(情報提供:ハッスルエンターテインメント)

“歌だけの参戦”を高田総統が却下し、まさかの展開に!
泰葉、『ハッスル・マニア2008』で試合をやるぞ!!


081230_hustle_mania_01.jpg

12月9日(火)、都内のホテルにて、歌手・泰葉が、12・30『KYORAKU presents ハッスル・マニア2008』(有明コロシアム)参戦発表会見を行なった。

9日朝、ハッスル公式サイトにて、2008年最大の祭典12・30『ハッスル・マニア2008』(有明コロシアム)への参戦が電撃発表された歌手・泰葉。スポーツのみならず芸能マスコミも多数詰め掛けたこの日の会見では、昨年11月に行なわれた落語家・春風亭小朝氏との離婚会見を彷佛とさせる金屏風の前で、マニア参戦に向けての熱い意気込みを語った泰葉だったが、会見の途中、アノ人の登場によってまさかの事態に……!?

無数のフラッシュがたかれるなか、露出多めのセクシードレスに身を包んだ泰葉は、満面の笑みを浮かべながら登場。まずは、会見に同席したハッスルエンターテインメントの山口日昇代表取締役より、泰葉の参戦経緯が発表された。

081230_hustle_mania_02.jpg

“どんな逆境でも、人はハッスルできる”というテーマを軸に、これまでハッスルが掲げ続けてきた“ファイティング・オペラ”、つまり“闘いの作品”というコンセプトを全面に押し出した形で行なわれる今年の『ハッスル・マニア』において、「この二つの要素を同時に、いまこの時期に体現できる人物は、泰葉さんしかいない」と、熱烈な参戦ラブコールを泰葉サイドに送ったことを明かした山口代表。その結果、泰葉サイドはマニア参戦を了承したものの、泰葉本人が「さすがに試合はムリ」と難色を示したことにより、ハッスルサイドは今年11月より歌手活動を再開した泰葉がハッスルできるよう、歌での出演を再度オファーし、晴れて泰葉のマニア参戦が実現する運びとなったのだ。

ハッスルサイドの“試合で参戦”という願いは叶わなかったものの、「泰葉さんが魂を込めて新しい曲(12月17日発売『お陽様よほほえんで』)をリングの上で披露していただけるということなので、“どんな逆境でも、人はハッスルできる!”ということを歌で表現していただけると思います」と期待を寄せた山口代表は、「某国民的歌番組に負けないようなインパクトのあるシーンを演出できたらと考えています」とアピール! これを受け、泰葉がマニア参戦に向けて意気込みを語った。

「山口代表からオファーをいただいたとき、私のような人間が、リングというみなさまにとっては“聖地”となる場所に上がって、歌わせてもらっていいものかどうか、非常に悩みました。本当に悩みましたが、私はこの年の最後にここで歌わせていただいて、“決着”をつけようと覚悟を決めました」

マニア参戦にあたり、あえて“決着”という言葉を用いて並々ならぬ決意を示した泰葉。この“決着”というのは、今年世間をにぎわせた一連の騒動に対するものなのか……!? さらに泰葉は、マニア参戦の決意を固めたもうひとつの理由が、いまから20数年前、日本武道館にて、世界的大スターであるフランク・シナトラが円形ステージで熱演したことに感銘を受けたことにあることを明かし、「私は、“いつかフランク・シナトラになってやりたい!”と思っていたら、こんなに早く……」と、四方の観客から視線が注がれるリングでのステージに思いを馳せた。


そして、会見はマスコミによる質疑応答へ突入……と思いきや、会場内に「質問! 誰の許可を取って、こんな会見を開いているんだよ!」という声が! そして、『威風堂々』が鳴り響き、壇上に姿を現わしたのは、高田総統だ!

