12年目の現実に震えろ! 豪華五大タイトルマッチ他、好勝負必至のカードがズラリ!

1年4カ月ぶりとなるDEEPのTDCホール大会『DEEP57 IMPACT 〜12年目の現実〜』が、2月18日(土)に開催される。2010年10月に行われたTDCホール(当時・JCBホール)大会のサブタイトルは『10年目の奇跡』だったが、今回のそれは『12年目の現実』。前回は青木真也やミノワマンなど、DREAMで活躍する選手も多く参戦し豪華な顔ぶれのなか行われたが、今回は現在DEEPで活躍する各階級のトップファイター中心のラインナップ。DEEPの現在進行形が見えるカード編成となっている。

deep_01.gif

■大会名:『DEEP57 IMPACT 〜12年目の現実〜』
■開催日時:2月18日(土)16時00分開始
■会場:TDCホール
★大会詳細とチケット申込みはコチラ!


■DEEPの現在を刮目せよ! 五大タイトルマッチが実現!!
今大会ではライト、フェザー、バンタム、メガトン、女子無差別、各階級のタイトルマッチが行われる。ライト級では昨年8月に菊野克紀を破り第6代王者となった廣田瑞人が、池本誠知を挑戦者に迎え初防衛戦を行う。菊野戦は2009年大晦日の青木真也戦で右腕を骨折して以来、1年8カ月ぶりの復帰戦だったが、廣田はそのブランクをものともせず前へ前へと前進し、5-0の判定勝ち。ライト級のベルトを腰に巻くとともに、完全復活をアピールした。対する池本は、2010年1月の白井祐矢戦に敗れDEEPウェルター級王座から陥落した後、ライト級に転向し、以降2戦2勝の戦績。ボクシングベースの廣田を相手に、トリッキーなオリジナル技「ダブルパンチ」「エアハンマー」が炸裂するか見物だ。

そして今大会、この選手に注目している関係者は多い。帯谷信弘、石田光洋をKOに下した韓国フェザー級の超新星、チェ・ドゥホだ。佐伯繁DEEP代表曰く「ハン・スーファン、キム・ドンヒョン、パーキー。これまで見てきた韓国人選手の中でも、ポテンシャルに関しては間違いなくナンバーワン」という弱冠20歳のスーパーストライカー。そのチェと空位となっているフェザー級王座を争うのは、かつてSRCライト級で活躍、元DEEPライト級王者の横田一則だ。昨年10月に戸井田カツヤをKOに下し、改めてその打撃の切れ味を披露した横田は、チェの快進撃をストップさせることはできるか?

バンタム級タイトルマッチでは大塚隆史vs前田吉郎が一騎打ちだ。王者・大塚は昨年行われたDREAMバンタム級日本、世界の両トーナメントでいずれも1回戦敗退。前田もDREAMバンタム級日本トーナメントでは1回戦で姿を消し、復帰戦となった同年10月の中村“アイアン”浩士戦でも苦杯をなめた。ともに次の一敗はキャリアにおいて致命的なものになりかねない。再起を懸けた者同士によるタイトルマッチの行方やいかに?

そして、『スターウォーズ』の監督として知られるジョージ・ルーカスの娘、アマンダ・ルーカルが遂にベルトに挑戦。かつてL-1やVTJ96など数々の格闘技戦に打って出たベテラン女子プロレスラー・堀田祐美子と初代女子無差別級王座を懸け争う。堀田は今回の一戦に際し「引退前に一度、格闘技戦をやってみたかった。チャレンジすることに意義があると思う一方、このチャンスはものにしたい。勝つことしか考えていない」と意気込み。格闘技戦はブランクがあるが、堀田を指導する門馬秀貴は「練習するたびに進化している」と太鼓判を押す。来日する度に「ジョージ・ルーカスも応援に駆けつける……かも」と佐伯代表はアナウンスしてきたが、愛娘のタイトルマッチとあっては本当にTDCホールに駆けつける……かも。

メガトン級では、メガトン史上最強の呼び声高いレヴァン・ラズマゼ(※今回より「どすこい羅頭魔勢」から改名)が初防衛戦。柔道グルジア王者から昨年1月に総合デビューし、4戦4勝(すべて一本かKO)の戦績を残している。昨年8月の田澤和久とのタイトルマッチも秒殺で勝利し、日本のスーパーヘビー級クラスではもはや敵なし状態のラズマゼだが、初防衛戦の相手は「倒せるとしたらこういうタイプ」(佐伯代表)、K-1でも活躍した打撃を持つ野地竜太だ。これまで同様ラズマゼが体格とパワーで蹂躙するか、それとも野地がスピードで撹乱しキレのある一撃を炸裂させるか。まばたき厳禁の一戦だ。


