■大会名:UFC JAPAN 2014
■開催日:9/20(土)
■開場:12:30
■オープニングファイト追加:13:30
 オープニングファイト(1) マキシモ・ブランコ(真騎士)VS ダン・フッカー
 オープニングファイト(2) 徳留一樹 VS ジョニー・ケース
■本戦開始:14:30
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)



(構成・文:長谷川亮)


 いよいよ開催まで約2週間となった「UFC JAPAN 2014」(9月20日、さいたまスーパーアリーナ)では、日本で学び吉田秀彦率いる吉田道場にも所属したマキシモ・ブランコを日本勢に含めると、大挙11人もの日本ファイターが出場する。その中で唯一3年連続の日本大会出場であり、日本ファイターの真打ちと言えるのが五味隆典だ。

 高校入学後にボクシングとレスリングを始めた五味は1998年、20歳のとき修斗でプロデビュー。当時からすでにアグレッシブなファイトスタイルで連戦連勝を記録し、デビューから3年後の2001年12月、佐藤ルミナを破って初戴冠を果たす(第5代修斗ウェルター級王者)。修斗ではその後も勝利し、デビュー以来の連勝を2003年まで継続して最終的に13を記録。そして2004年からは心機一転、戦いの場をPRIDEへと移す。

 2004年2月に開催された「PRIDE 武士道 -其の弐-」で初参戦を果たした五味は、ここからハウフ・グレイシー戦での6秒KOを含む6連続1ラウンドKO勝ちと破竹の勢いを見せ、2005年に行われたPRIDEライト級トーナメントも川尻達也、桜井“マッハ”速人を降して優勝。PRIDEでは修斗時代には及ばぬものの、グレードの上がった世界の強豪を相手に10連勝を達成し、軽量級のエース、そして日本人スターとして君臨した。

 しかしPRIDEは2007年に消滅し、“火の玉ボーイ”と異名を取る五味は2008年から新団体の戦極へ主戦場を移すが、モチベーションの火種を失ったか、ファイト内容はPRIDE時代の勢いを欠く。だが、2009年5月に古巣の修斗へ5年9ヵ月ぶりに参戦を果たした五味は当時の世界ウェルター級王者・中蔵隆志をKO。ファイトもらしさを取り戻し、試合後は「帰ってきたぜ!」と復活の雄たけびを上げた。

 そして翌2010年3月からは遂にUFC参戦を開始。当初は苦戦し、2012年2月の日本大会もUFC戦績1勝3敗と負け越しで迎えたが、ここで光岡映二をTKO。その後もディエゴ・サンチェス戦(昨年3月、日本大会)での不可解な判定負けこそあったが、今年4月にアイザック・ヴァリーフラッグを判定で破り、サンチェス戦で負った右手甲の骨折とブランクを乗り越え復活。現在までUFC戦績は4勝4敗と五分の星に戻し、ファイト・オブ・ザ・ナイト(大会最高試合賞)を2回、ノックアウト・オブ・ザ・ナイト(大会最高KO賞)を1回獲得している。

 6月に行われた「UFC JAPAN 2014」発表会見で「ランキングに絡んで、タイトル戦線に絡んでやっていこうと、日本のファンも納得いく相手をリクエストしておきました」と語った五味だが、その要望を受けUFCが用意したのがライト級世界9位のマイルス・ジュリー。プロ戦績14戦全勝、幼少よりテコンドー、レスリング、柔術と格闘技を学び、立ってよし・寝てよしのオールラウンダーだ。現在のランキングこそ9位だが、それ以上に実力を評価する向きも多く、タイトル戦線入りを狙う五味にとっては格好の相手だが、これまでUFCで五味を降してきたケニー・フロリアン、クレイ・グイダ、ネイト・ディアス、ディエゴ・サンチェス以上の難敵ともいえる。

 もうじきプロキャリア16年になろうかという五味は日本大会の2日後、9月22日に36歳の誕生日を迎える。修斗・PRIDEで頂点を極め、しかしモチベーションを欠き不調に見舞われ、負傷による長期欠場・離脱も経験と、浮き沈みのどちらも経験してきた。しかし今なお世界の頂点を目指し、五味は燃焼し続ける。キャリアの集大成へ、ジャパニーズ・レジェンド勝負の時が迫る。

 また、今大会では2012年2月の日本大会以来で秋山成勲が出場し、UFCの登竜門番組「TUF」優勝者であるアミール・サダローと対戦する。12年2月の日本大会後、7月にも試合の決まっていた秋山だが左膝前十字靭帯を断裂し欠場。今大会が実に2年7ヵ月ぶりの参戦となる。

