(提供:T−1)

珍獣・原記者がT−1二見社長を直撃!シャークvs篠原は実現するのか?

/『女子プロ☆パラダイス』号外版

もう一丁!おまけの珍獣が命懸けのスクープ!

“女子プロレスラーより目立つ男”T−1二見氏への伝言マシーンインタビュー

昨日6日にアップしたシャーク土屋インタビューはご覧いただけただろうか。土屋が自ら編集部に電話してきたことにも驚いたのだが、突如8月26日『T−1スペシャル』の篠原光の対戦相手として、土屋が名乗りを挙げたのだ。

そしてその対戦表明を主催者の二見理T−1社長に伝言しろという。

それならば“この男”にも直撃しなければならない。

そこで、土屋参戦表明や次回大会の見所などを含め、二見社長にいろいろ聞いてみた。

(電話取材・原正英/構成・二見社長)

伝説のT−1興行第5弾『T−1スペシャルトラブルシューター二見×篠原光〜』

日時:2006826(土) 

開場:1800 開始:1839 ※イッパイ・サンキュー 

会場:東京・西調布アリーナ

参戦決定選手:シャーク土屋、篠原 光

参戦予定選手:中島安里紗

二見社長vsX のトークショー&第3回「T−1SP」の上映会

★チケットのお申込みはコチラ!

――先ほど、シャーク土屋さんから電話がありまして、篠原さんの対戦相手として名乗りを挙げました。

二見 はぁ?なんで(土屋は)オレに先に言わねえんだよ!そっちが筋だろ?原!堀田(祐美子)の次は土屋の伝言マシーンか?何か企んでんだろ!

――いやいや。何でも「篠原は女子プロをナメてる態度が気に入らない。プロレスの怖さを教えてやる」ということだそうです。

二見 態度だったら土屋さんの方が悪いよ(苦笑)。土屋さんには篠原より他の選手とやってほしいんだよな。

――中島(安里紗)選手ですよね。

二見 何で知っているんだ!

――いやあ、土屋選手から聞きまして。ところで土屋vs篠原は決定でいいですか?

二見 おい、勝手に決めるな。それは主催者のオレが決めるんだ。それよりオマエ、ちゃんとエゴイスト(大向美智子)んとこ行ったんだろうな?

――いえ、行ってないです。

二見 行ってない?こっちの意志、伝えとけって言っただろ!

――さすがにそれはまずいですよ。

二見 いい加減にしろよ。オメェをリングに上げるぞ!

――いやいや、それは困ります。

二見 だったらあの勘違い女んとこに行けよ!話しはそっからだ!

――それでは土屋vs篠原は白紙ですか。

二見 まあ、土屋さんの“参戦決定”は書いてもいい。ただし優先するカードは、篠原vs大向、土屋vs中島のふたつ。その方がみんなも見たいだろ?

――見たいです。

二見 それと原とツーカーの堀田もいるしな。オイ、また堀田を連れて来んのか?

――堀田さんは先日、足つぼマッサージ店をオープンしました。

二見 んなこと聞いてねぇんだよ!質問に答えろ!

――まだ分からないですね。

二見 まあいい。近々記者会見やって、全カード発表しやるよ。

――チケットの売れ行きが好調のようですね。二見劇場に期待しているファンも多いようです。

二見 今の女子プロとは一緒と思われたくない。馴れ合いの予定調和を楽しむマニアは来ない方がいい。でも本物のリアルが観たいなら来いよ!ということだな。

――楽しみにしてます。

二見 原、オマエが会見と大会に来るのは当然だけど、泉井(『レディゴン』編集長)も呼べよ!かわいいレスラーがいねえ興行には来ないのか?

――いや〜分かりませんが、伝えておきます。

土屋の参戦は認めたが、篠原との対戦には慎重な態度を崩さなかった二見社長。

果たして今回はどんなカードを用意するのか?次の記者会見まで待ちたいと思う。

(提供:T−1)

珍獣・原記者が命懸けのスクープ!

