(情報提供:ハッスルエンターテインメント)

「ジジイは二人も必要ないんだよ!」
8・21後楽園大会で越中vs天龍の入れ替えマッチ決定!!


080821_hustle_02.jpg

★以下、2008年8月6日ハッスルオフィシャルサイトより


8月6日(水)、ハッスルエンターテインメントに高田総統からコメントが到着! きたる8・21『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2008〜8.21 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)の追加対戦カードを発表した。

8月21日(木)後楽園ホールで開催される『ハッスル・ツアー2008〜8.21 in KORAKUEN〜』。この大会では、ハッスル軍の坂田亘とTAJIRIが、“モンスターK”川田利明&ボブ・サップの“モンスター軍最強コンビ”と対戦するの豪華タッグマッチや、小路晃とゼウスの『ハッスルGP2008』2回戦進出を賭けた遺恨マッチなど、8・23『ハッスル・ツアー2008〜8.23 in OSAKA』(大阪府立体育館)で行なわれるGP2回戦に向けた前哨戦とも言うべきカードが並んでいる。

hustle_soutou.jpgそして本日、さらなる追加カード1試合が決定! この試合に関して、高田総統から以下のコメントが届いた。

【高田総統のコメント】
親愛なるハッスルファンの諸君!
我こそが高田モンスター軍総統、そしてハッスルの偉大なる支配者、高田だ!

それにしても、今年の夏の暑さは尋常じゃないな。これだけ暑いと、熱中症で倒れる年寄りがさぞかし増えることだろう。
年寄りと言えば、老いぼれ天龍の元気がないようだな。
『ハッスルGP2008』でボノに押しつぶされ、アバラを痛めているようだが、いよいよ寿命が尽きたか?
それに引き換え、ハッスル初参戦のエッチュー君はジジイのクセになかなかいい動きをしていたな。

とにもかくにも、ジジイは二人も必要ないんだよ!
というわけで、次の後楽園では、ジジイの入れ替え査定マッチをやってみるのも面白そうだ。


▼8・21『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2008〜8.21 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)決定対戦カード

越中詩郎
vs
天龍源一郎

老いぼれ天龍よ。年寄り扱いされて怒っているそうだな?
それが嫌だったら、まだ動けるということを証明してみせるがいい。
ま、あまり無理をしすぎて、リング上でぽっくり逝かなければいいがな。
これが本当の伝説だよ。ハッハッハッハッハ!



7.6『ハッスル・ツアー2008〜7.6 in FUKUOKA〜』(福岡国際センター)のGP1回戦で、ボノちゃん(U-18代表)に完敗を喫して以降、この一戦で痛めた肋骨の負傷等もあって大スランプ状態に陥っている天龍。そんななか、天龍をさらに追い詰めようと高田総統が対戦相手としてぶつけてきたのは、なんと越中詩郎だ!

絶不調の天龍に対して、越中は7・27『ハッスル・ツアー2008〜7.27 in YOKOHAMA』(横浜文化体育館)のGP1回戦でザ・モンスター℃(アルファベット代表)を相手に絶好調ぶりをアピール! 天龍にとって越中は、かつてIWGPタッグ選手権を獲得した盟友でもあり、また幾多の激闘を演じてきた良きライバルでもあるが、現在の天龍のコンディションからすると、かなり厳しい相手であることは間違いない。

まさに土俵際に追い込まれた天龍が、高田総統が仕掛けた“入れ替え査定マッチ”で、越中を相手に一矢報いることができるのか!? 


>>ハッスルの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!
(情報提供:ハッスルエンターテインメント)

あの小路がゼウスに対して前代未聞のキラーモード!!
「腕十字で伸ばして、三角締めを極めて、失禁させてやる!!」


080821_hustle_01.jpg

★以下、2008年8月7日ハッスルオフィシャルサイトより


8月7日(木)、都内・ハッスル道場において8・21『ハッスル・ツアー2008〜8.21 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で因縁の相手、ゼウスとの決着戦にのぞむ小路晃が公開練習を行なった。


あの小路晃が怒っている!!
はたして、“打倒ゼウス”に燃える小路の秘策は、何なのか!?
そもそも小路は、高田延彦氏の大推薦を受け、7・27『ハッスル・ツアー2008〜7.27 in YOKOHAMA〜』(横浜文化体育館)で『ハッスルGP2008』1回戦に出場、こりん星代表のこ・り・た・んと闘う予定だった。ところが、入場時の花道で突如姿を現した“乱入男”ゼウスに急襲され、フライパンによる頭部への攻撃を受け戦闘不能となり試合出場は不可能に……。

当然、納得のいかない小路は、同日のメインハッスル終了後に行なわれた川田総統代行劇場中に頭に包帯という痛々しい姿で登場し、川田代行にゼウスとの一騎打ちを直訴。この要望が受け入れられ、8・21『ハッスル・ツアー2008〜8.21 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)でゼウスとの完全決着戦に挑むことが決定となった。ちなみにこの試合の勝者が、8・23『ハッスル・ツアー2008〜8.23 in OSAKA〜』で行なわれる『ハッスルGP2008』二回戦に進出、ボブ・サップと対戦することとなる。

