今年も大みそかには格闘技ビッグマッチが開催!毎年恒例となっている格闘技のビッグイベントが、12月31日(月)さいたまスーパーアリーナで開催される。今年は総合格闘技の『DREAM』と、世界最大のキックボクシング団体『GLORY』が合体し、総合格闘技と立ち技のハイレベルな試合が1枚のチケットで見ることが出来るようになった。


■大会名:GSI presents DREAM.18 & GLORY4 〜大晦日 SPECIAL 2012〜
■開催日:12/31(月) 16:00開始
■会場:さいたまスーパーアリーナ

>>詳細・チケット申込はコチラ!


■青木、高谷、北岡、マッハらオールスター総出演

 まず『DREAM』だが、母体となっていた株式会社FEGの倒産に伴い、2012年はイベント開催が困難に陥っていた。しかし、今回GLORYの協力を得て『DREAM.18』を大みそかに開催することとなった。日本の総合格闘技ファンにとっては、待ちに待った復活だ。対戦カードにはDREAMのオールスターがズラリと並ぶ。日本人対決と外国人対決は1試合ずつで、日本人vs外国人のマッチメイクが中心。

 DREAMの活動休止により、活動拠点をアジア最大の総合格闘技団体『ONE FC』に移した青木真也(パラエストラ東京/Evolve MMA)が、この一戦のために日本へ帰って来る。対戦相手はアントニオ・マッキー(アメリカ/BodyShop Fitness Team)。2003年8月から約7年間にわたって無敗、引き分けを挟んで13連勝を記録し、2010年9月には40歳にしてUFCとの契約を勝ち取ったことがある。巧みな試合運びから"マスター・オブ・ザ・ゲーム"の異名を持ち、『IFL』という団体ではアントニオ猪木率いる東京サーベルズの一員として活躍したことも。青木は「凄くいいものが見せられる自信が本当にあります。青木は成長した、というスタイルが見せられると思うので楽しみにしてもらいたい」と、自信のコメント。さらにスキルアップした青木のテクニックを見ることが出来そうだ。

 2010年の大みそかにDREAMフェザー級王座を奪取、2011年の大みそかには初防衛に成功した高谷裕之(高谷軍団)は、ジョージ・カラカニヤン(アメリカ)を迎え撃つ。カラカニヤンは空手、サンボ、ブラジリアン柔術をベースに持ち、これまでに挙げた19勝のうち一本が11勝、KOが4勝と極めの強さは折り紙つきだという。高谷は「(対戦相手は)アグレッシブでいい選手。外国人選手と対戦するのは久しぶりです。大みそかにはオレらしい試合をしたいと思います」と熱い試合を予告している。

 昨年の大みそかに青木と死闘を繰り広げた北岡悟(LOTUS)は、183cmの長いリーチを活かしたレスリング、打撃を得意とするウィル・ブルックス(アメリカ)と対戦。総合格闘技のキャリアで現在負けなしだというブルックスに、北岡は初黒星を付けることが出来るか?

 ベテランの桜井"マッハ"速人(マッハ道場)は、PRIDE武士道で美濃輪育久(現ミノワマン)、長南亮を倒した戦績を持つ豪腕のマッチョファイター、フィル・バローニ(アメリカ)と初対決。マッハは「凄い筋肉でパンチが凄く、破壊力のある選手」とバローニを評する。昨年の大みそかで長南亮を破って以来、1年ぶりの試合となるマッハは、この強敵を破って健在ぶりを示したいところだ。

■ビビアーノvs前田の王者対決!川尻vs小見川の日本人頂上対決

 マニアから注目されているのは、DREAMバンタム級王者ビビアーノ・フェルナンデス(ブラジル/ファイトチーム・ビビアーノ)vsDEEPバンタム級王者・前田吉朗(パンクラス稲垣組)の王者対決。DREAMにおいてバンタム級の絶対王者に君臨しているビビアーノは、柔術の実力に加えて弱点とされていたボクシング技術も向上し、いまや世界トップの完璧なる王者。対する前田は相手の意表を突く打撃にしぶとい寝技も身につけ、DEEPバンタム級王座を2度連続一本勝ちで防衛し、絶好調にある。前田がビビアーノをどこまで追い込むか、それとも番狂わせの勝利を収めるかが期待される。