シャーク土屋が篠原光の対戦相手に名乗り出た!/『女子プロ☆パラダイス』号外版

05年8月23日、後楽園大会で狂ったような産声をあげ、回を重ねるごとに過激さを増すT−1興行も、8月26日『伝説のT−1興行第5弾 T−1スペシャル」で早くも一周年を迎えることとなった。

女子プロ業界に爆弾投下し続ける主催者の二見理T−1社長は、7月21日の記者会見で、女子プロ界追放中の篠原光の参戦、及び篠原の対戦相手を公募することを同時に発表。二見社長、篠原ともに因縁深い大向美智子を挑発するなど、またまた波紋を呼んでいる。

それから2週間経った8月5日、突然シャーク土屋から電話が入った。

なんでも会見での篠原の態度が気に入らないと言う。そこで第5回『T−1スペシャル』大会に向けいろいろ聞いてみた。(聞き手・原正英/構成・二見社長)

伝説のT−1興行第5弾『T−1スペシャルトラブルシューター二見×篠原光〜』

※ビジュアルは、前々回のものです。

日時:2006826(土) 

開場:1800 開始:1839 ※イッパイ・サンキュー 

会場:東京・西調布アリーナ

参戦決定選手:シャーク土屋、篠原 光

参戦予定選手:中島安里紗

二見社長vsX のトークショー&第3回「T−1SP」の上映会

★チケットのお申込みはコチラ!

――突然の電話で驚いています。

土屋 原ちゃんよ、全然取材に来ないじゃないか?前回のバトルスフィアにも来ないし、ナメてんのか?

――あの時は泉井(『レディゴン』編集長)が格闘美に行けなくなったので、急遽代打で行くことになりまして。

土屋 ホントは格闘美に行きたくて仕方がなかったんだろ?最近●―プに行ってないのか?

――いやいや。6月のT−1ですが、ビックファイヤーも炸裂させて大活躍だったそうで。久々に健在ぶりをアピールできたんじゃないですか?

土屋 オマエ、試合見てねえじゃねえか。

――すみません。

土屋 どのくらいページが取れるんだ!

――『ゴング』の方はあまり取れませんが、モバイルではたくさん取れると思います。本題に入りますが、篠原選手についてご立腹のようですね。

土屋 篠原って問題児で嫌われているんだろ?相手を公募なんかしても誰も名乗り出ないぜ!

――なぜですか?

土屋 聞くところによると、篠原はプロレスができないみたいだな。問題児でプロレスがヘタでしかも生意気で…、これじゃあ誰も相手にしたくねえだろ。違うか。

――しかし二見社長も女子レスラーに嫌われながら、大会を継続してますよね?

土屋 二見さんと篠原は嫌われている次元が違うわ。二見さんは女子レスラーより目立っているから嫌われている。篠原はナチュラルで嫌われている。そんなことも分からないのか?

――篠原さんにも言い分がありまして「やられたからやり返しただけなのに、なんで追放になるんだ」と言ってます。

土屋 ふ〜ん。何があったかはよく知らねえけど、オレが篠原に言いたいのは、プロレスラーとしての誇りが感じられないっていうこと。格闘家なんだろ?それならプロレスのリングに上がるなと言いたいんだよ。

――篠原選手も女子プロのリングには興味ないそうですが、二見社長の考え方に共鳴して今回参戦となりました。

土屋 それならそれで主催者が決めたことだから文句はない。

――ところで今大会のオファーはありましたか?

土屋 あった。中島(安里紗)と戦ってくれって言われたがモノ足りない。篠原の相手ってまだ決まってねえだろ?オレとやらせろよ。

――どうしてですか?

土屋 女子プロを甘く見てるとこが気に喰わない。自分も女子レスラーに嫌われて“邪道”とか言われているけど、こっちはポリシーや誇りがあるから。

――篠原選手の対戦相手募集に名乗り出たということでよろしいですか?

