090416_deep41_01.jpg

 総合格闘技のおもちゃ箱『DEEP』が、またしてもバラエティに富んだマッチメイクでイベントを開催する。いまや“DEEPの後楽園大会にハズレなし”と言えるほど優良な格闘技イベントとなったDEEPは、佐伯繁代表のファン目線に立ったマッチメイクと多彩なファイターたちによって独特の空間を作り出し、濃い格闘技ファンからライトなファンまで幅広く楽しませてくれる。このリングから『DREAM』に巣立った選手はざっと挙げても、青木真也、今成正和、福田力、DJ.taiki、白井祐矢、池本誠知……とキリがない。明日の大舞台を夢見る若手ファイターたちと、ここで再生して大舞台への復帰を目指すファイターたちが、今回も入り乱れてDEEP空間を作り上げる! それが4月16日(木)東京・後楽園ホールで開催される『DEEP 41 IMPACT』だ。
(構成・文:熊久保英幸[GBR編集長])


★大会詳細とチケット申込はコチラ!

■桜木裕司“一撃必殺の喧嘩師 復活なるか?”佐山サトル遺伝子継承者這い上がれ!

090416_deep41_02.jpg

 まずは“復活”をかける男と新鋭の激突。あの初代タイガーマスクこと佐山サトルの遺伝子継承者・桜木裕司が、長身のホープ加藤実と対戦する。あらゆる大会に出場して相手もルールも選ばず闘い続ける桜木だが、最近は勝ち星から見放されている状態。昨年2月11日に格下のジャンボ篠原から1RでTKO勝利を収めてはいるものの、現在は外国人選手に四連敗中。篠原戦以前も入江秀忠と引き分け、近藤有己、藤井克久に判定負けと壁にぶち当たっているようだ。

 特に昨年12月12日、佐伯代表から「DEEP向きの選手」とのお墨付きをもらい、“抹殺指令”を受けて臨んだ入江戦で判定1−1のスプリットデシジョンで引き分けてしまったのは痛かった。ここで勝利すれば『DREAM』や『戦極』といった大会場でのイベント参戦も見えてきただけに、大きな足踏みをしてしまったことになる。

 対する加藤は1月4日に開催された『戦極の乱』オープニングファイトで、その入江と対戦。2R4分21秒、レフェリーストップによるTKOで敗れている。しかし、191cmの長身と『PRIDEチャレンジ』でMVPを獲得した実績などが評価され、2月のDEEPに初登場。DEEPでキャリアのある吉田道場の井上俊介と真っ向からの打撃戦を展開してドローに持ち込んだ。

 キャリアや実績で上回り、そして入江と引き分けた桜木としては絶対に負けたくはない相手。ここで敗れることは若手の踏み台になることになってしまう。両者のスタイルからしてスタンドの壮絶な打撃戦となることが予想され、会場を大きく沸かせる一戦となりそうだ。


■絶対女王MIKUが“夜の女王”の異名を持つ金網の米国MMA王者と激突!

090416_deep41_03.jpg

 総合格闘技、そしてシュートボクシングでも無敵の快進撃を続けているDEEP女子ライト級チャンピオンのMIKU(クラブバーバリアン)は、アメリカから金網MMA『フリースタイル・ケージファイティング』のチャンピオンであるニックダリ・キャラノックを迎え撃つ。MIKUが“DEEPの絶対女王”なら、このニックダリは“ザ・ナイトクィーン(夜の女王”の異名を持つ。

 ニックダリはアメリカ女子総合のリーダー的存在のラナ・ステファナックが自信を持って推薦してきており、キャリアで大きく勝るMIKUとの試合のオファーをしたところ「ぜひ闘いたい!」と快諾した新進気鋭の選手。まだ23歳と若いながらもすでに7戦をこなしており、サブミッション、ストライキングとバランスのいいテクニックを持ち合わせているという。小柄ながらもアグレッシブなファイトで人気を持ち、MIKUよりも重い125ポンド(約56kg級)のチャンピオンでもある。

