【RIZIN.10 福岡大会】アンテ・デリア VS. リカルド・プラセル[格闘技]

[RIZIN MMA特別ルール(120.0kg以下):5分3R/インターバル60秒※肘あり]

アンテ・デリア VS. リカルド・プラセル

アンテ・デリア Ante Delija

1990年8月7日生/196cm/112.0kg/クロアチア出身/ Cro Cop Top Team 所属

ミルコ・クロコップが太鼓判を押すクロアチア期待の若手ホープ。11年にプロデビューしてからの6戦を全てフィニッシュで勝ち、その後ヨーロッパの大会で活躍するも、15年に膝の怪我で長期離脱を余儀なくされる。今回のRIZINデビュー戦は、約2年半ぶりの試合となる。怪我が完治してからはミルコのジムに所属し、ミルコのスパーリングパートナーとして日々技術を向上させている。そのミルコをして「こいつは規格外の、まさに別格。絶対に世界チャンピオンになる」と言わしめるファイトスタイルは、まさに超攻撃型。打撃、タックル、サッカーボールキック、全てを全力で打ち出してくるスタイルは見るものを魅了する。ミルコすら舌を巻く、圧倒的オフェンス力で、RIZINヘビー級戦線の新たなスターとなれるか。


リカルド・プラセル Ricardo Prasel

1990年6月2日生/200cm/112.0kg/ブラジル出身/ ALEMAO BROTHER'S TEAM所属

元プロサッカーのゴールキーパーという異色のバックグラウンドを持つ長身ファイターだ。10年から格闘技の練習を始め、12年に総合プロデビューし、その試合は1Rチョークで勝利。デビュー直後はキックボクシングの試合も行っていたが、15年からは本格的に総合格闘家の道へ歩み出す。持ち前の長身と長い手足で一本勝ちの山を築き、ここまで無傷の9連勝、フィニッシュ率100%という好成績を残している。直近の試合ではブラジルのAspera FCのヘビー級タイトルを奪取し、その実績をひっさげてのRIZIN初参戦となる。キックボクシングで培った鋭い打撃で相手を痛めつけ、体格からは想像もつかないスピードのタックル、そして長い手足で絡みついたら離さない寝技が最大の武器。ブラジルのスカイスクレイパーが狙うは、インパクトのある一本勝利だ。

コメント
「母国を背負って日本で試合をするという事はブラジルの格闘家だったら誰もが夢見る事なのでこれが叶った事は非常に光栄であり、嬉しく思います。RIZINで新たな歴史を作り、日本の新しい象徴になりたいと思っています。対戦相手は非常にタフで危険なストライカーだ。怪我で長期離脱をしていただけに戻ってきた時のモチベーションも非常に高いだろう。そんな彼を心から尊敬しつつ、最後に勝利コールを受けるのは私だと信じている。」




■大会名:RIZIN.10
■日時:5月6日(日) 開場13:30 開始14:30
■会場:マリンメッセ福岡
■席種・料金:VIP席<特典付>100,000円/SRS席20,000円/S席10,000円/A席6,000円


チケットの詳細はこちら

2018-03-12 19:38 この記事だけ表示