【主催者リリース】

新年のご挨拶ならびに3.5「戦極」旗揚げイベントに関する会見を行いました。

 1月7日(月)ワールドビクトリーロードにて、代表取締役社長・木下直哉が会見を開き、新年のご挨拶、ならびに3月5日(水)に迫った“戦極”旗揚げイベントについての発表を行いました。3月5日の大会については、吉田選手をはじめ日本人が多数出場している関係から、日本人が外国人の強豪に挑んでいくという図式になる。また76kg、83kg、93kg、ヘビー級の4階級、もう一階級増やした5階級の試合になる可能性が高いと発表。そして2008年は、5月、7月、9月、11月の全5大会を予定しており、どこか1大会については大阪、名古屋などの地域での開催も検討していると公表しました。昨年末の格闘技界大連立に関しては、皆で協力し合い格闘技界を盛り上げて行くのは賛成。各々のイベントで活躍した選手の中から、イベント団体の垣根を越えて、ファンが望む対戦カードが組める。これが一番有意義な大連立になると見解を述べました。また3月5日の〜SENGOKU〜も大晦日の「やれんのか!」を制作したチームが、制作を協力してくれると発表し、ますます“戦極”旗揚げイベントに対する期待が高まります。

 今後、出場選手ならびに対戦カードを随時発表していきますので、皆様大いに期待してください。本年もよろしくお願いいたします!


>>戦極 -SENGOKU-の公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!
【UKF三大タイトルマッチ&異種格闘技戦】で“全てに熱かった”70〜80年代よ、もう一度!

 2008年1月19日(土)東京・新宿FACEにて「格闘技だけでなく様々なことが熱かった70〜80年代の“パッション!”を再現することを目的とするイベント、アールズエンタープライズ主催『四角い戦場』が開催される。

 メインイベントにUKF三大タイトルマッチが行われる他、様々な格闘技が競い合う異種格闘技戦、プロレス、中国拳法やカポエイラなどのパフォーマンスが行われる。


アールズ・エンタープライズ興行 『四角い戦場〜強兵(つわもの)達の主張〜』
2008年1月19日(土) 18時30分開演 @新宿FACE

>>アールズ・エンタープライズ興行の詳細とチケットのお申し込みはコチラ!

----------------------------------------------------------------------

【対戦カード】

▼UKFキックボクシング世界タイトルマッチ
山崎通明(MA日本キックボクシング連盟/東金)
VS
サラーウッド・セーンセーン(JTクラブ)

▼UKFキックボクシングインターコンチネンタルタイトルマッチ
黒田英雄(フリー・BRAVES)
VS
ファーラップ・ワイルドシーサー(ワイルドシーサー)

▼UKF女子総合格闘技インターコンチネンタルタイトルマッチ
市井 舞(伊藤道場)
VS
関友紀子(巴組)

▼UKFキックボクシング世界王者EXマッチ
土屋ジョー(JTクラブ/UKF世界フェザー級王者)
VS
TOMONORI(OGUNI/UKF世界バンタム級王者)

≪異種格闘技マッチ≫

▼空手VS中国拳法EXマッチ
小笠原和彦(創天会カラテ)
VS
佐藤正人(精龍會中国拳法道場)

▼空手VSプロレス
羽田真宏(錬武館空手)
VS
渡辺宏志(夢名塾プロモーション)

▼空手VS柔道
大窪勇壱(CLUB T.one’s.B)
VS
川村剛裕(アールズ・エンタープライズ)

▼空手VSカポエイラ
RIKIYA(AXKICK)
VS
ペドロ高石(カポエイラ・ヘジョナル・ジャパオ)

▼空手VSキックボクシング
飛鳥一撃(ターザン後藤一派)
VS
JOM(フリー)

▼プロレス タッグマッチ
仮面シューター・スーパーライダー(リアルジャパンプロレス) &長瀬館長(アールズ・エンタープライズ)
VS
近日発表

▼女子キックボクシング
亜利弥(フリー)
VS
A.I(フリー)

※他、男子・女子 2〜3試合を予定


>>アールズ・エンタープライズ興行の詳細とチケットのお申し込みはコチラ!

