『UFCファイトナイト・ジャパン』(9月23日、さいたまスーパーアリーナ)の開催まで半月となった9月8日、この大会に出場する元DEEPウェルター級王者で“裸締め十段”の異名を持つ中村K太郎、元戦極SRC&DEEPライト級王者・廣田瑞人(ひろた みずと)、元パンクラス・ミドル級王者“アニマル”安西信昌(あんざい しんしょう)が都内で合同取材に応じた。

中村K太郎は2003年のプロデビューから15勝無敗2分けという戦績をあげ、06年からUFCに参戦。だがこの時は、プロ初黒星を喫しただけでなく、UFCで1勝もできずに3連敗し、契約解除されてしまった。

だがその後はDREAM、ケージフォース、戦極SRC、修斗、DEEPなど多くの大会で経験を積み、必殺技である裸締めだけでなく、ハイキックやパンチなど打撃にも磨きをかけていった。そして2015年7月に悠太(ALLIANCE)に裸締めで1R一本勝ちして、DEEPウェルター級王座を獲得する。

その2カ月後に行われた『UFCファイトナイト・ジャパン2015』で、出場予定だった選手が負傷欠場したため、急きょ代打としてリー・ジンリャン(中国)と対戦した中村は、大激闘を繰り広げた。序盤は「練習で磨いたパンチを使おう」とこだわりすぎため、逆に相手の打撃をもらって苦戦したが、最後は“伝家の宝刀”裸締めで逆転一本勝ちを飾り、UFC初勝利を挙げたのだった。

「さいたまスーパーアリーナは僕にとって、2年前に逆転勝ちしたゲンのいい会場。だから今回も、もし追い込まれても最後には逆転して一本勝ちします! もちろん、追い込まれないで勝てれば一番ですけど」と中村は笑う。

ただ、UFCに出場する選手は強豪ぞろいだから、なかなか簡単には勝たせてはくれない。中村もリーに勝った後、イギリス大会で地元のトム・ブリーズに判定負けしてしまった。

ブリーズ戦後には、オーストラリアの強豪カイル・ノークに裸締めで一本勝ちすることができた。しかし前回、昨年10月の試合では、ブラジルのエリゼウ・ザレスキ・ドス・サントスと接戦の末、判定負けを喫してしまった。

このドス・サントス戦で中村は、たんに敗れただけなく、網膜剥離になり、手術を受けることになった。このため、1年近くも試合から遠ざかることになってしまった。さすがにこれは本人もこたえたようで、「網膜剥離になってしまいました……試合は少し間をおかなくてはなりません。同情のお便りお待ちしてます。」とSNSに書き、術後4日目の右目の写真をアップしている。

しかし今回中村は、「目の手術はうまく行って、その後の経過も順調です。川尻(達也)さんが手術を受けたのと同じクリニックなんですけど。再発もしてないですし。今は試合に向けて減量もうまく行って、いい感じです」と復調をアピールする。

今回中村が対戦する相手のアレックス・モロノは、中村より6歳若い27歳のアメリカ人で、グレイシー・バッハ・ウッドランズ所属。つまり、グレイシー一族の系列の道場に通っている選手で、グレイシー柔術黒帯だ。それだけでなく、テコンドーも黒帯というオールラウンダーである。

モロノについて中村は「(足技主体の)テコンドーの選手というイメージはそれほどないですが、大きなフックを振り回してくる印象ですね。だから、いいフックをもらわないように気をつけて戦います」と、モロノのパンチを警戒する。
モロノの戦績は13勝4敗で、4つのKO勝ちと5つのサブミッション勝ちがあるオールラウンダーだ。サブミッションでは、腕ひしぎ十字固めで3度勝利している。

「寝技になったら、向こうの十字が上か、僕の裸締めが上かの勝負になりますね」と中村。「モロノは一度も一本負けがないらしいから、僕の裸締めで、初めての一本負けを味あわせてあげますよ!」と豪語した。2年ぶりの「さいたまスーパーアリーナ」で、今回も必殺技の裸締めで『パフォーマンス・オブ・ザ・ナイト』(大会ベスト技能賞)の賞金5万ドル(約500万ドル)をゲットできるか?

