9月16日(土)、エディオンアリーナ大阪が現代のマハラジャになる! 世界最大のスポーツエンターテインメント団体WWEが今年2度目の日本公演を開催。6・30&7・1東京につづき、9・16は大阪での実現だ。今回はスマックダウンブランドのスーパースターたちが大挙上陸するもので、中邑真輔と並び現在もっとも旬なのが、WWE王者ジンダー・マハルと言っていいだろう。

 マハルは身長2メートル近いインド系のスーパースター。今年の「レッスルマニア33」まではまったくノーマークの存在だったが、祭典以後に急浮上。4月の「スーパースター・シェイクアップ(再編成)」でロウからスマックダウンに移籍し、運命が変わったということか。4・18ルイビルでのWWE王座次期挑戦者決定6パックチャレンジに抜擢されるとサミ・ゼインから勝利し、ランディ・オートンが保持するベルトへの挑戦権を獲得した。  5・9英国ロンドンではメインでオートンと6人タッグながらカラス(コブラクラッチスラム)で直接ピンフォールを奪い、さらに注目度を高める。5・16マンチェスター(米国)においてはオートンvsバロン・コービンのメイン後に現われ、親衛隊のシン・ブラザーズ(サミア・シン&スニル・シン)とともに王者を襲撃、最後はカラスの餌食にしてみせた。そして、中邑真輔のスマックダウンデビューが話題となった5・21シカゴPPV「バックラッシュ」で、オートンとのタイトルマッチがメインで実現。この試合に勝利し、「WWE史上に残る番狂わせ」と言わせたのが、マハルなのだ。

 もともとはカナダ生まれで、デビュー当初はカルガリーの名門スタンピードレスリングを主戦場としていた。WWE入りは2010年で、当時傘下のFCWでジンダー・マハルに改名。12年にはヒース・スレーター、ドリュー・マッキンタイアとトリオユニット、3MB(スリーメンバンド)を結成した。その名の通り、モチーフは3人組のロックバンドである。

 スレーターやマッキンタイヤはともかく、正直、マハルにバンドキャラは似合わなかった。当時、武闘派のザ・シールド(ロマン・レインズ&セス・ロリンズ&ディーン・アンブローズ)が台頭したこともあり、3MBの影は薄くなってしまう。国籍やタイプもバラバラでコミカルな部分もマハルには災いした。道化役のまま、マハルは一時WWEから姿を消した。

 プエルトリコのWWCを経て、15年にマハルはアントニオ猪木のIGFに参戦することとなる。日本ではラジャ・シンのリングネームで王彬(ワン・ビン=16年6月WWE入団)、橋本大地、KENSOとシングルで闘った。

 16年8月には、スレーターに呼ばれるかたちでWWEに復帰を果たす。そして今年、潜在能力を爆発させて大ブレイク。“インド13億人”の期待を一身に背負うほどのスーパースターとなったのである。

 WWE王座を手にしたマハルは、6・18PPV「マネー・イン・ザ・バンク」でもオートンを返り討ちにしてみせた。この日はリック・フレアーをはじめレジェンドたちが最前列に勢揃い。ここでシン・ブラザーズがオートンの父“カウボーイ”ボブ・オートンにちょっかいを出した。これを見たオートンはブラザーズにRKOをお見舞い。痛快なシーンの直後、リング上で待っていたのはマハルの必殺技カラスだったのである。