J−NETWORKオフィシャルリリース(2007/12/18付)のご案内

「日本最強の軽量級選手は、J−NETWORKが決める!?」
J−NETWORK主催興行「Let’s Kick with J 1st」
日程/2007年2 月29日(金) 4:30開場 4:45開始予定
会場/後楽園ホール

チケットは近日イープラスにて、発売を開始しますので今しばらくお待ちください!

つかさIMG_0247.JPG

 2月29日(金)後楽園ホール大会にて、S・フライ級王座次期挑戦者決定トーナメント一回戦を行うことが決定しました。決勝戦は、4月11日(金)後楽園ホール大会で行い、優勝者は、6月1日(日)ディファ有明大会にて、KENTが持つS・フライ王座に挑戦します。注目の出場選手は、以下のとおりです。人数こそ4名と少ないですが、昨年行われた「フライ級最強決定トーナメント MACH GO! GO! ‘06」に勝るとも劣らない最強のラインナップが出揃いました。

まず、フライ級王座を獲得したばかりの日本最強の中学生、藤鬥嘩裟が、二階級制覇を目指し、参戦します。大晦日、DYNAMITEでHIROYAとの一騎討ちが決定、若干15歳にして、メジャーリングに躍り出た藤ですが、高校生対決を見事制し、その余勢で、Jの二冠を奪取する計画です。

老舗の意地とプライドを賭け、全日本最軽量級2トップの参戦も決定しました。前J−NETWORKフライ級王者にして、MACH GO! GO! 準優勝の実績を誇る魂叶獅が、久しぶにJのリングに帰って来ます。リングネームにある魂と獅子のとおり、小さな身体に闘志を漲らせ、勇猛果敢なファイトを見せてくれることでしょう。

また、その魂叶獅と4月に、全日本キックのリングでS・フライ級サドンデスマッチを行い、フルマークの判定勝利を収めた割澤誠の参戦も決定しました。この割澤は、弊社8月大会にて、大原清和(J−NETWORKバンタム級2位)からも、やはり、フルマークの判定勝利を収めており、新春早々、Jのリングに、全日本キック旋風が吹き荒れます。

最後の1名は、主催者推薦で、軽量級屈指のイケメンファイター、ウエンツ☆修一に決定しました。先月行われた寺戸伸近戦まで、無傷の6連勝を記録、格闘家とは思えぬベビーフェイスとは相反して、確かな実力も兼ね備えています。とくに、元全日本ライト&ウェルター級二冠王、内田康弘会長直伝の蹴り技のバランスは絶妙で、Jのリングに新風を吹き込んでくれることでしょう。

注目の一回戦ですが、藤vs割澤の年齢差20歳対決および、魂叶獅vsウエンツの色白好青年対決で行きます。
新年から弊社は、ブンブンぶっ飛ばして行きます。ご期待下さい。

「Let’s Kick with J 1st」
日程/2007年2 月29日(金) 4:30開場 4:45開始予定
会場/後楽園ホール


[対戦カード]    上段・赤コーナー  下段・青コーナー
J−NETWORKスーパー・フライ級王座次期挑戦者決定トーナメント準決勝第二試合 サバイバルマッチ1
藤鬥嘩裟(天空/藤/J−NETWORKフライ級王者)
割澤誠(全日本/AJジム/全日本バンタム級2位、J−NETWORKスーパー・フライ級1位)

J−NETWORKスーパー・フライ級王座次期挑戦者決定トーナメント準決勝第一試合 サバイバルマッチ1
魂叶獅(全日本/はまっこムエタイジム/前J−NETWORKフライ級王者)
ウエンツ☆修一(スクランブル渋谷/全日本バンタム級3位)