 MIKUは夏に予定されている地元・富山県大会で王座防衛戦を行い、その後は身体を作り上げて女子総合の頂点に君臨する“秒殺女王”藤井惠と対戦するというプランがあり、ここで躓くわけにはいかない。日米のチャンピオン対決を制し、次へ進みたいところだ。


■今田耕司の愛弟子と“世界のTK”の愛弟子がタイトルマッチ

 メインイベントでは「第5代DEEPライト級王者決定戦」として、菊野克紀と松本晃市郎が激突。

 菊野は空手の師匠に極真カラテ『第8回全世界空手道選手権大会』優勝者の木山仁、総合格闘技の師匠に“世界のTK”こと高阪剛を持つ。デビュー以来6戦全勝で、僅か4戦目にしてDEEPライト級の主力選手だったBarbaro44をTKOに破り、2月にはあの青木真也を相手に判定まで持ち込んだシドニーオリンピック柔道男子60kg級銀メダリストのチョン・ブギョンを得意の“三日月蹴り”でKOに葬った。

 松本は芸人出身の格闘家という変り種。センターマイクというコンビ名で漫才をやっていたが、今田耕司とジャリズムの山下しげのりに見出されて格闘家に転向、今田のバックアップを受けて現在まで6連勝を飾っている。4月2日にはその今田が自ら公開練習の相手役を買って出て、松本を特訓。その際、「もしKOで勝ったら六本木の素晴らしいところへ連れて行く。判定だったら中野のキャバクラです」と、目の前にニンジンをぶら下げる作戦で松本のモチベーションを上げ、さらに芸能記者から「KOでチャンピオンになったら加藤ローサさんと一緒に食事が出来るというのはどうですか?」との提案を受けると「実現できるように何とか頼んでみますわ」と、松本の闘志に火をつけた。

 菊野は蹴り技を得意とし、松本はパンチを得意とする。両者ともチャンピオンベルト獲得に意欲を燃やし、『DREAM』の笹原圭一イベントプロデューサーも両選手に注目していることから、この一戦に勝てば『DREAM』出場も見えてくる。勝てば天国、負ければ地獄。勝った場合は得るものが多い(特に松本の方)だけに、両者とも死にもの狂いで闘うだろう。


■因縁の決着戦が実現!金原弘光、宮田和幸も初参戦

 さらに、初代DEEPミドル級王者の上山龍紀が約6年ぶりとなるDEEP参戦で、因縁の窪田幸生と3度目の対戦! 初対決はDEEP旗揚げ戦。当時は上山がリングスに、窪田がパンクラスに参戦していたため、リングスVSパンクラスという図式で行われた。この時はグラウンドでの顔面打撃を禁止&判定決着なしというルールが採用され、結果はドロー。その約7カ月後の大会では、グラウンドでの顔面打撃あり&判定決着ありのルールで再戦したものの、再びドローという結果に終わり、この大会のテレビ解説を務めていた船木誠勝に「このカードは当分、見たくない」と酷評されたいわくつきの対戦カードである。

 さらに2人は翌年の初代ミドル級王座決定トーナメントに参戦し、決勝で3度目の対戦が実現する予定だったが、窪田がローブローによるダメージで決勝戦を棄権。その年の12月にはタッグマッチという形で対戦した両者だったが、この時もどちらも一本・KOを奪えず、またしてもドローに終わっており、いまだ決着がついていない。

 窪田は「一番はお客さんにこの試合が良かったと思われることだと思います。勝ち、負け、引き分けに関係なく、見ている人にあの試合は良かったと感じて欲しいです。前に対戦した時よりもお互いレベルアップしていると思うし、いい試合を作ることが出来たらいいなと思います」、上山は「僕も全く同じです。お互いレベルアップしているし、今までは違う展開が見られる試合が出来たらいいなと思います」とそれぞれ意気込みを語っており、今度こそ完全決着をつけると息巻いている。

