RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 オフィシャルサイトより引用掲載(8/1付)


8月1日(月)、RIZINは9月25日(日)にさいたまスーパーアリーナにて開催する『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦』の緊急記者会見を行ない山本美憂のMMA参戦が決定した。

RIZIN電撃参戦が決まった美憂は
「まさか自分がリングに上がるとは思っていなかったのでびっくりしています。これは凄くいいチャンスだなと思ったので出ることを決めました。弟(山本”KID”徳郁)は総合で出るのにはじめは心配していました。いまは弟にコーチをしてもらい、息子(山本アーセン)とはチームメイトとして一緒に頑張っている。山本ファミリー家族一丸となってトレーニングしている。こんな幸せなことはない。自分がオリンピックに行けなかった理由はこの幸せのためだったんじゃないかと思っている」とコメントした。対戦相手について榊原代表は「思い出作りに出るのではない。これから世界に向かっていくつもりで対戦相手を決める。ただ初めてのMMA参戦なのでこれからコーチでもあるKID選手と一緒に考えていく」
とコメントした。

■プロフィール
山本美憂(やまもと・みゆう)

1974年8月4日生まれ、神奈川県出身。レスリング選手。
小学生でレスリングを始めて13歳で全日本女子レスリング選手権優勝。その後全日本4連覇を達成。
17歳で初めて出場した世界選手権を史上最年少で制覇、3度世界の頂点に立つ。
女子レスリング界のパイオニア的存在。
父はミュンヘンオリンピックレスリング代表の山本郁榮、弟は格闘家として活躍している山本"KID"徳郁、妹はレスリング選手の山本聖子、そして、息子は昨年末、総合格闘家としてデビューした山本アーセン。

■大会名:RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016
■開催日:9/25(日)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)

2016-08-02 18:11 この記事だけ表示



RIZIN(ライジン)とは

 RIZIN(ライジン)というタイトルには、日本古来より伝わる雷(いかずち)の神である「雷神」と、陽が昇る「rise(rising)」という意味が込められています。そして「最終」「究極」という意味を持つアルファベットの最後の文字「Z」を入れることで、「永遠に昇り続ける、輝き続ける舞台」という我々の目標や意志が、このタイトルには掲げられています。

 2015年12月29日・31日と両日に渡って格闘技の聖地・さいたまスーパーアリーナにて開催された「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX(ライジン・ファイティング・ワールド・グランプリ)は、世界各国の団体から集結した強豪によるトーナメントを中心に、MMAデビュー戦となるファイターのフレッシュな戦い、ベテランの意地をかけた戦い、女子同士の美しい戦いと、格闘技の持つ醍醐味に多くのファンが酔いしれました。 我々は、この大会を嚆矢として、格闘技界にまさに三本の矢を放ちました。

一.「完結」キャリアにピリオドを打つファイターたちのために、最期を飾るに相応しい熱のある舞台を築き上げること。 一.「息吹」次代の格闘技界を担う才能と野心のあるファイターたちがその魅力を存分に発揮し、飛躍できる舞台を創造すること。 一.「未来」格闘技フェデレーションとして世界各国に林立するプロモーションとアライアンスを組み、それぞれの団体が各国の文化や慣習を反映したその独自色を保ったまま、プロモーションの枠を超えて最強を競い合う枠組みと舞台を確立することRIZIN FIGHTING FEDERATIONは、この3つの基本理念=三本の矢を掲げ、「永遠に昇り続ける、輝き続ける舞台」を創り上げていきます。

■大会名:RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント開幕戦
■開催日:9/25(日)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)

2016-08-02 11:37 この記事だけ表示


FIGHTING GLOBE「ZONE4『原点回帰』」 5月1日(日)横浜文化体育館 (試合開始15:00)

発表カード
▼第10試合 全日本スーパーフェザー級王座決定トーナメント決勝 3分5R

▼第9試合 バンタム級 3分3R(最大延長2R)
藤原あらし(バンゲリングベイ・スピリット/元WPMF世界スーパーバンタム級王者、元全日本バンタム級王者)
vs
ユン・ドクジェ [Yun Deok Jae](韓国/MAX FC)

▼第8試合 ラウェイルール 3分5R(インターバル90秒)
ソーゴームドー [Saw Gaw Mu Do](ミャンマー)
vs
プロイタクシン・ノー・ナクシン [Ploytaksin Nor Naksin](タイ/元ラジャナムダン認定スーパーウェルター級8位)

▼第7試合 ラウェイルール 3分5R(インターバル90秒)
金子大輝(リバーサルジム川口REDIPS)
vs
ニャンリンアウン [Nyan Lin Aung](ミャンマー)

▼第6試合 スーパーフライ級 3分3R(最大延長2R)
貴・センチャイジム(センチャイムエタイジム/元NJKF&ムエタイオープン・フライ級王者)
vs
優吏(真樹ジムオキナワ)

▼第5試合 スーパーウェルター級 3分3R(最大延長2R)
小林 準(RIKIX横浜)
vs
安河内将一(和術慧舟會総本部)

▼第4試合 全日本スーパーフェザー級王座決定トーナメント 3分3R(最大延長2R)
カズ☆仲村(真樹ジムオキナワ/元KING OF STRIKERSスーパーバンタム級暫定王者)
未定

▼第3試合 全日本スーパーフェザー級王座決定トーナメント 3分3R(最大延長2R)
森井洋介(ゴールデングローブ/元WBCムエタイ日本&WPMF日本フェザー級王者)
vs
未定

▼第2試合 ライト級 3分3R
錦 和道(ゴールデングローブ)
vs
長谷川健(RIKIX)

▼第1試合 77kg契約 3分3R
エヴァン・ライト [Evan Wright](Banジム)
vs
中村充利(バンゲリングベイ・スピリット)


■大会名:FIGHTING GLOBE「ZONE4『原点回帰』」
■開催日:5/1(日)
■会場:横浜文化体育館 (神奈川県)


2016-04-15 19:47 この記事だけ表示