■大会名:UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015
■日時:9/27(日) 開場8:00/試合開始9:00(予定)/メインカード開始11:00
■会場:さいたまスーパーアリーナ


“日本人ファイター10選手、さいたまスーパーアリーナへ出陣!”

●全11カードが遂に決定
 開催月の9月となり、遂に全11試合(メインカード6試合+アンダーカード5試合)が出揃った『UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015』(9月27日、さいたまスーパーアリーナ)。今大会には9試合で10人の日本人ファイターが出場する。うち1試合は「Road to UFC JAPAN」決勝で日本人対決となるが、他8試合で日本勢の勝ち越しはなるか? 前回のKID&堀口に続き、決戦に挑む日本人選手を紹介しよう。

●“インテリジェント・スナイパー”水垣偉弥
 まずはUFCで7勝を上げている“インテリジェント・スナイパー”水垣偉弥。大学院修了という経歴からこの異名を持つ水垣は、2005年にプロ修斗でデビューすると同年の新人王を獲得。その後、いち早く金網を採用した日本の団体CAGE FORCEでバンタム級王者に輝き(2008年12月)、2009年4月からはアメリカの団体WECに進出する。  WECではバンタム級王座に挑戦、ファイト・オブ・ザ・ナイト(大会最高試合賞)受賞、メインイベント出場と活躍を見せ、その後WECがUFCに統合されたことから2011年3月からはUFCに出場を開始。12年2月の日本大会では明らかに優勢でありながら判定負けとされる不運もあったが、ここまでUFCで11戦を戦い7勝4敗の戦績を残している。12年11月から14年5月に掛けてはUFCでの日本人最多記録となる5連勝をマークし、ランキングもバンタム級5位まで上昇。打ち合いで打ち勝ち、組み合いでテイクダウンを奪っていく、接戦をものにする粘り強さが持ち味だ。また海外での試合経験が豊富で、アウェーの戦いをものともしない勝負強さもある。

 しかしそんな水垣だが昨年9月、今年4月と敗北を喫し、WECとUFCを通じ初の連敗に見舞われている。WEC参戦から6年半、31歳となり、キャリア最終章とも取れる発言も聞かれるようになってきた水垣だが、ここから復活の狼煙を上げることはできるか。185pの長身ファイターで日沖発をハイキックで下しているジョージ・ループと対戦する。

●現代MMA+沖縄拳法空手=菊野克紀
 続いて昨年に続き日本大会連続出場となる菊野克紀。柔道と極真空手を経て“世界のTK”こと名将・高阪剛に師事し、さらに沖縄拳法空手を取り入れた唯一無二、独自のスタイルで世界の最高峰・UFCに挑んでいる。

 昨年の日本大会でサム・シシリアと対戦した菊野は、得意の三日月蹴りを当て、打撃のプレッシャーから優位に組み付き、グラウンドへ持ち込むとチョークスリーパーを極め一本勝ち。ここから連勝路線に入りたかったが、今年3月のブラジル大会でケヴィン・ソウザに初回KO負けを喫してしまい、今回は半年を経ての再起戦となる。

 昨年の勝利後には「これから進化するので楽しみにしてください」と話した菊野は、その後も稽古を進めた沖縄拳法空手とTK総合格闘術のさらなる菊野流融合を見せることができるか。ヴァンダレイ・シウバをヒーローとし、激しい打撃を見せるディエゴ・ブランダオンと対戦する。

●再契約から勝利を目指す、小谷直之&中村K太郎
 1度はリリース(解雇)を受けながら、実績を積み再び戻ったUFCで初勝利を目指すのが小谷直之と中村K太郎。

 小谷は2007年にUFC初出場を果たすも2敗を喫してリリースを受け、しかしそこから11連勝を飾って昨2014年にUFC復帰を果たした。だが連敗を喫してしまい、これでUFC戦績は4戦して4敗。9割以上と高い決着率を持つ小谷だけに、ケイジャン・ジョンソンに対し初勝利を明確な形(一本かKO)でものにしたい。

 同じく今大会で2008年2月以来、7年7ヵ月ぶりのUFC復帰となるK太郎は中国のリー・ジンリャンと対戦。2006年から参戦したUFCでは3連敗と勝利を得られなかったが、チョークスリーパーに代表される寝技の強さは国内で群を抜いており、現在4連勝で4試合いずれもKOまたは一本勝ちでフィニッシュしている。今回は国本起一の負傷欠場を受け緊急出場となったが、小谷同様、悲願の白星を掴みにいく。

