(C)Good Loser

 7月16日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.77 〜日本vs中国・6対6全面対抗戦〜」の[日本vs中国・6対6全面対抗戦・第5試合/-66kg Fight/3分3R・延長1R]でチュー・ジェンリャンと対戦する小宮由紀博のインタビューを公開!

――「Krush.74」4.2後楽園のKrush-65kg王座決定戦で中澤純選手に敗れたことは、小宮選手にとって大きな敗戦でしたか?

「大きな敗戦に感じたというか…全てが終わった感じになってしまって、久しぶりにとことん落ち込みましたね(苦笑)」

――それだけKrush-65kg王座決定戦に懸けていたんですね。

「そうですね。その中で自分のパフォーマンスが出来なかったということが、とにかく悔しくてしょうがなかったです」

――その中で今回の日本vs中国・6対6全面対抗戦のオファーを受けた時は、どんな心境でしたか?

「敗戦の後だったので、すごく光栄だったんですけど、『僕でいいのかな?』という感じもありました。でも、せっかくチャンスをいただいたので、今は前回の試合で出来なかったことを全てやってやろうぐらいの気持ちでいます」

――日本代表として戦うことに関して特別な想いはありますか?

「はい。日本代表の一員として戦えることになって、モチベーションはすごく高いです。勝負にこだわって全力で戦いますし、良い試合をして興行を盛り上げたいと思います」

――相手のチュー・ジェンリャンは“中国最強の男”の呼び声も高い、今回の対抗戦の中でも一番の強豪選手と言われている選手です。

「今の中国人選手はとてもレベルが高いので、彼らと戦うことが嬉しいです。相手のジェンリャン選手の映像も見て、すごくレベルの高い選手ということも分かっています。僕自身も過去に中国で日本VS中国の対抗戦に出場したことがあって、中国人のレベルの高さを自分自身も感じたので、本当に命がけで戦いたいと思います」

――ジェンリャンは自分が今までやってきたことをぶつけられる相手ですか?

「今回の試合は、何が切り口になるかというよりも、自分の良い部分を出せるか出せないかが勝敗を大きく分けると思います。正直、自分の良い部分が出せないと勝てないと思っているので、そこに集中していきたいです」

――小宮選手にとってはジェンリャンのような強い選手と戦うことがモチベーションや燃える材料になりますか?

「僕はあまり面白いことが言えるタイプではないので、自分の強さを見てもらうことで興行を盛り上げて自分自身を築いてきました。これからもそれは変わらないので、全力で戦いたいと思います」

――次の対抗戦も含めて今後はどんな戦いを見せていきたいですか?

「今はとにかく次の一戦に集中していて、その後のことは何も考えていないです。この試合に全てを懸けたいと思います」


【対戦カード】
[日本vs中国・6対6全面対抗戦・第6試合/Krush -60kg Fight/3分3R・延長1R]
卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
vs
ジェン・ジュンフェン(中国野狼クラブ/CFP)

[日本vs中国・6対6全面対抗戦・第5試合/-66kg 契約/3分3R・延長1R]
小宮由紀博(HEAVY CLASS)
vs
チュー・ジェンリャン(大東翔クラブ/CFP)

[日本vs中国・6対6全面対抗戦・第1試合/-67.5kg 契約/3分3R・延長1R]
渡部太基(Golden Globe)
vs
ティエ・インホァ(大東翔クラブ/CFP)



■大会名:Krush.77
■日時:7/16(日)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-07-13 15:22 この記事だけ表示


(C)Good Loser

 7月16日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.77 〜日本vs中国・6対6全面対抗戦〜」の[日本vs中国・6対6全面対抗戦・第6試合/-60kg Fight/3分3R・延長1R]で卜部弘嵩と対戦するジェン・ジュンフェンのインタビューを公開!

――急遽Krushへの出場が決まりましたが、どんな心境ですか?