そして先日、小路から発せられたコメントは、「人生であんな屈辱を味わったことはない」「推薦してくださった高田さんに会わせる顔がない」というもので、怒りと同時に油断した自分自身に対する後悔の念がありあり。だが加えて、「ゼウスを許すことは絶対にできない。自分には秘策がある!」という、聞き捨てならない発言をしたことから、先般より「小路の秘策とはいったい……!?」と、プロレス・格闘技マスコミの間で物議をかもしていたのだった。


そんななか、行なわれたこの日の公開練習。
ご自慢の(?)ダイヤモンド・キッズ・カレッジTシャツルックで姿を現すなり、「これまでの格闘技人生のなかで、あの日ほど屈辱を味わったことはない! あの日は地元・富山からたくさんの応援団が10時間もかけて駆けつけてくれたのに、登場時間はわずか5秒……。みんな怒り狂って大変だった。とにかくはらわたが煮えくり返っているので、アイツに同じことをしてやりたい!」と、ゼウスに対する怒りを一気にまくしたてた。そして、いまだかつて見たことのない、このキラーモードの小路を前にあぜんとする報道陣を前にしても、小路の勢いは止まらない。あの温厚で知られる小路の口から出たセリフがこれだった。

「腕十字で伸ばして、三角締めを極めて、失禁させてやる!!」

だが、ここでハッスルの岸本PRが、ハッスルエンターテインメント事務所にゼウスからペシャンコに折り曲げられたフライパンと一通の手紙が届いたことを小路に報告。その気になる手紙の内容とは……。

【ゼウスからの手紙】
なんで俺がお前に恨まれなあかんのじゃ。
なんの努力もせんと、しょうもないコネを使おうとするから天罰が下ったんや。
GPに出たかったら、俺みたいに努力で勝ち取るのが筋ってもんやろ?

PRIDEがどうしたとか、いつまで過去の栄光にすがっとんねん。
女々しい奴や。どこが最後の日本男児やねん。
次の後楽園、ゼウス様が直々に現実の厳しさを教えたるわ。
お前みたいな甘っちょろいチビは、さっさと引退してサラリーマンにでもなったらええねん。

ゼウス


なんとも暴力的なまでの悪筆なため、内容を把握するのに時間を必要としたが、ようするにゼウスは小路に対し、「コネを使うな」「俺みたいに努力で出場権を勝ち取れ」「過去の栄光にすがるな」「引退してサラリーマンになれ」という、これ以上ないくらいスキのない最悪のコメントが並び立てられていたのだった。

これを聞いた小路は、当然のごとく「絶対に許さん! 絶対にボコボコにします!!」と怒りで唇を震わせたのだった。そして、ここで小路のスパーリングパートナーが姿を現わす。なんとその男は、やはり小路と同じ元PRIDEファイターの西島洋介! もちろん西島もダイヤモンド・キッズ・カレッジTシャツを着用だ。
「西島選手とはいつも一緒に練習をさせてもらっていて、ミットを持ってもらっています。ずっとボクの丹下段平役になってもらっている」と西島を紹介すると、さっそく公開練習に突入。西島の両手にはめられたミットとボディプロテクターには、ご丁寧にもゼウスの顔写真が貼られている。
そして、やおらミット目がけて重く鋭いパンチを打ち始めると、小路の額からはあっという間に玉のような汗が噴き出す。元PRIDEファイターらしい殺気に満ちた雰囲気で、顔面・ボディーとコンビネーションで打ち続ける。そして仕上げは、いきなり西島をタックルからテイクダウンさせると馬乗りになってマウントパンチのラッシュ! そしてあっという間に腕を取ると電光石火の腕十字へと移行。これには思わず西島も高速タップをしたのだった。

練習終了後、「これ(ゼウスの写真)は亀田じゃないからね?」と、小声で謎の確認を西島に取った小路。西島はこれにニヤリと笑うのみだ。そして、「次の後楽園では絶対にゼウスをぶっ潰します。アイツがもうプロレス界にいられなくしてやる、両腕をへし折って、ケチョンケチョンにしてやる」とあらためてゼウス破壊を宣言すると、最後はゼウスを顔写真を破り捨て、踏みつけて姿を消したのだった。

果たして、この日の公開練習では小路の“秘策”は結局わからず仕舞いだった。いや、小路と幾度となく口にしたゼウスに対する“殺意”こそが秘策なのかもしれない……。とにもかくにも、前代未聞のキラーモードと化した最後の日本男児が8月21日、後楽園ホールに降臨する。悪童ゼウスの運命やいかに!!

>>ハッスルの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!


080821_hustle_03.jpg
(情報提供:ハッスルエンターテインメント)

最後のXはなんと高田延彦からの刺客!
小路晃、『ハッスルGP2008』参戦決定!!