 さらに7・23PPV「バトルグラウンド」では、二重の竹檻に囲まれた中で闘うパンジャムプリズンマッチで再びオートンを返り討ちに。ここではインド系の元・世界ヘビー級王者グレート・カリが出現、オートンのエスケープ勝利を阻止し、インド系の総合力を誇示してみせた。 また、バロン・コービンがマネー・イン・ザ・バンクでマネー権を手に入れても、マハラジャ政権は揺るがなかった。8・15プロビデンスではジョン・シナとのシングルをぶち壊され、キャッシュイン(マネー権行使)を宣言されるも、秒殺で防衛成功。マネー権のジンクスをものともせず、つづく8・20PPV「サマースラム」では中邑真輔の挑戦を退けた。 8・22スマックダウンの時点で、マハルは中邑との再戦を拒否していたのだが、日本時間の8月29日に9・16大阪公演での再戦が決定、しかもマハルが王座をキープしていれば、試合はそのままタイトルマッチとなる。日本vsインドの第2ラウンドが大阪で実現。中邑がここで王座を奪取すれば日本人初のWWE王者が誕生。そして、マハルの戴冠が「WWE史上に残る番狂わせ」と言われたように、中邑もWWEの歴史に名を刻むことになる。果たして、結果はどのように転ぶのか。「サマースラム」再戦は、日本のWWEユニバースにとって最大のプレゼント。絶対に見逃せない、現在進行形の注目カードが、大阪にやってくる!

※日付はすべて現地時間。王座は8月22日スマックダウン終了時点のもの。

(構成・文:新井 宏)



■大会名:WWE Live Osaka
■日時:9/16(土)
■会場:エディオンアリーナ大阪 (大阪府)

チケットの詳細はこちら

2017-09-01 16:48 この記事だけ表示

 WWEが9月16日(土)エディオンアリーナ大阪で開催する「WWE LIVE OSAKA」は、中邑真輔にとって3度目の凱旋帰国である。

 新日本プロレスを退団し、NXTのリングに初めて上がったのが2016年4月1日、「テイクオーバー ダラス」でのサミ・ゼイン戦だった。日本時代とほとんど変わらぬ姿が現地でも大歓迎され、ストロングスタイルの闘いで大旋風を巻き起こした中邑は、同年7月の東京公演で初凱旋。両国国技館の2連戦で、クリス・ジェリコ、ケビン・オーエンズを破っている。日本育ちのジェリコから「将来のチャンピオンだ」と太鼓判を押されると、その翌月、ジェリコの予言通りサモア・ジョーを破ってNXT王座初戴冠を成し遂げた。一度は奪われたベルトながら、12月の大阪公演、2度目の凱旋ではキッチリと奪回に成功。NXTが単独で日本にやってくるのは、あのときが初めてだった。つまりは、中邑の活躍ありきで実現したジャパンツアーだったのだ。

そして今回、3度目の凱旋帰国も中邑の存在があってこそ、と言っていいだろう。中邑は今年4月にNXTを卒業、スマックダウンに昇格した。スマックダウンはロウと並ぶWWEの一大ブランド。今年はすでにロウを中心とした日本公演が東京でおこなわれており、通例ならば次回は来年、となる。しかし昨年12月に中邑所属のNXT、今年9月には中邑が移籍したスマックダウンが日本にそのままやってくる。まるで中邑を中心にしてWWEが動いているかのようでもある。

メインロースターとしての凱旋帰国だけでもビッグニュースだが、今回は過去最大級の手土産まで持ってくる。それは、スマックダウン主力としての姿であり、真夏のビッグイベント「サマースラム」でタイトルマッチを経験した実績である。

 中邑のスマックダウン昇格は、「レッスルマニア33」から2日後の4・4リッチモンドだった。「レッスルマニア」直後のロウ、スマックダウンでは、毎年のようにビッグサプライズが発生する。それはつまり、新しい物語のスタート。今年の場合は、中邑真輔がそれに該当するというわけだ。そのことからもWWEが寄せる期待の高さがわかるというものだ。

この日、本編では登場のみで試合は組まれなかったのだが、テレビ放送終了後のダークマッチでドルフ・ジグラーと一騎打ちをおこなうボーナストラックが会場のファンを狂喜させた。中継枠ではなかったものの、会場ではメイン扱い。ここで中邑はリバースパワースラムからのキンシャサ(ボマイェ)で勝利。ジグラーがそのまま、スマックダウンでの抗争相手第1号となったのである。

