激闘と波乱の連続となった6・17シカゴでのビッグイベント「マネー・イン・ザ・バンク」(以下MITB)。
その興奮冷めやらぬ間に、世界最高峰のスポーツエンターテインメント団体WWEが日本にやってくる。
「WWE LIVE JAPAN」と銘打たれた日本公演が6月29日(金)&30日(土)、東京・両国国技館にて開催されるのだ。
「MITB」の結果を受けておこなわれる今回の日本公演には、スマックダウンブランドのスーパースターが大挙上陸。
そのなかには3人の日本人スーパースターも含まれている。
中邑真輔、アスカに加え、イタミ・ヒデオの凱旋も決まった。
シャーロット・フレアーの来日中止は残念だが、イタミの登場はうれしいニュース。
これにより、以下の対戦カードが発表された。

6月29日(金)
▼WWE王座戦 ノーDQマッチ
AJスタイルズvs中邑真輔
▼スマックダウンタッグ王座戦 フェイタル4ウェイ形式
ブラジオン・ブラザース(ローワン&ハーパー)vsウーソーズ(ジミー&ジェイ・ウーソー)vsルーク・ギャローズ&カール・アンダーソンvsルセフ・デイ(ルセフ&エイデン・イングリッシュ)
▼スマックダウン女子王座戦
カーメラvsベッキー・リンチ
▼ダニエル・ブライアンvsビッグ・キャス
▼ニューデイ(コフィ・キングストン&ビッグE&エグゼビア・ウッズから2人)vsザ・バー(シェイマス&セザーロ)
▼ヒデオ・イタミvsザ・ミズ
▼タイ・デリンジャーvsサモア・ジョー
▼アスカ&ナオミvsアイコニック(ビリー・ケイ&ペイトン・ロイス)with ラナ
▼シン・カラvsアンドラデ“シエン”アルマス with ゼリーナ・ベガ

6月30日(土)
▼WWE王座戦フェイタル4ウェイ形式
AJスタイルズvs中邑真輔vsダニエル・ブライアンvsサモア・ジョー
▼スマックダウン女子王座戦
カーメラvsアスカ
▼スマックダウンタッグ王座戦フェイタル4ウェイ形式
ブラジオン・ブラザース(ローワン&ハーパー)vsニューデイ(コフィ・キングストン&ビッグE&エグゼビア・ウッズから2人)vsルーク・ギャローズ&カール・アンダーソンvsザ・バー(シェイマス&セザーロ)
▼ウーソーズ(ジミー&ジェイ・ウーソー)vsルセフ・デイ(ルセフ&エイデン・イングリッシュ)
▼ヒデオ・イタミvsビッグ・キャス
▼シン・カラvsザ・ミズ
▼ベッキー・リンチ&ナオミvsアイコニック(ビリー・ケイ&ペイトン・ロイス) with ラナ
▼タイ・デリンジャーvsアンドラデ“シエン”アルマス with ゼリーナ・ベガ
※来日タレント、対戦カードは当日まで変更される場合があります。予めご了承ください
※6/29、30とも王者・所属スーパースターは6/18時点のものです。