●8選手の勝ち越しはなるか!?
 世界各地で大会が開催され人気沸騰、地球規模の格闘技イベントとなっているUFCはレベルも向上、勝利のハードルが日進月歩で高まっているが、今回そこへ挑むのが初参戦となる粕谷優介。粕谷は2010年にプロデビューすると翌年の修斗新人王を獲得し、Legend FC、PXCといった海外の大会へ早くから出場して勝利。今回はドイツの元警官という変わり種、柔道をベースとするニック・ハインと対戦する。

 UFC2戦目となる安西信昌も初勝利を目指す。UFC初参戦は昨年8月、この試合ではKOで敗れ白星ならなかったが、“アニマル安西”の名も持つだけに、その猛々しい戦いとパワーを爆発させての勝利が期待される。

 昨年の日本大会には10人の日本人ファイターが出場し、結果は5勝5敗。今年は8人が出場となるが、勝ち越しはなるか。

(取材・文:長谷川亮)




■対戦カード

<メインマッチ フライ級 5分3R>
ジョシュ・バーネットvsロイ・ネルソン

<第十戦 フライ級 5分3R>
ゲガール・ムサシvsユライア・ホール

<第九戦 フライ級 5分3R>
堀口恭司vsチコ・ケイミュス

<第八戦 バンタム級 5分3R>
水垣偉弥vsジョージ・ループ

<第七戦 ウェルター級 5分3R>
国本起一vsリー・ジンリャン

<第六戦 バンタム級 5分3R>
山本”KID”徳郁vsマット・ホーバー

<第五戦 Road to UFC Japan フェザー級 5分3R>
畑“DJ.Taiki” vs廣田瑞人

<第四戦 フェザー級 5分3R>
菊野克紀vsディエゴ・ブランダオン

<第三戦 ライト級 5分3R>
ニック・ハインvs粕谷優介

<第ニ戦 ライト級 5分3R>
小谷直之vsケイジャン・ジョンソン

<第一戦 ウェルター級 5分3R>
安西信昌vsロジャー・ザパタ

※対戦カードは変更される場合がございます。予めご了承下さい。


2015-09-08 15:14 この記事だけ表示

■大会名:UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015
■日時:9/27(日) 開場8:00/試合開始9:00(予定)/メインカード開始11:00
■会場:さいたまスーパーアリーナ


●“超新星”堀口が今年も出場
 昨年に続き2度目となるさいたまスーパーアリーナ出場。

 5歳から伝統派空手を学んだ堀口は、TVで活躍を見たKIDに憧れ、高校卒業後にKRAZY BEEへ入門。わずか1大会でアマチュアを卒業すると2010年5月に修斗でプロデビュー、そこから同年の新人王を獲得するなど着実に、そして速い速度で成長を続け、13年3月に修斗の世界王座を獲得する。デビューから3年と経たないスピード戴冠であった。

 爆発力ある打撃と、テイクダウンに至らせない腰&寝技に持ち込まれても立ち上がる体の強さ――これらを活かし13年10月にUFCデビューを果たすと、14年5月の第2戦でも勝利して順調に連勝を記録し、昨年9月の日本大会ではジョン・デロス・レイエスをスタンドパンチからのパウンドで初回TKO。会場を沸かせる勝利を見せている。

●UFC王者へあと一歩
 今年に入り、1月のルイス・ゴーディノ戦も危なげない判定勝利でクリアした堀口は、急きょ王者デメトリアス・ジョンソンの持つUFC王座への挑戦が決定。最終5R、終了わずか1秒前というところでジョンソンに腕十字を極められ日本人初UFC王者の夢はならなかったが、序盤は最速王者にスピードで渡り合い、さらに2Rにはデメトリアスが得意とするテイクダウンを逆に決めるなど、今後の成長そして可能性を感じさせる場面を見せた。

 UFC王者への再スタート、そして再起戦となる今回、フライ級ランキング7位につける堀口が迎えるは下位ランカー14位のチコ・ケイマス。通算戦績は14勝6敗、UFCでは7戦を行い、これまで3勝3敗1無効試合という結果を残している。

