■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
>>詳細・お申込はコチラ



 WWEの日本公演「WWE Live」が7月4日(木)&5日(金)、東京・両国国技館(両日とも19時開演)で開催される。テレビで見る世界のスーパースターが一度に見られるという豪華すぎる世界的プロレスイベントには、日本のWWEユニバース、プロレスファンだけに許される楽しみ方もある。それは、かつて日本で活躍したレスラーがスーパースターとなって戻ってくるという、いわば凱旋興行的な意味合い。過去の日本公演でも、日本マットを経て世界のスーパースターとなったレスラーたちがファンとの再会を果たしているのだ。

 新日本やWARなどで活躍したクリス・ジェリコ(ライオン・ハート、ライオン道など)は、日本公演のたびに“第2の故郷”日本を意識した試合運びを見せている。もちろん、日本のファンが見たい現地でのキャラクター、ムーブはそのままに、修業時代に学んだ緻密なテクニックを試合に織り交ぜてくるのである。

 以来、日本で成長した選手たちがレスラーとして育てられたこの国に一時的に戻ってくるケースが増えてきた。過去5年を遡ってみても、ブライアン・ケンドリック(スパンキー)、エヴァン・ボーン(マット・サイダル)、CMパンク、アルベルト・デル・リオ(ドス・カラスJr)、ダニエル・ブライアン(ブライアン・ダニエルソン)らが、大きく成長した姿を見せてくれた。また、全日本プロレスで小橋建太さん(引退)とのタッグでも活躍したジョニー・エースが“闘うフロント”ジョン・ローリネイティスとしてリングに上がったのも、ある意味で凱旋となるのだろう。

 そして、今回の日本公演で凱旋にあたるスーパースターが、アントニオ・セザーロだ。セザーロの旧名はクラウディオ・カスタニョーリ。NOAHのリングへクリス・ヒーローとのタッグで来日、“キング・オブ・レスリング”というチーム名で王座戦線に食い込み、2010年12月には当時のGHCタッグ王者、山善廣&佐野巧真組をあと一歩のところまで追い込んでいる。“キング・オブ・レスリング”のチーム名が示す通り、彼らのレスリングテクニックは高い評価を獲得した。世界中を転戦した経験から得た自信が、チーム名の由来でもある。セザーロ(カスタニョーリ)はヨーロッパで相棒と出遭い、アメリカに渡る。これが世界的飛躍への足掛かりとなった。アメリカンインディーの主要団体で名前を上げ、来日のチャンスをものにしたのだ。そしてWWEの目に留まり、2人ともWWEと契約。パートナーだったヒーローもカシウス・オーノのリングネームで1軍昇格の機会をうかがっているところだ。

 一足早く1軍昇格を果たしたセザーロは、2012年4月24日のスマックダウンで初登場。“トライアルマッチ”と銘打たれたタイソン・キッドとの試合をゴッチ式パイルドライバーでものにすると、同年8月19日のPPV「サマースラム」ではサンティーノ・マレラを破り、US王座を一発で奪取してみせた。この試合はPPV開始前のプレショー扱いながら、結果的に同大会における唯一の王座移動となったのだ。

 それ以来、セザーロは予想以上の快進撃を見せていく。WWEでは珍しいラグビー経験者という経歴をちらつかせ、5カ国語を駆使。英語、ドイツ語、イタリア語、フランス語、ロマンシュ語(スイスの公用語)を話すというスイス出身者ならではのキャラクターを浸透させた。リング上でもタイトルがかかれば連戦連勝。前王者のサンティーノ・マレラとのリターンマッチはもちろん、一時の低迷から完全に脱却したザ・ミズの勢いもベルトのかかった闘いでは止めることに成功した。最終的にコフィ・キングストンに敗れ王座は移動したものの、1軍昇格から4カ月以内にタイトルを獲り、それを8カ月に渡り保持していたという記録は特筆ものである(US王座はその後、キングストンからザ・シールドのディーン・アンブローズに移動)。

 得意技は、ニュートライザー。鮮烈デビューを飾ったときのフィニッシュであるゴッチ式パイルドライバーの応用形だ。まずはゴッチ式パイルの体勢で相手を持ち上げ、フェースバスターの要領で叩きつける。この大技を1軍に定着するようになってからフィニッシュ技として多用してきた。セザーロの場合、相手がスーパーヘビー級でもこの技を繰り出せるのが強みである。見かけ以上のパワーファイターということなのだろう。キング・オブ・レスリングと言われたのはテクニック面だけではない。パワーにおいてもスーパースターの資質を持っているのである。

 クラウディオ・カスタニョーリからアントニオ・セザーロへ。この凱旋も、今回の日本公演における大きな見どころのひとつだ!