こうしてみると、3人の日本人スーパースター全員から「リベンジ」のテーマが見えてくる。
それぞれが“祖国でやり返す”との思いを胸にリングに上がることだろう。
中邑真輔は「MITB」でAJスタイルズのWWE王座に挑戦。
相手をKOしなければ決着がつかない“ラストマンスタンディングマッチ”で対戦したのだが、惜しくも敗れてしまった。
よって、日本人初のWWE王者誕生、頂点のベルトを巻いての凱旋はお預けに。
この瞬間、中邑の戴冠は本人や日本のWWEユニバースのみならず、日本人レスラー、ファン、関係者の“悲願”となった。
昨年5月にスマックダウンデビューを果たした中邑は、WWE昇格後初の試合がPPVという破格の待遇でブランドに迎え入れられた。
8月1日にはWWEの顔であるジョン・シーナとの決定戦を制してWWE王座への挑戦権を獲得。
当時の王者ジンダー・マハルとの対戦は日本でも実現したのだがベルトには届かず、王座は新日本時代に東京ドームで対戦したAJスタイルズに移動した。
同時に、中邑のターゲットもAJに移ったのだ。
中邑とAJのタイトル戦は年間最大のビッグイベント、4・8「レッスルマニア34」で実現した。
結果はAJの防衛だったが、試合後に中邑がまさかの急所攻撃でヒール転向というビッグすぎるサプライズ。
祭典後もAJを狙い、両者は以後すべてのPPVで王座を賭けて対戦してきた。
中邑がベルトを手にしていないことでもわかるように、結果は2敗2分けで白星がない。
もしかすると、今回の日本公演は中邑にとってWWE王座へのラストチャンスになるのではないか。
ここでもベルトが取れなかったとしたら、ターゲット変更、闘い方の軌道修正を余儀なくされる可能性が高い。
日本公演でのAJと中邑の対戦は、初日が反則裁定のないノーDQ形式による一騎打ち。
2日目はダニエル・ブライアン、サモア・ジョーも加えた4ウェイとなる。
どちらも中邑にとって正念場。ある意味こちらも凱旋となるAJとしても、思い出深い日本でベルトを手放すわけにはいかないだけに、両日ともPPV並みの激闘必至である。
初日のノーDQマッチではやはり、レッスルマニアに端を発したローブロー(急所攻撃)がポイントになってくるのではなかろうか。
2日目は4人が同時に闘い、最初に勝った者が王者となる。
つまり、王者は自分が負けなくても王座から転落するリスクを背負うのだ。
そう考えるとAJが圧倒的不利に見えるかもしれないが、こういった修羅場をくぐり抜けていくのが王者の王者たる所以。
中邑がこれまでの敗戦すべてを吹っ飛ばすような初戴冠劇を祖国でやってのけるのか。
勝手知る両国のリングはリベンジにうってつけの場だが…。
“明日の女帝”と呼ばれるアスカにも、今回の凱旋はリベンジがテーマとなった。
WWEの連勝記録を塗り替えたアスカだが、「レッスルマニア34」のシャーロット・フレアー戦でついにストップ、スマックダウン女子王座獲得はならなかった。
しかしながら、この敗戦のみでその後はふたたび連勝街道に突入。
5・15スマックダウンでペイジGMがカーメラとのタイトルマッチを発表した。
その後、王者カーメラがアスカを挑発。
元NXT女子王者アスカの標的が、スマックダウン女子王座に絞られたのである。
カーメラは、レッスルマニア直後にシャーロットから勝利し王者になった。
リック・フレアーの愛娘を王座から引きずり下ろすとは、一体どれだけの実力者なのか。
アスカにとってはとんでもない強敵の出現である。
しかしながら、本当にそうなのだろうか。
カーメラは昨年の「MITB」で女子初の挑戦権争奪ラダーマッチに勝利するも、その勝ち方が物議を醸した。
セコンドのジェームズ・エルスワース(男)がラダー上のブリーフケースを取って下にいるカーメラに投げ渡したのだ。
結果的には「ブリーフケース獲得」で勝負がついた。
翌週にはセコンド禁止の“やり直しマッチ”が組まれるのだが、ここでもカーメラは反則絡みで結果的には白星、いつでもどこでも挑戦権の保持を認めさせてしまう。
しかも、ここから先が長かった。いつまで経ってもキャッシュインが宣言されないのである。
「レッスルマニア34」、アスカとの激闘直後のスマックダウンで事件は起こった。
今回の日本公演にも登場するアイコニックがシャーロットを襲撃、KO状態のところで突然カーメラが現われ権利行使をアピールしたのである。
結果、カーメラはスーパーキック一発でフォール勝ち。
権利獲得から10カ月。長い間待たせた末の、あっという間の出来事である。
その後もカーメラがシャーロットを攻撃すると、祭典で友情が芽生えたアスカが救出に現われる。
そして迎えた6・17「MITB」でのタイトル戦。ここでアスカがベルトを奪えば、王者としての凱旋が実現することになる。
実力的にはアスカに分があると言っていいだけに、その可能性は高かった。
ところが、試合中にアスカの姿をした謎の人物が出現、エプロンに立った。
着物と能面…それは、もうひとりのアスカなのか…。
しかし、これはアスカの分身ではなく。カーメラが仕組んだ罠だったのだ。
その正体は、WWEから解雇されていたはずのエルスワース!
気を取られたアスカはカーメラのスーパーキックを食らい、フォール負け。WWEで2度目の黒星だ。
カーメラとの再戦は、日本公演2日目に組まれている。
初日に王者がベッキー・リンチを破れば、自動的に翌日が王者カーメラ、挑戦者アスカのタイトルマッチに。
リベンジのためにも初日にはカーメラに防衛してほしい、というのが日本サイドの心情か。
そしてもうひとり、中量級に特化した205Liveで活躍するヒデオ・イタミもリベンジを誓って1年ぶりに帰ってくる。
とはいえ、前回はヒデオにとってほろ苦い凱旋となった。
ハルク・ホーガン立ち会いのもと鳴り物入りでWWEと契約を交わしたのだが、ケガに泣かされ苦難の道を歩んできた。
日本公演で帰国しても試合ができない状態もあった。
昨年の両国は日本で3年ぶりの試合出場で、クリス・ジェリコ、エンツォ・アモーレとのシングルマッチをおこなった。
が、ジェリコから高評価を引き出すも結果は完敗、2日目のアモーレ戦ではビッグ・キャスの乱入にあい無効試合に終わってしまった。
タッグチームの分裂騒動に巻き込まれたのである。
そして今回、ブランドの枠を越えた来日発表はヒデオのリベンジが求められてのものだろう。
対戦相手は初日がザ・ミズで2日目がビッグ・キャス。
ミズは前回のジェリコと並ぶベテランの試合巧者でWWEを代表するスーパースターである。
キャスはズバリ、ぶち壊されたことへの怒りをぶつける絶好のチャンスだろう。
ハウスショーでこういったカードが組まれるのは極めて異例。
なんといっても、日本人スーパースター誕生の先陣を切ったのはヒデオである。
過去を清算し、真のスーパースターへ。
6・29&30両国は、日本人スーパースターたちの“やり返し”に期待大だ!