 また、UWFインターナショナル、キングダム、リングス、PRIDE、パンクラスと数々の団体を渡り歩いてきた大ベテラン、金原弘光(U.K.R)の初参戦も決定。金原は「一試合一試合、完全燃焼出来るように、自分を出し切って闘いたいと思います」と参戦について挨拶しており、DEEPのリングで完全燃焼を目指す。対戦相手には金原と何かと因縁のある田村潔司の弟子・長井憲治に決定。ある意味、新旧の“U対決”となった。

 そして、『HERO’S』で活躍した宮田和幸(Brave)も初参戦、ソ・ジェヒョンと対戦する。シドニーオリンピックにも出場した日本を代表するレスラーであり、山本“KID”徳郁や須藤元気と鎬を削ってきたアスリートが、DEEPのリングで再生を目指して闘うことになった。今後の宮田の動向にも注目だ。

 他にもDEEP名物100kgを超す巨漢がぶつかり合う“メガトンファイト”や、グアムの総合格闘技イベントのエースであるジョー・ベイビー・ジョー・タイマングロの初参戦など、話題が尽きない今回のDEEP。まさに「格闘技界のおもちゃ箱」は、きっとあなたを楽しませてくれるはずだ。
090405_dream8_01.jpg

 総合格闘技イベント『DREAM』が名古屋に初上陸! 2008年3月15日に『PRIDE』と『HERO'S』が合体する形で生まれた『DREAM』が、旗揚げ戦から8戦目にして満を持して名古屋で開催される。4月5日(日)愛知・ガイシホール(旧・名古屋レインボーホール)で行われる今回の『DREAM.8』は、76kg以下級の初代チャンピオンを決定するトーナメント「ウェルター級グランプリ2009開幕戦」をメインに、お馴染みのファイターたちが顔を揃えた。

★大会詳細とチケット申込はコチラ!


■ウェルター級GPの1回戦で青木真也とマッハがいきなり激突!

090405_dream8_02.jpg

 最大の注目カードは、何と言ってもウェルター級GPの1回戦で激突する桜井“マッハ”速人(マッハ道場)VS青木真也(パラエストラ東京)の日本人対決だ! 東京のファンもうらやむこの大物日本人対決は、過去に一度だけ修斗のリングで実現している。2005年8月20日、横浜文化体育館で開催された 『プロフェッショナル修斗公式戦 ALIVE ROAD』のセミファイナル、75kg契約5分3Rで行われたこの試合は、当時すでに『PRIDE武士道』で活躍していたマッハが修斗のリングに凱旋し、世界ミドル級9位の新鋭・青木と対戦するという図式で行われた。
 若き日の青木が1Rにスピニングチョークを極めかけ、執拗なテイクダウン狙いでマッハを苦しめたこの一戦は判定(30-28、30-29、30-29)でマッハが辛勝したが、「微妙な判定」と言われるほど接近した内容だった。
 あれから約4年、青木はかつてマッハが巻いていた修斗世界ミドル級王座のベルトを腰に巻き、『DREAM』では自他共に認める“大黒柱”的な存在となった。昨年開催されたDREAMライト級GPでは宇野薫を破って決勝戦へ進出、ヨアキム・ハンセンに敗れて準優勝に終わったものの、大晦日『Dynamite!!』ではそのハンセンに勝ったエディ・アルバレスを秒殺して実力を証明。今年3月8日に開催された『DREAM.7 フェザー級グランプリ2009 開幕戦』のワンマッチではデイビッド・ガードナーから一本勝ちを収め、翌朝の一夜明け会見で「一度マッハさんに負けているので、マッハさんと闘いたいです。それだとテーマも作りやすいし、お客さんも喜んでくれると思います」とウェルター級GP1回戦でのマッハとの対戦をアピールしたのである。

■「いつも通り一本取るだけ」(青木)「KO勝ちする」(マッハ)

