【RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1st ROUND -秋の陣-】ジェロム・レ・バンナ&KINGレイナが公開練習![格闘技]


10月15日(日)『RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1st ROUND -秋の陣-』まで一週間を切った今日、ついにRIZIN出場となるジェロム・レ・バンナとKINGレイナが渋谷区にあるFIGHT CLUB 428で公開練習を行なった。

RIZIN初出場、2年ぶりの試合となるジェロム・レ・バンナは現在44歳。しかし、衰えを知らないバンナの動きはキレキレ。サンドバックを蹴るたびにその衝撃の破壊力から報道陣からは驚きの声が上がった。


KINGレイナは打撃中心の練習を披露。ミット打ちで破壊力抜群のパンチや肘打ちバックブローなど調子の良さをアピールした。


KINGレイナのミット打ちが終わると、KINGに触発されたのかバンナが予定外のミット打ちを開始。切れ味鋭いキックやパンチを連打。予想外のKINGのトレーナーも「ゆっくり、ゆっくり」と恐る恐る打撃を受けた。


ジェロム・レ・バンナ、KINGレイナともに好調ぶりをアピールした。

以下、質疑応答

――コンディションは?

バンナ 非常にいいです。いま時差ボケに対処しているところです
KINGレイナ  いつも通りです。変わらないですね。

――バンナ選手はこの試合向けてはいつぐらいから準備してきましたか?

バンナ  まずジムをMMAファクトリーに変えました。そこにはUFCやベラトールのファイターたちがたくさんいます。そこで1カ月ほど前に本格的にトレーニングを始めました。でもその前からずっとコンディション作りはしてました。

――どんな気持ちで今回の試合に出場しますか?

バンナ  私のまず第一優先は日本で試合をすることです。なぜならば私は日本で作られた、名前をあげたファイターだからです。2年間試合ができていなかったのでとにかく日本のファンの前で試合をしたい。どんな試合になろうが、流血しようが構わない。流血して血が目立つように髪も白く染めてきました(笑)。

――対戦相手にはどんな印象を持っていますか?

バンナ  よく調べました。経験豊富な良い選手です。マーク・ハントに似ている感じですね。小さいマーク・ハントですね。

――KINGレイナ選手は今日打撃を披露しましたが、いま自分の中でレベルがどんな感じでしょうか?

KINGレイナ  新しくジムにタイ人のトレーナーが来て、いままではヒジとかヒザとかをあまり練習してこなかったんですが、RIZINのルールはヒジ、ヒザはあるのでそれに合わせた練習をしなきゃなと思っていたので。いままで以上に技術は上がってきているかなと思います。ムエタイ特有の動きを教えてもらえるので自分の気分も違いますし、伸びている感じがします。いい練習ができているのかなと。

――どんな打撃を当てたいですか?

KINGレイナ  何を当てたいというかオファーが来たのが二週間前だったので、いままでのもの、寝技で行こうかなって。

――バンナ選手を見てどう思いましたか?

KINGレイナ  どう思ったというか……格闘技を始めるまで格闘家を知らなかったので、今日の公開練習まで知らなかったんですよ。それで調べたらスゲー有名な人だったんだなって(笑)。本当に申し訳ないんですが……。

――バンナ選手からKINGレイナ選手にアドバイスはありますか?

バンナ  今のままで何も変える必要はないと思います。試合を見たことがないのですが、いま見た感じですと、常にアグレッシブに攻めていて、コンビネーションもいい。常にプレッシャーをかけ続ける選手なんだと思いました。右手も強いですし、凄い威力を感じました。

――相手の印象は?

KINGレイナ  RIZINから何の映像も届かないですし、わかんないです(笑)。『FUJIYAMA FIGHT CLUB』でちょっとクリス・サイボーグがミット打ちする映像が流れたのでそれを見たぐらいです。唯一わかるのは柔術青帯ぐらいですかね? あとはツイッターでクリス・サイボーグとギャビがなんか書いてていつも私がタグつけされてて、英語なんで何書いてあるかわかんないですけど(笑)。まあ、ぶっ倒すだけですね。

――バンナ選手は今後どんなことを考えていますか?

