■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
>>詳細・お申込はコチラ



 世界最大のプロレス団体であるWWEが、「WWE Live」として、7月4日(木)&5日(金)の東京・両国国技館(両日とも19時開演)に上陸する。スーパースター軍団が大挙して来日するわけだが、初来日で大きな注目を浴びそうなのが、ライバックである。

 ライバックは初日の7・4で、ジョン・シナとWWEタイトルマッチをおこなうことがすでに発表されている。現地における現在進行形の抗争が、そのまま「WWE Live」にやってくるのだからたまらない。

 5月19日(現地時間)におこなわれたPPV「エクストリーム・ルールズ」では、最後に立っていたほうが勝ちとなる“ラストマンスタンディングマッチ”で激突し壮絶な闘いとなったものの、完全決着とはならなかった。翌日のロウでは、ライバックのほうからシナとの再戦を要求。次回PPV(6・16「ペイバック」)でも両者が対戦する可能性が高く、その結果により、どちらがWWEチャンピオンとして日本にやってくるのかが決まるのではなかろうか。先行カード発表時点ではシナが王者だが、ライバックがベルトを巻いて上陸する可能性も否定できない。

 そもそも、4・7「レッスルマニア29」後、シナにケンカを売ったライバックとは何者なのか。その正体は、3年ほど遡れば見えてくる。前名スキップ・シェフィールド。「NXTシーズン1」のレギュラーとしてWWE1軍に昇格し、その後、反乱軍ネクサスの一員として暴れていたのだ。2010年8月の日本公演では、来日メンバーに名を連ねていたのだが、直前のハワイ公演で足首を骨折。そのまま欠場となり、スキップ・シェフィールドはフェードアウトとなっている。

 そして、沈黙を破り変身した姿がライバックだった。身長191センチ、体重132キロという恵まれた体格である。もともと期待値は高く、ライバックになると初戦から見る者の度肝を抜いた。初登場は1年前のPPV4・29「エクストリーム・ルールズ」。1対2のハンディキャップマッチで無名の2人を圧殺すると、その後も秒殺による圧勝劇を連発し、かつてのゴールドバーグを連想させる強さで、WWEの中心に急接近してみせたのだ。

 もちろん、格下相手とのハンディキャップマッチで満足するはずもない。しだいにWWEスーパースターとの対戦も増え、上位戦線に参入。日本でもおなじみのテンサイ(ジャイアント・バーナード)も破り、大型パワーファイター同士でも意に介さないところを見せつけた。「FEED ME MORE(獲物をよこせ)!」のキメ台詞も定着し、客席からの大合唱まで起こるようになっていったのだ。

 そして昨年10月のPPV「ヘル・イン・ア・セル」では当時の王者CMパンクをターゲットとし、改名以来無敗のままWWE王座に挑戦するチャンスを得た。この試合でもライバックは王者を圧倒し、初戴冠は堅いと思わせるところまで追いつめた。しかし試合は疑惑の裁定が下り、パンクが防衛。怒りのライバックは逃げようとする王者を捕まえて、フィニッシャーのシェルショック(変形筋肉バスター)を仕掛けてみせた。終わってみれば、ライバックの強さが際立った闘いに。結局、これがライバックになってから初めての黒星だった。

 つづく11月のPPV「サバイバーシリーズ」では、ジョン・シナもまじえて三つ巴のWWE王座戦となった。現在の抗争はこの時から始まったということになるのだろう。ここでもライバックはシナにシェルショックを決めるなど、ほかの2人を圧倒した。しかしここで、謎の黒服3人組が現れ、パンクがシナからタナボタ的フォールを奪いライバックは勝敗にかかわらなかった。この3人組の正体は、“盾”を意味するザ・シールドというユニットで、その後、ライバックの勢いを止めることになる。ライバックがハンディ戦で圧勝しつづけてきたのとは対照的に、シールドは3人がかりでライバックの勢いにストップをかけようとしてきたのである。その後しばらくは、シールドにはなかなか勝てないが、それ以外の試合では相変わらずの強さを誇示するという奇妙な現象がつづいていた。