さっそく高田総統は、「本当はな、今日は、『ハッスル・マニア』のメインカードを発表する日だったんだよ。それなのに、昨日の夜、急に山口クンから電話があってさ。“会見を延期します”って、ドタキャンだよ! せっかくスケジュール空けておいたのに、急にヒマになっちゃったからさ。このホテルでランチをしていたら、私に内緒でなんだこの記者会見はよ! こ〜の〜野郎!」と怒りをあらわにすると、「我こそが高田モンスター軍総統、そして、ハッスルの偉大なる支配者、高田だ!」と自己紹介。高田総統の迫力に圧倒されたのか、静まる会見場に対し、「拍手はないんデースカ?」というアン・ジョー司令長官の呼び掛けでようやく拍手が沸き起こる。

さらに怒った高田総統の口撃の勢いは増す一方で、「おい、山口クン! その“プッツンおばちゃん”をマニアに出していいなんて、誰が言ったんだよ? 考えてみろ、『ハッスル・マニア』は、歌番組で言ったら、紅白歌合戦だよ。まあ、たいしたヒット曲もない、箸にも棒にも引っ掛からない三流の歌をなぜマニアで聴かなきゃいけないんだよ!」と、山口代表をピシャリだ! これに対し、会見終了後の話し合いを高田総統に提案する山口代表だったが、高田総統は「既成事実を作ってごまかそうとしたって、そうはいかないんだよ!」とこれを一蹴。そして、口撃の矛先が泰葉に向けられると、「おばちゃん! 今日はあれか? 角砂糖はなめてなくていいのか?」とニヤリ。続けて、「“新しい私に生まれ変わりたい”って、一見聞こえはいいが、要するに自分が散々巻き散らしたわがまま、罪悪感を忘れたいってだけだろうよ。ん?」と、あまりにもキツ〜イ言葉を“これでもか〜、これでもか!”と浴びせ掛ける。

この挑発に対して、「総統、相当やるな!」と、かつて“昭和の爆笑王”と呼ばれた父・林家三平ゆずりのダジャレで主導権を奪い返そうとする泰葉だったが、失笑が漏れる場内に「もっと受けるところだったのに……」と落胆。それでも、泰葉は「私はそんなに悪い女かもしれないが、初対面でそんなことを言わなくてもいいんじゃないか! ひどいじゃないか! 謝れ、総統!!」と、興奮ぎみに詰め寄ると、高田総統は「ど〜も、すいません!」と、ここぞとばかりに林家三平の往年の名ギャグで応戦し、さらに「図々しいにもほどがありますヨ!」と、アンも泰葉を挑発だ。

するとここで、高田総統は「本当にマニアで歌いたいのであれば、その前にきちんと“ミソギ”をしろよ。リングの上で試合をして、勝ったあかつきには、マニアで歌わせてやるよ。このアイデアが嫌だったら、すべての話は無しにしよう」と、勝ったら歌えることを条件に、なんと泰葉が難色を示していた試合での出場という厳しい要求を突き付けたのだ!

081230_hustle_mania_03.jpg

歌が歌いたければ、試合をしてしかも勝たなくてはいけない。あまりにも厳しい選択を迫られ、「試合? 試合ですか……試合をして勝たなきゃいけないのか? 私は体力も無いし、こんな女だが、試合はできるんだろうか……」と自問自答を繰り返し、悩む泰葉。この状況に業を煮やした高田総統は、「どうするんだよ? 帰るぞ!」と決断を迫ると、泰葉は「試合をする……試合をしてやる! 私にも女の意地がある! 試合で勝って、歌ってやる! 決めた!!」と、なんと試合での出場を決断したのだ! すかさず、高田総統が「その言葉に二言はないんだな」と最終確認すると、「全然自信はないけど、総統に相当言われたから、やってやる! もうおかしくなってきた。私は、ダルビッシュじゃなくて、エネルギッシュだ!! やってやる!」と、泰葉はハイテンションで応戦! これを受け、高田総統は「よし、分かった! ならば12月30日、おばちゃんのデビュー戦、正式決定だ! 対戦相手は、この私が吟味して、決まり次第、後日発表しよう。マスコミの諸君、楽しみにしてくれたまえよ。バッドラックだ!」と言い残し、会見場から去って行ったのだった。