バンナ  私は日本のためなら死んでも構わないと思っています。東日本大震災が起きた時も猪木さんと炊き出しなどしました。あの時期はフランスから日本に駆けつけようとした時みんなから「日本に行かないほうがいい、放射能が危ない」と再三の注意を受けました。しかし、私は迷わずに日本に来ました。そのくらいの思いが日本にあります。RIZINが私に何かを望むなら私は何でもやります。



【全対戦カード】


第16試合 RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント一回戦Aブロック 5分3R
RENA(シーザージム/シュートボクシング世界女子フライ級(51kg)王者)
vsアンディ・ウィン(米国/カラテ・マフィア/元KOTC女子アトム級(47.6kg)王者)


第15試合 57kg契約(フライ級) 5分3R
那須川天心(TARGET/ISKAオリエンタル世界&RISEバンタム級(-55kg)王者)
vs藤田大和(リバーサルジム新宿Me,We/アマボクシング全日本選手権'11バンタム級優勝)

  〜休憩(21時まで)〜


第14試合 グラップリングルール 84kg契約(ミドル級) 試合時間未定
桜庭和志(フリー)
vsフランク・シャムロック(米国)


第13試合 70kg契約(ライト級) 1R10分・2R5分
西浦“ウィッキー”聡生(KRAZY BEE)
vsアンディ・サワー(オランダ/チーム・サワー/シュートボクシング世界スーパーウェルター級(70kg)王者)


第12試合 女子75kg契約 5分3R
KINGレイナ(FIGHT CLUB 428)
vsクリスタル・ストークス [Crystal Stokes](米国)

〜休憩&アトラクションタイム〜


第11試合 63kg契約 5分3R
川尻達也(T-BLOOD)
vsガブリエル・オリベイラ [Gabriel Leite de Oliveira](ブラジル/HEBROM FIGHT MMA)


第10試合 RIZINバンタム級(61kg)トーナメント一回戦 5分3R
石渡伸太郎(CAVE/パンクラス・バンタム級王者)
vsアクメド・ムサカエフ [Akhmed Musakaev](ロシア/ファイトナイト・グローバル)


第9試合 RIZINバンタム級(61kg)トーナメント一回戦 5分3R
ムン・ジェフン [Moon Jae Hoon](韓国/オクタゴンジム)
vsケビン・ペッシ [Kevin Petshi](フランス/スウェーデンSuperior Challengeバンタム級王者)


第8試合 RIZINバンタム級(61kg)トーナメント一回戦 5分3R
マネル・ケイプ [Manel Kape](アンゴラ/ポルトガル/VSチーム)
vs山本アーセン(KRAZY BEE)

  〜休憩〜


第7試合 120kg契約(ヘビー級) 5分3R
ジェロム・レ・バンナ(フランス)
vsロッキー・マルティネス(米国/スパイク22/DEEPメガトン級(+100kg)王者、元PXCヘビー級王者)


第6試合 RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント一回戦Bブロック 5分3R
アリーシャ・ガルシア [Alyssa Garcia](米国/UWF USA)
vsマリア・オリベイラ [Maria Oliveira Mota](ブラジル/パラナ・バーリトゥード)


第5試合 RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント一回戦Bブロック 5分3R
浅倉カンナ(パラエストラ松戸/DEEP JEWELS代表)
vsシルビア・ユスケビッチ [Sylwia Juskiewicz](ポーランド/士魂ロッズ)


第4試合 RIZIN女子スーパーアトム級(49kg)トーナメント一回戦Aブロック 5分3R
アイリーン・リベラ [Irene Rivera](スペイン/セルダニョーラ・ファイトクラブ)
山本美憂(KRAZY BEE)


第3試合 キックルール(肘無し) 51kg契約 3分3R
石井一成(東京KBA/元ムエタイTrue4Uフライ級王者)
vs政所 仁(魁塾/DEEP☆KICK -53kg級2位)


第2試合 キックルール(肘無し) 62kg契約 3分3R
裕樹(ANCHOR GYM/元RISEスーパーライト(-65kg)級・ライト(-63kg)級・スーパーフェザー級(-60kg)王者)
vsダルビッシュ黒木(KING EXCEED/RISEライト級(-63kg)11位)


第1試合 キックルール(肘無し) 58.5kg契約 3分3R
森本“狂犬”義久(BRING IT ONパラエストラ葛西/RISEフェザー級(-57.5kg)1位)
vsRYOTA・RENSEIGYM(錬成塾/大和ライト級王者)



■大会名:RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2017 バンタム級トーナメント&女子スーパーアトム級トーナメント 1st ROUND −秋の陣−
■日時:10/15(日)
■会場:マリンメッセ福岡 (福岡県)

チケットの詳細はこちら

2017-10-11 12:38 この記事だけ表示