 しかし、シナ一本にターゲットを絞ったことで、ライバックはふたたびWWEの中心人物に浮上した。「レッスルマニア29」でザ・ロックを破りWWE王座を奪回したシナは、誰がなんと言おうとWWEの顔である。そのシナに狙いを定めたのは、ライバックにとって得策だった。日を追うごとにシナを追い詰めている感のあるライバック。日本公演のころには、この闘いがピークを迎えているかもしれない。7月4日(木)、両国のリングに立つシナとライバックは、いったいどんな状況下で顔を突き合わせるのだろうか。

(構成・文:新井 宏)




■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
>>詳細・お申込はコチラ

【決定対戦カード】
《7月4日(木)》
<WWE王座戦>
 ジョン・シナ[王者] vs. ライバック
<シングルマッチ>
 シェイマス vs. マーク・ヘンリー
<WWEタッグ王座戦>
 チーム・ヘルノー(ケイン&ダニエル・ブライアン)[王者組]
vs. ザ・シールド(ディーン・アンブローズ&セス・ローリンズ&ローマン・レインズ)

《7月5日(金)》
<スペシャルタッグマッチ>
 ジョン・シナ&シェイマス vs. ライバック&マーク・ヘンリー

 【その他来日予定スーパースター/ディーバ】
コフィ・キングストン/ザ・ミズ/ウェイド・バレット/ナタリア/アクサナ/ザック・ライダー/アントニオ・セザーロ/ヨシ・タツ/ザ・グレート・カリ/エピコ/プリモ、ほか

2013-05-28 16:12 この記事だけ表示


■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
詳細・チケット申込はコチラ!



 世界最大のプロレス団体で世界に通じる至極のエンターテインメントを提供するWWEが、7月4日(木)&5日(金)、東京・両国国技館(両日とも19時開演)にやってくる。気になる対戦カードの一部が発表された。

 実際にはアメリカでの流れと状況により若干変更となる可能性もあるが、どんなスーパースターがやってくるのか、どんなカードが基本となるのか、目安となるのは確か。発表されたカードは以下の通りだ。

7月4日(木)
▼WWE選手権試合
<王者>ジョン・シナvs<挑戦者>ライバック
▼シェイマスvsマーク・ヘンリー
▼WWEタッグ選手権試合
<王者組>ケイン&ダニエル・ブライアン(チーム・ヘル・ノー)vs<挑戦者>ディーン・アンブローズ、セス・ローリンズ、ローマン・レインズのうち2人(ザ・シールド)

7月5日(金)
▼スペシャルタッグマッチ
ジョン・シナ&シェイマスvsライバック&マーク・ヘンリー

[その他来日予定スーパースター/ディーバ]
コフィ・キングストン、ザ・ミズ、ウェイド・バレット、ナタリア、アクサナ、ザック・ライダー、アントニオ・セザーロ、ヨシ・タツ、ザ・グレート・カリ、エピコ、プリモほか。

※対戦カード、来日スーパースター、ディーバは変更される場合もあり。各日全7〜8試合を予定。各王者は日本時間5月9日初回放送「ロウ」終了時点のもの。

 現時点においてもかなりの豪華版であることがWWEユニバースならわかるだろう。昨年末からWWEのリングを席巻、ベビーフェースへの無差別攻撃を繰り返してきた武闘派軍団、ザ・シールドがまとめて初来日。しかも、チーム・ヘル・ノー(ケイン&ダニエル・ブライアン組)の保持するWWEタッグ王座に挑戦する予定になっている。本稿執筆時点では、ザ・シールドはまだタッグ王座戦線に本格的には絡んでいない。日本が初挑戦の場となるのか、それともそれまでにタイトル挑戦を実現させるのか。その場合、王座が入れ替わる可能性もあるだけに興味津々。ザ・シールドのうち誰が挑戦するのかも、駆け引きのひとつとなるだろう。統制のとれているザ・シールドと、不仲ながらもなぜかベルトを守りつづけているケインとブライアンのコンビ。対照的なチームによるタッグ王座戦は、本公演の大きな見どころになりそうだ。