(構成・文:新井 宏)




■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
>>詳細・お申込はコチラ

【決定対戦カード】
《7月4日(木)》
<WWE王座戦>
 ジョン・シナ[王者] vs. ライバック
<シングルマッチ>
 シェイマス vs. マーク・ヘンリー
<WWEタッグ王座戦>
 チーム・ヘルノー(ケイン&ダニエル・ブライアン)[王者組]
vs. ザ・シールド(ディーン・アンブローズ&セス・ローリンズ&ローマン・レインズ)

《7月5日(金)》
<スペシャルタッグマッチ>
 ジョン・シナ&シェイマス vs. ライバック&マーク・ヘンリー

 【その他来日予定スーパースター/ディーバ】
コフィ・キングストン/ザ・ミズ/ウェイド・バレット/ナタリア/アクサナ/ザック・ライダー/アントニオ・セザーロ/ヨシ・タツ/ザ・グレート・カリ/エピコ/プリモ、ほか

2013-06-17 13:43 この記事だけ表示


■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
>>詳細・お申込はコチラ



 世界最大のプロレス団体WWEがこの夏、1年ぶりに日本に上陸する。7月4日(木)&5日(金)、東京・両国国技館(両日とも19時開演)で開催される「WWE Live」では、世界中で放送されている旬な闘いが、日本のリングで実際に展開されるのだ。

 毎回数多くのスーパースターが来日する日本公演。今回は、いまもっとも旬なユニットがやってくることになった。“正義の盾”を意味するザ・シールドが揃って登場するのである。ザ・シールドとは、セス・ローリンズ、ディーン・アンブローズ、ローマン・レインズの3人で構成されるチームだ。ローリンズはROHのリングでヘビー級、タッグ王座を獲得したタイラー・ブラックでアメリカンインディーの大物だったレスラー。WWE入りすると、初代NXTヘビー級王者となり将来を約束されていた逸材だ。アンブローズは元CZW世界ヘビー級王者、ジョン・モクスリーの変身。DRAGON GATE USAにも参戦し、WWEにやってきた。レインズはサモア系レスリングファミリーの出身で、リキシ、ウマガのいとこ、ロージーの実弟である。WWE入りするまえはアメリカンフットボールNFLでプレーしていた実績がある。

 黒の戦闘服に身を包んだこの3人が、はじめて現れたのは昨年11月のPPV「サバイバー・シリーズ」だった。メインのWWE王座戦に乱入し、結果的にCMパンクの疑惑防衛に加担した。以来、ベビーフェース勢を次々と襲撃。ライバック、ランディ・オートン、シェイマス、シン・カラ、チーム・ヘル・ノー(ケイン&ダニエル・ブライアン)などへの無差別攻撃を繰り返し、あっという間にWWEの中心へと躍り出たのである。なかでも無敗の快進撃を続けていたライバックの勢いを止めたのが特筆に値する。今年2月のPPV「エリミネーション・チェンバー」と翌日のロウで直接ピンフォールを奪う連勝を記録した。

 さらに4・7「レッスルマニア29」ではランディ・オートン、シェイマス、ビッグショーが立場を超えて結託、ザ・シールド潰しに出陣したのだが、彼らは大物たちをあざ笑うかのような返り討ちに成功する。そのうえ、4・22英国ロンドンでは、チーム・ヘル・ノーにジ・アンダーテイカーを加えたプレミアムトリオさえも撃破してみせた。4・29コロンバスではチーム・ヘル・ノーとジョン・シナの強力トリオも突破。もはや誰にも止められないほど、彼らの勢いは加速していると言っていい。