 両者の因縁、実は再戦ということだけではない。2月12日に初めて行われたウェルター級GPの記者会見にて、本来のライト級から1階級上のウェルター級への挑戦を表明した青木に対し、マッハが「2カ月前にライト級でやっていたんでしょ? 本当に勝とうと思っているのかねぇ? 青木の参戦は盛り上がると思うけど、半分やけくそに感じる」とムッとした表情でコメント。さらに青木が3月大会に続いて2カ月連続出場することを表明すると「ナメられているとしか言いようがない」とはき捨てたのである。
 マッハにしてみれば一度勝ったことのある相手、年下の後輩から名指しで対戦を表明されたら面白くないはず。しかも1カ月前に試合をしても自分には勝てると言われているようなものだ。青木が「いつも通りやるだけです。いつも通りやって、いつも通り一本取るだけです」と一本勝ちを予告すれば、マッハも「誰が決めたカードでも自分はやるだけです。いつも通りに試合をしてKO勝ちします」とこちらはKOで勝つと言い放つ。
 青木自身が「あの時(4年前の対戦)の俺とは全く違うし、参考にならないと思います」と言うとおり、青木の成長ぶりには目を見張るものがある。苦手としていた打撃もムエタイ特訓で克服し、得意の寝技はさらにキレ味を増した。試合展開を予想すると、立ち技の打撃で勝負したいマッハと、寝技に引きずり込みたい青木の図式となるだろう。打撃が向上した青木もミドルキックやヒザ蹴りで応戦するだろうが、勝負どころはやはり寝技だ。マッハは徹底して青木のテイクダウンと寝技を避け、もし寝技になってもトップポジションをキープして絶対に下にはなりたくない。上からコツコツとパンチを当てて青木の寝技を封じ、隙を見て立ち上がることを狙うと思われる。それに対して、青木はマッハが立ち上がる瞬間を狙ってバックを奪うか、足関節技を極めたい。おそらく、勝負は組み際の打撃(マッハ)か、立ち上がり際の関節・絞め技(青木)で付くのではないだろうか?

■元柔術世界王者のガウヴァオン参戦!池本の新必殺技とは?

 他のウェルター級GP1回戦は、名古屋出身の白井祐矢(チームM.A.D)VSジェイソン・ハイ(アメリカ/Team Bodyshop)、大阪出身の池本誠知(総合格闘技スタジオSTYLE)VSマリウス・ザロムスキー(リトアニア/ロンドンシュートファイター)、ジョン・アレッシオ(カナダ/エクストリーム・クートゥア)VSアンドレ・ガウヴァオン(ブラジル/チーム・ブラサ)の外国人対決の3試合が決定している。
 ジェイソンはレスリングをバックボーンに持ち、VFCウェルター級王座を獲得した選手。ザロムスキーはキックボクシング仕込みのけり技を武器にイギリスで活躍を続けるストライカーで、その圧倒的な攻撃力からイギリスのファンの間では「フーリガンですら裸足で逃げ出す」と恐れられているという。アレッシオは過去にパンクラスやPRIDEが開催した『THE BEST』にも参戦経験がある古豪でアメリカの様々な大会で実績を積む、ベテランファイターだ。
 しかし、外国人の要注目選手は元柔術世界王者のガウヴァオンであろう。ガウヴァオンはムンジアル(柔術世界選手権)で多数の優勝経験があり、寝技世界一を決める大会『ADCC』でも活躍した世界有数のグラップラー。昨年8月に総合格闘技デビューを果たしており、日本での試合出場が望まれていた。
 迎え撃つ池本と白井は共に『DEEP』で試合経験を積んできた叩き上げのファイター。池本は2月のDEEPにて強豪・門馬秀貴を、両方の拳をくっつけて同時に繰り出すという奇想天外な必殺技“ダブルパンチ”でKO勝ちを収め、GP出場権を手にした。今大会ではさらに強烈な新必殺技を用意しているという。白井は柔道出身ながらキックボクシングジム仕込みの打撃を得意とし、3月のDEEPでキム・ヨンヤンを見事一本に降してGP出場権を手にした。「誰とやっても勝つ自信がある」と自信満々で、故郷に錦を飾るつもりだ。
 今回の開幕戦で勝利した4名が、7月20日(月・祝)さいたまスーパーアリーナで開催される『DREAM.10 ウェルター級GP決勝戦』へ駒を進めることになる。