「最初は『本当に?』という感じで信じられなかったよ。自分もいつかKrushに出たいと思っていたので、とても興奮している」

――Krushというイベントにはどんなイメージを持っていますか?

「最初はそれほどKrushについて詳しくはなかったけれど、今年の3月3日にユン・チーが小澤海斗と試合をして負けたことでKrushを強く意識するようになった。ユンはすごく強い選手だから、KrushにもK-1と同じように強い選手が揃っていると思うようになったよ」

――格闘技を始めたきっかけを教えて下さい。

「自分自身、武術が大好きだったし、父や先輩たちもみんな武術を習っていて、小さい頃から自然と影響を受けていたんだ。それで伝統武術に触れるようになり(中国の伝統武術である)套路を練習していた」

――今の練習環境・状況を教えて下さい。

「今は大東翔クラブでトレーニングしていて、トレーナーのチャオ・シージェ先生が、この試合のための特別メニューを作ってくれている。内容については…シークレットとしておこう。ハハハハ(笑)」

――ジュンフェン選手はMMAの経験もあるそうですが、MMAの経験は立ち技にも活きていますか?

「もちろんMMAとキックボクシングはルールが違うけれど、試合におけるメンタル面をレベルアップするためには(MMAをやることは)とても有利だと思っている」

――自分のどこをKrushのファンに見てもらいたいですか?

「自分はパンチが得意だから、試合ではそれを見て欲しい。パワフルなパンチを見せるよ」

――K-1・Krushではウェイ・ルイなど中国の選手が活躍していますが、刺激になっていますか?

「ウェイ・ルイさんはとても素晴らしいファイターで、私だけでなく中国の他の格闘技の選手のお手本にもなっているよ」

――対戦相手の卜部弘嵩選手の印象を教えてください。

「とても強い選手だと思う。K-1やKrushのリングには多くの強者がいて、対戦相手の卜部弘嵩は元K-1王者だから実力は証明されているよ。あとはリングで戦うのみだね。得意のパンチでKOするよ」

――日本で戦う上での目標を教えてください。

「ガンガン打ち合うファイトをして、日本のファンに自分のことを印象つけることだ」

――日本のファンにメッセージをお願いします。

「7月16日、『Krush.77』の日中全面対抗戦を期待していてほしい。そして“鉄腕(ジェンのニックネーム)”ジェン・ジュンフェンをぜひ応援してくれ!」!


【対戦カード】
[日本vs中国・6対6全面対抗戦・第6試合/Krush -60kg Fight/3分3R・延長1R]
卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
vs
ジェン・ジュンフェン(中国野狼クラブ/CFP)

[日本vs中国・6対6全面対抗戦・第5試合/-66kg 契約/3分3R・延長1R]
小宮由紀博(HEAVY CLASS)
vs
チュー・ジェンリャン(大東翔クラブ/CFP)

[日本vs中国・6対6全面対抗戦・第1試合/-67.5kg 契約/3分3R・延長1R]
渡部太基(Golden Globe)
vs
ティエ・インホァ(大東翔クラブ/CFP)



■大会名:Krush.77
■日時:7/16(日)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-07-13 15:20 この記事だけ表示


(C)Good Loser

 7月16日(日)東京・後楽園ホールで開催される「Krush.77 〜日本vs中国・6対6全面対抗戦〜」の[日本vs中国・6対6全面対抗戦・第6試合/-60kg Fight/3分3R・延長1R]でコン・ロンと対戦する卜部弘嵩のインタビューを公開!

――2月のK-1スーパー・フェザー級タイトルマッチで大雅選手に敗れて、3日後から練習を再開していたそうですが、早く練習したいという気持ちだったんですか?

「そうですね。2月の試合前から“練習でダメだった所はすぐに修正する”というのを繰り返していて、2月の試合が終わった後も“ダメな所を修正しないといけない”と思っていたので、すぐに練習を再開しました」

――試合には負けてしまいましたが、自分の持ち味が出せた手応えは感じていましたか?

