(構成・文:「最強格闘技WEBマガジンGBR」編集長 熊久保英幸)

080503_shoot01.jpg


プロフェッショナル修斗公式戦“修斗伝承 1” ROAD TO 20th ANNIVERSARY
5/3(土)MEETS PORT JCBホール大会

>>修斗の公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!



【見所特集 前編】

■総合格闘技のパイオニアが20周年へ向けてのスペシャルイベント開催

 総合格闘技の歴史の扉は、常に修斗が開ける。

 東京ドームシティに誕生したMEETS PORTの中にある“第二後楽園ホール”ことコンサート・イベント会場『JCBホール』。新たなる格闘技の聖地として注目を集めるこの会場に、総合格闘技のパイオニア「プロフェッショナル修斗」がゴールデンウィーク期間中の5月3日(土・祝)格闘技イベントでは初進出、歴史の1ページ目を記すことになった。

 今年の5月でプロフェッショナル修斗が誕生して満19年。今大会は来年の20周年記念大会を目指していくシリーズの開幕戦として開催されるスペシャルな大会で、掲げられたシリーズのテーマは『修斗伝承』。その名の通り、これからまた10年、20年経っても修斗を後世に伝えていく、伝えられた選手たちが修斗の理念を試合で体現し続けるという意味が込められている。今回、このシリーズタイトル名の題字は、修斗を昔から見ている熱心なファンの一人として知られる、タレントの関根勤さんが描いた。

 修斗をあまり知らないという人のために説明すると、初代タイガーマスクこと佐山サトル氏が創始した日本初の本格的な総合格闘技で、アマチュア大会を経て1989年5月18日にプロ第一戦が開催された。ブラジルで行われていたバーリトゥードが、1993年11月にアメリカで開催されたUFCによって全世界に衝撃を与え、そこから総合格闘技は世界的に広まっていったが、それより4年も前にこの日本で総合格闘技が誕生していたのである。

 ここから育っていった選手は、エンセン井上、宇野薫、郷野聡寛、五味隆典、青木真也、川尻達也、石田光洋、J.Z.カルバン、ヨアキム・ハンセン、アンデウソン・シウバ……と名前を挙げていけばキリがないほど。現在、世界のトップシーンで活躍している選手のほとんどが、修斗のシステムから誕生した選手なのだ。


■桜井“マッハ”速人が2年9ヵ月ぶりに凱旋!

 20周年へ向けてのスタートとなるスペシャルな今大会には、そんな修斗の歴史を彩った選手の一人が凱旋出場する。『PRIDE』や『DREAM』で活躍する桜井“マッハ”速人だ。マッハは修斗でプロデビューし、第4代世界ミドル級チャンピオンとして活躍。修斗に一時代を築いた。そのマッハが2005年8月の青木真也戦以来、2年9ヵ月ぶりに修斗のリングに上がる。マッハは参戦発表の記者会見で、「修斗は僕の原点であり故郷。20周年に向けての記念大会ということで、ただ出るだけじゃなくて相手をぶっ倒すことで祝いたいと思います。もしくは一本勝ちになるかもしれないですけど(笑)。PRIDEとかDREAMじゃなくて修斗で世の中を盛り上げたい」と熱く語った。

 対戦相手は『PRIDE武士道』であの五味隆典とも対戦したことがある、修斗欧州ミドル級チャンピオンのディビッド・バロン(フランス)に決定。総合戦績13勝2敗(うち修斗戦績5戦5勝)の実績を持つ強豪だが、マッハは「この前の試合もKOで勝っているんで、次もKOで勝ちますよ。でもたまにはサブミッションで勝つのもいいかな。とにかく今はKOで勝つとかそういうことしか考えてないです」と、打撃によるKOか関節技による一本での完全決着を高らかに宣言している。



>>後編Aに続く↑

>>修斗の公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!