■息つく暇なし! ワンマッチも好カードがズラリ!!
ワンマッチも好カードがズラリと揃う。まずは、UWFインターナショナル&キングダム時代の先輩後輩の間柄、金原弘光と松井大二郎の対決が実現だ。両者の間にはいまだに絶対の上下関係が存在し、カード発表記者会見でもリラックスムードの金原に対し、松井は「先輩なので戸惑いがあります」と終始恐縮。果たしてこれがリング上ではどうなるのか? 時を超えたU系対決に注目だ。

郷野聡寛vs中村大介のライト級戦も絶対に見逃せない。一昨年ライト級に転向した郷野だが、その初戦となった2010年8月のジャバンダ・ナラントンガラグ戦に敗れ、総合の試合はそれ以来。昨年は立ち技を中心に活動し、KRUSH、THAI FIGHTのリングに上がったが、思うような結果は残せなかった。本人も「ナラントンガラグ戦からの汚名を返上したいんですけど、今回負ければそれもない」と自覚しており、背水の陣で臨む覚悟だ。一方の中村大介は、5月の菊野克紀戦こそ判定で敗れたものの、10月のアームバー・キム戦では相手のリングネームのお株を奪う腕十字で一本勝ち。ライト級のベルト獲りを宣言している。中村にとっても念願のタイトル奪取に向け負けられない試合だ。

そして、昨年10月に総合格闘家として本格始動した寒川直喜が2戦目を行う。寒川といえば元J-NETWORKミドル級王者にしてK-1 MAXへの参戦も果たしているが、元々はGUTSMAN修斗道場の出身で、ここ数年は帯谷信弘、奥野“轟天”泰輔、廣田瑞人らと総合の練習を積んでいる。初戦はビッグネーム、長南亮と対戦し終始圧倒され判定負けを喫した寒川だが、2戦目の相手は元王者の長谷川秀彦を破っているDEEPウェルター級の常連選手、渡辺良知。“DEPPの現在”を相手に真価が問われる一戦となる。

また、昨年6月の中西良行とのDEEPライトヘビー級タイトルマッチ、さらに10月の井上俊介戦と連続KO負けを喫したベルナール・アッカは引退を懸け、悠羽輝と対戦する。柔道、キックボクシングをベースに持ちK-1にも参戦経験のある悠羽輝は、昨年8月にDEEPで総合デビューし、日本人離れしたパワフルな打撃で井上俊介、森川修次を1RKO。この一戦をクリアすればタイトル挑戦も見えてくる、今DEEPライトヘビー級でもっとも勢いのあるファイターだ。「40歳で格闘技を辞めようと思っていましたが、このままでは辞められないので、ここで勝ってもう一回タイトルマッチ目指して頑張ります」と再起を誓うアッカ。KO決着は間違いない。最後にリングに立っているのはどっちだ!?

紹介した試合以外にも、昇侍vs長倉立尚のフェザー級トップファイター同士の一戦や、DJ.taiki vs中村優作の日本バンタム級屈指のストライカー対決など、第1試合からメインイベントまですべてが好勝負必至。2012年DEEPナンバーシリーズの初戦にして、1年4カ月ぶりのビッグイベント! 現在進行形のDEEPを見よ!!

deep_01.gif

『DEEP57 IMPACT 〜12年目の現実〜』
2012年2月18日(土)TDCホール 開場15:00 開始16:00

<対戦カード>
▼DEEPライト級タイトルマッチ
廣田瑞人(王者/CAVE)vs池本誠知(挑戦者/総合格闘技スタジオSTYLE)

▼DEEPフェザー級王者決定戦
横田一則(王者/フリー)vsチェ・ドゥホ(挑戦者/CMA KOREA)

▼DEEPバンタム級タイトルマッチ
大塚隆史(王者/AACC)vs前田吉朗(挑戦者/パンクラス稲垣組)

▼DEEPメガトン級(無差別)タイトルマッチ 
レヴァン・ラズマゼ(王者/フリー)vs野地竜太(挑戦者/TEAM GARO)
※どすこい羅頭魔勢からレヴァン・ラズマゼに名前を変更

▼DEEP女子無差別級王者決定戦
アマンダルーカス(The Skrap Pack)vs堀田祐美子(REINA女子プロレス)

▼昇侍(KIBAマーシャルアーツクラブ)vs長倉立尚(吉田道場)

▼DJ.taiki(フリー)vs中村優作(総合格闘技スタジオSTYLE)

▼郷野聡寛(フリー)vs中村大介(U-FILE CAMP)

▼戸井田カツヤ(和術慧舟會トイカツ道場)vs釜谷真(TEAM TOURI)

▼金原弘光(U.K.R.金原道場)vs松井大二郎(フリー)

▼渡辺良知(AACC)vs寒川直喜(バンゲリング・ベイ)

▼ベルナール・アッカ(フリー)vs悠羽輝(TEAM TACKLER)

