“魔裟斗2世”藤鬥嘩裟(天空/藤ジム)がで [キック史上最年少王者]戴冠宣言! 11/9(金)【J-NETWORK フライ級王座決定ワンディ・トーナメント】直前記者会見

★★DSCF2617.JPG


 11月6日(火)天空キックボクシング協会が水道橋の「ファイティングカフェコロッセオ」にて、11月9日(金)後楽園ホールで開催されるJ-NETWORK『Championship Tour of J Final』の【J-NETWORK フライ級王座決定ワンディ・トーナメント】に出場する“魔裟斗2世”藤鬥嘩裟(ふじつかさ 天空キックボクシング協会 藤ジム/フライ級7位)の出場直前会見を行った。会見には、藤鬥嘩裟と師匠であり、魔裟斗、松井章圭館長(国際空手道連盟極真会館)をチャンピオンに育てた天空キックボクシング協会会長の加藤重夫(藤ジム会長)が出席。


 2006年ディファ有明大会に行われた『キックボクシング天空』興行で、2R膝蹴りKOでプロデビュー戦を飾り、その後、2007年7月の天空興行まで、デビュー5連勝の快進撃を続けた若干15歳の“天才中学生(3年)キックボクサー”藤鬥嘩裟は、6戦目のJ-NETWORK 主催、9月16日(日)『Championship Tour of J 2nd』 ディファ有明大会で、元ラジャダムナンスタジアムバンタム級2位のノッパチャイ・ラッタナウォンと対戦し、1Rは優勢に進めながら、2Rに一瞬の相打ちによるノッパチャイのヒジ打ちにより、大量出血で無念のTKO負け。プロ初の敗戦を味わった。ただし、相手は2階級上の元ラジャ王者、しかもvs日本人無敗の強豪に加え、ヒジ有りという絶対的なハンディを負っての対戦、しかも1Rは優勢、ということを考慮すると、藤鬥嘩裟の強さに異を唱えることは出来ない。

★★DSCF2606.jpg


 今大会J-NETWORK『Championship Tour of J Final』で開催される【J-NETWORK フライ級王座決定ワンディ・トーナメント】では、藤鬥嘩裟の他、三好純(y-park/同級6位)、薩摩サザ波(TARGET−Z/同級1位)、山野寛之(チームドラゴン/同級4位)が出場。藤鬥嘩裟は、[キック史上最年少王者]の獲得を目指します。



【J−NETWORKフライ級王座決定ワンデイ・トーナメント】
<J−NETWORKフライ級王座決定ワンデイ・トーナメント準決勝戦第1試合>
三好純(y-park/同級6位)
vs “魔裟斗2世”藤鬥嘩裟(天空キックボクシング協会・藤ジム/同級7位)

<J−NETWORKフライ級王座決定ワンデイ・トーナメント準決勝戦第2試合>
薩摩サザ波(TARGET−Z/同級1位)
vs 山野寛之(チームドラゴン/同級4位)

<J−NETWORKフライ級王座決定ワンデイ・トーナメント決勝戦>
薩摩サザ波(TARGET−Z)vs山野寛之(チームドラゴン)戦の勝者
vs 三好純(y-park)vs藤鬥嘩裟(天空・藤)戦の勝者