 久々の実戦で試合勘の衰えが気掛かりな秋山だが、対するサダローも負傷があり、これが12年9月以来、2年ぶりとなる試合。ムエタイとサンボをベースにし、UFCでは6勝4敗と勝ち越している選手である。

 これまで5回のUFC出場で3度ファイト・オブ・ザ・ナイトを受賞と、「名勝負男」ぶりを発揮している秋山だが、通算戦績は1勝4敗、デビュー戦での勝利後は4連敗と今回は崖っぷちの状態で迎える。“反骨の柔道王”とも呼ばれる秋山にとって、今回はブランク明け、そしてリリース(契約解除)の危機と、2つの危機に瀕しての一戦となる。はたして今回も逆境に反骨魂が燃えるのか。



■大会名:UFC JAPAN 2014
■開催日:9/20(土)
■開場:12:30
■オープニングファイト追加:13:30
 オープニングファイト(1) マキシモ・ブランコ(真騎士)VS ダン・フッカー
 オープニングファイト(2) 徳留一樹 VS ジョニー・ケース
■本戦開始:14:30
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)



【動画】UFC JAPAN 2014 プロモーションムービーが到着!!

【対戦カード】
マーク・ハント vs. ロイ・ネルソン
五味隆典 vs. マイルズ・ジューリー
アミール・サドラー vs. 秋山成勲
中井りん vs. ミーシャ・テイト
アレックス・キャセレス vs. 金原正徳
ジョン・デロスレイエス vs. 堀口恭司
リチャード・ウォルシュ vs. 国本“ストラッサー”起一
サム・シシリア vs. 菊野克紀
佐藤豪則 vs. イム・ヒョンギュ
カン・ギョンホ vs. 田中路教
ジョニー・ケース vs. 徳留一樹
ダン・フッカー vs. マキシモ“真騎士”ブランコ
※対戦カードは予告無く変更になる場合があります。

2014-09-08 17:44 この記事だけ表示

■大会名:UFC JAPAN 2014
■開催日:9/20(土)
■開場:12:30
■オープニングファイト追加:13:30
 オープニングファイト(1) マキシモ・ブランコ(真騎士)VS ダン・フッカー
 オープニングファイト(2) 徳留一樹 VS ジョニー・ケース
■本戦開始:14:30
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)



(構成・文:長谷川亮)


 今年も世界最大の格闘技イベントUFCが、「UFC JAPAN 2014」として、まもなく日本にやってくる(9月20日、さいたまスーパーアリーナ)。UFCは1993年11月にアメリカ・コロラド州デンバーで初開催されるや大きな衝撃を与え、急速なスピードで成長・拡大を続けている地球規模の格闘技イベント。「Ultimate Fighting Championship」が正式名称で、“Ultimate=究極の”というその名の通り、「オクタゴン」と呼ばれる八角形の金網を舞台に、パンチ・キック・ヒジ・ヒザ、投げ・絞め・関節技と何でもあり、まさに究極の戦いが繰り広げられる。“最強”の座を目指し世界中から鍛錬を積んだファイターたちが集うオクタゴンは、さながら現代のコロッセオというべき場所であり、昨年からは女子部門もスタートし新たな歴史を刻んでいる。

 UFCは2001年から現在のズッファ社へ運営が移り、2005年にUFCヘ出場する権利を巡りファイターたちが合宿生活を送りながら試合を行っていく登竜門番組「The Ultimate Fighter」=通称TUF(タフ)が高視聴率を獲得したことで人気が爆発。日本ではズッファ体制によるUFCは2012年2月、2013年3月に続き、今年が3年連続3度目の開催となる。

 2012年2月の大会はUFCの基幹を成すナンバー大会、「UFC144」として行われた。日本での開催は2000年12月の「UFC29」以来、実に11年ぶりとなる(前回はズッファ社でなくSEG社による主催)。メインイベントは当時の世界ライト級王者フランク・エドガーがベンソン・ヘンダーソンを迎えたタイトルマッチで、すでに3度の防衛を成し遂げ安定王者とも囁かれていたエドガーをベンソンが番狂わせで破って王座を奪取(判定勝ち)、ターニングポイントの大会となった。また、PRIDEを経てDREAM、SRC以来となる国内MMA(=総合格闘技)の一大イベントとして山本“KID”徳郁 、五味隆典、岡見勇信、秋山成勲、さらにはK-1王者のマーク・ハント、PRIDE常連選手だったクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンとスター選手が一堂に介した。