(構成・文:新井 宏)



■大会名:WWE Live Japan
■日時6.29(金)、6.30(土)
■会場:国技館 (東京都)

チケットの詳細はこちら

2018-06-19 15:38 この記事だけ表示

世界最大のスポーツエンターテインメント団体WWEが、いまや恒例となった夏の日本公演を今年も開催。
「WWE Live JAPAN」と銘打たれた東京・両国国技館大会が、6月29日(金)、30日(土)の2日間にわたっておこなわれる。

今回来日するスーパースターのなかでも、アンドラデ“シエン”アルマスは新鮮な存在だ。
アルマスの来日は、NXT時代の2016年12月3日の大阪公演以来。よって、WWEスーパースターとしての東京上陸は初めてとなるのだが、彼の場合はまだ、“元”ラ・ソンブラと言った方が通じやすいのかもしれない。
新日本プロレスとメキシコの老舗団体CMLLで活躍したマスクマンのラ・ソンブラこそが、アルマスの“正体”なのだ。

身長175センチ、体重95キロ。 ルチャドールとしては大型の部類に入るアルマスは、1989年11月3日生まれの28歳。父ブリジャンテのコーチを受けて2003年にデビューした。
CMLLには07年から参戦、“シャドー”を意味するラ・ソンブラに改名した。
同年11月27日に現NOAHの大原はじめを破りNWA世界ウエルター級王座を戴冠。
09年1月にはボラドールJrと組んでCMLL世界タッグ王座を奪取した。翌年5月には新日本の棚橋弘至と対戦、棚橋&タイチ&OKUMURA組からCMLL世界6人タッグ王座をラ・マスカラ&マスカラ・ドラダとのトリオで団体に奪還。
この試合が6月の初来日へと直結し、新日本のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアにエントリーされたのである。

11年には1・4東京ドーム大会に参戦し、夏のG1クライマックスにも出場。
8・8横浜では、中邑真輔とG1公式戦で闘っている。
また、この年から始まったCMLLと新日本のコラボレーション興行「ファンタスティカマニア」にCMLL世界6人タッグ王者として来日すると、当時はNO LIMITというタッグチームだった内藤哲也とベルトを賭けて対戦した。
また、「ファンタスティカマニア」でメキシコ人同士によるメインイベントを初めて飾ったのもソンブラである(12年1・22後楽園ホール)。

