ウルティモ・ドラゴンが、『Dragomania[』6・15アレナメヒコ大会開催と主要カード発表!“アトランティスvsウルティモ・ゲレーロ”抗争を軸に純粋ルチャ路線が焦点「今、ルチャの元気がないので一緒に盛り上げる!」


■興行名:『DragomaniaVIII』
■日時:2013年6月15日(土)開場/17時00分試合開始/18時00分
■会場:Arena Mexico[メキシコシティ]
■主催:TORYUMON S.A. de C.V. 



■記者会見

 14日、東京シティエアターミナルでウルティモ・ドラゴンが欧州遠征に際して記者会見を行い、6月15日(土)にアレナメヒコで開催される『Dragomania[』の開催及び主要カードを発表した。ウルティモは昨年11月7日に開催された『LUCHA FIESTA 2012〜ウルティモ・ドラゴン デビュー25周年記念大会〜』にもタッグを組んだ"稲妻仮面二世"ラヨ・デ・ハリスコ Jr、さらには、5月3日のアレナメヒコで『デビュー30周年記念興行』を成功させた“大陸仮面”アトランティスとトリオを結成。対するは、CMLL年間最大イベント『アニベルサリオ』での大物同士の覆面剥ぎマッチが噂される因縁のウルティモ・ゲレーロ、現地での実績も高い大原はじめ、さらには現時点でXだが、当地から大物選手が加わる予定だ。

 これまでの『Dragomania』は初代タイガーマスク、藤波辰爾など、日本からのビッグスターを招聘する習わしがあったが、今回は、ルチャの王道に回帰するという。抗争中のアトランティスとウルティモ・ゲレーロの前哨戦を兼ねたカードにしたのは、現在冷え込んでいるメキシコ・マット界を立て直す目論見があるという。

「今、ルチャの元気がないので一緒に盛り上げる!」

  5月3日のアレナメヒコ大会では、もうひとりの同じマスクを被ったウルティモ・ゲレーロが現れ、2人がかりでアトランティスを襲撃、マスクを剥ぐ暴挙に出て抗争は深まるばかり。わかりやすい構図だが、正規軍は悪役退治に乗り出すのかどうか。

  ウルティモ校長によれば、90年代に活躍したスター選手であるラヨ、アトランティス、そして本人が再び顔を合わせてトリオを結成するところに、現地的な興行上の意味があるという。なにしろ、5年ほど前のブームのピークに比べて、ここ数年はルチャ業界の勢いが低迷。それを立て直すためにも、正義のトリオが手を結ぶという図式である。

 もっとも本人は、「ルチャ人気は、為替相場のようなもので、良くなったり悪くなったりの繰り返しでしかない」と楽観的だ。「今は低迷中だけど、次は上がっていくだけ」と明るいのだ。

 集まった記者たちに歴史を説明するかのように、会場エル・トレオ・デ・クアトロ・カミノスのUWAが勢いを誇った時代、CMLLからAAAが分離して、オクタゴン、コナン、バンピーロと、興行戦争が熾烈だった時期、ミスティコ人気で再び盛り返した頃と、実際、業界は山あり谷ありの連続である。ズバリ、「今はスター不足」と分析するウルティモ校長だが、現地のテレビ事情に関するなら「アメリカの団体に押されている。ただ、ルチャの客層とは違う。絶対になくなるものではないのだから、新しい世代へアピールしていくしかない」と分析する。

 例えば、『Dragomania』名物カードの「ドラゴンスクランブル」だが、まだ全国区になる前のミスティコが優勝している他、現在世界のアチコチで活躍している選手が巣立って行ったとの自負がある。今回も、「次世代スター候補を5名、凄いのを用意している」とのことで、レジェンドたちの登場だけでなく、全試合見どころ満載だと強調していた。

 現在、闘龍門MEXICOは新規の留学生を受け入れていないため、最後の卒業生となる花岡大輔が、日本人選手と組んで、現地マスクマン組と対戦するカードは、マスク2枚と日本人の髪の毛を賭けたカードになるそうだ。その他、ミニ・エストレージャも出るし、女子プロ戦も組まれ、現地で活躍中の下田美馬も参戦する。

 現地のスポンサーの都合で、例年より開催時期が延びた格好だが、通算8回目の大会も豪華なものであることは間違いない。

フジテレビ『世界の絶景』、ファンション誌『MEN’S EX』、英国ロンドン出陣

 ウルティモ校長の最近の話題は、メディア露出が増えていることだ。5月4日の21時からフジテレビで放送された『世界の絶景』に出演。小池徹平が、案内人のウルティモ・ドラゴンによって、メキシコのチアパス州に導かれる。青の河と白の滝が織りなす奇跡の絶景、アグア・アスルにたどり着く内容であった。旅の途中で校長が日本人だとカミングアウトして、ようやく小池徹平らが元気を取り戻すという設定はともかく、奇跡の絶景には誰もが息を飲んだ。

