080528_shootboxing02.jpg
(C) シュートボクシング協会

金井、オロゴン、共に“眼中無し”
さて、いよいよ目前に迫った28日「火魂〜Road to S-cup〜其の参」にて激突する金井健治、アンディ・オロゴンが試合に向けてそれぞれの想いを語ってくれました。

金井健治
「昨年から今年にかけて、練習したことがキチンと出せて結果がついて来てるので良い感じです。今回の対戦相手は身体能力が高いし、顔が小さいからパンチが当たりにくいかなぁ。僕の顔はデカイので当てられる前にしっかり狙いますよ。あと右ストレートが伸びてくるらしいので気をつけます。アゴが強いほうだから倒されてKOされたことないから負けるイメージはないですけど。僕は一個一個結果を残してS-cupに出たいので、今オロゴン選手には負けれない。S-cup前にはタイトルの防衛戦もあると思うし、立ち止まってる暇はないです。試合が続いてることで今凄く良い練習ができてますからね。オロゴン選手、大野選手、宍戸選手を超えて、その後に緒形さんやサワーなど、超えなければならない壁が沢山あるのでキツイ半面、こういうチャンスはなかなかないので楽しみです。今狙える状況にあるS-cupを意地でも掴みたいのでベルトも離しませんよ。オロゴン選手にもきっちり勝ちます。緒形さんが持ってたベルトを持ってるので、S-cupで一度はやってみたいです。緒形さんに勝つ自信は、はっきり言ってしまうと今50%ない(笑)でもこれからの闘いに勝ち進んでば自信もつくと思います。今回はチャンピオンらしい試合をします。応援お願いします。」


アンディ・オロゴン
「体調はいつも通り。2月のK-1MAX以来だからまずは感覚を取り戻す。アンディ・サワーとの試合は勉強になったし欠けてる物を教えてくれた。僕のパンチでサワーが2回目に尻餅をついたのがダウンだったとか言われるけど勝負の世界は結果がすべて。あまり過去は振り返りたくない。今後ファンに納得してもらってS-cupの話があれば出て闘いたい。今回の金井選手の試合はビデオで見たけど結構やりそうじゃない?ハートも強いし手数も多いから、1秒もさぼれない試合になりそう(笑)彼はアゴが強いらしいけど、僕もアゴには自信があるから殴り合いになりそうだよ。でも僕は計算高いから相手が殴るときは計算するけどね(笑)でも多分、僕は彼が闘ってきた今までの選手とは違うし、彼が思うほど僕は甘くはない。僕は色々な団体のチャンピオンと闘ってきたから自信もある。ただ自分が期待されると変に意識するから、いつも通り「相手のほうが強い!」って思うようにするよ。金井用に特別な練習は何もしてないけど投げられないように注意する。対策はばっちり。今回も面白い試合がしたいので皆さん応援してください。」

>> SHOOT BOXING 申込み&公演詳細はコチラ
(シュートボクシング協会 公式リリース)

 昨年、若手選手の育成をテーマに、フレッシュマンクラスの試合を中心として開催した『ヤングシーザー杯』を、今年は初進出となる新宿フェイスにて開催することが決定。メインイベントには、スーパーフェザー級2位の歌川暁文が登場。エキスパートクラスで強豪との対戦を予定している。昨年も有望な新人を数多く発掘したこの大会で、今年はどんなニューカマーが現れるのか!?ヤングシーザー達の次世代のエース争いに注目!

■シュートボクシングの大会詳細とチケット申し込みはコチラ!
【大会概要】
◆大会タイトル:SHOOT BOXINGヤングシーザー杯2008
◆開催日時:2008年6月28日(土) 
      OPEN 17:00/本戦START17:30 
◆会 場 :新宿フェイス
◆主 催 :シュートボクシング協会
◆認 定 :シュートボクシングコミッション

★チケットは、5/31(土)より、イープラスで発売開始だ!
[シュートボクシング協会公式リリース]

 いよいよ目前に迫った5月28日(水)「火魂〜Road to S-cup〜其の参」(後楽園ホール)にて激突する宍戸大樹とアントニオ・カルバーリョが試合に向けてそれぞれの想いを語ってくれました。

★カルバーリョ008(20080528用).JPG

【アントニオ・カルバーリョのコメント】

「今回の試合に向けてとてもワクワクしています。いい練習が出来てコンディションもいいので、宍戸サンとの試合は本当にエキサイティングなものになると思う。総合格闘技は僕のライフであり全てですが、打撃、投げ、立関節のみで闘うシュートボクシングは僕にとっての最高の趣味。自分の打撃技術を駆使して常にチャレンジャーとして挑めるから大好きなんです。もし勝つことが出来たら今年のS-cupにチャンスをもらえたら嬉しいし是非トライしたいです。宍戸サンとのハイスピードな試合を楽しんでください。」


【宍戸大樹のコメント】

「今年のS-cupで緒形さんとサワーに勝って優勝する為に、S-cupへのキップを手に入れるまで一敗もすることは出来ません。カルバーリョ選手は、総合の選手ですがシュートボクシングルールで闘う相手として本当に危険です。ただ、僕はチャンピオンとして受けてたちますし、メインの緒形さんの試合を食う気持ちで全力で闘います。」


 この二人の激突が実現する「火魂〜Road to S-cup〜其の参」。絶対に見逃せない!