中村同様、廣田瑞人にとっても「さいたまスーパーアリーナ」は特別な場所だ。 ここには、いい思い出だけでなく、苦い思い出もある。ここで、廣田は何度も戦ってきた。2009年8月に『戦極』で北岡悟をTKOして戦極ライト級王座を奪取したのもここだし、同年の大みそかの『Dynamite!! 〜勇気のチカラ2009〜』で行われたDream vs戦極の対抗戦で、北岡の盟友であるDREAMライト級王者・青木真也と戦い、アームロックで右上腕を折られたのもここだった。

「UFCの試合で、僕がここで戦うのは今回が3度目です。UFCでは、さいたまで、まだ一度も勝ってない」と廣田。同アリーナでのUFCの戦績は1敗1分けだ。「だから3度目の正直で、今回は絶対勝ちます!」と勝利を誓った。

廣田も中村と同じく、1度はUFCからリリースされた経験を持つ。2011年に菊野克紀(きくの かつのり)を破ってDEEPライト級王座を獲得し、翌12年に、当時アメリカでUFCに次ぐ総合格闘技団体だった『ストライクフォース』でパット・ヒーリーと大激戦をしたことが評価され、13年からUFCに参戦したのだ。だが、この時は2連敗してリリースされてしまった。

廣田はその後、DEEPで3連勝を重ね、2015年にテレビ東京で放送された番組『Road to UFC Japan』のトーナメントに出場した。これは、「トーナメントで優勝すればUFCとの正式契約がゲットできる」というもので、カメラが出場選手たちに密着して、日常生活や練習を追うという番組だ。

廣田はこのトーナメントを勝ち抜いて決勝進出。同年9月にさいたまスーパーアリーナで行われたUFCジャパンでの決勝戦で、石原“夜叉坊”(いしはら やしゃぼう)の名で知られている、石原暉仁(てると)と対戦。結果は引き分けだったが大激戦で、両者ともUFCとの契約をゲットしたのだ。

しかし石原戦で足を負傷した廣田は、1年3ヵ月もの長期欠場を余儀なくされ、昨年12月の再起戦でコール・ミラー(アメリカ)に判定勝利してUFC初勝利をあげたが、前回はこの6月、オーストラリアのアレクサンダー・ヴォルカノフスキーに判定負けしてしまった。

「新鋭にやられて、すごくショックでした」と廣田は悔しそうに振り返る。「“キワ”の部分ですごくやられましたね。寝ワザからの“立ちぎわ”とか、組みついた後の“離れぎわ”とかが、UFCではすごく大事なんです。そこでちょっとスキを見せると、やられちゃう。一瞬の油断が致命打になる」

たしかに現在のUFCのレベルは、初期とは違って、立ち技に穴があるとか、タックルを切るのが苦手とか、寝技に穴がある、などという選手がほとんどいなくなり、「打・投・極」の全局面で戦える選手ばかりになった。だからこそ、“キワ”の攻防が重要になってきたのだ。

「今回の試合に向けて練習していく中で“キワ”を意識してやってきました」と廣田。「その上で、試合ではハイキックで勝ちたいですね。最近、スパーリングで、よく入るコンビネーションがあるんです。右ストレートからの右ハイキック。これで倒したい」とKO勝ちを狙う。

相手のチャールズ・ローザ(アメリカ)は廣田より8p長身の178pで、フロリダの名門『アメリカン・トップチーム』の選手である。ここにはUFCの現王者が3人も所属し、7月30日にRIZINバンタム級トーナメントで所英男を1R KOした堀口恭司もいる。猛者ぞろいの名門で鍛えているローザは総合戦績11勝3敗。7つのサブミッション勝ちがある寝ワザ師だが、KO勝利も3つある。

「なるべく長い時間、立った状態で戦いたいですね」とストライカーである廣田は、ローザの寝ワザにはつきあわない作戦だ。

「今回は両親も見に来ます。UFCの試合を会場で見るのはたぶん初めてだと思います」と言う廣田。はるばる故郷の長崎県諫早市(いさはやし)から応援に来てくれる両親の前で、見事なKO勝ちを見せたいところだ。

「自分には、もう後がない。とにかく倒しに行く姿を見せたい。」廣田は背水の陣で、この一戦に臨む。

安西信昌にとって、今大会は2年ぶりの試合になる。パンクラス・ミドル級王座を獲得した2014年からUFCに参戦した安西は、マカオでのUFCデビュー戦では、ブラジルのアルベルト・ミナに何もさせてもらえず、1RでTKO負けを喫してしまった。だが2年前の日本大会でロジャー・サパタ(アメリカ)と対戦した際は、得意のタックルでテイクダウンし、バックを取るのにも成功。そして3R、パンチの打ち合いの最中にサパタが手を痛め、安西はTKOでUFC初勝利を収めた。しかしこの後、いくつものケガに泣かされ、2年間も試合から遠ざかることになってしまったのだ。