当初は歌での参戦だったはずが、高田総統の挑発に乗ってしまったばかりに、“試合をして勝たなければ歌えない”というあまりにも厳しい条件を背負うこととなってしまった泰葉。この誰もがビビって、たじろぐ急展開に、まだ興奮が収まらないのか「武士に二言はない! 武士ではないが、二言はない!」と意気込みを見せ、会見場の笑いを誘った泰葉は、「私は一度言ったことは、やり通します。これが“ミソギ”ということなんでしょう。分かりました。体力に自信はありませんけど、これから毎日トレーニングをやらせていただきます。これも逆境のひとつでしょう。乗り越えさせていただきます! 30日、勝って、歌わせていただきます!!」と、デビュー戦での勝利&歌の披露を誓った。また、会見では、12・24『ハッスル・ツアー2008〜12.24 クリスマスSP part.1〜』(後楽園ホール)に、泰葉が来場することも併せて発表された。もしかすると、クリスマス・イヴにモンスター軍の魔の手が、泰葉に忍び寄る……!?

とにもかくにも、泰葉は、12・30『ハッスル・マニア2008』(有明コロシアム)で行なわれるデビュー戦で勝たないことには、夢のステージで勝利の凱歌をあげることはできない。まさに、“逆境”に立たされた泰葉は、われわれにどんな“ファイティング・オペラ”を見せてくれるのか!? 泰葉よ、いまこそハッスルしろ!!


>>ハッスル 公演詳細/申込みはコチラ!

>>「殴って、ボコボコにしたことがあります」泰葉会見および、山口代表の囲み会見の模様をお届け!!

泰葉 ニューシングル 「お陽様よほほえんで」(作詞・作曲:泰葉) 絶賛発売中♪
「アントニオ猪木に訊け」インタビュー
(構成・文:安田拡了)

異色なプロレスへA〜IGFを「格闘デパート」にする!

080815_genome6.jpg

★IGFプロレスリング『GENOME6 〜闘魂BOM−BA−YE〜』8/15(金)国技館大会 詳細とチケット申込はコチラ!

 安全で無難に生きていくプロレスラーが多くなってきた。しかし、冒険しなくなった選手に、いったい誰が憧れるのだろうか。業界が面白くなくなってしまったのは、猪木のような破天荒な人物が現役レスラーにいなくなったからだと極論しても「いや違う」と真っ向から反対する人は少ないのではないか。

 そこで猪木に訊きたい。どうすれば、この業界は活性化するのかと。すると猪木の口から「ダメだろうね」とそっけない言葉が返ってきた。しかし、それでは元も子もない。IGFではどうするのか。猪木が出した答えは「格闘デパートにしたい」だった。ほう、格闘デパートか!? いったいどういうものなんだ。さあ、「アントニオ猪木に訊け」インタビュー第二弾をどうぞ!


 ―6月の札幌も大きなドームだったし、しかも函館もあって北海道2連戦。成功に終わらせた。8月の両国が目の前。かなり大掛かりのものを期待していいですか?

「そのつもりでいますよ。リスクはあるけどそれも楽しいかなと思ってますよ。来たい人は来てください(笑)。しかしね、格闘技もそうだけど、新しい選手が出てきてないよね。UFCにしても何にしても。なんかPRIDEの選手がUFCに移っていったような。なんか大きなものが出てこればね。かつてWWEにホーガンが出た時にロックとかスターも生まれた。いまね、異色な選手というと北欧とか、いっぱい売り込みがきているんですよ。それこそプロのテクニックを教えていけば面白いですね」

 ―異色というのは、これまでのストロングとは違うということですか?