 スマックダウンの一員として初めて(テレビ枠で)試合をおこなったのは、5・21PPV「バックラッシュ」。中邑はオープニングマッチでジグラーを返り討ちにしてみせた。この大会での第1試合は、メインイベントと同じく重要な意味を持つ。いわゆる大会の“つかみ”であり、それはそのままブランドのセールスポイントだったのだ。

 中邑は昇格から即、スマックダウンの重要人物となっていた。「バックラッシュ」2日後には、“元・新日本”のAJスタイルズとタッグを組み、メインで再会。ジグラー&オーエンズ組との対戦で、中邑がキンシャサからオーエンズをフォールした。日本でも対戦したオーエンズとのシングルも、6・6ロチェスターのメインに組まれた。ここでも必殺のキンシャサを爆発させ勝利するのだが、試合後、バロン・コービンに乱入され、決め技のエンド・オブ・デイズを食らわされた。コービンからの宣戦布告。ジグラーに次ぐ第2の抗争がスタートした。

 このころはちょうど、PPV「マネー・イン・ザ・バンク」を控えた時期。6・13ニューオーリンズではマネー・イン・ザ・バンク・ラダーマッチの前哨戦6人タッグマッチがおこなわれ、試合後には中邑がラダーに上がり、ブリーフケースをゲットするデモンストレーションを敢行した。PPVメインでの勝利を誰よりも強いインパクトで予告してみせたのである。

 ところが、6・18PPV「マネー・イン・ザ・バンク」ではコービンが中邑の入場を急襲。6人が同時に闘う試合ながら、中邑は終盤まで戦線離脱を余儀なくされてしまったのだ。そして、ラダー上のブリーフケースを掴み取り、結果的にいつでもどこでもタイトルマッチに挑戦できる権利を手に入れたのがコービンだった。その後もコービンはなにかと中邑を付け狙い、バックステージでもブリーフケースで襲撃している。WWE王者ジンダー・マハルを狙うと同時に、中邑もターゲットにしていたのだ。

 コービンとは7・23PPV「バトルグラウンド」で一騎打ちをおこない、中邑が不本意な反則勝ち。それでも2日後には再戦でフォール勝ちを奪い、決着をつけたのだった。
その後、スマックダウン登場から最大のチャンスが与えられた。WWEの顔であるジョン・シナとの夢の一戦が決定し、しかもWWE王座次期挑戦者決定戦としておこなわれることになったのだ。勝った方が、PPV「サマースラム」でジンダー・マハルに挑戦する。破格の条件がつく大一番である。
そして驚いたことに、この試合で勝ったのは中邑の方だった。世界王座を16度戴冠し、WWEのトップ中のトップであるシナを正々堂々の勝負で破ったのだ。これこそ、サプライズを超えたサプライズだった。

なおこの試合でも、あのコービンが出現。試合後、背後からブリーフケースで中邑を急襲したのである。それでも、退場していたシナがカムバックし中邑を救出、コービンを排除してみせた。シナと中邑は、リング上で握手。シナの方から手を差し出したのは、中邑が認められた証である。この時点で、マハルの保持するWWE王座への挑戦権を持つ者は2人となった。マネー・イン・ザ・バンクの勝者でいつでもどこでも挑戦できるコービンと、シナとの決定戦を制し、「サマースラム」でタイトル戦が組まれる中邑だ。
たとえば王者が闘った直後でダメージある場合でも挑戦できるコービンは、8・15プロビデンスでのシナvsマハルに乱入、試合をぶち壊すとマネー権の行使を宣言した。実際、マネー権を持つ者がルールを最大限に利用しベルトをかっさらう確率はかなり高い。が、コービンは有利な状況にもかかわらずエプロンに立ったシナに気を取られ、マハルに丸め込まれてしまう。これにより、マハルが防衛し中邑との対戦が決まるとともに、コービンは権利を喪失。すなわち、中邑は大一番中に邪魔される危険もなくなった。WWE王座初挑戦で初戴冠、という可能性も高まったのである。
そして迎えた8・20PPV「サマースラム」。この大会はロウとスマックダウンの合同PPVであり、「レッスルマニア」に次ぐ位置づけのビッグマッチである。しかも中邑の挑むWWE王座戦は、大会のセミファイナル(メインはWWEユニバーサル王座フェイタル4WAY戦)であり、スマックダウンのメインと言っていい。昇格からわずか4カ月で、このポジション。もはや文句なしのスーパースターである。

