6月29日(金)&30日(土)に東京・両国国技館でおこなわれる「WWE LIVE JAPAN」に、WWEの歴史を次々と塗り替えたエンプレス(女帝)がやってくる。
当初は今回の日本公演にラインナップされていなかったアスカだが、4・8「レッスルマニア34」の後におこなわれた“スーパースターシェイクアップ”でロウからスマックダウンに移籍。
これにともない、アスカの参戦も追加実現の運びとなったのである。

アスカの“来日”は、2016年7月の東京、12月の大阪、昨年6月&7月の東京、9月の大阪に次ぎ、今回が5度目(昨年9月の大阪公演はセコンドでの来日)。
しかも日本のリングに上がるたびに妖艶さとスケール感を進化させているからものすごい。
初凱旋からして彼女はNXT女子王者として登場した。
16年におこなった日本での試合はすべてがNXT女子王座防衛戦。
ナタリア、ベッキー・リンチという“一軍選手”を相手にベルトを守ると、12月にはNXTのライバルである大型のナイア・ジャックスを地元大阪で撃破した。
昨年の両国2DAYSではベルトこそかからなかったものの、6人タッグ2連戦で当時のロウ女子王者アレクサ・ブリスとお互いのベルトを掲げ視察戦を展開。
近い将来、ロウあるいはスマックダウンでのタイトルマッチ実現を予感させている。
あれから1年、アスカは正真正銘のWWEスーパースターとして祖国の地を踏むことになるのである。

昨年の両国公演ではまだNXT所属だったアスカ。
だが、このときすでにゴールドバーグが保持していた連勝記録173を更新、文字通りの凱旋だった。
アメリカに戻ってからも勢いは衰えず、ベルトを守ると同時にどんな試合でも負けることはなかった。
誰を相手にしても、どんなタイプと闘っても必ず最後には勝っている。
これぞ、アスカの強烈すぎる個性だった。
強さというわかりやすい、かつ実現させるには難しい個性こそが、どんなスーパースターたちにも引けを取らない、絶対的な武器だったのだ。

ところが、8月19日の試合後、右鎖骨骨折が判明、戦線離脱を余儀なくされる。
黒星ではなく、欠場でストップがかかってしまったのである。
しかしながら、不測の事態がかえってアスカをWWE昇格へと導くこととなる。
NXT女子王座の返上とともにブランドからの卒業が決定。
9月に入るとロウの番組内で映像が流され、「ASUKA COMING SOON」の告知がされた。
昇格デビュー戦が10・22「TLC」のビッグマッチでおこなわれたのは大きな期待感の表れでもある。
エマをアスカロックで破ると、その後も快進撃は継続した。
強さを誇示する彼女のスタイルは一軍でも説得力バツグンだったのだ。
関節技やキックなど、日本で磨いた技術がWWEでもしっかり活かされている。

1・28「ロイヤルランブル」では、史上初の女子によるロイヤルランブルマッチで初出場&初優勝を成し遂げた。
同大会の男子ロイヤルランブルマッチでは中邑真輔も初出場&初優勝を達成、日本人はもちろん、WWEにも歴史的一日になったのである。

ランブル戦優勝者には「レッスルマニア」でのタイトル挑戦権が与えられる。
中邑がAJスタイルズのWWE王座をターゲットにすれば、アスカの前にはロウ女子王者アレクサ・ブリスとスマックダウン王者シャーロット・フレアーが立ちはだかった。
アスカの選択はどちらか…しかしここは、北京五輪柔道銅メダリスト&元UFC女子バンタム級王者ロンダ・ラウジーの出現により答えは出ず。
結局アスカは、「レッスルマニア34」でシャーロットのベルトに挑戦する道を選んだ。
日本人選手、しかも2人(中邑とアスカ)がWWE最大の祭典レッスルマニアでタイトルマッチをおこなうと、一体誰が予想できたか。
想像以上のことが、現実世界で実際に起きているのだ。