「強いやつですよね。最低でも5人くらい強烈に強いヤツを出したいと思っていますよ。プロ的なキャラクターを持っているのは探せばつれてこられるんだけど、やっぱり強いヤツが一番。一方でショー的要素というか、ある意味プロレス的のようなものがあってもいいと思うけどね。ファンの心って非常に難しいじゃないですか。こっちの思いと、それがうまくかみ合わないとね」

 ―猪木さん、以前に亀田親子が騒がれている時に応援するようなメッセージを出されました。あの時、亀田親子がIGFに出るもんだと思いましたよ。面白いことにほかのプロレス団体は何もしなかったですね。亀田親子、特に亀田史郎氏はプロレスのリングに上げるのにヒールとして面白いのに。猪木さん、亀田親子をIGFに取り入れるというのはないですか?

「いいですね。うふふ。まあ、IGFはどうしても大型になるんでね、リングというのは大型の選手が必要になるんですよ。だから、IGFは言うなれば“格闘デパート”でもいいのかなとも思うね。いろんなジュエリーもあるし、着るものもあるし、みたいな。そういう発想も面白いかなと思うね」

 ―いろんなものがあって、お客さんが求める核がその中にひとつあればいいわけですからね。

「昔はね、だから異種格闘技があって、プロレスの中で佐山(タイガーマスク)がいたりね。その辺が新しいというか。結局、昔のプロレスを追いかけたってしょうがないんだよね。人はみんな昔のプロレスを追いたがるけど」

 ―そうすると亀田親子は格闘デパートのひとつになる?

「彼とは時々、会ったりしてますけどね。いま日本の社会の構造全体がおかしくなっているから、正論だと思っていることが的外れのことっていっぱいあるんじゃないの。亀田にしたって18のガキが一生懸命に闘ったんだよ。入場料払ってきたやつが文句を言うのはしょうがない。ただしわけのわからねえババアが出てきて、国民に謝れとか、言っていること自体がおかしいんじゃない。マスコミだからしょうがないけどさ。朝青龍問題にしても、みんなが「行儀が悪い」という。行儀が悪いのは当たり前だろう。何言ってんだよ、あいつら出稼ぎだよ。昔は外国人を大相撲に入れなかったんだから。力道山だって百田家に養子に入って、そこから相撲をやっていた。いまになって国技がどうのといっているけど、相撲の批判をしているわけじゃないよ。世の中、インチキばっかりだよ。亀田のことをうんたらいうけど、てめえのガキ見てみろよ。それとネットのことだが、ものを言うのなら堂々と、匿名じゃなくて言えよ。ネットを見て自殺するガキだって出てくるわけだしね。そういうのを含めてプロレスレスラーも自己主張をしなけりゃいけないと思いますよ。私が誰だかわかりませんじゃ、しょうがねえじゃん。俺はアントニオ猪木だと、堂々と名乗りを上げていける。たぶん、いまそこんところが一番欠落している部分じゃないの」

 確かに1980年代の猪木率いる新日本プロレスは親子でタイガーマスクを見に来た。その中で猪木の試合もあったし、長州、藤波の試合もあった。アンドレ・ザ・ジャイアントという怪物レスラーを見たいというファンもいた。

 新日本はある意味、プロレスの「デパート」だった。猪木は、過去を振り返るようなものにはしないが、いまの時代にはまるような格闘デパート的なものをIGFで作りたいと思っているのだ。そして、やるなら大きな会場。

「IGFは1周年。まだまだ認知度が低いが、世界中にファンがいるということだけはわかった。みんなアクセスしてきますから。世界に通用する選手というか。そういう選手をこれから育成したいと思っています。だから、いま道場も計画しているんですよ」

 選手育成には道場は欠かせない。ただ猪木がずっと道場にいることもできないから、指導者という部分がネックになっているらしい。

 





(情報提供:ハッスルエンターテインメント)

「歌って踊れるハッスラーの看板、俺が奪ったるわ!!」
川田戦を前に、8・21後楽園大会でRGが歌声を披露!!


