【決戦間近!e+独占インタビュー特集その3 B×Bハルク&鷹木信悟(GHCジュニアヘビー級王者) of『THE GATE OF GENERATION』】[プロレス]
【決戦間近!e+独占インタビュー特集その3 B×Bハルク&鷹木信悟(GHCジュニアヘビー級王者) of『THE GATE OF GENERATION』】 

080317_dragongate_03-1.jpg
写真提供:DRAGON GATE  撮影:矢野寿明


 ドラゴンゲートの春のビッグマッチ『THE GATE OF GENERATION』が3月20日、東京・大田区体育館で開催される。同体育館は改修工事を行なうため、3月末で一時閉館。プロレスの興行としてはドラゴンゲートの今大会が最後となる。日本プロレス史において欠かせない会場だっただけに、ドラゲーファンのみならず、プロレスファンなら見逃せない大会だ。これまで数多くの名勝負を生んできた大田区体育館。その最後の舞台でドラゴンゲートはどんな闘いを見せてくれるのか。中でも注目なのはCIMAに吉野が挑むオープン・ザ・ドリームゲート選手権と、ドラゴンゲート対NOAHといった対抗戦の意味合いが強い、鷹木&ハルク組にKENTA&石森組が挑むGHCジュニアタッグ選手権。そこでドリームゲートを争う王者CIMAと挑戦者の吉野正人、そしてNOAHからの刺客となるKENTA&石森組を迎え撃つ鷹木&ハルク組に、大一番への意気込みを聞いてみた。

★3/20(木)『THE GATE OF GENERATION』大田区体育館大会をはじめとするドラゴンゲートの大会情報・詳細とチケット申込みはコチラ!


【B×Bハルク&鷹木信悟(GHCジュニアヘビー級王者)e+独占インタビュー】

 ——3・20大田区大会でGHCジュニアタッグ王座の初防衛戦を控え、現在の心境は如何ですか。

鷹木 自分の中ではGHCジュニアタッグの防衛戦というよりもドラゴンゲートのビッグマッチ、それもセミファイナルでNOAHのKENTA&石森組と闘えることに興奮している。

ハルク 向こうは自分たちの団体のベルトを何が何でも獲りにくるだろうし。交流戦ではなく、団体対団体の対抗戦といった、バチバチした闘いを期待している。

080317_dragongate_03-2.jpg ——KENTA&石森組の印象はどうですか。

鷹木 KENTAに関しては蹴りが得意みたいだけど、自分は王者として真っ向から受けたいと思っている。そして全てを受け切った上で、クローズラインを叩き込む。石森とは体重差もあるし、圧倒底なパワーの違いを見せつけてやる。向こうはベルトを取り返しに乗込んでくるみたいだけど、こっちは普段通りの闘いをするだけ。

 ——GHCジュニアタッグ王座はドラゴンゲートとして4度目の挑戦で手に入れたベルトだけに、ここで落とせないですよね。

ハルク 自分のホーム、ドラゴンゲートのファンの前で初防衛戦をするわけだから、しっかり防衛したい。ここでベルトを獲られるようであればファンをがっかりさせるし、みんなの期待に応えたい。

鷹木 ベルトを獲った以上は防衛戦を重ねないと。後々、おまけみたいなチャンピオンだったと言われたくないので。ただ自分の中では最初にも言ったけど、タイトル戦というよりもドラゴンゲート対NOAHの闘いという方が強い。とにかく負けたくない。その結果、ベルトが再びオレたちの腰に戻ってくるとは思うけど。


(続く第4弾は『THE GATE OF GENERATION』の翌日に開催する『武勇伝・参』でインターナショナル・ジュニアヘビー級選手権のベルトを賭け、フジタ“Jr”ハヤト(みちのくプロレス)の挑戦を受ける≪王者≫望月成晃選手のe+独占インタビューをお送りします! )


写真提供:DRAGON GATE  撮影:矢野寿明


コメント


コメントを書く

お名前:[必須入力]
メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
 
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。