■プロレスリング・ノア「永源遥引退記念興行」
3月23日(木)東京・後楽園ホール
3月25日(土)石川県産業展示館3号館
3月26日(日)石川・スポーツセンターろくせい

【“平成の天才”丸藤正道】初代タイガーマスクの対戦を前に語る!

3・10(金)リアルジャパンプロレスのチケットはこちら!※e+でチケットをご購入の方全員に「初代タイガーマスク大会特製ポスター(1,000円相当)」をプレゼント!

★初代タイガーマスクとの試合が決まった時の率直なご感想を
お聞かせください。
⇒うーん、率直な気持ちでしょ?率直にと言われればそれはもちろん
  嬉しかったです!

★初代タイガーマスクと戦いたいと思われた理由をお聞かせください。
⇒プロレスラーになった以上、今、この同じ時代に初代タイガーマスク が試合をしているのなら、ゼヒそれに触れたいと思ったからです。

★初代タイガーマスクがプロレス界に入られたきっかけ、とのこと。
ファンになったきっかけは?それはいつ頃からのお話でしょうか。
⇒プロレスを見る様になったのは、小学校2年生の頃だったと記憶して います。もちろん、リアルタイムでは初代タイガーマスクの試合を見てはいないのですが、ビデオで初めて見たのは中学校2年生の頃だったと思います。

(C)プロレスリング・ノア

★高校時代、アマレスと併行して、東大宮の「スーパータイガージム
(プロフェッショナル修斗)」に1年ほど通われていたとお聞きしました。
憧れていた初代タイガーマスクの佐山サトル氏にお会いした時の印象はいかがでしたか。また、ジムでの思い出があれば、お聞かせください。
⇒佐山さんにお会いした時は久々に人に会って緊張をしましたね。
スーパータイガージムには1年半通いました。高校生から大学生くらいまでの人が通っていましたけれど、仲良く楽しむような雰囲気ではなかったので、そういった意味での思い出はありません。
簡単に説明するとプロの世界ではないにも関わらず、とても「礼儀を重んじる場所」でしたね。

★3・10(金)初代タイガーマスク戦に対する気持ちをお聞かせください。「こんな闘いをしたい。」というお考えはありますか。
⇒「伝説を感じること。」、そして、「伝説を潰すこと。」を目指します!

★今回の試合で、プロレスファン、マスコミ、世間に伝えたいものがありましたらお聞かせください。
⇒今回の試合は自分の為の試合だと思っています。「伝えたい。」というよりは「自分が感じたい。」という気持ちの方が際立っていますね。

★初代タイガーマスクに対して、言いたいことはありますか。
⇒よろしくお願い致します!

★丸藤選手のプロレス、或は人生の目標、夢は何でしょうか。
⇒プロレスというもの、プロレスの面白さをもっと広く知ってもらうこと、です。

★ファンの皆様に対して、メッセージをお願いいたします。
⇒良い意味で、期待を裏切っていきたいと思います。これからも応援、よろしくお願い致します!

(C)プロレスリング・ノア

丸藤正道選手 インタビュー 

3・7(火)公開予定!