▼誠悟(TEAM東京CLUTCH)vs藤沼弘秀(SKアブソリュート)

▼小林聖人(総合格闘技津田沼道場)vs中村龍之(IMPCT GYM)

▼フューチャーファイト 
吉岡駿(IMPACT GYM)vs海老原洋輔(パラエストラ松戸)

▼フューチャーファイト
友貫たつや(IMPACT GYM)vs蓮實光(パラエストラ松戸)

【大会概要】
がんばろうニッポン!『2011藤原祭〜冬の陣〜』
主催:藤原スポーツジム
開場:16:30(OP17時より)
開始:17:15
場所:後楽園ホール
★詳細&チケット申込みはコチラ!

fujiwara1_1.jpg

<全対戦カード>
▼メインイベント第3試合(第10試合)  『Top of Feather Final』  58.5kg契約 WPMF日本ルール 3分5R
森井洋介(藤原ジム/WPMF日本フェザー級王者) vs 梅野源治(PHOENIX/ルンピニースタジアム認定フェザー級9位、前WPMF日本スーパーバンタム級王者、M-1フェザー級王者)

▼メインイベント第2試合(第9試合) WPMF日本ウエルター級タイトルマッチ 3分5R
渡部太基(藤原ジム/王者) vs T-98(クロスポイント/同級1位/挑戦者)

▼メインイベント第1試合(第8試合) WPMFスーパーフェザー級王座決定戦 3分5R
SHIGERU(新宿レフティージム/同級1位) vs 藤牧孝仁(はまっこムエタイ/同級2位)

▼スペシャルプロレスタッグマッチ 60分1本勝負
藤原敏男、初代タイガーマスク、アントニオ・小猪木 vs 藤原喜明、男盛り、元気MAN

▼第7試合 WPMF日本スーパーバンタム級次期挑戦者決定戦 3分5R
一戸総太(ウィラサクレック・フェアテックスジム/元WPMF日本バンタム級王者/同級1位)vs 日下部竜也(OISHI GYM/WBCムエタイ日本同級王者/同級2位)

▼第6試合 IT’S SHOWTIMEルール 61kg級 3分3R
山本真弘(藤原ジム/元全日本フェザー級王者、Krushライト級グランプリ2009 優勝、Kick Returnトーナメント 優勝、IKUSA -U60 GP優勝) vs 金澤元気(新宿レフティー/WPMF日本ライト級1位)

▼第5試合 WPMF日本女子 57kg契約 2分3R延長1R
Little Tiger(F・Team Tiger/WPMF日本女子アトム級王者) vs 紅絹(フォルティス渋谷/J-GIRLSミニフライ級1位)

▼第4試合 WPMF日本ライトヘビー級 3分3R延長1R
寒川直樹(バンゲリングベイ・スピリット/M-1ライトヘビー級王者) vs 悠生(藤サクレック7F/WPMF日本ミドル級4位)

▼第3試合 WPMF日本ウェルター級ランキング戦 3分3R延長1R
高修満(エイワスポーツジム/同級5位) vs 笹谷淳(TANG TANG FIGHT CLUB/元J-NETWORK同級王者/同級6位)

▼第2試合 WPMF日本ウエルター級 3分3R延長1R
板倉直人(スクランブル渋谷/同級7位) vs トースナー・ノンタチャイ(タイ)

▼第1試合 WPMF日本ライト級ランキング戦 3分3R延長1R
和城(TANG TANG FIGHT CLUB/同級10位) vs 若菜千明(レンジャー品川ジム)

▼オープニングファイト WPMF日本ミドル級 3分3R(ヒジなし)
光成N720(エイワスポーツジム) vs 原 博昭(峯心会)

<チケット料金> SRS席20,000円 RS席10,000円 S席7,000円 A席5,000円
※当日は500円増し

<お問い合わせ>藤原スポーツジム=TEL:03-3805-1457

★詳細&チケット申込みはコチラ!
◇激闘男・渡部が初防衛戦! 3度目の対決にして決着戦となるか?

 トリプルメインイベントのひとつ、9試合目に行われる渡部大基vsTー98もまた、見逃せないカードであることに間違いない。WPMF日本ウエルター級のタイトルマッチとして行われる一戦だが、両者は過去に2戦。渡部が1敗1分と分が悪い状況下ながらTー98を迎え撃つ形となる。 1月にベルトを手にした渡部は、4月にイム・チビンに惜敗。7月にはT−98からダウンを取られての判定負けと、苦しい道を歩むことになる。しかし10月には喜入衆から左ハイキックでダウンを取っての勝利と、タイトルマッチに良い流れを引き込んだ。 Tー98もまた、WPMF日本ウェルター級ランキング1位の藤倉悠作に勝利した勢いのまま今回の試合に望む。追い込まれた中で迎える3度目の対決だが、渡部は「宝物」のベルトを守れるのか。

がんばろうニッポン!『2011藤原祭〜冬の陣〜』

【大会概要】
がんばろうニッポン!『2011藤原祭〜冬の陣〜』
主催:藤原スポーツジム
開場:16:30(OP17時より)
開始:17:15
場所:後楽園ホール
★対戦カード詳細&チケット申込みはコチラ!