 会見の冒頭では、加藤会長が、鬥嘩裟がJ-NETWORK 9/16ディファ有明大会での敗戦についてコメント。「2階級上で、日本人が誰も勝てなかったノッパチャイ相手に、鬥嘩裟は善戦した。1Rは優勢に試合を進めることが出来、このままいけば、勝てると踏んだ。しかし、2Rでヒジの相打ちで、鬥嘩裟の眉間が切れ、大量出血となった(試合後、18針を縫う大怪我)。鬥嘩裟本人は試合続行を望んだが、まだ子供の中学生にこれ以上試合をやらせたくなかったので、止めた。」
と、言いながらも「負けは負けです。正直言って、デビュー以来の5連勝で少し天狗になっていたところもあったと思います。でも敗戦が勉強になりました。この夏は試合後に強化合宿を敢行しました。この猛暑の夏に一日も休まずに練習しました。彼は魔裟斗以上の身体能力を持っており、練習量もずば抜けているが、キックは厳しい世界、そうしなければ上にはいけないんです。誰だってこの猛暑の夏に毎日練習したくないですよ!でも私は、毎日練習する選手でなければ認めません。彼は当時(藤ジム在籍時)の魔裟斗の練習量を越えています。おかげで、現在は、階級が上のバンタム、フェザー級並みの足腰の強さは持っています。11/9のトーナメントはおそらく2試合ともKOでいけると思います。」

と、“カラテの神様”故・大山倍達総裁(国際空手道連盟極真会館)の愛弟子であり、157aの小兵ながらも、40年前に極真会館海外指導員第一号として、オーストラリアを始め、世界中の大男を相手に極真カラテを広めた“生ける伝説”加藤重夫会長ならではの説得力ある力強い言葉。


 加藤重夫会長の怒涛のコメントは止まらない!「鬥嘩裟は、本当にキック漬けの毎日です。今日も午前中は練習で、学校には行っていません。テレビも見ませんし、本当は遊びたい盛りの年代なのに、はっきり言って友達もいません!ゲームもやりません。高校も本当ならば、目の前の高校に行くはずでしたが、キックの練習に打ち込みたいという本人の希望があり、インターネットで授業を受けることが出来る『勇志国際高等学校(文部省認定)』に特待生で入学することが決定しました。これで思う存分練習に集中させてあげることが出来ます。」


加藤重夫会長のコメントに続いて、藤鬥嘩裟は
「今回の試合は、負けません。以上です」
と、力強い一言のみコメントを行った。

★DSCF2611.JPG

【以下マスコミ様との質疑応答】

[質問]前回の敗戦を振り返ってみて。
藤「負けはやっぱり自分の責任なので。(加藤)会長の言うことを聞いて練習してきました。」

[質問]前回のノッパチャイ戦は出血でTKO負けとなりましたが、流血に対する恐怖はありますか?
藤「恐怖は無いです。」

[質問]王座を獲得すれば日本キック最年少王者誕生となるが意識はしていますか?
藤「僕は最年少チャンプになっても、さらにその上を目指していきま。す」

[質問]最終目標は?
藤「特にないです。一番上まで行きます!」

[質問]具体的には?
藤「皆さんに知ってもらえるような選手になることです」

[質問](加藤)会長より、「今回は、2試合ともKOで勝つ!」というコメントがありましたが。
藤「会長が言うことを信じています」

[質問]大晦日の『Dynamite!!』などへの出場に興味はありますか?
藤「会長に言われたことを僕はやるだけです」

[質問]K-1から大晦の『Dynamite!!』でのHIROYA戦のオファーがあったらどうしますか?
加藤会長「オファーはないでしょう。オファーがあれば受けますが、多分HIROYAの方が受けないでしょう。彼はK-1の選手で鬥嘩裟はキックの選手。K-1とキックは全然違いますから。ただし、鬥嘩裟はヒジなしでもいけます。」

[質問]スパーリングパートナーはどうしていますか?
加藤会長「正直あまりしていません。走り込み、シャドー、フットワークの練習に多くの時間をさいています。」

[質問]トーナメントに出場する3選手に対しては?
加藤会長「誰が相手でも問題はない。試合は蹴りで決着がつくと思う。リーチがフライ級では群を抜いている。前回の敗戦がいいきっかけになり、気持ちも引き締まっているので心配はありません。練習も順調に仕上がった。他の選手大半が脱落する中、若いのによくついてきてくれました。練習中に時折ケンカになることもあるが、頑張った。これで負けたら、私の責任です。どんな非難も受けます。」

“魔裟斗2世”藤鬥嘩裟と大山総裁の愛弟子であった加藤重夫会長が二人三脚で行う注目の[天下獲りロード]が本格的に始動する!