のちに内藤と結託するロス・インゴベルナブレスが結成されたのは14年4月のことだった。
“制御不可能な野郎ども”を意味するこのユニットは、ラ・ソンブラ、ラ・マスカラ、ルーシュの3人でスタート。
世界最古の歴史を誇る団体にテクニコ(ベビーフェース)でもルード(ヒール)でもないというまったく新しい概念を持ち込み大ブレイクをやってのけた。
内藤がこのムーブメントにインスパイアされたのは15年10月のメキシコ遠征。
10・23アレナ・メヒコでインゴベルナブレスの勝利をアシストし結託すると、即、この概念を日本に持ち込みロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを結成、新日本のトップに立つきっかけとなった。

新日本&CMLLを股にかけて活躍していたソンブラは、15年11月にWWEとの契約を発表。
11・13アレナ・メヒコにおける対ルーシュがCMLLラストマッチで、15日のFULLモンテレイ大会でおこなわれた6人タッグマッチ(ソンブラ&ルーシュ&マルコ・コルレオーネ組vsトラウマT&U&エロデスJr組)がメキシコ最後の試合となった。

WWEでは、まずはNXTに登場。素顔のマニー・アンドラデを名乗り、16年1・8タンパでのハウスショーで白星デビューを果たした。
同年5月21日、サモア・ジョーのNXT王座挑戦を機にリングネームを現在のものに変更。
NXTでは中邑、ヒデオ・イタミ、戸澤陽ら日本人選手ともしのぎを削ってきた。

そんなアルマスがふたたびタイトル戦線に加わったのが昨年夏だ。
ドリュー・マッキンタイアに苦杯をなめさせられてきたアルマスだが、11・18「テイクオーバー」で、念願の王座奪取に成功。
ロデリック・ストロング、アダム・コール、ジョニー・ガルガノらから防衛を重ねていった。
今年の“レッスルマニアウィーク”4・7「テイクオーバー」でベルトを失い、以後も奪回に失敗するも、陥落から10日後のスマックダウン「スーパースターシェイクアップ」でWWE昇格が明らかになった。
スマックダウンでの初試合は5・15英国ロンドン。
マネジャーのゼリーナ・ヴェガ(来日経験もあるティア・トリニダード)を帯同し、秒殺デビューを飾ってみせたのである。
翌週も相手を秒殺すると、5・29ローリーからはシン・カラを挑発。昇格から初となる本格的な抗争を予感させる場面が見られるようになっている。

メキシコから日本に飛躍し、さらにはWWEへと駆け上がったアルマス。
とはいえ、世界的認知度では、WWE昇格した今年が“元年”となるのだろう。
ラ・ソンブラからアンドラデ“シエン”アルマスへ。
ニックネームの“シエン”とは、スペイン語で“100”の意味。
本格的活躍のスタートが日本公演の時期と重なるだけに、その意味合いは前回の来日とは比較にならない。

(構成・文:新井 宏)



■大会名:WWE Live Japan
■日時6.29(金)、6.30(土)
■会場:国技館 (東京都)

チケットの詳細はこちら

2018-06-18 20:21 この記事だけ表示

6月29日(金)&30日(土)は、両日ともルセフ・デイ!
WWE日本公演、東京・両国国技館大会「WWE LIVE JAPAN」で、WWEの怪物スーパースター、ルセフが東京初上陸を果たすのだ。

当初は2015年7月の日本公演参加が決まっていたルセフだが、ケガにより欠場。昨年9月16日の大阪公演が初来日となった。
大阪では宿敵ランディ・オートンと対戦しラストマンスタンディングマッチで敗れており、今回の東京初上陸で雪辱を期すことになる。

ブルガリア出身のルセフは身長183センチ、体重138キロ。
豪快な風貌からも大型パワーファイターであることは明白だ。
レスラーデビューは2008年11月で、10年にWWEと契約、当時の傘下団体FCWに参戦した。
WWEデビューは14年1月のPPV「ロイヤルランブル」。
30人参加のランブルマッチに突如出現し、強烈なインパクトを残してみせた。
その後も出場をつづけ、正式にWWEスーパースターとなる。
以後、アコレードと呼ばれるキャメルクラッチを武器に連勝街道を驀進。
マネジャーのロシア人美女ラナとともにWWEの中心人物に躍り出た。

ルセフwithラナは親ロシアを主張し強硬な対米路線をアピール、ロシア国家から勲章を与えられるというパフォーマンスまで展開した。
“リアルアメリカン”を名乗るジャック・スワガーとの抗争で連勝を飾ると、ロシア国旗を高々と振りかざし、WWEユニバース(ファン)のヒートを買った。