「この2年間は、ホントに修行でしたね。でも、おかげで見えてきた部分もある」と安西は言う。「以前と違って、しっかり相手を見るようになりました。それで、自分と相手を客観的に見て戦えるようになったんです」

負傷のために練習が思うに任せない間、人の試合や練習を見続けることで、それまで気づかなかった相手の動きや自分の動きを、一歩引いた位置から客観的に見ることができるようになったというわけだ。

現在の安西は、練習環境にも恵まれている。打撃は元K-1ファイターの宮本健太郎の元で磨き、総合は岡見勇信やGRABAKAの菊田早苗らと修業。レスリングは、自身がコーチを務める明治大学レスリング部で、若い選手たちを相手に汗を流している。

安西の今回の相手ルーク・ジュモー(29=ニュージーランド)は12勝(7サブミッション、5KO) 3敗という戦績のオールラウンダーだ。6月に地元ニュージーランドでUFCデビューし、判定で白星発進した。UFC参戦前から数えると、7連勝中と勢いに乗っている。

「ジュモーの試合は10試合くらい見ましたが、タックルで倒されてない試合が1つもないんです」と安西。「でも、相手は皆いいところまで行くのに、スタミナが切れて逆転されている。だから、そこに気をつけたいですね」

学生時代にレスリングでアジア大会3位の実績を持つ安西も、タックルで倒して上から殴る“グラウンド&パウンド”が得意パターンだ。安西が憧れたUFC&PRIDE王者、マーク・コールマンが得意とした戦法だ。当然、今回もそのスタイルで行くだろうが、タックルで倒してから、ジュモーにのらりくらりとかわされてフィニッシュできず、スタミナを奪われるのだけは避けたい。

「とにかく、何としても勝ちたい」と2年ぶりの試合に闘志を燃やす安西は、5月には米カリフォルニア州サンノゼの『アメリカン・キックボクシング・アカデミー』(AKA)で2週間の特訓も敢行した。AKAにはUFC前ライトヘビー級王者ダニエル・コーミエらがいる。コーミエはレスリングでオリンピックにアメリカ代表として出場した実績も持つ。コーミエ以外にも元UFCヘビー級王者ケイン・ベラスケスや、多くのレスリング・ベースの選手がいる名門ジムでの出稽古は、安西にとって、自分の戦い方を再確認するいい機会になった。

ジュモーは身長で10p、リーチで5p安西を上回る。「でも自分はいつも大きな相手とばかり試合してますし、練習でもそういう練習ができている。だから慣れてます」と安西は体格差を意に介さない。「逆に、こういう小さな体格の自分が、外国の大きな選手を倒す姿を日本のお客さんに見せたいです!」と“小よく大を制す”試合をして見せると宣言した。2年間の鬱憤(うっぷん)をすべて吹き飛ばすような、豪快な勝利を期待したい。


■大会名:UFC FIGHT NIGHT JAPAN
■日時:9/23(土・祝)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)

チケットの詳細はこちら

2017-09-20 19:21 この記事だけ表示

「UFCファイトナイト・ジャパン」(9月23日、さいたまスーパーアリーナ)開催まで1ヵ月を切った8月25日、大会に出場しキム・ドンヒョン(韓国)と対戦する五味隆典が、自身が新たにスタートした東林間ラスカルジムで合同取材に応じた。

 かつてPRIDE時代には10連勝を記録しライト級王者として強さを見せた五味だが、現在は14年9月・日本大会でのTKO負け(vsマイルズ・ジュリー戦)から4連敗。これまでは東京・久我山にあったジムを神奈川の東林間へ移転し心機一転、3年ぶりとなる日本での試合に臨む。

「ホームでできるのは素直に嬉しい。いろんなところで挑戦させてもらって、最後はホームでやりたいなっていうのがありました」

“最後”と気になる言葉が出たが、「大きな試合や海外、いいマッチメイクがあれば挑戦しますし、いろんな可能性がある。全部終わりじゃないんで。ジムも新しくなったんで、しっかりやっていかないと」と続け、これがラストマッチではないものの、UFCでの試合は日本大会が最後になると語った。

 新たなジムを置く相模原市は五味にとって格闘技を始めたゆかりのある場所。今回そうした地へ戻ることで原点回帰を図る意味合いもあるようだ。

「(ジムは)9月頭に全部完成するんですけど、(練習場所であるボクシングの)相模原ヨネクラジムも近くにありますし、1ヵ所でできるようになったので体的にもラクになります。元の久我山のジムと(練習場所であった)八景ジムさんのマットといろんなものをもらって、2つのジムがいいエネルギーになればと思います」