 ニューヨークでおこなわれた日本vsインドのWWE王座戦。まずはバイオリンの生演奏に乗って中邑が入場。テーマ曲が鳴り終わっても、大観衆の合唱がつづく光景は壮観の一言だ。試合がはじまると、まずは中邑があいさつ代わりの強烈なローキックでインドの巨人を威嚇する。さらに三角締めで追い込み、ギブアップ勝ちを狙っていく。突進をかわされた王者の左肩が鉄柱へ強打すると、中邑に大チャンスが到来した。背後からキンシャサをぶち込むとマハルはダウン。もう一発ぶち込めば、と思われたそのとき、マハルのセコンド、シン・ブラザーズがエプロンに立った。怒りの中邑はひとりをリングへ投げ入れる。もうひとりが入ってくるとエルボーを放ち、シン・ブラザーズを蹴散らした。が、これが中邑にとっては命取りとなってしまう。意識がセコンドに向いた瞬間を逃さずにまとわりついたマハルが、必殺技カラス(コブラクラッチスープレックス)で一気にマットに叩きつけた。まともに食らった中邑は3カウントを聞くことに・・・。

マハルのマハラジャ政権に肉薄しながらも、結果的に日本人初のWWE王者誕生は持ち越しとなった。2日後のスマックダウンでシン・ブラザーズ(サミア・シン&スニル・シン)と2対1のハンディキャップマッチを闘い勝利、憂さを晴らしたのだが、中邑のターゲットはあくまでもWWE王座奪にある。 このとき、マハルは中邑との再戦について否定的だった。が、日本時間の8月29日、大阪公演においての再戦が決定、WWE選手権試合、王者ジンダー・マハルvs挑戦者・中邑真輔が発表された。来日までにマハルが王座をキープしていれば、試合はタイトルマッチとなるわけだ。
つまりは「サマースラム」の主要カードがそっくりそのまま日本でおこなわれるということ。かつて中邑がNXT王座を凱旋試合で奪取した再現が、現実になるかもしれない。となれば、日本人WWE王者という初の快挙が達成されることになる。ハウスショーで王座は移動しない、という暗黙の了解はもう時代遅れ。実際、中邑のNXTを筆頭に日本公演でフィン・ベイラーがNXT王座奪取、AJスタイルズがニューヨークでUS王座奪取などの結果が現実のものになっている。それだけに、今回の中邑にも大きな期待がかかるのだ。シン・ブラザーズの介入をはじめ、マハルの手の内はうかがえた。全世界のWWEユニバースが中邑に熱い視線を注ぐように、9・16エディオンアリーナも、全世界が試合の結末に注目する!

(構成・文:新井 宏)



■大会名:WWE Live Osaka
■日時:9/16(土)
■会場:エディオンアリーナ大阪 (大阪府)

チケットの詳細はこちら

2017-09-01 16:43 この記事だけ表示

2002年3月1日、ザ・ロック(現在ではハリウッドのマネーメイキングスターとして映画界にも君臨!)がやってきた伝説の横浜アリーナ大会から15年。世界最大のスポーツエンターテインメント団体WWEが現体制となって以来、日本公演はこれまで20シリーズがおこなわれてきた。そして2017年、15周年&20回という記念すべき年に、また一つ新たな歴史が加わることになる。