結果的には、世界最大の晴れ舞台でアスカはシャーロットに敗れてしまった。
これにより、WWE連勝記録も267でついにストップ。
シングルマッチでの黒星は、15年7月20日、WAVE後楽園大会でのトーナメント準決勝、桜花由美戦以来、約2年8カ月ぶりのことだった。
とはいえ、ここは彼女の勇気を賞賛すべきだろう。
シャーロットと言えば、唯一2度のWWE殿堂入りを果たしたリック・フレアーの娘だ。
女子部門をディーバ路線から実力派路線に切り替えた立役者の一人でもある。
血筋はもちろん、大舞台での経験値もアスカを上回るだろう。
そんなシャーロットを前にすれば萎縮してもおかしくない。
しかしアスカは堂々闘い抜いた。本人も納得のフィニッシュ(フィギュア8)だったのではなかろうか。
この敗戦により、アスカは連勝記録の呪縛から逃れたとも考えられる。
だからこそ、今後のアスカにはさらなる期待がかかるのだ。

そして、アスカは4・16&17“スーパースターシェイクアップ”でロウからシャーロットが所属するスマックダウンに移籍した。
「レッスルマニア34」での激闘によるダメージが残っていたのか、シャーロットは祭典直後の4・10スマックダウンでマネー・イン・ザ・バンク保持者のカーメラに敗れており、女子王座から転落していたのだ。
カーメラに襲われたシャーロットを救出したことで、アスカは正式に移籍、スマックダウン所属となった。

そしていま、アスカの新たなるターゲットがベルトになった。
シャーロットとは共闘態勢。
連勝を伸ばしたりロイヤルランブル優勝などさまざまな記録を作ってきたが、WWE昇格後はまだベルトを手にしていない。
だからこそ、次はベルトということになるのだろう。
シャーロットも返り討ちにしているカーメラは昨年6・18「マネー・イン・ザ・バンク」でおこなわれた女子初のマネー・イン・ザ・バンク・ラダーマッチで4人の相手を退け勝利。
パートナーの力を借りた完全なズル勝ちではあったが、権利行使を焦らしながらもついにベルトを巻いてみせた。

スタートしたアスカとの抗争は、“あれから1年”の6・17 「マネー・イン・ザ・バンク」でベルトをかけての決着戦が行われた。
実力的にアスカの圧勝と予想された中、ジェームズ・エルズワースの登場という、昨年の「マネー・イン・ザ・バンク」同様の秘策でカーメラが防衛に成功したが、凱旋のたび進化する姿を見せているアスカだけに、今回の日本公演も期待大、だ。

(構成・文:新井 宏)



■大会名:WWE Live Japan
■日時6.29(金)、6.30(土)
■会場:国技館 (東京都)

チケットの詳細はこちら

2018-06-18 19:49 この記事だけ表示

地球規模のプロレス団体WWEが今年も多数のスーパースターとともに日本上陸!
「WWE LIVE JAPAN」が6月29日(金)&30日(土)、東京・両国国技館にて開催される。
この時期の両国2DAYSは6年連続、WWEユニバース(ファン)にとって風物詩になった感さえある。
さらには8月31日(金)のエディオンアリーナ大阪公演も追加決定されている。

今回の6月日本公演は、スマックダウン・ブランドでの上陸だ(8月大阪公演はロウブランド)。
年間最大イベント「レッスルマニア34」後にはメンバー入れ替えの“スーパースター・シェイクアップ”がおこなわれ、ロウ、スマックダウンとも新体制となった。
そのため、今回の日本公演は新生スマックダウンのお披露目ともいえるだろう。
現在進行形のスマックダウンが、両国のリングで展開されるのだ。