  現在発売中のファンション誌『MEN’S EX』には、「究極のお宝は地球の裏側にあった!」と見出しにあるように、「ウルティモ・ドラゴンの自腹散財日記・南米編」が掲載されている。

  最近、ウルティ校長は粋な帽子を着こなして、まさにファンション雑誌にまで取り上げられているのだが、今回の箱崎エアターミナルでの会見、なんと渡航先はイタリアだと言うから驚いた。さらに帽子や靴を買いまくり、そこから英国遠征だと言う。ロンドンのブリストルで2試合、これはみちのくプロレスと提携する英国4FWの大会だそうで、シェルトン・ベンジャミンらも参戦するそうだ。

  ただし、試合よりも主目的はセミナーの依頼。名伯楽として世界中に弟子がいるウルティモ校長のプロレス教室こそが、招聘の理由というから素晴らしい。そこからいったん帰国して、リアルジャパンの6・7後楽園ホール大会などに参戦。そして『Dragomania』のためにメキシコ入りという、まさに世界中を飛び回っているウルティモ・ドラゴンなのであった。




■興行名:『DragomaniaVIII』
■日時:2013年6月15日(土)開場/17時00分試合開始/18時00分
■会場:Arena Mexico[メキシコシティ]
■主催:TORYUMON S.A. de C.V. 

【対戦決定カード】
<メインエベント 無制限3本勝負>
ウルティモ ドラゴン&ラヨ デ ハリスコ Jr.&アトランティス
vs
ウルティモ ゲレーロ&大原はじめ&X

<セミファイナル 45分1本勝負>
ブラソ デ プラタ&マクシモ&ブラソ デ プラティーノ
vs
男盛 &ロコマックス&SUWA

他、5試合を予定

記事提供:闘龍門MEXICO

2013-05-15 18:00 この記事だけ表示


■大会名:GLORY 8 TOKYO -65kg Slam
■日時:5/3(金・祝)
■会場:有明コロシアム (東京都)
詳細・チケット申込はコチラ!



【全対戦カード】


【GLORY 8】

<-65kg SLAM(フェザー級トーナメント)第2リザーブマッチ>
チョンレック・スーパープロ・サムイ(タイ/スーパープロ・サムイ)
vs 藤田ゼン(エイワスポーツジム/REBELS 65kg級王者)

<-65kg SLAM 第1リザーブマッチ>
アンドレ・ブルール [Andrej Bruhl](ドイツ)
vs 小宮由紀博(スクランブル渋谷/RISEスーパーライト級(65kg)2位)

<-65kg SLAM 一回戦(1) 3分3R(延長1R)>
モサブ・アムラーニ(モロッコ/ムシドジム/WMCインターコンチネンタル・フェザー級(63.5kg)王者)
vs マーカス・ビニシウス(ブラジル)

<-65kg SLAM 一回戦(2) 3分3R(延長1R)
リアム・ハリソン(イギリス/バッドカンパニー/WBCムエタイ・インターナショナル・ウェルター級王者)
vs 野杁正明(OISHI GYM/JAPAN -65kg SLAM優勝、Krush YOUTH GP(63kg)2011優勝、K-1甲子園2009(62kg)優勝)

<-65kg SLAM 一回戦(3) 3分3R(延長1R)>
アブデラ・エズビリ(モロッコ/ファイター69/Krush -67kg級初代王座決定トーナメント準優勝、WKNヨーロッパ・ウェルター級王者)
vs ガブリエル・バルガ(カナダ/スタジオ4アスレチックス)

<-65kg SLAM 一回戦(4) 3分3R(延長1R)>
久保優太(Fighting Kairos/Krush -67kg級王者、ISKA世界ライトウェルター級(64.5kg)王者、K-1 -63kg日本トーナメント2011優勝)
vs イム・チビン(韓国/M-1ウェルター級王者)

<-65kg SLAM 準決勝(1) 3分3R(延長1R)>
一回戦(1)勝者 vs 一回戦(2)勝者

<-65kg SLAM 準決勝(2) 3分3R(延長1R)>
一回戦(3)勝者 vs 一回戦(4)勝者

<-65kg SLAM 決勝 3分3R(最大延長2R)>
準決勝(1)勝者 vs 準決勝(2)勝者

<ヘビー級>
ジェロム・レ・バンナ(フランス/ドージョー・チャクリキ)
vs KOICHI(バンゲリングベイ・スピリット)

<ヘビー級>
ピーター・アーツ(オランダ/チーム・アーツ)
vs ジャマール・ベン・サディック(モロッコ/ゴールデン・グローリー)

<ライト級(70kg)>
アンディ・リスティ(スリナム/FFCカルビンジム)
vs アルバート・クラウス(オランダ)

<ライト級(70kg)>
佐藤嘉洋(名古屋JKファクトリー/ISKA世界ライトミドル級王者、K-1 WORLD MAX 2010世界トーナメント2位)
vs イ・ソンヒョン(韓国/仁川ムビジム/RISEライト級(63kg)王者)

