本のMMAが復活することを心の底から望んでくれていることを肌で感じ、喜びと同時に大きな責任を感じました」

●ブルーノ・カッペローザ Bruno Cappelozza

ブラジル出身
26 歳
身長187cm
体重93kg
Corinthians MMA所属

MMAでの勝利は全てKO、TKOによるもの。常に前に出るアグレッシブなファイトスタイルで観客を沸かせ、打撃も柔術もこなすトータルファイター。2010 年12 月にMMAデビュー。初戦から2連敗を喫するも、闘志むき出しのアグレッシブファイトで、2011年4月のJUNGLE FIGHTでTKO勝利を挙げる。その後も勝ち星を重ね、今回のJUNGLE FIGHT82でサンドロ・ダ・シウバをTKOに下し、JUNGLE FIGHT100kg級のタイトルとともにRIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX2015トーナメントへの出場権を獲得した。最近はボクシングの技術も格段に上がっており、成長著しい注目のブラジリアンファイター。トーナメント台風の目となるか。


■大会名:RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015
■開催日時:12/29(火)、31日(木)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)

2015-10-26 18:31 この記事だけ表示

■大会名:RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX
■日時:12/29(火)〜12/31(木)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)



■PRIDEスタッフによる大晦日格闘技大会復活!

大晦日に開催となる新たな格闘技イベント「RIZIN(ライジン) FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 」の発表会見が10月8日、六本木・東京ミッドタウン キャノピー・スクエアで大々的に行われた。

新イベントの実行委員長を務めるのはPRIDE代表であった榊原信行氏。PRIDE統括本部長であった高田延彦氏を再び同職に迎え、第1回大会は聖地・さいたまスーパーアリーナで12月29日と31日の2日間に渡り開催される。

PRIDEはかつての格闘技ブームをけん引する存在であったが、2007年3月にUFCへの権利移管を発表。その後、同年4月の「PRIDE.34」を最後にPRIDEが行われることはなく、さいたまスーパーアリーナでの大晦日格闘技大会も「やれんのか! 大晦日! 2007」、「DREAM.18 & GLORY 4 〜大晦日 SPECIAL 2012〜」、「DEEP DREAM IMPACT 2014 〜大晦日SPECIAL〜」と開催されてきたが、かつての活気を取り戻すには至っていない。

記念すべき第1回大会は「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2015 さいたま3DAYS」と銘打たれ開催が決定。29日と31日の2日間で賞金50万ドルを懸けたヘビー級8人トーナメントが実施され(29日に1回戦、31日に準決勝と決勝戦)、第一弾カードとして29日の桜庭和志vs.青木真也戦も発表となった。また29〜31日の間はさいたまスーパーアリーナのコミュニティアリーナとけやき広場において、選手のサイン会や撮影会、リングを組んでの試合といった「格闘技EXPO」を同時開催。このため大会タイトルも「さいたま3DAYS」となっている。



■「RIZIN」で榊原信行と高田延彦が再タッグ

8年ぶりに格闘技界へ復帰し、実行委員長としてRIZINの指揮を執ることになった榊原氏は、8日の会見で「サッカーや他のエンターテインメントに自分をぶつけてきましたが、本当に心から、自分の情熱の全てを懸けチャレンジできるのは格闘技界しかないと思いました。どこまでできるか分かりませんが、ここから10年、命懸けで日本の格闘技、世界の格闘技のために全力を尽くします」と語り、再びPRIDEの熱気を取り戻すとした。

そんな榊原実行委員長をサポートするRIZIN統括本部長に就任したのが高田延彦氏。かつてPRIDE統括本部長として盛り上げに一役買った氏が、榊原氏ととともに「壮大な冒険」(榊原)へ再び打って出る。

会見で強く両拳を握り、「ウァー」と雄叫びを上げた高田統括本部長は、「これは世界中の人たちに『これから始まるよ』という宣言です」と解説。「今からスゴいのが始まる。見ていてください」とも話し、「テニスで言えばウィンブルドン、ゴルフで言えば全英オープン、サッカーで言えばワールドカップ、オリンピック、ほかの競技の格式ある舞台に追いつき追い越せ、我々のミッションです。必ずやり遂げます。みんなで一緒にこのRIZINを世界最高峰の舞台に育て上げようじゃないですか」と語り、期待を高める発進宣言となった。


■フジテレビでの放送、皇帝ヒョードル復帰も決定

新大会にはアメリカのベラトール、イギリスのBAMMA、ポーランドのKSW、リトアニアのBUSHIDO、ブラジルのジャングルファイト、ヨルダンのデザートフォース、韓国のROAD FCといった世界の格闘技団体が参画するほか、フジテレビとスカパー! での放送が決定。フジテレビとスカパーPPVというPRIDE時代と同様の体制が敷かれるほか、アメリカでも地上波のスパイクTVにて放送がなされる。

12月31日の大会では“60億分の1の男”と呼ばれたPRIDEヘビー級王者エメリヤーエンコ・ヒョードルの復帰も決定。ヘビー級トーナメント参戦ではなくワンマッチで出場し、12年6月にロシアでの試合を最後に引退したヒョードルだがそれ以来3年6ヵ月ぶり、日本では11年大晦日の石井慧戦以来、4年ぶりの試合となる。


■桜庭vs青木のスペシャルワンマッチ

大会初日となる29日には、ともに日本が誇る寝技師である桜庭和志と青木真也のスペシャルワンマッチが決定。「桜庭選手のやってきたことに最大のリスペクトをしています。しかし、マットの上にあるのは現実です。それを見せれる試合をしたいと思います」(青木)、「一生懸命、いい試合ができるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」(桜庭)と語った両者は、視線を交わす場面はなく、それが逆に早くも強く意識し合っているのを感じさせた。

大会には「世界最強の女柔術家」ともいわれるギャビ・ガルシア、シュートボクシング女子世界王者であるRENAも参戦。

大会ルールは1R10分・2R5分・3R5分の変則ラウンド制で、踏みつけ・4点ポジションでのヒザ蹴りも認めた旧PRIDEルールを採用、試合は金網ではなくリングで行われる。

PRIDEから8年、新たな伝説がここから幕開けとなる。

文:長谷川亮
写真:加藤貴之


■大会名:RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX
■日時:12/29(火)〜12/31(木)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)

2015-10-09 20:48 この記事だけ表示