土屋 あとは二見さんが決めること。自分はプロだから中島とやるのも構わない。でもいまは篠原とやるのが先だと判断した。

――仮に篠原選手と対戦したらどういう試合になりそうですか。

土屋 そんなの、いつも通りただ暴れまくって、自分のスタイルを貫くだけだよ。前回のT−1は規制がなくて楽しかったから、篠原にはプロレスの怖さと楽しさの両方教えてやるよ(ニヤリ)。

――6月にT−1に初参戦して今までの女子プロとの違いは感じましたか?

土屋 違うというか、大会主催者が一番目立っている大会は初めてだな(苦笑)。でもそんなの気にすることじゃねえ。客も二見さんを目当てで来て、二見さんの大会なんだから、なにやろうが構わない。その代わりにこっちもメチャクチャやってやったし、それで客が喜べばいいんじゃねえか。

――ではそのT−1興行のよかった点と悪かった点は?

土屋 よかったのは、イスも机もブッ壊して、おまけにファイヤーまで吹いて自由に暴れさせてくれたことだな。弁償しろと文句も言ってこなかったし。ギャラもキッチリ貰ったし特に問題はない。悪かった点は、自分も二見さんもベビーだったこと。自分はベビーなんて求めてないし、悪いことをやっている。でも堀田や阿部がフォールを返しても全然沸かねえんだよ。あれじゃダメだな。これは二見さんが悪いと言うより、人気がない堀田と阿部に問題があるよ。

――堀田選手と阿部選手の仲間割れもありました。

土屋 堀田は一人ぼっちになってかわいそうだな(苦笑)。

――堀田選手とは久々の対戦でしたが、手応えはどうでしたか?

土屋 特になにもないよ。それよりこれからアイツが一人でどう動くのかに興味あるよね。

――阿部選手もT−1軍に入るか微妙な立場です。

土屋 オレには関係ないよ。阿部に興味はない。こっちはただ暴れたいだけだし、T−1軍とか束縛されるつもりもないし。別にタッグを組んだT−1マスク1号&2号とも仲間だとは思ってない。

――でに阿部選手はいずれ土屋選手とシングルで戦うと言っています。

土屋 いつでも構わないよ。その前にもっとオマエのファンを呼んで来い!そのファンの前で痛ぶってやるからよ!

――T−1以外の女子プロのリングには上がりませんか?

土屋 今の女子プロに興味はないよ。ただ暴れられるリングがあるならいつでも出てやる。原ちゃんに聞くけど、自分が暴れられるリングがありますか?

――T−1以外ではなかなか難しいかもしれません。今日はいろいろ話を聞いて土屋さんの気持ちが分かりました。二見社長には注文など何かありますか?

土屋 嫌われるならトコトン嫌われるか、究極のベビーになるか、どちらかになった方がいいんじゃないの?まあ二見さんはトコトン嫌われた方が本領発揮できると思うけど。注文は、前回同様規制はするな!だけだな。

――いやあ、恐ろしい大会になりそうですね。

土屋 原ちゃんよ!今度こそ調布に来いよ!もし来なかったら●俗三昧なのを暴露するからな!

――いやいや困ります。今回こそ取材に行きますので。

土屋 楽しみにしてるぜ(ニヤリ)。

 プロレスリングElDorado(エルドラド)を主催する闘龍門が、ElDorado〜NextdoorPROJECT〜『BIG TIME CHANGES』8・22(火)新宿FACE大会の全対戦カードを発表。

■大会名:『BIG TIME CHANGES』

■日 時:8・22(火)18時開場 19時試合開始

■会 場:新宿FACE

チケットのお申し込みはコチラ!
【全対戦カード】

<8人タッグマッチ>
★近藤修司、大鷲 透、高木“JET”省吾、菅原拓也(?)
KAGETORA、バラモンシュウ、バラモンケイ、菅原拓也(?)

20060805-00000014-spnavi-spo 00300399 00000 <タッグマッチ>
★エルブレイザー、飯伏幸太(DDT)
“brother”YASSHI、Ken45°

<シングルマッチ>
★ベアー福田
ミラニートコレクションa.t.

<シングルマッチ>
★清水基嗣
卍丸

<シングルマッチ>
★ジャンピングキッド沖本
“brother”YASSHI推薦選手