【Road to GLORY】

<JAPAN -85kg(ミドル級)4人トーナメント一回戦(1)>
マグナム酒井(士道館士魂村上塾/MA日本ヘビー級王者)
vs 松本哉朗(藤本ジム/新日本キック日本ヘビー級王者)

<JAPAN -85kg 4人トーナメント一回戦(2)>
新村優貴(TEAM CLIMB)
vs 清水賢吾(極真会館/RISEヘビー級王者)

<JAPAN -85kg 4人トーナメント決勝>
一回戦(1)勝者 vs 一回戦(2)勝者

<55kg契約 3分3R>
Dyki(TARGET/RISEバンタム級(55kg)王者) vs 未定

<60kg契約 3分3R>
“狂拳”竹内裕二(菅原道場/WMAF世界スーパーフェザー級王者)
vs 稲石竜弥(team OJ/WPMF日本スーパーフェザー級6位)

<ライト級(70kg) 3分3R>
廣野 祐(NPO JEFA/元J-NETWORKスーパーウェルター級&ミドル級王者)
vs 亮次(エイワスポーツジム)



■大会名:GLORY 8 TOKYO -65kg Slam
■日時:5/3(金・祝)
■会場:有明コロシアム (東京都)
詳細・チケット申込はコチラ!
2013-04-19 16:59 この記事だけ表示

「人間を作りたい、本物を育てる!」

■記者会見
 14日、都掣圏真陰流興義館にて、『虎の穴』が「4月度入門生」として新弟子を広く募集するとの発表告知が行われた。佐山総監は、「武道家、アルティメット戦士を作って行く。育成する」、「武道を通して世界に訴える」としたが、「それがプロレスの繁栄にも繋がればいいが、入口はプロレスではなくて、総合格闘技」と述べられている。総合格闘技という言葉の創設者である佐山総監だが、「現状の総合格闘技はまるで違うものになっている」と指摘。「人間を作って行く」ことが基本で、礼儀作法や人格、また以前から「相撲のようなもの」とも定義されていたが、武道で人間を育てて世界に出していく方針を強調された。

 「それで世界の舞台で勝てれば嬉しいし、さすが武道の国と言ってくれることになる」と話された佐山総監。「神楽坂スタジオはアマチュアの道場、興義館はプロの道場」と定義された上で、会見場となった興義館のスクリーンを指しながら、武士道の思考や歴史も教えていくようだ。「素晴らしい人間を作り、人格がリングであらわされる選手になればいい。単にちゃらちゃらとお金儲けがしたい、世に出たいではなく、しっかりした指針を持った格闘技の選手、武道家になる」と、このプロジェクトが「残された私の人生の一番の使命」とまで決意も固い。

 本物を育てる、本物の技術を教える」と話すが、寮も道場に近い文京区内に用意されていて、「一丸となって世界に出る」とのこと。平井丈雅代表はあとで補足され、「合格となるかどうかわからない段階だが、4名程度を考えている」とした。佐山総監は「ウチは体罰は厳禁です」と時事ネタに言及しつつ、「必ずチャンピオンを育てる」と明言されている。

 ちなみに、「プロレスの位置は右でも左でもなく、そういった育成の流れの中でストロング・スタイルが連動すれば理想。世界チャンピオンがプロレスとか、こんな最高なことはない」ということだ。実技審査とかもあるが、「スパーリングとかではなく、素質があるかどうか」だと言う。あくまで、「しっかりした人間を育てること」が第一義なのだ。




★『虎の穴』新弟子募集のご案内

【募集要綱】
応募資格:16歳以上の心身共に健康な男子。身長・体重不問。
募集対象:2013年4月度入門生(武道家/格闘家・プロデビューを目指します)(寮完備)
募集時期: 2013年3月10日迄に、本人の履歴書を郵送。
履歴書送付宛先:
〒113-0033 東京都文京区本郷三丁目6-13 太平ビル2階
「掣圏真陰流本部道場 興義館」 TEL&FAX:03(3812)1202
(※封筒表側に「新弟子応募履歴書在中」と明記)


■ 入門審査方法(原則・入門までの流れ)
1.書類審査
履歴書(身長・体重・スポーツ/格闘技/武道歴・生年月日・住所・電話番号を含む)と本人写真(全身・裸上半身アップ)を「掣圏真陰流本部道場 興義館」に郵送。

2.面接
書類審査に合格された方を対象に、お電話にてご連絡の上、所定の書類をお送りさせていただきます。その後、「興義館」にて、面接を行います。
※未成年の方は、親の同意書が必要となります。

3.実技審査
面接合格者を対象に、実技審査を行います。審査メニューにつきましては、事前にご連絡させていただきます。

4.合格〜入門
実技審査合格者は、所定の要綱にご承諾、ご捺印をいただいた上で、正式に【虎の穴】門下生として入門していただきます。

※入門後は、リアルジャパン所属選手として活動、礼儀・礼節・学問・実技を習得いただきながら、初代タイガーマスク 佐山サトル総監門下生として恥ずかしくない武道家/格闘家を目指していただきます。

2013-02-15 11:00 この記事だけ表示