090707_wwe_02.jpg

WWE SMACKDOWN & ECW LIVE!
7/7(火)・8(水)日本武道館
≫チケットの申込みはコチラ


【7/7 決定対戦カード】

<World Heavyweight Championship>
[王者]エッジ
[挑戦者]ジェフ・ハーディ

<Intercontinental Championship>
[王者]レイ・ミステリオ
[挑戦者]クリス・ジェリコ

<ECW Championship>
[王者]クリスチャン
[挑戦者]ジャック・スワガー

<Women’s Championship>
[王者]メリーナ
[挑戦者]ミシェル・マクール

<その他出場予定選手>
CMパンク、グレート・カーリー、ウマガ、ジョン・モリソン、シェルトン・ベンジャミン、マーク・ヘンリーほか

※対戦カードは変更する場合があります
※各王者は5/28現在のもの


【7/8 対戦決定カード】

<World Heavyweight Championship>
[王者]7/7の勝者(エッジvs.ハーディ)
[挑戦者]レイ・ミステリオ

<WrestleMania Re-Match>
クリス・ジェリコ
リッキー・スティムボート

<ECW Championship>
クリスチャン
エヴァン・ボーン
ジャック・スワガー
(トリプルスレッドマッチ)

<Smackdown Diva Tag Team Match>
ゲイル・キム、メリーナ
ミシェル・マクール、アリシア・フォックス

<その他出場予定選手>
CMパンク、グレート・カーリー、ウマガ、ジョン・モリソン、シェルトン・ベンジャミン、マーク・ヘンリーほか

※対戦カードは変更する場合があります
※各王者は5/28現在のもの
081206_wwe_01.jpg2008年11月7日配信
WWE Japan 公式リリース

世界最大のスポーツエンターテインメント「WWE」で活躍中のスーパースター、「Mr.ケネディ」来日決定!

「WWEスペシャルリングサイド2008 with MR.KENNEDY」開催のお知らせ


081206_wwe_02.jpg世界最大のスポーツエンターテンメントを展開しているWorld Wrestling Entertaimnent Inc.(WWE)[*1]の日本支社・WWE Japanは、来る12月6日にファン感謝イベントの開催を決定。イベントには、WWEスーパースター「Mr.ケネディ」の参加が決定!チケットの発売も開始した!(WWE日本語公式モバイルサイトのみ)

4月の「WRESTLEMANIA24 PUBLIC VIEWING PARTY」、9月「SUMMERSLAM PUBLIC VIEWING PARTY」に続き、WWEJapanがWWEファンの皆様に感謝の気持ちをこめたイベントを開催。スペシャルゲスト「Mr.ケネディ」のトークショーや2009年「レッスルマニア25」現地観戦ツアーモニターなどの豪華賞品の当たるジャンケン大会、ファンも参加可能なコスプレ大会などを企画しているとのこと。チケットは、「WWE日本語公式モバイルサイト」のみで絶賛発売中だ!


■イベント名:WWEスペシャルリングサイド2008 with MR. KENNEDY
■日 時:2008年12月6日(土) 開場14:30 開始15:00
■会 場:クラブeX(エックス) 品川プリンスホテル内
■主 催:WWE Japan
■協 力:THQジャパン株式会社
■ゲスト:Mr.ケネディ(WWEスーパースター)
■入場料:3,500円(税込み)
     ※ WWEオフィシャル大会記念Tシャツ付き(Tシャツの絵柄、サイズは選べません)

■チケット発売場所:WWE日本語公式モバイルサイトのみ
■お問い合わせ先:WWE Japan 03−5464−6053


081206_wwe_03.jpg【Mr.ケネディ プロフィール】
・身長:188cm/体重:107kg
・出身:ウィスコンシン州グリーンベイ
・得意技:マイクチェック
・主な経歴:US王座獲得(2006年)、レッスルマニア23「マネー・イン・ザ・バンク・ラダーマッチ」で勝利(2007年)

【WWEとは?】
ビンス・マクマホンが会長を務め、アメリカ・コネチカット州スタンフォードに本社をおく、世界最大のスポーツ・エンターテインメント企業。TV番組制作、PPV並びにVOD放送、ライブイベント、グッズ制作、デジタルメディアだけでなく出版、音楽、映画制作にも進出し、「プロレス」を「スポーツエンターテインメントビジネス」にまで昇華させた。全米で1500万人が観ているWWEの番組の中でも、毎週月曜夜放送の『RAW』は、全ケーブルテレビの視聴率ランキングで毎週上位をキープするほどの超人気番組であり、「ECW」「SMACKDOWN」の他ブランドとともに世界130カ国以上23の言語に翻訳されて放送されている。

★WWE日本語公式モバイルサイト★
http://m.wwe.co.jp/

※携帯から上記URLへアクセスしてください。
080907_wwe_summerslam01.jpg

【構成・文:プロレス格闘技ライター 新井 宏】

『WWE Summer Slam Viewing Party2008』9/7(日)品川プリンスホテル ステラボール公演の詳細とチケット申込はコチラ!