今年の日本公演で最大の注目、それはなんといってもスマックダウンの中心人物、中邑真輔の凱旋である。
新日本プロレスからWWEのスーパースターとなった中邑がWWEの一員として日本にやってくるのはこれが4度目。
しかも16年の初登場以来、WWE日本公演は東京&大阪で年2回おこなわれるようになった。
中邑のすごいところは決して“日本公演要員”でないところにある。
むしろ現地での活躍ありきで日本にやってくるようになっているのだ。
初凱旋(16年7月1日&2日)はWWEスーパースターとしてのお披露目で、日本育ちのクリス・ジェリコと対戦した。
2度目(16年12月3日)はNXT所属の中邑がサモア・ジョーを破りNXT王者となる快挙。
WWE昇格後、初の凱旋となった3度目の昨年9月16日には、WWE王者のジンダー・マハルに挑戦した。
両タイトルマッチとも日本仕様の特別待遇ではなく、現地の流れから生まれたマッチメークである。
しかも、来日のたびに異なるシチュエーションが彼の進化と飛躍を象徴していると言っていい。
そして今回も、また別の姿で母国に帰ってくる。
それは、“ヒール”としての顔である。
アメリカでは外国人にもかかわらず、中邑のWWE昇格は熱狂的に迎えられた。
昨年の「レッスルマニア33」直後のスマックダウンでWWE昇格が明らかになり、期待感が膨張。
1軍ブランド・デビューがPPV(17年5・21「バックラッシュ」)だったことからも期待の高さが伺える。
その通り、中邑はWWEで一大現象を巻き起こした。
8月20日の「サマースラム」で最高峰のWWE王座に挑戦。
タイトル奪取こそならなかったが、マハル、ランディ・オートン、バロン・コービン、ケビン・オーエンズら主力スーパースターとの抗争を展開した。
そして今年の1・28「ロイヤルランブル」では30人のランブル戦を初出場&初制覇という日本人初の大記録を打ち立てた。
ここで中邑は最大の祭典「レッスルマニア34」での対戦相手に新日本の東京ドーム大会でも闘ったAJスタイルズを指名。
AJが保持するWWE王座に照準を定めたのである。

過去、「レッスルマニア」に出場した日本人レスラーは11人(のべ18回)。
しかし、ヘビー級のタイトルに挑戦した者はまだいなかった。
その壁をぶち破ったのが中邑なのだ。
惜しくもベルト奪取には至らなかったが、AJとの好勝負は「レッスルマニア」の歴史に新たなる1ページを刻んでみせた。
試合後、AJが中邑をハグし健闘を称えると、7万8133人の大観衆が拍手を送った。
WWEネットワークの視聴者を入れれば、その数はとてつもなく膨大だ。
それだけに、感動のシーンで終わることもできただろう。
しかし中邑は、「レッスルマニア」を到達点とはしなかったのだ。
なんとまさかのローブロー。
いわゆる急所攻撃である。さらに顔面も蹴り上げてAJをリング下に落とすと、場外でも蹴りを入れてキンシャサを見舞ってみせた。
誰もが予想できなかったサプライズ。その答えが、ヒール転向だった。

以来、中邑はAJの急所をことあるごとに攻撃する。
試合が組まれていなくても乱入し、ローブローをぶち込んでいったのだ。
さいわい(?)、両者ともスマックダウンに残留とあって、絶対に決着をつけなければならないシチュエーションにある。
その後も急所殴打が繰り返され、サウジアラビアでの4・27「グレーテスト・ロイヤルランブル」、5・6「バックラッシュ」でタイトルを賭けて両者は激突した。
後者では反則裁定なしのノーDQマッチに発展したのだが、2試合とも引き分けとなり、AJが辛くも防衛に成功した。
中邑のヘビー級王座奪取はお預けの状態にある。

そして迎える今回の日本公演。
ヒールとしてやってくることが確実な中邑に対し、日本のWWEユニバースはどんな反応を見せるのだろうか。
29日はシングル戦で、30日はダニエル・ブライアン、サモア・ジョーを加えた「フェイタル4ウェイ戦」でAJスタイルズと対戦。
王者AJスタイルズに対抗するスマックダウンの中心人物として参戦する。
6・29&30両国で、2018年6月の中邑真輔を体感せよ!

(構成・文:新井 宏)



■大会名:WWE Live Japan
■日時6.29(金)、6.30(土)
■会場:国技館 (東京都)

チケットの詳細はこちら

2018-06-18 19:38 この記事だけ表示

 真夏のビッグショー「サマースラム」でおこなわれたWWE王座戦、ジンダー・マハルvs中邑真輔の再戦が、中邑3度目の凱旋帰国となるWWE日本公演で実現することになった。世界最大のスポーツエンターテインメント団体WWEが、9月16日(土)エディオンアリーナ大阪で「WWE LIVE OSAKA」を開催。8・20「サマースラム」や現在の動向を受けて、当初発表されていた対戦カードが日本時間の8月29日に変更。あらためて、以下のカードが発表された。