【対戦決定カード】
<メインイベント 世界ウェルター級王者決定戦 5分3ラウンド>
 中蔵 隆志(日本/シューティングジム大阪) 世界1位&環太平洋王者
 vs
 天突 頑丈(日本/PUREBRED大宮) 世界2位&環太平洋1位

<セミファイナル ミドル級 5分3ラウンド
 デイビッド・バロン(フランス/オウ・テンション/欧州王者)
 vs
 桜井“マッハ”速人(日本/マッハ道場)

<第五試合 ライト級 5分3ラウンド>
 田村彰敏(日本/総合格闘技津田沼道場)
 vs
 佐藤ルミナ(日本/roots)

<第四試合 ライト級 5分2ラウンド>
 リオン武(日本/シューティングジム横浜)
 vs
 セバント・ヤング(アメリカ/BODYSHOP FITNESS TEAM)

<第三試合 バンタム級 5分3ラウンド>
 漆谷 康宏(日本/和術慧舟會RJW)
 vs
 神酒 龍一(日本/GUTSMAN・修斗道場)

<第二試合 ウェルター級 5分2ラウンド>
 遠藤 雄介(日本/GOKITA GYM)
 vs
 ビンス・オーティズ(メキシコ/BODYSHOP FITNESS TEAM)

<第一試合 ウェルター級 5分3ラウンド>
 ベンディ・カシミール(フランス/オウ・テンション/欧州王者)
 vs
 佐々木 信治(日本/総合格闘技道場BURST)

<オープニングファイト第2試合 ライト級 5分2ラウンド>
 碓氷早矢手(日本/和術慧舟會RJW)
 vs
 粕谷さかえ(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY?BR)

<オープニングファイト第2試合 フライ級 5分3ラウンド>
 田原 しんぺー(日本/総合格闘技STF)
 vs
 室伏 カツヤ(日本/roots)


>>修斗の公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!

■5.3(土・祝) JCBホール大会全カード決定!!

080503_shoot.jpg

佐々木は欧州王者・ベンディと、遠藤はメキシコの新鋭と激突!!

出場が予定されていた遠藤、佐々木の対戦相手が決定し、5.3 JCBホール全9カードが出揃った。
遠藤の対戦相手はビンス・オーティズ。リオンの対戦相手セバント・ヤングと同じBODYSHOP FITNESS TEAM所属のメキシカンファイター。メキシコ国内では6戦5勝1敗の総合格闘技戦績を誇り、今回が初来日となる。
なお、この試合はクラスB(5分2ラウンド)で行われる。

また、佐々木の対戦相手は先日の記者会見でも名前が挙げられていた欧州ウェルター級王者・ベンディ・カシミールに決定。佐々木はクラスA初戦で未だ公式戦無敗を誇る未知の強豪を迎える事となった。

なお試合順に関しては後日発表となる。

>>修斗の公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!



[決定対戦カード]

【決定カード】
◎メインイベント 世界ウェルター級王者決定戦 5分3ラウンド
 中蔵 隆志(日本/シューティングジム大阪) 世界1位&環太平洋王者
 vs
 天突 頑丈(日本/PUREBRED大宮) 世界2位&環太平洋1位

◎セミファイナル ミドル級 5分3ラウンド
 デビッド・バロン(フランス/オウ・テンション/欧州王者)
 vs
 桜井“マッハ”速人(日本/マッハ道場)

◎ライト級 5分3ラウンド
 田村彰敏(日本/総合格闘技津田沼道場)
 vs
 佐藤ルミナ(日本/roots)

◎ライト級 5分2ラウンド
 リオン武(日本/シューティングジム横浜)
 vs
 セバント・ヤング(アメリカ/BODYSHOP FITNESS TEAM)

◎バンタム級 5分3ラウンド
 漆谷 康宏(日本/和術慧舟會RJW)
 vs
 神酒 龍一(日本/GUTSMAN・修斗道場)

◎ウェルター級 5分2ラウンド
 遠藤 雄介(日本/GOKITA GYM)
 vs
 ビンス・オーティズ(メキシコ/BODYSHOP FITNESS TEAM)

◎ウェルター級 5分3ラウンド
 ベンディ・カシミール(フランス/オウ・テンション/欧州王者)
 vs
 佐々木 信治(日本/総合格闘技道場BURST)

◎オープニングファイト第2試合 ライト級 5分2ラウンド
 碓氷早矢手(日本/和術慧舟會RJW)
 vs
 粕谷さかえ(日本/SHOOTO GYM K'z FACTORY?BR)

◎オープニングファイト第2試合 フライ級 5分3ラウンド
 田原 しんぺー(日本/総合格闘技STF)
 vs
 室伏 カツヤ(日本/roots)



【フジテレビ「SRS」にて2週に渡り修斗20周年記念特集を放送!】

格闘技ファンにはお馴染みのフジテレビ格闘情報バラエティ番組「SRS」では、
現在「修斗20周年記念特集」を2週に渡って放送する。
前編はJCBホール大会前夜の5月2日(金)、後編は翌週5月9日(金)。
共に深夜の放送となる。
今回はマッハ、ルミナ、坂本一弘サステイン代表、そして“修斗伝承”の題字を作成した
関根勤氏がゲストとして出演。
ルミナ、マッハの過去の映像を中心に修斗20年の歩みを振り返る。
放送日程は下記を参照。
修斗フリークは必見だ!