 今大会、UFC初勝利を懸けた、堀口にとっては王座再挑戦へ弾みをつけたい一戦となる。

(取材・文:長谷川亮)




■対戦カード

<メインマッチ フライ級 5分3R>
ジョシュ・バーネットvsロイ・ネルソン

<第十戦 フライ級 5分3R>
ゲガール・ムサシvsユライア・ホール

<第九戦 フライ級 5分3R>
堀口恭司vsチコ・ケイミュス

<第八戦 バンタム級 5分3R>
水垣偉弥vsジョージ・ループ

<第七戦 ウェルター級 5分3R>
国本起一vsリー・ジンリャン

<第六戦 バンタム級 5分3R>
山本”KID”徳郁vsマット・ホーバー

<第五戦 Road to UFC Japan フェザー級 5分3R>
畑“DJ.Taiki” vs廣田瑞人

<第四戦 フェザー級 5分3R>
菊野克紀vsディエゴ・ブランダオン

<第三戦 ライト級 5分3R>
ニック・ハインvs粕谷優介

<第ニ戦 ライト級 5分3R>
小谷直之vsケイジャン・ジョンソン

<第一戦 ウェルター級 5分3R>
安西信昌vsロジャー・ザパタ

※対戦カードは変更される場合がございます。予めご了承下さい。


2015-09-02 16:05 この記事だけ表示

■大会名:UFC FIGHT NIGHT JAPAN 2015
■日時:9/27(日) 開場8:00/試合開始9:00(予定)/メインカード開始11:00
■会場:さいたまスーパーアリーナ


“UFCへ試練の道、噂のプロジェクト日本版がスタート、テレビ放映中”

●UFCとの契約を目指す日本人8選手の戦い
 7月2日、4年連続となるUFC日本大会(9月27日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の開催が都内ホテルで行われた会見で発表となったが、同時にかねてより噂となっていたプロジェクト「ROAD TO UFC JAPAN」もその全貌が明らかにされた。

 1993年11月に産声を上げたUFCだが、その人気が爆発したのには「The Ultimate Fighter」=通称TUF(タフ)と呼ばれる番組の存在がある。TUFはUFCの出場権を巡り、ファイターたちが合宿生活を送りながら試合を行っていく“リアティショー”と言われるドキュメンタリー番組で、この番組を追っていくことで視聴者は馴染みのなかったMMA(総合格闘技)についての知識や有効な技術・戦略を知ることができ、また選手たちの人柄や様々なライフストーリーにも触れ、グッと感情移入が促されていった。

 日本版TUFの構想もすでに昨年2014年6月に実施された会見で「地上波放送、対象は135〜145ポンド(61.2kg〜65.8kg)の日本人またはアジア選手」と明かされていたが、そこから1年の時と調整を経て、選手たちが合宿して共同生活を行う従来のTUFとはややフォーマットを変え、「Road to UFC JAPAN」としてテレビ東京で7月6日より毎週月曜深夜25:00〜25:30(BSジャパンでも7月11日より毎週土曜24:00〜放送)スタートとなり、格闘技ファンをはじめとする視聴者に好評となっている。

●バラエティー豊かな8人のMMAサムライ
「我々は常に最高の才能を求めている。未来のトップファイターをトーナメントで発掘したいんだ。9月27日、君たちの人生で一番デカい舞台に立つんだ。日本で行われるUFCに出場してもらいたい。少年たちよ! 荷物をまとめろ! 世界の格闘技の中心地UFCのホーム・ラスベガスで待ってるぜ」

 そんなデイナ・ホワイトUFC代表からのビデオレターを受け取ったのはフェザー級(〜65.8kg)の以下8選手。

安藤達也(TRIBE TOKYO M.M.A)
石原夜叉坊(いしはら やしゃぼう/Team Alphamale Japan)
上迫博仁(チーム クラウド)
DJ.taiki(フリー/元DEEPバンタム級王者)
大尊伸光(総合格闘技津田沼道場/元修斗環太平洋ウェルター級王者)
長倉立尚(吉田道場)
西浦“ウィッキー”聡生(STGY)
廣田瑞人(CAVE/元DEEPライト級王者、元SRCライト級王者)