■所英男が戦慄のストライカーを迎え撃つ!ミノワマン、ニンジャも参戦

090405_dream8_03.jpg 3月に開幕戦が行われたフェザー級GPの1回戦が、1試合だけ今大会にスライドして争われる。しかも、所英男(チームZST)が待望の参戦だ。対するはパンクラスやDEEPで活躍したストライカーのDJ.taiki(フリー)。この試合、すでに名勝負は約束されたようなもの。所は言わずと知れた名勝負製造機で、スピーディーな寝技を中心に動きの止まらないアグレッシブな試合を展開する選手。DJ.taikiは強烈な打撃を武器とし、常にド迫力な打ち合いをやってきた選手である。寝技VS打撃と両者の得意分野がハッキリしている上に、共に膠着を嫌って動きたいスタイルの持ち主だけに、フェザー級GP1回戦最大の注目試合だと言えるだろう。この一戦と青木VSマッハが見られる名古屋のファンは実にラッキーだ。
 さらにワンマッチではあのミノワマン(フリー)が参戦し、元・新日本プロレスの柴田勝頼(ARMS)と初激突。リアルプロレスラーVSストロング・スタイル・プロレスラーが熱い闘いを繰り広げそう。PRIDEの人気選手ムリーロ・ニンジャ(ブラジル/Universidade da Luta)が久しぶりに日本のリングにカムバックし、同じくPRIDEで活躍したユン・ドンシク(韓国/チームユン)と対戦する試合も見逃せない。聖地さいたまスーパーアリーナでの試合だから手抜き……などということは無く、冒頭にも書いたように東京のファンも垂涎のカードが並んだ全力投球のDREAM初の名古屋大会。これを見逃す手はないぞ!

 世界7カ国から軽量級最強の称号を目指し、16名のファイターが集結! 総合格闘技イベント『戦極−SENGOKU−』初のフェザー級グランプリが、3月20日(金・祝)東京・国立代々木競技場第二体育館で開催の『戦極〜第七陣〜』から開幕する。
 日本人選手の層が最も厚いと言われているフェザー級(65kg以下)。当初、日本人と外国人の比率は8:8になる予定だったが、外国人選手にいいメンバーが集まったため、日本人7人VS外国人選手9人という図式になった。

090320_sentoku7_01.jpg

★大会詳細とチケット申込(3/19の18時迄)はコチラ!


■日本のエース格は佐藤ルミナを破った日沖発

 強力な外国人勢を迎え撃つ日本のエース格は、“打・投・極”を回転させるハイレベルな闘いを展開することで、“修斗の子”というニックネームを持つ、修斗世界ライト級2位・日沖発(ALIVE)だ。日沖は修斗で12勝3敗2分の戦績を誇り、昨年11月29日にはあの“カリスマ”佐藤ルミナを1R僅か3分32秒でTKOに葬った。2006年5月にはカナダの団体『TKO』で世界フェザー級王座を獲得、現在まで2度の防衛に成功している。また、2006年8月26日には『PRIDE武士道』に参戦し、強豪ジェフ・カランにも勝利を収めた。

 日沖は「誰にも負けない強い自分を作って、自分自身どこまでやれるのかを楽しみにしたいと思います。“名古屋から世界へ”という(所属ジムの)ALIVEの悲願を僕が達成したいです」とGP制覇に向けて力強い意気込みを語り、戦極の國保広報も「間違いなく、この階級で世界のトップ3にランク入りしていて、今回、戦極に参戦することで間違いなく世界が注目することになりました。フェザー級GPの柱として、戦極の柱として活躍してほしいです」とその実力を高く評価している。