【大会概要】
J−NETWORK 『Championship Tour of J Final』
★開催日/2007年11月9日(金)開催時間/4:30開場 4:45開始予定 
★ 会場/後楽園ホール
★席種・料金/SRS9000円 RS7000円 S5000円(全席指定、当日券は1000円アップ)

【対戦カード】
[対戦カード]    上段・赤コーナー  下段・青コーナー
<メインイベント J−NETWORKスーパー・ライト級王座決定戦 3分5回戦>
小宮由紀博(フォルティス渋谷/ライト級1位) vs 寒川慶一(SFK/スーパー・ライト級1位)

<セミファイナル J−NETWORKミドル級タイトル戦 3分5回戦>
寒川直喜(バンゲリングベイ/王者) vs 廣野祐(NPOJEFA/同級1位)

<J−NETWORKライト級王座決定ワンデイ・トーナメント決勝戦 サバイバルマッチ>
藤原王子(レグルス池袋)vs細野岳範(チームドラゴン)戦の勝者
vs 安東辰也(SFK)vs黒田アキヒロ(フォルティス渋谷)戦の勝者

<J−NETWORKバンタム級タイトル戦 3分5回戦
牧裕三(アクティブJ/王者)vs 古谷繁明(ソーチタラダ渋谷/同級1位) 

<J−NETWORKフライ級王座決定ワンデイ・トーナメント決勝戦 サバイバルマッチ>
薩摩サザ波(TARGET−Z)vs山野寛之(チームドラゴン)戦の勝者
vs 三好純(y-park)vs藤鬥嘩裟(天空・藤)戦の勝者

<68kg契約 3分3回戦>
牧野智昭(ソーチタラダ渋谷) vs 涼平(TARGET)

<ライト級 3分3回戦>
小道洋輔(ドージョー・チャクリキ)vs 青津潤平(NPOJEFA)

<J−NETWORKライト級王座決定ワンデイ・トーナメント準決勝第2試合 サバイバルマッチ>
藤原王子(レグルス池袋/同級2位)vs 細野岳範(チームドラゴン/同級5位)

<J−NETWORKライト級王座決定ワンデイ・トーナメント準決勝第1試合 サバイバルマッチ>
安東辰也(SFK/同級3位)vs 黒田アキヒロ(フォルティス渋谷/同級6位) 

<J−NETWORKライト級王座決定ワンデイ・トーナメント・リザーブ戦 サバイバルマッチ>
田中信二(ODJ/同級8位)vs リョウ・ペタス(ザ・スピリット/同級10位)

<J−NETWORKフライ級王座決定ワンデイ・トーナメント準決勝戦第2試合 サバイバルマッチ>
薩摩サザ波(TARGET−Z/同級1位)vs 山野寛之(チームドラゴン/同級4位)

<J−NETWORKフライ級王座決定ワンデイ・トーナメント準決勝戦第1試合 サバイバルマッチ>
三好純(y-park/同級6位)vs 藤鬥嘩裟(天空・藤/同級7位)

<J−NETWORKフライ級王座決定ワンデイ・トーナメント・リザーブ戦 サバイバルマッチ>
源リョウ(JTクラブ)vs 清水雄介(尚武会)

<フェザー級 3分3回戦>
鮫島満博(フォルティス渋谷)vs ロベルト(club EDO)

<63.5kg契約 3分3回戦>
後藤洋平(フォルティス渋谷) vs ケンジロウ(侍塾)