 7月6日の第1回放送から双子の子どもを最近授かったばかりだというウィッキー、夜叉坊の大阪夜遊び、財務コンサルティング会社CEOを務める長倉、祖母と二人暮らしの大尊、ほぼ秋山成勲が喋り通しとなった上迫、日常的にゲームセンターで追い込みトレーニングを行うDJ、怪物ルーキーと称される安藤、そして一度は解雇されたUFCへの復讐を目指す廣田と、これまで表ざたになることのなかった事実や選手の暮らしぶりが取り上げられ、さっそく8人に引きつけられる。

●トーナメント前からアクシデント発生!
 TUFの収録ジムである「UFCトレーニングセンター」に到着した8人はコーチを務めるジョシュ・バーネットとロイ・ネルソン(※2人は9月大会のメインイベントで激突する)に迎え入れられ、4人ずつにチーム分けがなされる。

 7月13日の第2回放送ではジョシュとネルソンが順に1人ずつを指名していく形でチーム分けがなされたが、選考のために行われたトレーニングセッションで事件が発生する。レスリング能力を見るため課された場面で、大尊にリフトされた上迫が右肩から落下。チームは大尊、ウィッキー、DJ、夜叉坊のチーム・バーネットと、安藤、廣田、長倉、上迫のチーム・ネルソンに分かれたが、上迫は肩の負傷が思わしくなく戦線離脱となる。

 トーナメント1回戦はウィッキーvs上迫、大尊vs廣田、夜叉坊vs安藤、DJvs長倉の組み合わせとなるが、上迫の離脱を受けウェイトリフティングを経て現在パンクラスで活躍するハルク大城が合流。代わりにウィッキーと対戦することとなった。

「収入…月10万ぐらい。双子が最近生まれたばっかり」というウィッキーに対し、突然参戦の決まったハルクも格闘家を目指して沖縄から上京し学校の給食作りで生計を立てる苦労人。1回戦第2試合も「僕がもっと勝てば おばあちゃんすごい喜ぶんで、お金入って おばちゃんに楽させて色んな所連れて行ってやりたいなって思ってます」という大尊に、一度は悔いを残して去ったUFCへの再挑戦を「もう最後のチャンスだと俺も思ってるんで、絶対勝たなきゃいけない所ですね」と語る廣田の対戦と、2人が入って勝者は1人の戦いながら、どちらも勝たせたい、負けてほしくないと思わせるのがTUF同様「Road to UFC JAPAN」の肝となる部分だ。

●ファイターたちの生きざまと思いがぶつかり合う!
 しかし当然勝者=勝ち上がるのは1人であり、7月27日に放送された1回戦第2試合まではウィッキー、廣田の両ベテランが揃って勝利。だが、「怪我しないように帰って来てね」という祖母との約束を「破ってでも勝ちたかった」と涙に暮れる大尊の姿は観る者の胸を打ち、「これで終わりじゃないだろ」と励ますジョシュもさながら学園ドラマの教師のようでもあった。6回目8月10日放送では、トーナメント1回戦最後の試合となる第4試合で、DJ.taikiが長倉に判定勝利となっている。

 決して楽ではない生活を送りながら、強さと格闘技での成功を夢見て日々戦うファイターたち。彼らの思いと必死な姿が今後も目を離せない、UFC日本大会への期待を最高に高めてくれる必見プログラムである。

(取材・文:長谷川亮)




■対戦カード

<メインマッチ フライ級 5分3R>
ジョシュ・バーネットvsロイ・ネルソン

<第十戦 フライ級 5分3R>
ゲガール・ムサシvsユライア・ホール

<第九戦 フライ級 5分3R>
堀口恭司vsチコ・ケイミュス

<第八戦 バンタム級 5分3R>
水垣偉弥vsジョージ・ループ

<第七戦 ウェルター級 5分3R>
国本起一vsリー・ジンリャン

<第六戦 バンタム級 5分3R>
山本”KID”徳郁vsマット・ホーバー

<第五戦 Road to UFC Japan フェザー級 5分3R>
畑“DJ.Taiki” vs廣田瑞人

<第四戦 フェザー級 5分3R>
菊野克紀vsディエゴ・ブランダオン

<第三戦 ライト級 5分3R>
ニック・ハインvs粕谷優介

<第ニ戦 ライト級 5分3R>
小谷直之vsケイジャン・ジョンソン

<第一戦 ウェルター級 5分3R>
安西信昌vsロジャー・ザパタ

※対戦カードは変更される場合がございます。予めご了承下さい。


2015-08-28 19:46 この記事だけ表示