さらにはアメリカの威信を賭けて挑戦してきたマーク・ヘンリー、ビッグショーら、スーパーヘビー級にも負け知らずの快進撃を展開。
11月にはシェイマスを破りUS(ユナイテッドステイツ)王座を奪取した。アメリカの名称がつくベルトを巻いたのだから、アメリカサイドにとっては穏やかではない。

翌15年、打倒ルセフに名乗りを挙げたのが“WWEの顔”ジョン・シナだった。
過去何度も世界王座を獲得してきたシナが、“アメリカ”を取り戻すために、あえて格落ちと言われても仕方のないタイトル戦に臨んだのだ。

ところが、結果はアコレードで締め上げられて屈辱のレフェリーストップ負け。
シナでさえ、ルセフの勢いは止められなかったのである。

それでも、「レッスルマニア31」でシナがようやく一矢報いた。
必殺のアテチュードアジャストメントを決めてピンフォール勝ち。
WWEデビュー以来、ルセフが3カウントを聞いたのは、この試合が初めてだった。
その後も両者の抗争は激化、これがかえってラナとの関係に亀裂が生じるきっかけにもなった。
敗れるたびにルセフが、「ラナのせいで負けた」と言うようになったのである。
そしてラナはあろうことかドルフ・ジグラーに寝返り、仕返しとばかりにルセフはサマー・レイと手を組んでしまう。
それでも、10月にルセフとラナの実生活における婚約が発覚。
両者はリング上でもよりを戻した。
元の鞘に収まったルセフはその後もWWEで闘っていく。
ケガで欠場したり退団の噂が出たこともあるが、現在もスマックダウンの中心人物のひとりであることに異論はないだろう。
というのも、現在のルセフは新しいビジョンで以前とは異なる人気を獲得している。
ブーイングのヒール人気ではなく、エイデン・イングリッシュとの“ルセフ・デイ”でWWEのトレンドを生み出したのだ。
ルセフ・デイとは、そのままズバリ、“ルセフの日”。
グッズは飛ぶように売れ、現在のWWEで売れ筋ナンバーワンということだ。

ルセフ・デイは、ランディ・オートンとの抗争中に誕生した。
昨年8・20「サマースラム」で両者は一騎打ち。
入場時に背後からルセフがオートンを急襲すると場外で圧倒した。
リングに戻り、ようやくゴングが鳴らされると、オートンがRKO一発で勝利。
ゴングから10秒後の出来事で、記録上はオートンの秒殺勝利となったのである。
その後のスマックダウンでルセフとエイデン・イングリッシュが合体したのだが、オートンが襲撃。
このころからルセフは「ルセフ・デイ」を口にするようになる。
「エブリデイ・イズ・ルセフ・デイ(毎日がルセフの日)」となり、各会場でルセフ・デイのチャントが大盛り上がりとなっているのだ。

今年の「レッスルマニア34」(4・8)ではUS王座戦フェイタル4ウェイマッチに出場。
中邑真輔と闘っていたルセフだが、中邑のヒール転向により祭典後は組むケースも増えた。
4月27日に中東サウジアラビアで初開催された「グレイテスト・ロイヤルランブル」にはジ・アンダーテイカーとキャスケット(棺桶)マッチで対戦。
現在のテイカーと闘うのは、それだけでも非常に大きな価値を持つ。
5・8スマックダウンではダニエル・ブライアンを破り、6・17「マネー・イン・ザ・バンク」マネー戦への出場権を獲得した。
1年間いつでもどこでも王座に挑戦できるマネー権保持者として来日する可能性もあるだろう。

その日本公演には、“愛妻”ラナと“パートナー”エイデン・イングリッシュもやってくる。
イングリッシュは元パートナーのサイモン・ゴッチが退団したことからルセフと組む機会を得た。
16年7月にボードビリアンズで初来日、解散後の昨年の大阪公演にはシングルプレーヤーとして来日したが今回はルセフとのタッグが組まれているだけに、「ルセフ・デイ!」チャントの大合唱が期待できそうだ。
ダニエル・ブライアンの「イエス!」とルセフ&イングリッシュの「ルセフ・デイ!」。
WWEユニバースよるチャント対決にも注目したい。

(構成・文:新井 宏)



■大会名:WWE Live Japan
■日時6.29(金)、6.30(土)
■会場:国技館 (東京都)

チケットの詳細はこちら

2018-06-18 20:15 この記事だけ表示