 そして、日本人対決として川尻達也(T-BLOOD)vs小見川道大(吉田道場)のビッグネーム対決が実現。日本のリングを守り続けてきた川尻と、UFC帰りの小見川が雌雄を決する。魔裟斗に挑戦した打撃に加えて、日本人離れした圧倒的なテイクダウン能力を持つ川尻は、2011年7月から4試合連続で一本・TKO勝ちと連勝中。小見川は自ら"ネオ柔道"と名づけた打撃&テイクダウンで5連勝を飾ってUFCへ進出、1勝4敗ではあったが全て判定までもつれ込むしぶとさを見せ付けた。両者の戦いはどちらがテイクダウンを奪い、上になるか。スリリングな攻防が繰り広げられそうだ。

 ファンが1年間待ちに待っていた以上に、DREAMでの戦いに飢えていた日本人ファイターたちの、"これぞ日本の総合格闘技"という試合に期待したい。

■アーツ、シュルト、ボンヤスキーが新ルールのトーナメントに挑む

 K-1の活動停止に伴い、ヨーロッパで勢力を拡大していた『GLORY』が、いよいよ日本に初上陸する。大みそかのビッグイベントにGLORYが用意したコンテンツは、"グランドスラム"と名付けられた16名によるトーナメントだ。このグランドスラムは、なんと1日で優勝者を決めてしまうというもので、優勝するためには4試合を勝たなければならないという過酷なシステム。1回戦と準々決勝は2分3R、準決勝は3分3Rで行われるが、1Rと2Rを片方の選手が取れば3Rは戦わなくてもいいというルールが採用される(決勝のみ3分3R延長戦は2Rまで)。

 今回のトーナメントはヘビー級で行われ、セミー・シュルト(セーム・シュルトから表記変更)、レミー・ボンヤスキー、ピーター・アーツ、グーカン・サキ、ダニエル・ギタ、エロール・ジマーマンとK-1でお馴染みのヘビー級ファイターたちがズラリと並んだ。彼らにブライス・ギドン、リコ・ベホーベン、イゴール・ユルコビッチ、アンデウソン"ブラドック"シウバといったヨーロッパで台頭してきたヘビー級の新鋭たちが挑む。日本からはRISEで活躍する羅王丸が参戦。

 2Rを先取した方が勝ち上がるというルールから、試合は短期決着を狙った戦い方となりそうだ。よりアグレッシブに攻めた方が有利になるが、もし2Rを先取できず3Rまでもつれ込んだ場合は、先に攻めた方がスタミナ切れとなって3Rで逆転される可能性も考えられる。

 この新システムがトーナメントの勝敗にどのような影響を及ぼすのか? あっと驚くような新ヘビー級覇者が誕生するかもしれない。
 今年も年末は、5DREAMから目が話せない!




■大会名:GSI presents DREAM.18 & GLORY4 〜大晦日 SPECIAL 2012〜
■開催日:12/31(月) 16:00開始
■会場:さいたまスーパーアリーナ

>>詳細・チケット申込はコチラ!