「ロウ」が東京なら、大阪は「スマックダウン」、ということなのだろう。今年6月30日&7月1日に東京・両国国技館大会で開催された「WWE LIVE TOKYO」はロウブランドのメンバーを中心にした構成だったが、9月16日(土)エディオンアリーナ大阪での「WWE LIVE OSAKA」は「スマックダウンライブ」勢が大挙来日する。これは、「NXT」から「スマックダウン」に昇格した中邑真輔の活躍があってこそ、と言っていい。「ロウ」と「スマックダウン」が1年のうちに別々にやってくるのは今年が初めて。「スマックダウン」勢での公演は、12年8月9日&10日の両国国技館以来、5年ぶりとなる。

中邑は昨年12月、「NXT」のメンバーとして初のNXT日本公演を実現させた。そして今回は、WWEの一軍「スマックダウン」のメンバーとなっての凱旋。WWEと契約をかわして以来、中邑にはこれが3度目の凱旋となるのだが、今回のそれがもっとも意味合いの大きいものであることは明らかだ。世界的スーパースターとなった中邑の足跡(そくせき)については次回、詳しく振り返ってみたいと思う。というのも本稿執筆時点ではPPV「サマースラム」が控えている段階。中邑はここで、ジンダー・マハルの保持するWWE王座に挑戦、WWE入り以来最大の大一番に臨むのだ。その結果しだいでは、凱旋の意味がさらに大きくなるとも考えられるのだ。 まずここでは、来日メンバーを知るためにも8月8日に発表された対戦カードを紹介しておこう。

★「WWE LIVE OSAKA」
9月16日(土)エディオンアリーナ大阪

〈対戦カード〉
▼WWE選手権試合ラストマン・スタンディング・マッチ
〈王者〉ジンダー・マハル(withシン・ブラザーズ)vs〈挑戦者〉ランディ・オートン
▼US選手権試合トリプルスレット
〈王者〉AJスタイルズvs〈挑戦者〉ケビン・オーエンズvs〈挑戦者〉ルセフ
▼シングルマッチ
中邑真輔vsバロン・コービン
▼シングルマッチ
サミ・ゼインvsドルフ・ジグラー
▼8人タッグマッチ
ナオミ&シャーロット・フレアー&ベッキー・リンチ&アスカvsナタリヤ&タミーナ&カーメラ(withジェームス・エルスワース)&ラナ
▼シングルマッチ
ティアン・ビンvsエイダン・イングリッシュ

※その他出場予定…ニュー・デイ、ルーク・ハーパー、エリック・ローワン
※来日タレント、対戦カードは当日まで予告なく変更される場合があります。王者は8月7日「アフターバーン」日本放送前のもの。

こうしてみると、現在進行形の「スマックダウン」に現NXT女子王者のアスカも加わるという図式が見えてくる。タイトルマッチがおこなわれる王座はすべて8月20日(現地時間、日本時間8月21日)にニューヨークで開催されるPPV「サマースラム」でも組まれており、大阪公演までにベルトが移動する可能性もあるだろう。ということは、中邑がWWE王者としてやってくる可能性もあるのではないか。また、対戦予定のバロン・コービンは中邑にとって因縁の相手で、スマックダウン昇格時に抗争を展開したドルフ・ジグラーもやってくる。日本でライバル関係にあったAJスタイルズはUS王座をキープしてやってくるのか。そういった意味でも、中邑ありきの大阪公演と言っても過言ではないだろう。

だからこそ8・20PPV「サマースラム」が大注目なのだ。中邑が挑戦するジンダー・マハルは、中邑のスマックダウンデビュー戦がおこなわれた大会のメインイベントでランディ・オートンを破り、頂点に立ったインド系スーパースター。インドと日本の新進スーパースターが最高峰王座をかけてWWE最大級のビッグマッチで激突するのだから、この試合が9月の大阪公演に影響を及ぼすことは必至。中邑がマハラジャ政権を崩壊させることができるのか、「WWE LIVE OSAKA」を前に、必見である。

(構成・文:新井 宏)



■大会名:WWE Live Osaka
■日時:9/16(土)
■会場:エディオンアリーナ大阪 (大阪府)

チケットの詳細はこちら

2017-08-16 18:41 この記事だけ表示