 環境を改めただけでなく練習内容に関しても見直しを行い、「最近は技術練習やスパーリングに頼っていたところがあったので、基礎体力を戻そうと昔から知り合いのトレーナーに来てもらってここで毎晩、そこの窓から何度も逃げ出すぐらいキツいウェイトトレーニングをやってます(苦笑)。今までは技術とロードワークだけでそこまで厳しくやっていなかったので、やっぱりいくら技術をつけても体力がないと活かせない」と話し、持ち味である爆発的ファイトの復活に期待を抱かせた。

 今回対戦するキム・ドンヒョンは“マエストロ”の異名を持つ身長180p、28歳の選手。日本にも来日経験があり、韓国の団体TOP FC王者を経てUFCに参戦し、ここまでの戦績は1勝2敗。「元PRIDEライト級王者である五味選手と戦うことになり、とても光栄です。試合にはベストコンディションで臨み、素晴らしいパフォーマンスを見せられるように頑張ります」とレジェンド五味との対戦に意気込みを示す。

 そんなドンヒョンを五味は「パンチとヒザで前に出てくる粗削りだけどアグレッシブな選手」と評し、「面白い試合になると思います。全部出し切る、しっかり汗のかける、お客さんに熱気が伝わる試合をしたい。試合でやり残したことも悔いもないから失うものはないし、全力でやるだけです」とUFCでの集大成となる一戦への思いを口にした。

 98年に20歳でデビューし、修斗、PRIDE、戦極、UFCと駆け抜けてきた五味も大会前日の9月22日で39歳となる。

「自分で祝えるよう、いい結果を出そうと思います。結局ファイターは勝った時しかいいことがないもんね。勝たないと何をやっても面白くない。元に戻った、自信にあふれた試合を見せたいです」

 会見の冒頭で今回がラストファイトではなくUFCでの試合が最後となることを語った五味だが、40代を間近にキャリアの締めくくりは当然頭にあり、「阿部(大治)選手は強いらしいし、(佐々木)憂流迦も前回いい勝ち方をした。後を任せられる選手がいっぱいるので、俺はもう最後のわがままと思ってファンの人にはつき合ってもらう。期待を裏切らない試合ができたらいいと思います」とバトンタッチを意識しつつも自身の試合へ闘志を見せる。

「判定? ダメだよ、KOじゃなきゃ」の名言でも知られる五味は、最後にノックアウト・オブ・ザ・ナイトの賞金を獲得した場合どう使うのか問われると、「もう物欲がないというか、ジムの移転で金が掛かったんでね。試合が終わったらここを子どもたちの声が響く道場にしたい。そのためにもいい試合にしたいです。ジムの会員募集中って書いておいてください(笑)」と答え、茶目っ気と笑顔を見せ会見を締めくくった。


■大会名:UFC FIGHT NIGHT JAPAN
■日時:9/23(土・祝)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)

チケットの詳細はこちら

2017-08-30 12:36 この記事だけ表示

「UFCファイトナイト・ジャパン」(9月23日、さいたまスーパーアリーナ)の開催まで1ヵ月半となった8月7日、UFCのプロモーションにフェザー級王者マックス・ホロウェイ(アメリカ)が来日。また、7月にUFC殿堂入りを果たした桜庭和志、同大会でUFCデビューの決まった近藤朱里、阿部大治も登場し、マスコミの囲み取材に応じるメディアイベントが行われた。

 ホロウェイは現地時間6月3日に敵地ブラジルで行われた「UFC 212」においてフェザー級王者ジョゼ・アルド(ブラジル)との王座統一戦に臨み(※ホロウェイは暫定王者)、迎えた3Rにワンツーの右ストレートを決め、そこからパウンドをまとめてTKO勝利。フェザー級に新時代到来を告げる勝利となった。

 日本食を満喫し、日本滞在を楽しんでいる様子のホロウェイは「アルドの地元のブラジルで彼をKOしたことで、これまで自分に批判的だったり懐疑的な目を向けていた人たちに対し実力を証明することができたと思う。やはり自分の強さを証明するには、最強の相手と戦って、その相手に勝たなければならない。蹴りでもヒザでもよかったけど、自分が得意な右ストレートで倒せたのがよかったし気持ちよかった」と、快勝したタイトルマッチを振り返る。