▼WWE選手権試合
〈王者〉ジンダー・マハル(withシン・ブラザーズ)vs〈挑戦者〉中邑真輔
▼US選手権試合トリプルスレットマッチ
〈王者〉AJスタイルズvs〈挑戦者〉ケビン・オーエンズvs〈挑戦者〉バロン・コービン
▼ラストマン・スタンディング・マッチ
ランディ・オートンvsルセフ
▼サミ・ゼインvsドルフ・ジグラー
▼3対4ハンディキャップマッチ
ナオミ&シャーロット&ベッキー・リンチ(withアスカ)vsナタリヤ&タミーナ&ラナ&カーメラ(withジェームズ・エルスワース)
その他出場予定…ニュー・デイ、ルーク・ハーパー、エリック・ローワン、エイダン・イングリッシュ
※来日タレント、対戦カードは当日まで予告なく変更される場合があります。予めご了承ください。
※王座はすべて8月22日(現地時間)スマックダウン終了時点でのもの。

スマックダウンの頂点WWE王座を争うJ・マハルと中邑。王者のマハルについては前回、NXT王座につづき2度目のWWE戴冠のチャンスを母国で得た挑戦者・中邑については前々回を参照いただくとして、本欄ではUS王座戦を中心に、見どころを探ってみようと思う。

 大阪公演でのUS王座戦は、3人が同時に闘うトリプルスレット方式となる。AJスタイルズとケビン・オーエンズの攻防に割って入るのは、中邑との因縁も深いバロン・コービン。ミスター・マネー・イン・ザ・バンクとしてWWE王座を狙っていたが、権利行使に失敗。標的をUS王座に改めたということか。実際、4・11ボストンのメインではUS王座次期挑戦者決定戦にエントリーしトリプルスレットで闘っているだけに、今回の参戦についても申し分ないだろう。

 新日本プロレスのエース外国人選手だったAJと、来日時にはドラゴンゲート最強外国人と言われていたオーエンズ(当時のリングネームはケビン・スティーン)。この2人がベルトをかけてWWEで激突する姿は、日本での姿を知る者にとっては実に感慨深い顔合わせである。 先にUS王座のベルトを巻いたのはオーエンズだった。4・2「レッスルマニア」で、こちらも日本になじみの深いクリス・ジェリコからタイトルを奪取。1週間後の「スーパースターシェイクアップ」でUS王者としてロウからスマックダウンにオーエンズが移籍した。新体制の初回4・11ボストンでは、AJがトリプルスレットを制しオーエンズへの挑戦権を獲得したのである。

4・30「ペイバック」で再度ジェリコが挑戦しオーエンズが敗れるも、5・2フレズノですぐに奪回。オーエンズとAJがタイトルをかけて激突したのは5・21「バックラッシュ」だった。ここではオーエンズがリングアウトで王座防衛。6・18「マネー・イン・ザ・バンク」でも、両者はマネー権をかけたラダーマッチで闘った。しかしここで勝ったのは、中邑を終盤まで退場に追いやったコービンだった。 仕切り直しのUS王座戦線には、またもやAJが参入した。次期挑戦者決定バトルロイヤルに15人が参戦し、サミ・ゼインをペレキックで場外に落したAJが勝利、ベルトへの執念をかたちにしてみせた。試合後にはオーエンズが現われ次期挑戦者を襲撃し、2人の闘いがより白熱することに。 そして7月7日、ニューヨークのマジソンスクエアガーデンで事件が起った。この日、オーエンズとAJが王座をかけて対戦。ここでAJが勝利し、タイトルが動いたのだ。テレビ中継のないハウスショーでの移動はきわめて異例。US王座を初めて奪取したAJはさっそく、4日後のサンアントニオでジョン・シナとのタイトル戦に臨んだのである(ルセフがシナを襲い試合不成立)。