藤鬥嘩裟(フジ ツカサ)プロフィール★本名:笠原司
★生年月日:1992年9月18日生 
★年齢:15歳(埼玉・富士見西中学3年)
★身長:173cm ★体重:53s
★所属:藤ジム
★出身地:埼玉県富士見市
★デビュー戦:2006年9月22日(日)『キックボクシング天空』新宿FACE大会 
vs鈴木朝春(moveジム) KO 2R2分12秒 膝蹴り
★ランキング:天空日本フライ級5位・J−NETWORKフライ級7位
★戦績:6戦5勝1敗(2KO)
★スポンサー契約:ボディメーカー

★★DSCF2614.jpg



071207_fujiwara.jpg
写真左:藤原あらし、写真右:前田尚紀

ALL JAPAN KICKBOXING 2007
Fujiwara Festival 〜藤原祭り2007〜

2007.12.7(金)東京・後楽園ホール
PM5:00開場/PM6:30本戦開始(本戦開始前にオープニングファイト予定)

>>ALL JAPAN KICKBOXINGの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!


----------------------------------------------------------------------


■対戦カード(11/5現在)■


<メインイベント/スペシャルマッチ/57kg契約/5R>
全日本バンタム級王者
(S.V.G.)藤原あらし
30戦22勝(14KO)4敗4分
VS 全日本フェザー級1位/元同級王者
前田尚紀(藤原ジム)
37戦26勝(18KO)11敗
----------------------------------------------------------------------
<セミファイナル/全日本ミドル級タイトルマッチ/5R>
全日本ミドル級王者
(藤原ジム)中村高明
30戦19勝(7KO)11敗
VS 挑戦者:同級4位
吉武龍太郎(アイアンアックス)
8戦5勝(1KO)3敗
----------------------------------------------------------------------
<スペシャル・エキジビションマッチ>
※試合形式・出場選手・すべて未定※
----------------------------------------------------------------------
<全日本ウェルター級ランキング戦/サドンデスマッチ3R・延長1R>
全日本ウェルター級1位
(AJジム)湟川満正
24戦16勝(8KO)8敗
VS 全日本ウェルター級6位
渡辺雅和(チームドラゴン)
14戦7勝(2KO)6敗1分
----------------------------------------------------------------------
<全日本ライト級ランキング戦/サドンデスマッチ3R・延長1R>
全日本ライト級3位
(はまっこムエタイジム)藤牧孝仁
19戦10勝(2KO)7敗2分
VS 全日本ライト級6位
上杉武信(藤原ジム)
20戦8勝9敗3分
----------------------------------------------------------------------
<全日本ウェルター級ランキング戦/サドンデスマッチ3R・延長1R>
全日本ウェルター級3位
(藤原ジム)金 統光
19戦9勝(2KO)9敗1分
VS 全日本ウェルター級4位
吉川英明(チームドラゴン)
17戦11勝(3KO)4敗2分
----------------------------------------------------------------------
<全日本ライト級ランキング戦/サドンデスマッチ3R・延長1R>
全日本ライト級2位
(S.V.G.)海戸 淳
14戦9勝(4KO)5敗
VS 全日本ライト級8位
鈴木真治(藤原ジム)
9戦5勝(2KO)1敗3分
----------------------------------------------------------------------
<ほか3ラウンド数試合予定>
※出場選手はケガ等により変更となる場合があります※

>>ALL JAPAN KICKBOXINGの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!


ブラックマンバ選手が頚椎損傷のため、欠場となりました。
それに伴い、対戦カードが以下のように変更になりました。
また、ミドル級トーナメントのリザーブマッチも決定いたしました。


変更前

★<ミドル級世界王者決定トーナメント準決勝/HERO’Sルール/5分3R/70キロ契約>
宇野薫(日本/和術慧舟會東京本部)
VS
ブラック マンバ(インド/フリー)

変更後

★<ミドル級世界王者決定トーナメント準決勝/HERO’Sルール/5分3R/70キロ契約>
宇野薫(日本/和術慧舟會東京本部)
VS
アンドレ・ジダ(ブラジル/シュートボクセ アカデミー)


対戦決定カード

★<ミドル級世界王者決定トーナメント・リザーブファイト/HERO’Sルール/5分2R延長1R/70キロ契約>
宮田和幸(日本/フリー)
VS
ハービー・ハラ(イギリス/シュプリーム マーシャルアーツ)


>>HERO'Sの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!