 その日沖が開幕戦で迎え撃つのは、J.Z.カルバンや戦極ミドル級王者ジョルジ・サンチアゴなど数多くの強豪が所属する名門アメリカン・トップチームのクリス・マニュエル(アメリカ)だ。ブラジリアン柔術の黒帯保持者で、寝技による一本勝ちが多く、打撃でもTKO勝利を挙げて現在6勝2分と無敗を誇っている。サンチアゴに続き、アメリカン・トップチームによる二階級制覇を目論んでの初来日となる。

 マニュエルは「日沖選手はとてもタフなファイターで、身長差があるので私にとってはやり難い相手です。でも私はこの試合のためにハードトレーニングを積み、最高の状態に仕上げてきたので自信はあります。3月20日は力の限りを尽くします」とコメント、それに対して日沖は「クリスというアメリカン・トップチームの最先端の技術を持つチームの選手と闘えるのを光栄に思います。MMAの最先端の技術を持ってきてくれると思うので、自分は名古屋で培った技術で真っ向から迎え撃って勝ちます。最高の状態で最高の相手と闘いたい」と、自身のテーマである“名古屋から世界へ”を実現させるために闘う。


■話題の超新星“スーパー高校生”山田哲也が出陣!

 もう一人、戦極期待のニューフェイスも出場する。なんと、この春まで高校生だった“スーパー高校生”山田哲也(しんわトータルコンバット/チームZST)だ。山田は高校2年生でZSTの『SWAT!』でプロデビュー、以後、34秒で一本勝ちを収めたり、44秒でKO勝利を飾ったりと、とても高校生とは思えない豪快な勝ちっぷりで一躍注目される選手となった。また、グラップリングタッグマッチでは、相手チームの2選手から立て続けに一本勝ちを奪うという離れ業も演じている。

 その山田と対戦するのは、ジェームス・トンプソンやゼルグ“弁慶”ガレシックと同門のロニー・牛若(イギリス/チーム・トロージャン)。こちらも22歳の新鋭でデビュー以来13戦無敗の記録を打ち立て、現在の戦績は16勝1敗1分。『Cage Rage』のタイトルマッチで初黒星を喫したが、再び4連勝中と波に乗っている。

 高校を卒業したばかりながら「試合はとにかくアグレッシブに必ず一本かKOで勝ちたい。アグレッシブで素晴らしい試合をすることを約束します」と言い放つ山田。同じく打撃も寝技も得意とする牛若とは若さ溢れるハードファイトが期待できそうだ。

 ZSTからは所英男、小谷直之をおしのけ、現在“ZST最強の男”と呼ばれる金原正徳(パラエストラ八王子/チームZST)も参戦。DEEPやパンクラスとの対抗戦でKO勝ちしている金原は、まさに立って良し寝て良しのオールラウンダー。しかし、今回対戦するのは日沖発に判定勝ちし、先日開催された『DREAMフェザー級GP』に出場していた“KIDの愛弟子”山本篤にTKO勝ち、前田吉朗と引き分け、DJ.taikiと引き分けという戦績を持つキム・ジョンマン(韓国/CMA KOREA /KTT)である。ハードパンチャーのキムは「金原選手の試合はとりあえずバランスが良い感じで、打撃もグラウンドも上手だと思います。リングのど真ん中で激しい打撃戦を展開し、自分の闘いを見せます。そして必ず勝利して、セカンドラウンド進出、いや優勝を狙います」と、早くも優勝宣言。一方の金原は「キム・ジョンマン選手は日本で有名だし、有名な日本人選手と闘っていい勝負していると思うので、自分も他の選手に負けないいい試合をするので最後まで見てください。頑張ります」と、自分の実力を満天下に知らしめるつもり。両者のファイトスタイルから考えると、かなり激しい一戦となるだろう。


■小見川道大、門脇英基も日本の砦を守る!