【対戦カード】
<GLORY4 グランドスラム ヘビー級 − 16人トーナメント>
1回戦(1):セミー・シュルト vs ブライス・ギドン
1回戦(2):セルゲイ・ハリトーノフ vs リコ・ベホーベン
1回戦(3):グーカン・サキ vs 羅王丸
1回戦(4):アンデウソン"ブラドック"シウバ vs イゴール・ユルコビッチ
1回戦(5):レミー・ボンヤスキー vs フィリップ・ヴェルリンデン
1回戦(6):エロール・ジマーマン vs ジャマール・ベン・サディック
1回戦(7):ピーター・アーツ vs ムラッド・ボウジディ
1回戦(8):ダニエル・ギタ vs ファビアーノ・サイクロン

■準々決勝 ■準決勝 ■決勝戦

<GLORY4 70kg級スーパーファイト>
 長島☆自演乙雄一郎 vs ロビン・ファン・ロスマーレン
<ヘビー級スーパーファイト>
 ジェロム・レ・バンナ vs KOICHI
<DREAMウェルター級ワンマッチ>
 桜井"マッハ"速人 vs フィル・バローニ
<DREAMフェザー級ワンマッチ>
 高谷裕之 vs ジョージ・カラカニヤン
<DREAMライト級ワンマッチ>
 北岡悟 vs ウィル・ブルックス
<DREAMバンタム級ワンマッチ>
 ビビアーノ・フェルナンデス vs 前田吉朗
<DREAMミドル級ワンマッチ>
 メルヴィン・マヌーフ vs デニス・カーン
<DREAMライト級ワンマッチ>
 青木真也 vs アントニオ・マッキー
<DREAMフェザー級ワンマッチ>
川尻達也(T-BLOOD) vs 小見川道大(吉田道場)

2012-12-25 12:00 この記事だけ表示

まさに、総合格闘技オールスター戦!『DREAM.17』は格闘技ファン待望のビッグイベントだ!

 総合格闘技イベント『DREAM』に新展開! 2008年3月15日に旗揚げし、17回目を迎える今大会は国内のトップ選手が勢ぞろいするオールスター戦となり、新たなる試みがいくつも行われる。日本の総合格闘技界を常にリードしてきた『DREAM』が、日本に再び総合格闘技ブームを巻き起こすための大勝負に出た。9月24日(土)さいたまスーパーアリーナで行われる『DREAM.17』を見逃すな!
(構成・文:GBR編集長 熊久保英幸)

大会名:『FIGHT FOR JAPAN DREAM.17』
開催日:9/24(土)
会場:さいたまスーパーアリーナ(埼玉県)

★大会詳細とチケット申込みはコチラ!

DREAM 販売詳細ページ300_250.jpg

<ウェルター級ワンマッチ 5分3R>
桜庭和志 vs ヤン・カブラル

<DREAMミドル級 ワンマッチ 5分3R>
中村和裕 vs ジェラルド・ハリス

<DREAMバンタム級(−61キロ)世界トーナメント1回戦 5分3R>
所英男 vs アントニオ・バヌエロス

<DREAMバンタム級(−61キロ)世界トーナメント1回戦 5分3R>
ビビアーノ・フェルナンデス vs 大塚隆史

<DREAMバンタム級(−61キロ)世界トーナメント1回戦 5分3R>
今成正和 vs エイブル・カラム

<DREAMバンタム級(−61キロ)世界トーナメント1回戦 5分3R>
ユサップ・サーデュラエフ vs ホドルフォ・マルケス・ディニス

<DREAMフェザー級(−65キロ)ワンマッチ 5分3R>
宇野薫 vs リオン武

<DREAMフェザー級(−65キロ)ワンマッチ 5分3R>
川尻達也 vs ヨアキム・ハンセン

<DREAMライト級(−70キロ)ワンマッチ 5分3R>
青木真也 vs ロブ・マックロー

<DREAMライト級(−70キロ)ワンマッチ 5分
北岡悟 vs ヴィラミー・シケリム



■今回から試合時間が変更、5分3R制で積極的な試合が期待される

 まず大きな変化として、『PRIDE』と同じ試合時間だった1R10分・2R5分(タイトルマッチは10分・5分・5分)が、5分3R(タイトルマッチは5分3R)に変更となった。これは「1Rが10分というルールでは極めるチャンスも増えると思うのですが、最近は軽量級の選手が中心となっていて、どうしても軽量級の試合はパンチでのKOが少なくなる。そこで試合を5分でリセットしてより積極的に戦ってもらいたい」(笹原圭一DREAMイベントプロデューサー)という理由からだ。採点はラウンド毎にポイントを付けるラウンドマストシステムではなく、これまで通り1試合をトータルで見て勝敗を決める。この試合時間変更が試合内容にどのような影響を与えるのかが、今大会のみどころのひとつでもある。


■バンタム級世界トーナメントが開幕!日本人は生き残れるか?