 フロイド・メイウェザーとのビッグマッチ(ボクシングルール)が決まっているコナー・マクレガーとの対戦(13年8月、判定でマクレガーが勝利)以来、11連勝と強さを増すホロウェイは「次はカブ・スワンソン(ランキング4位、アメリカ)とフランキー・エドガー(同2位、アメリカ)のタッグチームとやるのでも構わない。今後は自分のキャリアをより充実させていく。相手は誰でも構わない」と自信をみなぎらせる。

 13年4月に初参戦して以来、UFCで10試合を戦ったマクレガーが仕留めることのできなかった相手がこのホロウェイとネイト・ディアスであり、ホロウェイは4年越しのリベンジにも牙を剥く。

「戦って、コナーのオーラを感じたとかそんなことはなかったし、スゴいと言われている左のパンチだってもっとスゴい相手がたくさんいた。再戦は待つしかないけど、決まったら決まったでまたいろいろ言い訳をするんじゃないか」

 そんな挑発とも取れる言葉を残した。また注目のビッグファイト、メイウェザーとマクレガーの一戦についてはともにアグレッシブに攻めるよりカウンターを得意とするタイプであることを指摘した上で、「どちらが勝つか分からない」と回答。しかし「この試合を組めたことが1番で、勝者はメイウェザーでもマクレガーでもなくUFCだと思う」と、大局に立った独自の見解を示した。

 桜庭は総合格闘技界におけるパイオニアというカテゴリーで日本人初のUFC殿堂入りを実顔。この栄誉を受け、7月6日(現地時間)にアメリカ・ラスベガスで行われた式典に出席しスピーチを行った。

 現地での感想やファンからの反響を問われると、「ファンから話し掛けられて嬉しかったけど、正直英語だから分からなかった(苦笑)」と脱力系の桜庭節。9月に行われる日本大会では桜庭がともに練習を積んだ経験を持つマウリシオ・“ショーグン”・フア(ブラジル)がメインを務めるが、「ショーグンはデカいから圧力がスゴかった。それとずっと動いているからスタミナがスゴいなと思いました。彼の試合はいつ見ても面白いので頑張ってほしい」とエールを送った。

 また、今大会では桜庭と同じくプロレスラーというバックボーンを持つ朱里がUFCデビューを迎えるが、「どれがどうとかじゃなく、試合は全部同じだと思えばいいと思います。全部同じ試合だと思ってやれば、自分の持ち味が出る。あんまり深く試合のことを考えないで、なるべく普段自分が練習している状態を出すよう心掛ければいいんじゃないですかね」と、気負うことなく自然体で試合に臨むことを勧めた。

 その朱里は日本大会で19歳のジョン・チャンミ(韓国)と対戦。チャンミは5勝1敗の戦績でUFCは2戦目となるが、「リーチも背も高く、打撃が強い選手なので気をつけたい。1ラウンド目はしっかり見て、相手の技をかわして、組んだらテイクダウンを狙ってしっかり勝っていきたい」と意気込みをコメント。

「UFCと契約できたのはすごく嬉しい」と待望の初参戦を喜んだが、「やっぱりチャンピオンになるのが目標なので、9月23日のUFCジャパンでしっかり勝って上を目指したい。スターになります」と、UFC出場だけで満足することなく、現UFCストロー級王者であるヨアンナ・イェンジェイチック(ポーランド)との対戦を見据えた。

 朱里と同じく今回がUFCデビューとなる阿部は、柔道でインターハイを制した後キックボクシングへ転向してJ-NETWORKライトヘビー級王者となり、さらにそこからMMA(総合格闘技)に転じた異色の経歴の持ち主。MMAではデビューからわずか5戦でパンクラス王者となり、自身のアピールが実り日本大会でのUFC初出場が決定となった。

「UFCデビューなのでさいたまスーパーアリーナを沸かすような試合をします。たぶんKOで僕が勝ちますから、そこをしっかり見て下さい」と阿部は初参戦初勝利に自信を見せる。

 対戦相手は188pの長身選手イム・ヒョンギュ(韓国)となるが「身長が高くてリーチも長く、打撃で前にガツガツ来る選手」とその印象を語りつつ、「試合の状況次第でパンチだったりキックだったり投げたり、いろいろ変更してやっていこうと思ってます」「試合のスタイルにもこだわっているので、しっかりKOで倒すのを狙いにいきます」と、ただ勝つだけでなくインパクトを残して上位陣との対戦に繋げたい考えを示した。


■大会名:UFC FIGHT NIGHT JAPAN SHOGUN vs SAINT PREUX
■日時:9/23(土・祝)
■会場:さいたまスーパーアリーナ (埼玉県)

チケットの詳細はこちら

2017-08-14 17:05 この記事だけ表示