 続いて2013年のメインイベンターとなったのが、かつて“ミスターPRIDE”というべき激闘の数々で日本を沸かせたヴァンダレイ・シウバ。ブライアン・スタンと火の出るような打ち合いを展開すると2RKOに沈め、ファイト・オブ・ザ・ナイト(大会最高試合賞)とノックアウト・オブ・ザ・ナイト(大会最高KO賞)をWで受賞。また、今大会でもハント、五味、岡見といったスター選手が前年に続き顔を揃えた。大会は両年度とも日本格闘技界の聖地・さいたまスーパーアリーナで開催。今年も3年連続で同所が祭典の舞台となる。

 去る6月26日には大会発表の会見が都内で行われ、出場する主要ファイターのほか、ズッファ社のデイナ・ホワイト社長が出席。社長は日本を「非常に大きな市場でMMA発祥の地といっても過言ではありません。日本に戻ってこられて嬉しい。大好きな、素晴らしい場所です。UFCを世界中で開催する中で、どこで観たいか、どこに行きたいかと問われれば、日本を外すことはできません」と語り、深い思い入れと大きなリスペクトを表した。また会見では日本の老舗団体・修斗との協力体制も発表され、今後日本市場に一層力を入れていくことが、社長直々の来日とともに感じられた。

 早々に発表となった今大会のメインイベントは、これで3年連続の日本大会出場となるマーク・ハントvsロイ・ネルソン。UFCでも好勝負を連発し“名勝負製造機”というべき活躍を見せるハントと、PRIDEで一時代を築いたミルコ・クロコップ、アントニオ・ホドリゴ・ノゲイラをいずれもKOで降しているネルソンの激突は、ヘビー級らしい重厚感と迫力ある一戦になるだろう。

 そのほか、日本人ファイター、あるいは日本ゆかりのファイターがずらり揃ったカードは実に11試合。大会はメインを加えた全12試合のボリュームで行われる。ド迫力のヘビー級マッチあり(ハントvsネルソン)、ジャパニーズレジェンドの挑戦あり(五味)、アジア初となる歴史的な瞬間あり(中井りん)、そして日本格闘技界の今後を担う若手・実力選手が勢ぞろい。当連続コラムでは次回から、各試合、そして大会の見どころを順に紹介していく。



■大会名:UFC JAPAN 2014
■開催日:9/20(土)
■開場:12:30
■オープニングファイト追加:13:30
 オープニングファイト(1) マキシモ・ブランコ(真騎士)VS ダン・フッカー
 オープニングファイト(2) 徳留一樹 VS ジョニー・ケース
■本戦開始:14:30
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)



【動画】UFC JAPAN 2014 プロモーションムービーが到着!!

【対戦カード】
マーク・ハント vs. ロイ・ネルソン
五味隆典 vs. マイルズ・ジューリー
アミール・サドラー vs. 秋山成勲
中井りん vs. ミーシャ・テイト
アレックス・キャセレス vs. 金原正徳
ジョン・デロスレイエス vs. 堀口恭司
リチャード・ウォルシュ vs. 国本“ストラッサー”起一
サム・シシリア vs. 菊野克紀
佐藤豪則 vs. イム・ヒョンギュ
カン・ギョンホ vs. 田中路教
ジョニー・ケース vs. 徳留一樹
ダン・フッカー vs. マキシモ“真騎士”ブランコ
※対戦カードは予告無く変更になる場合があります。

2014-09-08 17:42 この記事だけ表示

■大会名:UFC JAPAN 2013
■開催日時:3/3(日)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)
>>詳細・チケット申込はコチラ!


 いよいよ開催が間近となった日本大会「UFC JAPAN 2013」(3月3日、さいたまスーパーアリーナ)。1月にはヴァンダレイ・シウバをはじめとした参戦ファイターが出席しての来日記者会見も行われた。3月3日といえば女子のお祝い「ひな祭り」だが、今年ばかりはUFCに決定! 大会直前情報をお届けしよう。
(構成・文:長谷川亮)