 注目は今大会で開幕戦を迎える「バンタム級世界トーナメント」だ。『K-1』と同じように日本人トーナメントを行って日本代表を決め、それに世界の強豪たちを加えて世界一決定トーナメントを行うというシステムが今年からDREAMにも導入された。今年5月から開幕した日本トーナメントは7月に決勝戦を迎え、今成正和を破った所英男が優勝。日本代表は所、今成、DEEPバンタム級チャンピオンの大塚隆史(3位になった大沢ケンジが怪我で欠場となったため推薦出場)に決まった。

 所はアメリカのアントニオ・バヌエロス、今成もアメリカのエイブル・カラム、大塚はブラジルのビビアーノ・フェルナンデスと1回戦で対戦。1回戦もう1試合はロシア・タゲスタン共和国のユサップ・サーデュラエフとブラジルのホドルフォ・マルケス・ディニスによって争われる。

 バヌエロスは元UFCライトヘビー級王者チャック・リデルに総合格闘技を学び、アメリカの総合格闘技イベント『WEC』で活躍。WECでは9勝を挙げている現役バリバリのアメリカ人ファイターである。カラムもアメリカの金網総合格闘技イベント『KOTC』で世界フライ級王座に就いており、戦績は18勝4敗と高い勝率を誇っている。DREAMでは2009年に行われたフェザー級グランプリ2回戦で所に一本負けを喫しているが、1回戦では西浦"ウィッキー"聡生から勝利を奪った。

 サーデュラエフはレスリングのオリンピック代表チームの練習にも参加し、アメリカに移住後は柔術を学び、総合では9戦8勝1分と無敗の新鋭。ディニスはブラジルの名門ノヴァウニオンからの推薦選手で、柔術とムエタイをベースに持つ、修斗南米フェザー級1位の選手だ。

 そして、多くの選手・関係者が優勝候補に挙げているのが前フェザー級王者のビビアーノである。ビビアーノはブラジリアン柔術の世界選手権やブラジル選手権で優勝、総合格闘技転向後はDREAMフェザー級グランプリに参戦し、大塚、今成、ジョー・ウォーレン、高谷裕之を撃破して初代DREAMフェザー級王座に就いた。同王座はヨアキム・ハンセンを破って初防衛に成功したが、昨年の大みそかに高谷に敗れて失い、今回はベスト体重であるバンタム級に転向しての第一戦となる。

 ストップ・ザ・ビビアーノの一番手となる大塚が番狂わせを起こすことが出来るか、日本人ファイターは何人が2回戦へ駒を進めることが出来るかがトーナメント1回戦の見どころだ。


■ファン待望の北岡悟が初参戦!川尻達也は因縁の相手と激突

 今大会では新たな日本人トップファイターがDREAM初参戦を果たす。
『SRC(戦極)』であの五味隆典に一本勝ちし、初代ライト級王者となった北岡悟(LOTUS)が待望の参戦。青木真也の盟友であり、パワフルな寝技を武器に国内外の強豪としのぎを削ってきた歴戦のツワモノだ。特にvs外国人選手にめっぽう強く、これまで外国人選手とは13戦を行い、11勝1敗1分の戦績。今回は第10代修斗世界ウェルター級王者のヴィラミー・シケリムとDREAMデビュー戦を行う。必殺の足関節技とフロントチョークでシケリム戦を突破し、DREAMライト級戦線でも存在感を発揮するのか?

