12月26日新宿FACEにて行われます「UD:CASA」の全対戦カードが決定!

                            (情報提供:有限会社闘龍門)

 

 

★公演詳細とチケットのご購入はコチラ!

 

 

■第1試合 1/30

  義経&フジタ“Jr”ハヤト 

  VS 田島久丸&ギジェルモ“チャンゴ”秋葉

  ■第2試合 1/20

  松山勘十郎 VS アメリカンバルーン

※闘龍門MEXICOで同じ釜の飯を食っていた、キャラの濃い二人が再会するのは日本のリング上!!私生活では仲の良かった二人がいかなる戦いで魅せるのか?

  ■第3試合 1/30

  ウルティモ・ドラゴン&飯伏幸太 

   VS 折原昌夫&MAZADA

※去る10日(現地時間)メキシコでヤングドラゴン杯を制した飯伏がウルティモ・ドラゴンと初タッグを結成!!

  ■セミファイナル 1/45

  竹村豪氏 VS マクシモ

※2月のdragondoor後楽園大会以来、マクシモが久々の来日!!CMLLのスペルエストレージャに成長した「今」の姿をご披露いたします!!

  ■メインイベント 1/60

  岡田かずちか&ラ・マスカラ&南野武

            VS

  大原はじめ&NOSAWA論外&野橋真実

※闘龍門の次世代を担う岡田・大原を軸に、卒業生の南野・野橋、さらにMEXICO自主興行の常連だったNOSAWA、CMLL期待の若手マスカラを加えてのスクランブル6MENタッグで有終の美を飾れるか!?

 

 

 

(情報提供:有限会社闘龍門

 

プロレスリングEl Dorado11.22新宿FACE大会 

※当日券は、午後5時より、新宿FACE会場7階入り口にて販売開始。

本日11月22日(水)「新宿FACE」にて行われます「TREASURE HUNTERSタッグトーナメント開幕戦」の当日券情報、並びに日本初!?同キャラ大小対決が決定したミラノ・ミラニート両選手のコメントをお知らせ致します。

【対戦カード】

■TREASURE HUNTERS タッグトーナメント一回戦

近藤修司&ディック東郷 VS バラモンシュウ&バラモンケイ

■TREASURE HUNTERS タッグトーナメント一回戦

ミラノコレクションA.T.&飯伏幸太 VS エルブレイザー&ミラニートコレクションa.t.

■スペシャル6人タッグマッチ

辻本恭史&沖本摩幸&日野本裕介 VS 大鷲透&Ken45°&キング・ポコダ

◎その他出場予定選手

清水基嗣、卍丸、ベアー福田他

※その他の対戦カードは当日発表になります。

 

■ミラノ&飯伏VSブレイザー&ミラニート戦を控えて

ミラノのコメント

突然のオファーだったけど、ぶっちゃけエルドラドってのは見た事無いし、名前しか知らない。どーゆー団体なのか、そして久しぶりに会うミラニートが上を目指してやっているのか、現状でいいやと思ってやっているのかを確かめるいい機会。アイツの事は今まで放置プレイしていたけど、もし「化けて」たら……まぁ、ここまで言う必要はないか。」

ミラニートのコメント

「突然決まってしまったがこの日を本当に心待ちにしていた。
ミラニートでデビューをして2年半試合をしてきた。

僕がどれだけ頑張っても間接的にミラノさん越えることはできなかった。ミラニートで試合をしてる以上避けられない大きな壁にとうとう出くわしてしまった。
いままでの感謝や葛藤、全てをぶつけて勝ちたいと思います。」

 

(情報提供:チケット&トラベルT−1)

 

『伝説のT−1興行第6弾 T−1スペシャル 〜帰ってきた1号、2号〜』

★日 時:20061118(土) 

★開 場:1800  開始:1839 ※イッパイ・サンキュー 

★会場:東京・浅草ファイト倶楽部台東区浅草3-30-9

ヴィラ朱田地下1階)TEL:03-3871-5400  

【大会プログラム】

18:39 曲『サバンナの夜』吉川晃司  

■18:44 二見社長入場 

※第4回は吉川晃司のデビュー曲『モニカ』、第5回は2作目の『サヨナラの八月のララバイ』に乗って入場!ということなら第6回は必然的に3作目の“あの曲”に乗って…!?