――現在のコンディションはいかがですか?

渡部 コンディションはいつも通りで、調子いいです。

――今回の試合が決まったとき、どんなことを思いましたか?

渡部 きたかー、と思いました。10月の試合で勝ったほうとやるっていうようなことは聞いていたんで。どっちが勝つのかなあと思っていて・・・T98選手がきたので、あぁやっぱりと。

――やっぱりですか。

渡部 はい。藤倉選手も強いんですけど、T98選手とは戦ってますし、強いということも分かっていたので、来るかなと。

――その「きたかー」って、「きたかー!(上昇)」と「きたかー・・・(下降)」の、どっちの感じですか?

渡部 いやー・・・中間くらいですね(笑)。

――中間くらい(笑)。過去に2戦していらっしゃいますけど、やりやすい相手とやりづらい相手に分けるとしたらどちらですか?

渡部 どうですかね・・・。淡々としているんで、やりやすくはないですね。やりづらい相手でもないと思うんですけど。あんまり好きじゃない(笑)。攻撃が重いし、重いだけじゃなくてテクニックもあるんで、やりづらいですね。

――どっちかといえば、やりづらい相手と。

渡部 けっこうプレッシャーが強いんですよね。何をしていても前に前に出てくるんで、そういう意味でやりづらいですね。

――今回、3度目の戦いになりますね。

渡部 そうですね。田中選手とやったときもそうだったんですけど(※2010年に敗れるもリマッチでKO勝利、渡部がベルトを手にする)、負けてるほうが燃えるんで。同じ選手に2回は負けたくないんで、燃えてますね。燃えてるし、自分が防衛するっていうよりも、もう一回獲りに行くような気持ちです。


がんばろうニッポン!『2011藤原祭〜冬の陣〜』


――ベルトって渡部選手にとってはどういうものですか。

渡部 宝物ですね。とくに初代だったので、トーナメントを制覇して獲ったベルトなんで、渡したくないです。

――まして『藤原祭り』っていう場で自分が負けるわけにはいかないと?

渡部 それもありますね。でも、結局男と男の戦いなんで。T98選手に勝ちたいっていう、そこが大きいですね。

――『藤原祭り』に向けて、ジム全体が活気づいているというか、全体的に気合いが入っていますよね。その中で渡部選手はトリプルメインの2試合目という大切な試合順で、盛り上がるところですよね。

渡部 そうですね。メインが森井なんで、しっかりいいバトンを渡したいですね。本当は僕もトリが良かったんですけど(笑)。梅野vs森井ですし、しょうがないです。来年に向けて頑張ります。

――あ、本当は自分が最後のほうが良かったと(笑)。

渡部 そうですね(笑)。一応、森井より年上だし。まぁ実績考えたら森井のほうが全然上なんですけど、目立ちたがり屋なんで。

――“激闘男”としては、やっぱりトリのほうがと(笑)。そういえば言い忘れてたんですけど、12月12日生まれということで、お誕生日おめでとうございます。

渡部 あ、ありがとうございます。嬉しいです。全然、みんな触れてくれなかったんで。

――ジムのみんなからはスルーだった、と。

渡部 自分から言っちゃいましたもん(笑)。「俺、誕生日なんだけど」って。知ってる奴もいたんですけど「試合前だったんで言っていいか分からなかった」って言われて。そこは言ってよ、って。

――24歳はじめての試合ですね。そういう節目だからっていう意味からしても、キレイに勝ちたいところですよね。

渡部 はい。23歳になってはじめてベルトを獲ったので、24歳ではじめて防衛というのもいいかなと。今年、厄年だったんで2連敗しちゃいましたけど(笑)。最後にしっかり厄払いしないと、って感じです。

――年の最後ですしね。どんな試合にしたいと思っていますか?

渡部 とにかく“リベンジ”がテーマなんで。最初から守らず、ガツガツ倒しにいきたいですね。多分なかなか倒れないとは思いますけど、全部の技を使って倒したいです。

――KOを狙いにいく、と。

渡部 KOはつねにいつもしたいので(笑)。蓄積させて、大技でバコーンと。会場を爆発させるくらい盛り上げられる勝ち方がベストかなと。

――まさにお祭りらしく、ですね。最高の内容の試合を期待してます!

渡部 はい! 祭りらしく盛り上げるんで、応援よろしくお願いします!

★対戦カード詳細&チケット申込みはコチラ!