 これまで青木と共にDREAMを牽引してきた川尻達也が今大会から心機一転、ライト級から1階級下げてフェザー級に転向するのも大きな話題となっている。現在、フェザー級にはチャンピオンの高谷を筆頭に、宮田和幸、宇野薫、リオン武、石田光洋ら日本を代表するトップファイターが多数おり、そこへ川尻が加わることによってグッと層が厚くなる。一度は弾かれた世界の壁に、この階級で再チャレンジすることを目標に掲げている川尻は今回、同じくライト級から転向したヨアキム・ハンセンと対戦。

 実は両者には因縁がある。2006年2月に修斗世界ウェルター級タイトルマッチで初対戦した際、ハンセンのローブローによって川尻が試合続行不可能となり、1Rわずか8秒でハンセンが反則失格負けとなっているのだ。川尻は因縁の再戦に「前回の試合で久しぶりにTKOで勝てて、周りの反応も違いました。判定じゃ面白くないし、次もKO・TKOで終わらせたい」と意気込んでいる。


■青木真也はベラトールFCからの刺客を迎撃!桜庭和志も参戦

 ほかにも豪華なワンマッチがラインナップされている。DREAMの大黒柱・青木真也は、DREAMが新たに協力関係を結んだアメリカの総合格闘技イベント『ベラトールFC』が送り込む刺客ロブ・マックローと対戦。マックローは「俺は青木のミスを待ち、そこにつけこんで殴りたい。グラウンドゲーム(寝技)には付き合わない。彼を殴る瞬間が楽しみだよ。必ずKOか一本で終わらせる。青木と試合をすることだけでなく、青木を粉砕することが私にとって一番重要なことだ」と不敵なメッセージを送りつけてきた。

 昨年の大みそか以来の試合となる桜庭和志は、黒帯柔術家ヤン・カブラルと再起戦を行う。大みそかのマリウス・ザロムスキー戦で右耳が半分に切れてしまうという怪我を負った桜庭だが、手術は無事に成功。飛び出ていた軟骨も削り、“新しい耳”で45試合目に臨む。カブラルは2007年ブラジル柔術オリンピック連盟世界選手権で優勝するなどの実績を持ち、同年12月にプロデビュー後、現在まで9戦9勝全てサブミッションでの一本勝ち。桜庭とは激しい寝技の攻防となりそうだ。

 昨年7月以来の参戦となる吉田秀彦の一番弟子・中村和裕は、レスリングをベースにし、UFCでも活躍したジェラルド・ハリスとの対戦が決定した。ハリスは18勝のうち9勝がパンチによるTKO勝利で、UFCでは投げで相手をKOするなど、“ハリケーン”の異名に相応しい攻撃的なファイターだ。中村はこの一戦へ向けて「今は軽量級が主体になって、PRIDEがあった頃と比べると重量級の試合が減っています。自分はお客さんの心に残るような試合を見せるポジションにいると思うし、そういう試合が出来なかったら、試合に出る気はないです。(それは進退をかけてやるということ?)そういう意味合いも当然あります」と力強く語っている。

 さらに、大注目の日本人対決が実現! 宇野薫vsリオン武である。大ベテランの宇野に挑むリオンは前回のDREAMで鮮やかなKO勝利を収めており、「まだ宇野さんと佐藤ルミナさんをどちらもKOした日本人はいないと思うので、僕がその第1号になります」と憧れの選手でもあった宇野を相手にKO勝ちを狙うという。挑まれる立場の宇野は「思い切りぶつかります。気持ちが伝わる試合をしたいです」とコメントしている。

 9・24さいたまスーパーアリーナで開催される『DREAM.17』はこの通り、盛りだくさんの内容! 新たなる総合格闘技のムーブメントはこの大会から生まれる!

DREAM 販売詳細ページ300_250.jpg