■モチベーション最高潮! ヴァンダレイ・シウバ
 1月22日、都内ホテルで行われた会見に来日したシウバは帽子をかぶって登壇したが、着席前にこれを取るとファンと報道陣にお辞儀をして挨拶。「日本に戻って試合ができること、そしてこの機会をくれたみなさんに感謝しています。また日本で試合をして、勝つことが私の夢です。ファンのみなさん、さいたまスーパーアリーナを完売にして我々の力を見せましょう。ファン、選手、そしてUFCが力を合わせて素晴らしい大会にできればと思います」
 ファンと選手一丸になっての盛り上げを呼び掛けたシウバは、テレビ・雑誌など様々な媒体に出演、サイン会も行うなど精力的にプロモーション活動を展開した。「日本で試合ができるのは素晴らしいモチベーションになっています。日本のファンのことはよく知っているし大好きです。いい試合をしてトップクラスに返り咲くチャンスだと思っているので、ファンのみなさんに喜んでもらえる素晴らしい試合にします」
 心・技・体とはよく使われる言葉だが、磨かれた技も鍛え上げられた体力も、何より燃え立つ心がなければその力を十分発揮することはできない。ホームの応援が選手に勇気と自信を与え、より以上のパフォーマンスが発揮されるのは、様々なスポーツシーンを思い起こせば理解してもらえるはずだ。
 コメントからも分かるように、シウバにとって日本はすでに“ホーム”というべき存在となっている。感謝の気持ちをファイトで見せんと激闘を展開してくれるだろうし、名曲「サンドストーム」での入場、あの手をグリグリさせるおなじみのポーズを同空間でともにできるだけでも、会場へ足を運ぶ価値があるといって過言ではない。本大会は昔からのファンにとってはシウバとの“再会”、新たなファンにとっては“出会い”の場となる。


■昨年のリベンジを期す岡見&水垣
 そしてまさに“ホーム”での開催となった日本選手たちも勝利を目指し燃えている。1月には岡見勇信、水垣偉弥、廣田瑞人の3選手が大会の舞台となるさいたま市の清水勇人市長を表敬訪問。昨年の日本大会を観戦し、盛り上がりを目の当たりにした清水市長から、さいたま名物である盆サイダーと破魔矢を贈られ激励を受けた。
 岡見と水垣にとっては昨年の雪辱を期しての日本大会連続出場となる。UFC参戦6年半、16戦12勝4敗と日本はおろかアジアでも随一の戦績を残す岡見だが、2006年6月以来の凱旋試合となった昨年2月の日本大会で、勝利を目前にしながら逆転負け。日本人としてUFCで岡見に次ぐ結果を残す水垣も、不可解としか言いようのないジャッジで判定負けに終わっている。海を渡って奮闘し遂に日本の檜舞台で脚光を浴びると思いきや、待っていた無情な結末に、改めて格闘技の厳しさ、人生の不条理を見せられた思いであった。
 しかしそこは気持ちもタフなUFCファイターである岡見と水垣、昨年のうちに復活勝利を上げており、今年こそはとその意気込みは高い。「前回の日本大会のこともあるので、今回こそ自分の実力を全部出して勝利を得たいと思っています」「日本は母国ですし、一番自分のことを応援・支援してくれている人たちがいるので、そこで勝つ姿を見せるのが責任だと思っているし、日本で試合をするのは特別なことだと感じています」と、1月の記者会見では岡見から力強い言葉が聞かれた。


■格闘技黄金時代の熱気が再燃
 大会は3月3日の開催となるが、前日の2日には恒例であるファン公開での選手計量も行われる。試合を翌日に控えた選手たちが戦いを前に緊迫感漂うフェイス・トゥ・フェイスを繰り広げ、こちらもUFCに欠かせない名物となっている。
 開催前から伝説化、語り継がれるのが約束された本大会。3月3日は格闘技の聖地がUFCの熱気で再燃する!当日の会場は格闘技を愛する大観衆で埋め尽くされるであろう。乗り遅れるな!



■大会名:UFC JAPAN 2013
■開催日時:3/3(日)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)
>>詳細・チケット申込はコチラ!

【予定対戦カード】
ヴァンダレイ・シウバ vs. ブライアン・スタン
マーク・ハント vs. ステファン・ストルーブ
五味隆典 vs. ディエゴ・サンチェス
岡見勇信 vs. ヘクター・ロンバート
廣田瑞人 vs. ハニ・ヤヒーラ
キム・ドンヒョン vs. シアー・バハドゥルザダ
福田力 vs. ブラッド・タヴァレス
水垣偉弥 vs. ブライアン・キャラウェイ
クリスチアーノ・マルセロ vs. 徳留一樹
※対戦カードは変更になることがございます。

2013-02-22 11:00 この記事だけ表示