080823_hustle_01.jpg

★以下、2008年8月6日ハッスルオフィシャルサイトより


8月6日(水)、ハッスルエンターテインメントに8・23『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2008〜8.23 in OSAKA〜』(大阪府立体育館)で行なわれる『ハッスルGP2008』2回戦で川田利明と対戦するRGからコメントが到着!

7・11『ハッスル・ツアー2008〜7.11 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で行なわれた『ハッスルGP2008』1回戦で赤鬼蜘蛛(鬼蜘蛛代表)と対戦したRG(強制出場)は、この日がちょうど命日だった“ハッスル・キング”故橋本真也さんの“破壊王殺法”で、赤鬼蜘蛛からまさかのピンフォール勝ちを奪取! GP1回戦最大の番狂わせを演じて見せたのだった。

8・23『ハッスル・ツアー2008〜8.23 in OSAKA〜』(大阪府立体育館)で行なわれる『ハッスルGP2008』2回戦、RGの相手は優勝候補の“モンスターK”川田利明だ。まともに闘ったところで、到底勝てる相手ではない。ところが、川田の恩情によって、この試合はプロレスではなく、観客ジャッジシステムによる歌合戦で勝敗を争うことが決定! この千載一遇とも言えるチャンスに燃えるRGから、川田戦に向けてのコメントが届いた。内容は以下の通りだ。


【RGのコメント】
ハッスルファンの皆さん、暑中お見……マイティ井上のサマーソルトドロップ! ギャグもますます絶好調のRGです。
先日、高田総統が決定した『ハッスルGP2008』2回戦の組み合わせ。あれを見て、正直、僕は驚いちゃいましたよ!

横浜で、川田のバカが言っていたのは、てっきり冗談だと思ってたのに……。
まさか、本当に歌対決になるとは! こっちの思う壺じゃないですか〜!
高田モンスター軍はバカですよ、バカ!! 1回戦に続いて、僕に追い風が吹いてきました!
もしかしたらもしかして……こりゃ優勝も夢じゃなくなってきましたよ!

はっきり言いますが、歌だったら僕は川田に楽勝です! 芸人の仕事では、歌う機会がこれまでなかったので、宝の持ち腐れになってましたが、いよいよ僕の美声を披露するときが来たようですね!

と言っても、ファンの皆さんは、僕の歌の実力を疑っているでしょう。
ですから、次の後楽園大会! 僕の自信がウソでないことを証明してみせます。
川田! 歌って踊れるハッスラーの看板、俺が奪ったるわ!!


なんと高田モンスター軍をバカ呼ばわりした挙げ句、さらにはGP優勝宣言までブチ上げたRG。恐れ知らずなのか、それとも単なるバカなのか、とにもかくにも川田との歌合戦に絶対の自信を見せるRGは、本番を前に8・21『ハッスル・ツアー2008〜8.21 in KORAKUEN〜』(後楽園ホール)で美声を披露するというのだ!

毎度恒例のハッタリなのか? それとも、本当に歌がウマいのか? はたして、RGの真の実力はいかに……!?

▼8・23『KYORAKU presents ハッスル・ツアー2008〜8.23 in OSAKA〜』(大阪府立体育館)決定対戦カード

『ハッスルGP2008』2回戦
坂田亘(アホ代表)
vs
越中詩郎(新しい日本代表)

『ハッスルGP2008』2回戦
ボノちゃん(U-18代表)
vs
長尾浩志(銀牙軍団代表)

『ハッスルGP2008』2回戦
ボブ・サップ(アメリカ代表)
vs
8・21後楽園大会、小路晃vsゼウスの勝者

『ハッスルGP2008』2回戦
川田利明(栃木県代表)
vs
RG(強制出場)
※川田vsRGは特別ルール、観客ジャッジによる歌合戦で行なう。

>>ハッスルの公演詳細とチケットのお申し込みはコチラ!