「手応えも感じた上で、ダメな所もハッキリ分かりました。自分の中で、どうすればいいのかが明確に分かっていたので、負けても止まるわけにはいかないなと思ったんです。自分がすぐに動き出すことによって、自分がさらに強くなるイメージも出来ていたし、トレーニングをずっと続けているので身体の仕上がりも良い状態のままですね」

――オファーがあればいつでも試合が出来る状態だったんですね。

「はい。いつでも試合が出来るくらい仕上がっています」

――そして今大会では「日本vs中国・6対6全面対抗戦」の大将として復帰戦が決まりましたが、オファーを受けた時はどんな心境でしたか?

「嬉しかったですし、気合いが入りましたね。Krushのリングは、ずっと戦ってきたリングなので、そこで復帰戦が出来るのは色々と感慨深いものがあります」

――K-1のタイトルを獲ったあと、Krushのリングからは遠ざかっていましたが、またKrushに出場したいという想いはあったんですか?

「やはり僕にとってKrushが復帰戦の場として最高の舞台だと思うし、僕の復帰戦はKrush以外にはないと思っていました」

―対戦相手のコン・ロンにはどんな印象を持っていますか?

「試合映像を見るとイケイケのファイターで、凄くパンチ力もある選手です。スリルのある試合になると予想する人も多いと思うんですけど、そこは圧倒的な力で勝ちたいと思います」

――2月の試合以降、自分が変化・進化しているという実感はありますか?

「自分でも調子が良いのが分かるので、間違いなく強くなっていますね。2月のK-1に出場していた自分と今戦ったら1RでKOすると思えるぐらい今の自分は強くなっている実感があります。良い試合になると思うので、ファンの皆さん期待していてください」

――弘嵩選手自身、K-1のタイトルを失って今回から新しいキャリアに入っていくと思うのですが、これからはどんな試合をしていきたいですか?

「今までは瞬発的に戦ったり、身体能力でカバーして戦っていた部分もあったと思うんですけど、それで怪我もして身体能力だけではダメだということがよく分かりました。これからは頭を使って試合をしていくことも大事だと思っています」

――今、弘嵩選手にはどんな目標・モチベーションがありますか?

「もちろんタイミングがあれば、またK-1のベルトも狙っていきたいです。でもK-1のベルトは、その時に一番強い人間が持つべきだと思っているので、お客さんや見ている皆さんが『K-1王者は卜部弘嵩以外ありえないだろ?』と思うタイミングで、タイトルマッチが出来ればいいかなと思っています」

――改めて日本代表として中国勢を迎え撃つ心境を聞かせてもらえますか?

「今、中国のレベルは凄く高く、今回の対抗戦には(K-1ライト級王者)ウェイ・ルイ級の強い選手たちが来日すると聞いています。それだけレベルの高い中国勢を相手に、どれだけ日本の選手が戦えるか分からないし、日本代表で戦うということにはプレッシャーもあります。もしかしたら日本勢が5連敗で僕が残っちゃうかもしれませんし、どうなるか分かりません。ただ仮に5連敗して僕が残ったとしても、僕が最後に日本代表の大将戦として圧倒的な強さを見せたいと思います」


【対戦カード】
[日本vs中国・6対6全面対抗戦・第6試合/Krush -60kg Fight/3分3R・延長1R]
卜部弘嵩(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
vs
ジェン・ジュンフェン(中国野狼クラブ/CFP)

[日本vs中国・6対6全面対抗戦・第5試合/-66kg 契約/3分3R・延長1R]
小宮由紀博(HEAVY CLASS)
vs
チュー・ジェンリャン(大東翔クラブ/CFP)

[日本vs中国・6対6全面対抗戦・第1試合/-67.5kg 契約/3分3R・延長1R]
渡部太基(Golden Globe)
vs
ティエ・インホァ(大東翔クラブ/CFP)



■大会名:Krush.77
■日時:7/16(日)
■会場:後楽園ホール (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-07-13 15:16 この記事だけ表示