【WWE Live Japan 2018 見所特集コラム@】WWEが6年連続の両国2DAYS 4度目の凱旋で“ヒール”中邑真輔が初上陸![WWE]

地球規模のプロレス団体WWEが今年も多数のスーパースターとともに日本上陸!
「WWE LIVE JAPAN」が6月29日(金)&30日(土)、東京・両国国技館にて開催される。
この時期の両国2DAYSは6年連続、WWEユニバース(ファン)にとって風物詩になった感さえある。
さらには8月31日(金)のエディオンアリーナ大阪公演も追加決定されている。

今回の6月日本公演は、スマックダウン・ブランドでの上陸だ(8月大阪公演はロウブランド)。
年間最大イベント「レッスルマニア34」後にはメンバー入れ替えの“スーパースター・シェイクアップ”がおこなわれ、ロウ、スマックダウンとも新体制となった。
そのため、今回の日本公演は新生スマックダウンのお披露目ともいえるだろう。
現在進行形のスマックダウンが、両国のリングで展開されるのだ。

今年の日本公演で最大の注目、それはなんといってもスマックダウンの中心人物、中邑真輔の凱旋である。
新日本プロレスからWWEのスーパースターとなった中邑がWWEの一員として日本にやってくるのはこれが4度目。
しかも16年の初登場以来、WWE日本公演は東京&大阪で年2回おこなわれるようになった。
中邑のすごいところは決して“日本公演要員”でないところにある。
むしろ現地での活躍ありきで日本にやってくるようになっているのだ。
初凱旋(16年7月1日&2日)はWWEスーパースターとしてのお披露目で、日本育ちのクリス・ジェリコと対戦した。
2度目(16年12月3日)はNXT所属の中邑がサモア・ジョーを破りNXT王者となる快挙。
WWE昇格後、初の凱旋となった3度目の昨年9月16日には、WWE王者のジンダー・マハルに挑戦した。
両タイトルマッチとも日本仕様の特別待遇ではなく、現地の流れから生まれたマッチメークである。
しかも、来日のたびに異なるシチュエーションが彼の進化と飛躍を象徴していると言っていい。
そして今回も、また別の姿で母国に帰ってくる。
それは、“ヒール”としての顔である。
アメリカでは外国人にもかかわらず、中邑のWWE昇格は熱狂的に迎えられた。
昨年の「レッスルマニア33」直後のスマックダウンでWWE昇格が明らかになり、期待感が膨張。
1軍ブランド・デビューがPPV(17年5・21「バックラッシュ」)だったことからも期待の高さが伺える。
その通り、中邑はWWEで一大現象を巻き起こした。
8月20日の「サマースラム」で最高峰のWWE王座に挑戦。
タイトル奪取こそならなかったが、マハル、ランディ・オートン、バロン・コービン、ケビン・オーエンズら主力スーパースターとの抗争を展開した。
そして今年の1・28「ロイヤルランブル」では30人のランブル戦を初出場&初制覇という日本人初の大記録を打ち立てた。
ここで中邑は最大の祭典「レッスルマニア34」での対戦相手に新日本の東京ドーム大会でも闘ったAJスタイルズを指名。
AJが保持するWWE王座に照準を定めたのである。

過去、「レッスルマニア」に出場した日本人レスラーは11人(のべ18回)。
しかし、ヘビー級のタイトルに挑戦した者はまだいなかった。
その壁をぶち破ったのが中邑なのだ。
惜しくもベルト奪取には至らなかったが、AJとの好勝負は「レッスルマニア」の歴史に新たなる1ページを刻んでみせた。
試合後、AJが中邑をハグし健闘を称えると、7万8133人の大観衆が拍手を送った。
WWEネットワークの視聴者を入れれば、その数はとてつもなく膨大だ。
それだけに、感動のシーンで終わることもできただろう。
しかし中邑は、「レッスルマニア」を到達点とはしなかったのだ。
なんとまさかのローブロー。
いわゆる急所攻撃である。さらに顔面も蹴り上げてAJをリング下に落とすと、場外でも蹴りを入れてキンシャサを見舞ってみせた。
誰もが予想できなかったサプライズ。その答えが、ヒール転向だった。

以来、中邑はAJの急所をことあるごとに攻撃する。
試合が組まれていなくても乱入し、ローブローをぶち込んでいったのだ。
さいわい(?)、両者ともスマックダウンに残留とあって、絶対に決着をつけなければならないシチュエーションにある。
その後も急所殴打が繰り返され、サウジアラビアでの4・27「グレーテスト・ロイヤルランブル」、5・6「バックラッシュ」でタイトルを賭けて両者は激突した。
後者では反則裁定なしのノーDQマッチに発展したのだが、2試合とも引き分けとなり、AJが辛くも防衛に成功した。
中邑のヘビー級王座奪取はお預けの状態にある。

そして迎える今回の日本公演。
ヒールとしてやってくることが確実な中邑に対し、日本のWWEユニバースはどんな反応を見せるのだろうか。
29日はシングル戦で、30日はダニエル・ブライアン、サモア・ジョーを加えた「フェイタル4ウェイ戦」でAJスタイルズと対戦。
王者AJスタイルズに対抗するスマックダウンの中心人物として参戦する。
6・29&30両国で、2018年6月の中邑真輔を体感せよ!

(構成・文:新井 宏)



■大会名:WWE Live Japan
■日時6.29(金)、6.30(土)
■会場:国技館 (東京都)

チケットの詳細はこちら

2018-06-18 19:38 この記事だけ表示