 あえてタイトル戦線には加わらなかったザ・シールドだが、ここへきて一気にベルト獲りの勝負を仕掛けてきた。5・19「エクストリーム・ルールズ」でアンブローズがコフィ・キングストンのUS王座、セス・ローリンズ&ローマン・レインズがチーム・ヘル・ノーのWWEタッグ王座に挑戦。しかもどちらも勝利し、2大タイトルを見事にかっさらってみせたのだ。以来、アンブローズはキングストンとの再戦も返り討ちにし、タッグ王者もチーム・ヘル・ノーを退けての防衛に成功している。このままいけば、アンブローズがUS王者、ローリンズ&レインズがWWEタッグ王者という、ザ・シールド全員がチャンピオンの立場で来日するかもしれないのだ。

 日本公演の初日(7・4)では、チーム・ヘル・ノーとザ・シールドのWWEタッグ選手権試合が組まれている。カード発表時、王者組はケイン&ブライアン組だった。つまり、立場が完全に逆転したのだ。当日はザ・シールドが王者なのか、それともチーム・ヘル・ノーが奪回しているのか。いずれにしても、もっとも旬なタッグ対決が日本で見られることは間違いない。

 全員が王者となったザ・シールドだが、日本のWWEユニバースが見たいのは、彼らならではの登場スタイルなのではなかろうか。それは、観客席から二手に分かれてリングになだれ込むやり方だ。自分たちの試合以外にも突然現れ、無法行為をやらかす可能性もあるだろう。もともとは「不義をはたらく者を制裁するため」に現れた3人組。モチーフになっているのは2010年に結成された反乱軍ネクサス(後にザ・コアと改称)だ。いまでは当時のメンバーだったスキップ・シェフィールドがライバックとしてブレイクし、こんどはマイケル・マクギリカティがカーティス・アクセルとなり新たな衝撃を生み出そうとしている。また、当時のボス、ウェイド・バレットは現インターコンチネンタル王者である。

 元ネクサスが個人なら、かつてのネクサスを引き継ぐのがザ・シールドなのだろう。近未来のトップがザ・シールドに集約されているのかもしれない!

(構成・文:新井 宏)




■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
>>詳細・お申込はコチラ

【決定対戦カード】
《7月4日(木)》
<WWE王座戦>
 ジョン・シナ[王者] vs. ライバック
<シングルマッチ>
 シェイマス vs. マーク・ヘンリー
<WWEタッグ王座戦>
 チーム・ヘルノー(ケイン&ダニエル・ブライアン)[王者組]
vs. ザ・シールド(ディーン・アンブローズ&セス・ローリンズ&ローマン・レインズ)

《7月5日(金)》
<スペシャルタッグマッチ>
 ジョン・シナ&シェイマス vs. ライバック&マーク・ヘンリー

 【その他来日予定スーパースター/ディーバ】
コフィ・キングストン/ザ・ミズ/ウェイド・バレット/ナタリア/アクサナ/ザック・ライダー/アントニオ・セザーロ/ヨシ・タツ/ザ・グレート・カリ/エピコ/プリモ、ほか

2013-06-16 13:00 この記事だけ表示


■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
>>詳細・お申込はコチラ



 世界最大のプロレス団体であるWWEが、「WWE Live」として、7月4日(木)&5日(金)の東京・両国国技館(両日とも19時開演)に上陸する。スーパースター軍団が大挙して来日するわけだが、初来日で大きな注目を浴びそうなのが、ライバックである。

 ライバックは初日の7・4で、ジョン・シナとWWEタイトルマッチをおこなうことがすでに発表されている。現地における現在進行形の抗争が、そのまま「WWE Live」にやってくるのだからたまらない。

 5月19日(現地時間)におこなわれたPPV「エクストリーム・ルールズ」では、最後に立っていたほうが勝ちとなる“ラストマンスタンディングマッチ”で激突し壮絶な闘いとなったものの、完全決着とはならなかった。翌日のロウでは、ライバックのほうからシナとの再戦を要求。次回PPV(6・16「ペイバック」)でも両者が対戦する可能性が高く、その結果により、どちらがWWEチャンピオンとして日本にやってくるのかが決まるのではなかろうか。先行カード発表時点ではシナが王者だが、ライバックがベルトを巻いて上陸する可能性も否定できない。

 そもそも、4・7「レッスルマニア29」後、シナにケンカを売ったライバックとは何者なのか。その正体は、3年ほど遡れば見えてくる。前名スキップ・シェフィールド。「NXTシーズン1」のレギュラーとしてWWE1軍に昇格し、その後、反乱軍ネクサスの一員として暴れていたのだ。2010年8月の日本公演では、来日メンバーに名を連ねていたのだが、直前のハワイ公演で足首を骨折。そのまま欠場となり、スキップ・シェフィールドはフェードアウトとなっている。