 2日間を通して大きな流れになりそうなのが、ジョン・シナとライバックの対戦である。 ライバックについては次回の本連載で詳しく述べる予定だが、シナとライバックのライブでの激突は、日本のWWEユニバースには新鮮そのもの。4・7「レッスルマニア29」の後に発生した新たなる抗争が、そのまま日本に上陸するのだ。しかも初日がシングルマッチで、2日目がシェイマスとマーク・ヘンリーを加えたタッグマッチ。シェイマスとマーク・ヘンリーも初日にシングルマッチでぶつかり、2日目にはシナとライバックの抗争に割って入ることになる。こちらも現在進行形の闘いで大型選手が中心だけに、二重の抗争がド迫力バトルに昇華することは間違いない。

 さらには、日本人スーパースター、ヨシ・タツの凱旋帰国も決定した。元・新日本プロレスのヨシ・タツ(山本尚史)がWWEのスーパースターとして日本で試合をするのは、2010年、2012年についで1年1カ月ぶり3度目である。

 初の凱旋帰国となった2010年にはクリス・ジェリコとシングルマッチをおこない、ジョン・シナとのタッグでシェイマス&ジェリコ組を破った。昨年は2日間とも6人タッグマッチに出場し、初日がレイ・ミステリオ&ザック・ライダーと組んでジャック・スワガー&エピコ&プリモ組、2日目がランディ・オートン&レイ・ミステリオとのトリオでジョン・ローリネイティス&プリモ&エピコ組と対戦した。ともに凱旋時には日本(新日本)を意識したような技を出しているが、今回はどうするのか。また、みずから決勝フォールを奪う姿にも期待がかかる。

 また、現時点でわかっている来日スーパースターでは、NOAHへの参戦で日本のファンにもなじみがあるアントニオ・セザーロが初来日するなど、どこを切り取っても見どころが多い今回の「WWE Live」。次回からも、注目のスーパースターを本欄で紹介、見どころを探っていく。

(構成・文:新井 宏)




■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
詳細・チケット申込はコチラ!

★WWE新着動画放映開始!
※現在、「渋谷駅ハチ公前大型ビジョン」(三千里薬品の上)にて放映中!


【決定対戦カード】
《7月4日(木)》
<WWE王座戦>
 ジョン・シナ[王者] vs. ライバック
<シングルマッチ>
 シェイマス vs. マーク・ヘンリー
<WWEタッグ王座戦>
 チーム・ヘルノー(ケイン&ダニエル・ブライアン)[王者組]
vs. ザ・シールド(ディーン・アンブローズ&セス・ローリンズ&ローマン・レインズ)

《7月5日(金)》
<スペシャルタッグマッチ>
 ジョン・シナ&シェイマス vs. ライバック&マーク・ヘンリー

 【その他来日予定スーパースター/ディーバ】
コフィ・キングストン/ザ・ミズ/ウェイド・バレット/ナタリア/アクサナ/ザック・ライダー/アントニオ・セザーロ/ヨシ・タツ/ザ・グレート・カリ/エピコ/プリモ、ほか

2013-05-21 16:05 この記事だけ表示


■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
詳細・チケット申込はコチラ!



 7月4日(木)&5日(金)、東京・両国国技館(両日とも19時開演)で開催されるWWEの日本公演「WWE Live」には世界最大のエンターテインメントプロレス団体からスーパースターが大挙やってくるが、ザ・ミズもそのなかのひとりである。

 ザ・ミズは2011年の「レッスルマニア27」、そのメインイベントでジョン・シナを破り、WWE王座を防衛した実力者である。しかし、その後は低迷期を迎えトップグループから後退したかに見えた。インターコンチネンタル王座を獲得したこともあったが、ベルトのかからない試合となるとあっさり負けることも多く、安定感に欠けていた。

 しかし、ヒールからベビーフェースへの転向で、ふたたびトップグループの仲間入りを果たしている。2013年後半におけるキーパーソンンのひとりとなることも十分に考えられるだけに、グッドタイミングでの来日となりそうなのだ。

 彼をふたたび上昇気流に乗せたきっかけは、昨年9月から復活させたトークコーナーにあったと言っていいだろう。今度は「ミズTV」とのタイトルをつけ、今年に入って、ホール・オブ・フェーマーのリック・フレアーと知り合った。レジェンド中のレジェンドと意気投合したザ・ミズは、なんとフレアーの必殺技である足4の字固めを伝授してもらう。この技を習得してからは、勝率もぐんとアップ。これまでのスカルクラッシングフィナーレ(フルネルソン式フェースバスター)に加え、こんどはギブアップ技を自分のものにしてみせたのだ。