しかし、このまま黙っているオーエンズではなかった。7・18バーミンガムではAJ&中邑組vsオーエンズ&コービン組がおこなわれ、オーエンズがポップアップパワーボムでAJから直接勝利。これが、7・23「バトルグラウンド」での王座奪還につながった。3度目のUS王者となったオーエンズ。しかし、2日後には悪夢を見ることになる。ジェリコを加えたトリプルスレットでのタイトル戦で、フロッグスプラッシュをジェリコに決めながらもAJにカバーを横取りされた。3カウントを奪ったのはAJのほう。怒り心頭のオーエンズはすぐにシングルでの再戦を訴え実現させるも、8・1クリーブランドではAJが防衛。この試合ではオーエンズがフィニッシュでのフォールを「肩が上がっていた」と主張。実際、挑戦者の肩がマットから離れていたようだったのだが、レフェリーが巻き込まれた直後で視界不良だった可能性が高い。この論争に終止符を打とうと「サマースラム」での再戦にレフェリーを買って出たのがスマックダウン・コミッショナーのシェイン・マクマホンだ。そして迎えた8・20「サマースラム」では、シェインがAJのスワンダイブ式450スプラッシュの誤爆をくらいながらも試合を成立させた。最後はAJがスタイルズクラッシュからオーエンズをフォール。8・22ニューヨークでも同一カードがおこなわれ、コービンがレフェリーとなるも、途中からシェインが再び裁くことに。混乱の試合は結局、AJがフェノミナルフォアアームでオーエンズを返り討ちにしてみせた。現在もこの抗争はつづいており、三つ巴での闘いが大阪で実現するというわけだ。

 ランディ・オートンvsルセフのラストマン・スタンディング・マッチでは、ド迫力の攻防が展開されること必至。ピンフォール、ギブアップによる決着はなく、相手を10カウントKOするまで勝敗は決まらない。“最後に立ち上がっている男”が、勝者となる過酷なルールだ。前WWE王者のオートンは、常にWWEのトップを張るスーパースター中のスーパースターであり、この形式でトリプルHを破ったこともある。対するルセフはブルガリア出身のパワーファイター。マハルvs中邑と同じく、これもまた「サマースラム」の再戦である。このときはオートンが奇襲を受け、しばらく戦闘不能状態に陥った。が、カムバックすると必殺RKOを決め、秒殺勝利を飾ってみせた。が、大阪ではラストマンスタンディングルールとあってじっくりした攻防が期待できるだろう。オートンのRKOが再び爆発するか、それともルセフがアコレードでオートンを落とすのか。最後にリング上で立っているのは…?

 サミ・ゼインvsドルフ・ジグラーも注目の一騎打ちだ。ゼインは中邑のNXTデビュー戦の相手であり、ジグラーは中邑スマックダウン昇格の第一抗争相手だった。どちらも試合巧者でありながら、対照的でもある。ゼインはエル・ジェネリコというマスクマンとして世界のインディーシーンを渡り歩き、日本のDDTでも活躍、日本武道館でも闘っている。ジグラーはオートン同様に常にWWEの最前線に君臨。どんな相手でも好勝負を連発させている。それだけに、このカードが目の肥えた日本のファンを前に実現されることが興味深い。

 女子の試合は、ナオミ&シャーロット&ベッキー・リンチ(withアスカ)vsナタリヤ&タミーナ&ラナ&カーメラ(withジェームズ・エルスワース)のハンディ戦。当初はアスカの凱旋試合が予定されていたのだが、8・19「NXT テイクオーバー ブルックリンV」でのエンバー・ムーン戦で鎖骨を骨折してしまった。NXT女子王座はアスカロックで勝利し王座を守るも、試合には出られない状況となったのだ。それでも大阪公演には“with”として参加。NXTデビュー以来の連勝は一時ストップも、WWE日本公演での皆勤賞がつづくことになる。試合をおこなうのは、スマックダウン女子王者のナタリヤをはじめとするスマックダウンのメインロースターたち。記憶に新しい6・30&7・1両国では、ロウの女子スーパースターたちと闘った。メインロースター昇格の噂もあるだけに、スマックダウン勢が中心の大阪公演は、期待される近未来に向けての“視察戦”になるかもしれない。大阪公演は、その他数試合が加わる予定である。

 このように、中邑のタイトルマッチはもちろんのこと、9・16「WWE LIVE OSAKA」は内容盛りだくさんの見どころ満載。一夜限りの“オーサカライブ”を見逃すな!

(構成・文:新井 宏)



■大会名:WWE Live Osaka
■日時:9/16(土)
■会場:エディオンアリーナ大阪 (大阪府)

チケットの詳細はこちら

2017-09-01 16:55 この記事だけ表示