 そして、沈黙を破り変身した姿がライバックだった。身長191センチ、体重132キロという恵まれた体格である。もともと期待値は高く、ライバックになると初戦から見る者の度肝を抜いた。初登場は1年前のPPV4・29「エクストリーム・ルールズ」。1対2のハンディキャップマッチで無名の2人を圧殺すると、その後も秒殺による圧勝劇を連発し、かつてのゴールドバーグを連想させる強さで、WWEの中心に急接近してみせたのだ。

 もちろん、格下相手とのハンディキャップマッチで満足するはずもない。しだいにWWEスーパースターとの対戦も増え、上位戦線に参入。日本でもおなじみのテンサイ(ジャイアント・バーナード)も破り、大型パワーファイター同士でも意に介さないところを見せつけた。「FEED ME MORE(獲物をよこせ)!」のキメ台詞も定着し、客席からの大合唱まで起こるようになっていったのだ。

 そして昨年10月のPPV「ヘル・イン・ア・セル」では当時の王者CMパンクをターゲットとし、改名以来無敗のままWWE王座に挑戦するチャンスを得た。この試合でもライバックは王者を圧倒し、初戴冠は堅いと思わせるところまで追いつめた。しかし試合は疑惑の裁定が下り、パンクが防衛。怒りのライバックは逃げようとする王者を捕まえて、フィニッシャーのシェルショック(変形筋肉バスター)を仕掛けてみせた。終わってみれば、ライバックの強さが際立った闘いに。結局、これがライバックになってから初めての黒星だった。

 つづく11月のPPV「サバイバーシリーズ」では、ジョン・シナもまじえて三つ巴のWWE王座戦となった。現在の抗争はこの時から始まったということになるのだろう。ここでもライバックはシナにシェルショックを決めるなど、ほかの2人を圧倒した。しかしここで、謎の黒服3人組が現れ、パンクがシナからタナボタ的フォールを奪いライバックは勝敗にかかわらなかった。この3人組の正体は、“盾”を意味するザ・シールドというユニットで、その後、ライバックの勢いを止めることになる。ライバックがハンディ戦で圧勝しつづけてきたのとは対照的に、シールドは3人がかりでライバックの勢いにストップをかけようとしてきたのである。その後しばらくは、シールドにはなかなか勝てないが、それ以外の試合では相変わらずの強さを誇示するという奇妙な現象がつづいていた。

 しかし、シナ一本にターゲットを絞ったことで、ライバックはふたたびWWEの中心人物に浮上した。「レッスルマニア29」でザ・ロックを破りWWE王座を奪回したシナは、誰がなんと言おうとWWEの顔である。そのシナに狙いを定めたのは、ライバックにとって得策だった。日を追うごとにシナを追い詰めている感のあるライバック。日本公演のころには、この闘いがピークを迎えているかもしれない。7月4日(木)、両国のリングに立つシナとライバックは、いったいどんな状況下で顔を突き合わせるのだろうか。

(構成・文:新井 宏)




■公演名:WWE Live
■日時:2013年7月4日(木)〜7月5日(金)
■会場:国技館 (東京都)
>>詳細・お申込はコチラ

【決定対戦カード】
《7月4日(木)》
<WWE王座戦>
 ジョン・シナ[王者] vs. ライバック
<シングルマッチ>
 シェイマス vs. マーク・ヘンリー
<WWEタッグ王座戦>
 チーム・ヘルノー(ケイン&ダニエル・ブライアン)[王者組]
vs. ザ・シールド(ディーン・アンブローズ&セス・ローリンズ&ローマン・レインズ)

《7月5日(金)》
<スペシャルタッグマッチ>
 ジョン・シナ&シェイマス vs. ライバック&マーク・ヘンリー

 【その他来日予定スーパースター/ディーバ】
コフィ・キングストン/ザ・ミズ/ウェイド・バレット/ナタリア/アクサナ/ザック・ライダー/アントニオ・セザーロ/ヨシ・タツ/ザ・グレート・カリ/エピコ/プリモ、ほか

2013-05-28 16:12 この記事だけ表示