プロレスを世界最大のスポーツエンターテインメントに押し上げたWWE。

そのWWEが開催するビッグショーの中でも重要イベントのひとつとされる「サマースラム」を、日本にいながらにして“体感”できる企画が用意された。9月7日(日)、東京・品川ステラボール(品川プリンスホテル)でおこなわれる「WWE Summer Slam Viewing Party2008」である。

「サマースラム」は今年で21回目を迎える伝統的PPV。88年8月29日にニューヨークのマジソン・スクウェア・ガーデンで第1回が開催されて以来、夏の本場所として多くの歴史的瞬間を提供してきた。

初回のメインイベントはハルク・ホーガン&ランディ・サベージ組vsテッド・デビアス&アンドレ・ザ・ジャイアント組というド級の豪華カード。あらためて歴史の重みを感じさせるマッチメークである。

 日本でおこなわれるパブリックビューイングは「レッスルマニア24」以来、5ヵ月ぶり2度目。300人限定で完売となった前回を上回り、今回は500人限定で“体感者”を募集する。こちらも完売が予想されるため、ファンには貴重なイベントとなること間違いなし。なにしろ現地に行かず、日本で「サマースラム」の雰囲気を味わえるのだ。PPVの“視聴”から“体感”へと昇華できるのが、パブリックビューイングの魅力でもある。 

大型スクリーンとパブリックビューイングならではの高音質。さらに3時間ノーカットで実況や選手たちのやりとりも字幕付き。そのうえ“日本限定”のイベントもついてくる。

 日本限定イベントには、「スマックダウン」に移籍したマリアが来日する。マリアは今年の「サマースラム」におけるイメージキャラクター。ポスターに単独で登場しているトップディーバのひとりだけに、これだけでも十分に元が取れるイベントだろう。

 さらに、ビクトリアの追加ゲストまで発表されるという豪華さ。ビクトリアはWWEディーバの“強さ担当”といったところか。過去2回、WWE世界女子王者として君臨しており、必殺のウイドウズ・ピークは女子プロレスの枠を超えた大技である。

 そのビクトリアとマリアに因縁が生まれた。

かねてから番組CMで登場を予告されていたマリアが8月1日現地放送の「スマックダウン」に出場。いきなりビクトリアとのシングルマッチをおこない、本人もビックリの勝利を飾ったのである。

当初はおばかキャラで売っていたマリアに“強さ担当”のビクトリアが敗れる波乱。ビクトリアにとっては屈辱のシーンであり、今後、マリアがスマックダウン・ディーバのキーパーソンになってくることは十分に考えられる展開だ。

 ビクトリアとマリアがイベントながらひとつのステージに上がる。なにが起こるか、見逃せない。

080907_wwe_summerslam02.jpg

 そのほか、イベントでは超レアグッズが入手できる抽選会も予定されているとか。パブリックビューイングの枠に収まらない、まさに至れり尽くせりの1日になりそうだ。

 さて、気になる「サマースラム」インディアナポリス大会のカードだが、本稿執筆時点(8月上旬)で以下のカードが発表されている。

“ヘル・イン・ア・セル”エッジvsジ・アンダーテイカー。“WWE選手権試合”HHHvsグレート・カリ。“世界ヘビー級選手権試合”CM・パンクvsJBL。“ECW選手権試合”マーク・ヘンリーvsマット・ハーディー。ジョン・シーナvsバティースタ。MVPvsジェフ・ハーディー。“インターコンチネンタル&WWE女子両選手権試合ウィナー・テイクス・オール”コフィ・キングストン&ミッキー・ジェームス組vsサンティーノ・マレラ&べス・フェニックス組。

 また、今大会では“HBK”ショーン・マイケルズによるアナウンスメントがあるという。

8月4日現地放送の「ロウ」では欠場中のHBKが自宅から近況を語った。「体調は回復に向かっている」と話しながらも、サマースラム直前に再検査をおこない、PPV内で「今後の進退について発表する」というのだ。

そのときのインタビューでは家族の大切さを語りながら「最悪の場合引退もありえる」とマットを去ることも示唆。痛恨の思いでリック・フレアーの最後の花道を作った男が、こんどはみずからの引き際を考えているのか。当日のコメントは絶対に見逃せない、聞き逃せない。

今年も歴史的瞬間が続出しそうな「サマースラム」。

パブリックビューイングで、感動と興奮を分かち合おう。     (新井 宏)