 足4の字固めと言えば、プロレスファンでなくても知っているプロレス技の代表格である。それはすなわち、ザ・ミズこそが伝統技の継承者であるとの免許皆伝を受けたようなものだろう。総合能力の高さは、万人が認めるところ。プロレスではベビーもヒールも経験し、試合運びの巧さも際立っている。表情も豊かでしゃべりもできる。プロレスにおける必要なものすべてを備えていると言えるのだ。

 そしてもうひとつ、WWEのスーパースターに欠かせない要素も手に入れた。それは、映画出演。ザ・ミズはジョン・シナ、テッド・デビアスが出演してきたシリーズの最新作「the MARINE3」の主役に抜擢された。演技(とくにアクション)もこなせてこそ、真のスーパースター。ザ・ミズはWWEヒストリーに残るであろう実績を、着実に積み上げている。

 ヒストリーと言えば、「レッスルマニア」での負けなしという記録も積み重ねており、もしかしたら将来、これがWWE史に刻まれるようなことになるかもしれないのだ。

 2009年にはタッグ王者として初めて祭典に出場したものの、王座から陥落してしまった。しかし2010年からは「レッスルマニア」で連勝を記録している事実がある。前述のJ・シナからのタイトル防衛が突出しているが、それ以外でも何気に負けていないのだ。記録としてはまだ始まったばかりだが、気がついたらジ・アンダーテイカーのように「レッスルマニア」に強いザ・ミズとのイメージがつくことだってあり得ない話ではないだろう。ジ・アンダーテイカーの記録も、多くの白星を積み重ねてから認知されるようになったのである。将来の「ミスター・レッスルマニア」と呼ばれる要素はありと見た。

 今年の「レッスルマニア29」では、PPV放送前のプレショーながらも、ウェイド・バレットを破りインターコンチネンタル王座を8カ月ぶりに奪回してみせた。しかも決め技は足4の字固め。ベビーフェースへの転向と新必殺技習得の成果が出た瞬間だったと言っていいだろう。

 しかしながら、なにかが起こる「レッスルマニア」翌日の「ロウ」で、ザ・ミズがジンクスどおりのサプライズを演出してしまった。バレットとの再戦に敗れ、わずか一日で王座から転落、無冠になってしまったのだ。

 「レッスルマニア」には強いが、負けるときはあっさり。この傾向は、低迷期のパターンに似ていると言えなくもない。7月の来日には、いったいどんなポジションでやってくるのか。インターコンチネンタル王座を奪回しているか、それともチャレンジャーとして王者に挑む立場にいるのか、それともまったく異なる何かをターゲットに定めているのか?

 彼のポジションが、「WWE Live」の見どころのひとつになっている。それがそのまま、2013年下半期の流れに直結してくるからだ。いずれにしてもザ・ミズの動向からは目が離せない!

(構成・文:新井 宏)




■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
詳細・チケット申込はコチラ!

★WWE新着動画放映開始!
※現在、「渋谷駅ハチ公前大型ビジョン」(三千里薬品の上)にて放映中!


【決定対戦カード】
《7月4日(木)》
<WWE王座戦>
 ジョン・シナ[王者] vs. ライバック
<シングルマッチ>
 シェイマス vs. マーク・ヘンリー
<WWEタッグ王座戦>
 チーム・ヘルノー(ケイン&ダニエル・ブライアン)[王者組]
vs. ザ・シールド(ディーン・アンブローズ&セス・ローリンズ&ローマン・レインズ)

《7月5日(金)》
<スペシャルタッグマッチ>
 ジョン・シナ&シェイマス vs. ライバック&マーク・ヘンリー

 【その他来日予定スーパースター/ディーバ】
コフィ・キングストン/ザ・ミズ/ウェイド・バレット/ナタリア/アクサナ/ザック・ライダー/アントニオ・セザーロ/ヨシ・タツ/ザ・グレート・カリ/エピコ/プリモ、ほか

2013-05-20 16:00 この記事だけ表示