■番組名:格闘情報バラエティ SRS
■放送局:フジテレビジョン
■放送日程:5月2日(金)26:20〜26:50 前編
5月9日(金)26:20〜26:50 後編
■出演者:浅草キッド 西山茉希
■ゲスト:関根勤 桜井“マッハ”速人 佐藤ルミナ ほか


>>修斗の公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!
スマックガール2008年4月25日(金)後楽園ホール大会『WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 準決勝』の追加対戦カードを、下記の通りお知らせいたします。


■大会名称:SMACKGIRL WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 準決勝
■開催日時:2008年4月25日(金) 17時30分開場 19時00分本戦開始予定
                      ※17時50分頃より『Discovery Fight』開始予定
■開催場所:後楽園ホール(東京都文京区)

>>SMACKGIRLの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!



■追加発表決定対戦カード:
□SGS公式ルール ミドル級 5分2R
竹下嘉奈子(和術慧舟會東京本部) VS 中井りん(修斗道場四国)

 スマックガール新人女王トーナメント『The Next Cinderella Tournament』2006年ミドル級覇者で、2007年12月26日大会では、同トーナメント2007年度覇者・弁慶との新人女王対決を制した竹下嘉奈子と、2007年9月6日大会でオーストラリアの『XPLOSION』からの刺客、アシャ・ザ・バシァを見事な秒殺一本勝ちで下し、試合後に美しいフォームのバック宙を披露した中井りんが激突! ともに高い極めの技術と、身体能力を誇る両者は、第13回アマチュア修斗選手権(2006年9月)・女子バンタム級決勝戦で対戦しており、その際は竹下が一本勝ちを収めている。

 4月3日にアメリカ・カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された"FFF 4 - Call of the World"にて、元スマックガール無差別級女王アマンダ・ブキャナーとパウンド&ヒジ有りルールで対戦し、見事に勝利した現ミドル級女王・端貴代(和術慧舟會東京本部)。その端に敗れミドル級女王の座は明け渡したものの、さらなるレベルアップを図り、WORLD ReMix TOURNAMENT 無差別級に参戦し見事に勝ち上がっている赤野仁美。この日本人2強に続き、ミドル級TOP戦線に名乗りを挙げるのは竹下か? 中井か?


□Discovery Fight SGS公式ルール ミドル級 5分2R
超弁慶(ガムランナック) VS 森藤美樹(T-BLOOD)

 スマックガール新人女王トーナメント『The Next Cinderella Tournament』2007年ミドル級優勝の弁慶が、更なるパワーアップを目指し今大会より“超弁慶”と改名。対するは、着実に結果を残している、元祖スマックガール・森藤美樹。毎試合、会場を盛り上げている元気者同士の一戦を制するのは果たして?


■発表済決定対戦カード:
□WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 ライト級 準決勝 SGS公式ルール 5分2R
藤井惠(日本/AACC) VS ハム・ソヒ[HAM SEO HEE](韓国/CMA KOREA)

□WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 ライト級 準決勝 SGS公式ルール 5分2R
リサ・ワード[LISA WARD](米国/United Fight Team) VS 
アンナ・ミッシェル・タバレス[ANA MICHELLE TAVARES](ブラジル/ノヴァ・ウニオン)

□WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 無差別級 準決勝 SGS公式ルール 5分2R
赤野仁美(日本/AACC) VS 調整中

□WORLD ReMix TOURNAMENT 2008 無差別級 準決勝 SGS公式ルール 5分2R
江本敦子(日本/フリー) VS 調整中

□SGS公式ルール -54kg契約 5分2R
WINDY智美(パンクラスism) VS AZUMA(y-park/J-GIRLSバンタム級2位)

□Discovery Fight SGS公式ルール ライト級 5分2R
小寺麻美(REDIPS) VS 長野美香(S−KEEP) 

□Discovery Fight SGS公式ルール ミドル級 5分2R
Megu(空手道禅道会) VS 坂本ひとみ(AACC)

※出場選手は、怪我等の理由により変更になる場合がございます。 あらかじめご了承ください。

>>SMACKGIRLの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!