★以下、2008年7月23日ハッスルオフィシャルサイトより

7月23日(水)、都内・竹芝のハッスル道場にて『ハッスルGP2008』出場選手発表会見が行なわれ、高田延彦推薦枠として小路晃のGP参戦が発表された。

昨日(7/22)の会見で、タレントの小倉優子からの刺客“こ・り・た・ん”(・はハートマーク)の『ハッスルGP2008』電撃参戦が発表され、朝のワイドショーでもこのニュースが報じられるなど、早くも大きな反響を呼んでいるが、本日は残りひとつとなっていたGP出場枠がついに決定! そして、会見には約4年半ぶりにアノ男が姿を現わした!

hustle_soutou.jpg会見の冒頭、まずは岸本PRより集まった報道陣に向けて、『ハッスルGP2008』の主宰者である高田総統からのメッセージが読み上げられた。高田総統のコメントの内容は以下の通りだ。


【高田総統のコメント】
梅雨も明け、いよいよ夏本番。マスコミ諸君には、暑中お見舞い申し上げよう。我こそが高田モンスター軍総統、そしてハッスルの偉大なる支配者、高田だ!昨日、こりん星代表の参戦を発表したが、今日は、そのこりん星代表と対戦する相手を発表してやろう。一回戦に出場した連中は、強制出場のRGを除き、皆、厳しい最終予選を勝ち抜いてきた。しかしだ! これから発表する最後の代表Xは、特別に予選を免除している。なぜならば、その代表Xは私の古くからの友人が、ぜひにと強く推薦してきたからだ。詳しいことは、その友人から直接聞いてくれたまえ。


と、ここで会見場に現われたのは、高田総統の古くからの友人である高田延彦氏と、総合格闘家の小路晃だ!
1997年、日本格闘技界で産声を上げた総合格闘技大会『PRIDE』の第一回大会から出場し、PRIDE創世記を支えて続けてきた男、小路晃。ヘンゾ・グレイシー、マーク・コールマン、イゴール・ボブチャンチンら強豪ファイターたちと激闘を繰り広げ、体格差を恐れず果敢に突き進むファイトスタイルがファンの共感を呼んだことから“最後の日本男児”、“ミスターPRIDE”の異名を持つ総合格闘家だ。

080727_hustle_01.jpg

そして、もうひとり。小路の推薦人として、会見に臨んだ高田延彦氏。1997年の『PRIDE.1』におけるヒクソン・グレイシーとの歴史的一戦をはじめ、小路と同じくPRIDEを創世記から支え続けてきた高田氏は、2002年の引退後も統括本部長という立場から“PRIDEの象徴”として活躍。こうして高田氏がハッスルの会見に姿を現わすのは、『ハッスル.1』(2004.1.4/さいたまスーパーアリーナ)以来、実に約4年半ぶりとなる。

080727_hustle_02.jpg

「このたび、『ハッスルGP2008』に出場することになりました小路晃です!」
ファイターとして数々の歴史を刻み続けてきたPRIDEという闘いの舞台を失い、「テンションが下がっていた」という小路は、たまたま観戦に訪れたハッスルの会場で、「PRIDEと同じような熱を感じた」と強く感銘を受け、ハッスル参戦を強く希望。PRIDE時代から懇意にしていた高田氏にその旨を伝えたという。

この小路の希望を聞いた高田氏は、その後、偶然にも高田総統と食事会を行なう機会があり、その席で、「どうしても後押ししたい、ぜひ推薦した男がいる」とその場で小路の『ハッスルGP2008』参戦を申し入れ、高田総統はこれを了承。小路の念願が叶い、今回発表する運びとなったとのことだ。

「ハッスルは、“あの”リング以上に高いハードルがあるということは伝えており、小路本人も重々承知し、覚悟を持って臨んでくれると思います。“あの”リングで見せた、自信に溢れ、元気で明るいキャラクターは、ハッスルに向いているのでは」と小路の参戦に太鼓判を押した高田氏。この後押しを受けて小路は、「自分がPRIDEで培ってきたものをすべて出し切って、最高の試合をしたいと思います」とGPへの意気込みを力強くアピールした。


7.27『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2008〜7.27 in YOKOHAMA〜』(横浜文化体育館)で行なわれるGP一回戦で、小倉優子からの刺客“こ・り・た・ん”(こりん星代表)と対戦する小路。「すごいカードだね。こりん星代表と来たか!」と推薦人である高田氏も、思わず驚きの声を上げた“宇宙人vsPRIDEファイター”という仰天カードがここに実現したが、この予測不可能な闘いの行方は、果たして……!?


▼7.27『ハッスル・ツアー2008〜7.27 in YOKOHAMA〜』(横浜文化体育館)追加決定対戦カード

『ハッスルGP2008』一回戦
こ・り・た・ん(こりん星代表)
vs
小路晃(高田延彦推薦枠)

080727_hustle_03.jpg