----------------------------------------------------------------------


■現在発表されている全対戦カード


★<ミドル級世界王者決定トーナメント準決勝/HERO’Sルール/5分3R/70キロ契約>
宇野薫(日本/和術慧舟會東京本部)
VS
アンドレ・ジダ(ブラジル/シュートボクセ アカデミー)


★<ミドル級世界王者決定トーナメント準決勝/HERO’Sルール/5分3R/70キロ契約>
J.Z.カルバン(ブラジル/アメリカントップチーム)
VS
ビトー“シャオリン”ヒベイロ(ブラジル/ノバウニオン)


★<ミドル級世界王者決定トーナメント・リザーブファイト/HERO’Sルール/5分2R延長1R/70キロ契約>
宮田和幸(日本/フリー)
VS
ハービー・ハラ(イギリス/シュプリーム マーシャルアーツ)


★<スーパーファイト/HERO’Sルール/5分3R/63キロ契約>
山本“KID”徳郁(日本/KILLER BEE)
VS
ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル/グレイシー・バッハ)


★<スーパーファイト/HERO'Sルール/1R・10分、2R・5分・延長5分/85キロ契約> 桜庭和志(日本/チーム桜畑)
vs
柴田勝頼(日本/ARMS)


★<スーパーファイト/HERO'Sルール/1R・10分、2R・5分、延長1R・5分> ミノワマン(日本/フリー) vs ケビン・ケーシー(U.S.A./ヒクソン・グレイシー柔術アカデミー)


★<スーパーファイト/HERO'Sルール/1R・10分、2R・5分・延長5分/85キロ契約> ユン・ドンシク(韓国/フリー)
vs
ゼルグ“弁慶”ガレシック(クロアチア/チーム・トロージャン)


★<オープニングファイト チーム桜畑vs U-File対抗戦(2)/HERO'Sルール/5分2R延長1R/85キロ契約> 佐藤豪則(日本/チーム桜畑)
vs
長井憲治(日本/U-File Camp)


★<オープニングファイト チーム桜畑vs U-File対抗戦(1)/HERO'Sルール/5分2R延長1R/70キロ契約> 高橋 渉(日本/チーム桜畑)
vs
西内太志朗(日本/U-File Camp)


----------------------------------------------------------------------


■選手データ


アンドレ・ジダ
ANDRE DIDA
生年月日/1983年10月9日
出身/ブラジル
所属/シュートボクセ アカデミー
身長/172センチ 体重/72.0キロ
対戦成績/総合格闘技7戦5勝1敗1分2KO
キック 8戦8勝0敗


宮田和幸
KAZUYUKI MIYATA
生年月日/1976年1月29日
出身/日本
所属/フリー
身長/172センチ 体重/69.6キロ
対戦成績/総合格闘技 9戦4勝5敗
K-1 1戦1敗


ハービー・ハラ
HARVEY HARRA
生年月日/1981年9月30日
出身/イギリス
所属/シュプリーム マーシャルアーツ
身長/177.5センチ 体重/70.0キロ
主なタイトル歴/I.S.K.A.イギリス キックボクシング王者 2001-04
I.S.K.Aコモンウェルス キックボクシング王者 2002-05
K-1 UK MAX 2007 ベスト4
対戦成績/キックボクシング 18戦18勝12KO
総合格闘技 6戦4勝2敗1KO
K-1 2戦1勝1敗


>>“神の子”KID&桜庭参戦の記事はコチラ!
>>大会概要&ミノワマン参戦決定の記事はコチラ!


>>HERO'Sの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!