『PRIDE武士道』や『DEEP』などに参戦してきた、2003年トレトリ国際66kg級優勝などの実績を持つ柔道家・小見川道大(吉田道場)も、本来のベストウェイトである今回のフェザー級GPにエントリー。TITAN FIGHTING CHAMPIONSHIPフェザー級チャンピオンのL.C. デイビス(アメリカン柔術アカデミー)と激突する。デイビスは13勝1敗と高い勝率を誇り、デビュー以来9連勝の記録を打ち立てた。レスリング仕込みの寝技による一本勝ちはもちろん、ハイキックでのKO勝ちもあり、小見川はデイビスを「トーナメントに出る外国人選手の中では1、2番目に強い選手だと思いました」と評している。それでも「その1、2番目に強い光を消して俺が光ろうと思います」と小見川。開幕戦でデイビスをストップすることが出来るか!?

 総合格闘技のパイオニア『修斗』で世界ライト級チャンピオンの座に就いた門脇英基(和術慧舟會東京本部)は、ナム・ファン(ベトナム/Ma Duアカデミー)を迎え撃つ。ナムはベトナム空手“クィンダォ”やレスリングをバックボーンに持ち、柔術ではムンジアル(世界選手権)に出場、プロボクサーとしてもデビューして現在まで3戦無敗を誇る。総合格闘技も14勝5敗の戦績を持ち、2007年6月には『Dynamite!!USA』に出場してJ.Z.カルバンと対戦した経験も持つ。門脇は寝技の強い選手が多い和術慧舟會でもトップクラスの実力を持ち、“カドワキ・スペシャル”というオリジナルホールドも開発。実績的にはナムのはるか上を行くが、未知の相手だけに油断は禁物だろう。

 そして、第5回東日本アマチュア修斗フレッシュマントーナメント・ライト級優勝&第12回全日本アマチュア修斗選手権ライト級 準優勝の実績を持つ石渡伸太郎(GUTSMAN・修斗道場)、パンクラス期待のストライカー川原誠也(パンクラスP’sLAB横浜)という二人の新鋭も世界に挑む。石渡は小見川に勝ったことのあるジョン・チャンソン(韓国/CMA KOREA/KTT)と、川原はKOTCカナダ・フェザー級王者ニック・デニス(カナダ/Ronin MMA)と対戦する。二人の若いパワーに期待だ。
 以上の16選手が、たったひとつの戦極フェザー級初代チャンピオンの座を巡ってしのぎを削る。いずれの選手もKOまたは一本勝ちをアグレッシブに狙って行く選手だけに、フェザー級ならではのスピード&テクニックが堪能できそうだ。数々の好勝負を生んだ昨年のライト級&ミドル級グランプリシリーズに引き続き、新たなるスターが一夜にして誕生するかもしれない。


■KO必至のワンマッチ!「川村亮VSキング・モー」

090320_sengoku7_02.jpg

 また、ワンマッチでは第4代ライトヘビー級キング・オブ・パンクラシストとして今やパンクラスのエースに成長した川村亮(パンクラスism)が、戦極に初参戦以来、連勝してセンセーションを巻き起こしているキング・モー(アメリカ/Kingdom of Mayhem)とついに激突! 川村は「クーデターを起こす」と宣言し、キング・モーをキングの座から引き摺り下ろすつもりだ。両者とも一発で相手をマットに沈めるパワーの持ち主だけに、KO決着は必至!

 さらに、『PRIDE』で大活躍したあのジェームス・トンプソン(イギリス/London Shoot)が久しぶりの来日。待望の戦極初参戦でBIG・ジム・ヨーク(ニュージーランド/SIAM GYM)と対戦する。持ち前の“ゴング&ダッシュ”戦法で、勝つにしても負けるにしてもKO決着でファンを楽しませてくれそうだ。


【3/20(金・祝) 第七陣】
[対戦決定カード]
<フェザー級GP 1回戦>
日沖発 vs クリス・マニュエル
小見川道大 vs L.C.デイビス
門脇英基 vs ナム・ファン
金原正徳 vs キム・ジョンマン
石渡伸太郎 vs ジャン・チャンソン
川原誠也 vs ニック・デニス
山田哲也 vs ロニー・牛若
マルロン・サンドロ vs マット・ジャガース

<ライトヘビー級>
川村亮 vs キング・モー

<ヘビー級>
ジェームス・トンプソン vs BIG・ジム・ヨーク