二見社長の第一声

■全選手入場式 ※これは6大会連続使用!吉川晃司・『ナイフ』に乗って選手入場

■チケット&トラベルT−1代表取締役・二見 理の挨拶

■“T−1のならわし”二見社長からの逆指名、選手代表挨拶

<第1試合:T−1SPでのV3変身!?浦井百合へ! 231本勝負>

★武藤裕代(初参戦)vs浦井百合(第3回、6回参戦。※第3回はT−1マスクV3として参戦)

<第2試合:“T−1流”中島安里紗試練の23番勝負 第2戦 231本勝負>

★T−1マスク2号(第3回、4回、6回参戦。第2回は別人で参戦している噂が…)vs 中島安里紗(第4回、5回、6回参戦。第1回〜3回までは真近で目撃している生き証人)〜休憩〜

<メインイベント:二見vs堀田、完全決着戦!場外カウント、反則なしの完全決着ルール “堀田負けたらT−1追放マッチ”231本勝負>

★T−1マスク1号(第3回、4回、6回参戦。第1回、2回は別人で参戦している噂が…)、シャーク土屋(第4回、5回、6回参戦)vs堀田祐美子(第1回、2回、3回、4回、5回、6回参戦。全大会に参戦している唯一の選手)

※もう1名は堀田が連れてくる予定ですが、おそらく連れて来れません。あしからず…。

■注意:メイン終了後、二見社長の合図によりお客さんは“リング取り囲み厳守”でお願いします。なお、“取り囲みを拒否”する方は速やかにお帰り下さい。

リングアナ:安藤頼孝

レフェリー:笹崎勝巳

“ブチキレ上等”二見社長からのメッセージ!

『明日の18時39分は“サバンナの夜”に!?』

「いよいよ明日『伝説のT−1興行第6弾』が“サバンナの夜”と共に決行する!

さて今大会の見所とは何なのか?

3大会連続ワンマッチ興行が続き、あの“伝説の第2回大会”以来の複数マッチが見所なのか?それとも、“T−1興行皆勤賞”の堀田祐美子が明日を持って“追放される”のが見所なのか?さらには“追放される”のが嫌で堀田が“ヘタレ連合軍”(ヘタレ連合軍一覧表:前川久美子、大向美智子、尾崎魔弓、永島千佳世、長与千種、GAMI、高橋奈苗、風香、アジャ・コング)をパートナーとして連れてくる“ウルトラC”でも見せるのか?

しかし、どれもいまいちインパクトがない。

それはそうだ!お客さんから観たら、その出来事はどれも“オマケ”として捉えているに過ぎないからだ!

何故って?そんなの簡単、観衆の99%が“二見目当て”でチケットを買っているからだ!

それも第3回大会からその傾向が強くなり、3回が80%、4回が85%、5回が90%まで跳ね上がり、遂に第6回が99%まできてしまった。もう来るところまで来たという事か?

来るところまで来たなら、“二見パッション”(二見激情)を魅せるしかない!

“二見はどうやって入場するのか?”“二見の第一声は?”“二見は何時ブチキレるのか?

また“ブチキレ三昧”によって、場内は“サバンナの夜”状態になるのか?

そして、全試合終了後のリング“取り囲み厳守”によって、“偶然のガチ産物”はどれだけ発生するのか?

以上のことをまとめると、やはりT−1興行の最大の目玉は、“二見の動向”一点に絞られるといっても過言ではない。

もしこの“二見の暴走”もしくは“二見の独走”に異論があるなら、“アンチ二見”として当日券を買いにくればいい!

いくらでも入れてやるよ!

まぁ悔しかったら“二見フリーク”の比率・99%から下げてみろ!という事だ!

下がったら下がったで、オレがより一層“ブチキレ”易くなるだけなんで好都合!

いずれにせよ、どういう展開になろうが、第2回、第4回大会の再来、“ブチキレ上等の二見パッション”を約束する。

それでは最後に今大会のオープニングで流す、吉川晃司『サバンナの夜』の歌詞を一部抜粋して締め括りたい。

燃やせパッション

いまを忘れ いまを踊ろう

本気でなくちゃ いつだってさ

明日はこない

パッション

世界中で一番 暑い

夏にしてくれ サバンナの夜

パッション

この恋にすべてを賭ける

うけとめてくれ サバンナの夜」

主催: チケット&トラベルT−1   

二見社長のブログ:極上の“T−1二見激情”見参

URL:http://www.plus-blog.sportsnavi.com/t-1gp23/