【WWE日本公演 見所特集コラムC】2年前にNXT王者となった日本育ちのフィン・ベイラーが日本凱旋!思い出の両国で、元バレットクラブ対決も![WWE]

 ヒデオ・イタミ、戸澤陽、アスカ。日本人スーパースターが凱旋を果たすWWE日本公演「WWE LIVE TOKYO」6月30日(金=18時開場、19時開演)、7月1日(土=17時開場、18時開演)には、日本でプロレスを学んだ日本育ちのスーパースターたちもやってくる。その代表格が、フィン・ベイラーだ。

 アイルランド生まれのベイラーは、英国でレスラーデビュー、プリンス・デヴィットのリングネームで新日本プロレスに留学し頭角を現すと、ジュニアヘビー級戦線で活躍した。IWGPジュニアヘビー級王座を3度獲得し、ジュニアタッグ王座は合計で6度戴冠、ジュニアの祭典「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」でも2度の優勝経験と、実績もトップクラスと言っていい。

 そのデヴィットが新日本を卒業しWWEと契約をかわしたのは、2014年5月のことだった。リングネームをフィン・ベイラーとすると、同年10月にヒデオ・イタミと結託しNXTデビューを飾った。NXTではネヴィル、イタミを破りシングル王者へのチャンスを得るも、初挑戦での奪取はならず。しかし翌年7月4日の日本公演でケビン・オーエンズを破り、一軍昇格のないまま海外のハウスショーで王座を移動させるという快挙を思い出深い両国国技館のリングで達成してみせた。WWE初戴冠となったここからNXTブランドの王者として君臨、新興ブランドを牽引していくこととなる。同年終盤からはサモア・ジョーとの抗争を展開し、NXTのベルトをかけて何度も闘った。

 今回の日本公演に参戦するジョーもまた、日本のファンになじみあるスーパースターだ。TNAのトップスターとして活躍していたジョーは、ZERO1への初来日以来、日本のスタイルから多くをインスパイアされた大型レスラーである。NOAH参戦時には故・三沢光晴さんとGHCヘビー級王座をかけて闘い、GHCタッグ王座も保持していた。

 ベイラーがWWE昇格を果たしたのは、16年7月におこなわれたドラフトだった。ベイラーはロウの一巡指名によりNXTから移籍。セス・ロリンズ、シャーロット(WWE女子王者=当時)との同時指名からも期待の高さが伺えた。

 注目のルーキーには、新設されたWWEユニバーサル王座への挑戦がいきなり課せられた。まずはロマン・レインズとの王座決定戦出場者決定戦を制し、「サマースラム」でのセス・ロリンズ戦に進出。そしてそのロリンズをクー・デ・グラ(ダイビングフットスタンプ)で破り、いきなり一軍初戴冠という快挙を成し遂げた。ロウの中心人物に躍り出ることは間違いない。そう思わせるに十分な劇的PPVデビュー戦だったのだ。

 ところが、ベイラーはこの試合中に右肩を脱臼していた。手術が必要とのことで、翌日のロウで王座返上が発表された。しかもこの日に手術がおこなわれたことからも緊急を要する事態という事実が明らかになった。以後、ベイラーは長期欠場となる。彼が失ったベルトを獲得し第2代王者となったのは、NXT時代にしのぎを削り合ってきたオーエンズだった。

 懸命のリハビリを経てリングに戻ってきたのは今年3月10日のハウスショー。ロウの4・3オーランド大会でクリス・ジェリコの代打としてサプライズ復帰を果たし、ロリンズとのタッグを結成、因縁のジョー&オーエンズ組を撃破してみせた。

 返上を余儀なくされたベルト奪回をめざすベイラーは、4・24カンザスシティー大会でルーク・ギャローズ&カール・アンダーソン組と対戦。クラブを名乗っていたギャローズ&アンダーソン組とはもともと新日本でバレットクラブを組んでいた仲である。期せずして実現した再会マッチはロリンズ&ビッグキャスとのトリオで相手はジョー&ギャローズ&アンダーソン組。試合はロリンズがアンダーソンからピンフォールを奪い、ベイラー組の勝利となった。4月におこなわれた「シェイクアップ」(再編成)ではベイラー、ギャローズ、アンダーソンともロウ所属が決定。これにより、今後も元バレットクラブ対決が組まれていく可能性がある。

 事実、日本公演では初日にベイラーvsアンダーソンの一騎打ちが組まれている。アンダーソンにギャローズが加勢するのは確実。さまざまな駆け引きが繰り広げられるなかで、ベイラーは日本のリングでブラディサンデーを披露するか、また、反則お構いなしに合体攻撃を仕掛けてくるであろうアンダーソン&ギャローズのマジックキラーをどうかいくぐるのかが勝負のポイントになりそうだ。

 また、2日目には6・4「エクストリーム・ルールズ」でディーン・アンブローズからザ・ミスに移動したインターコンチネンタル王座にフェイタル4WAYマッチで挑戦する予定。奪回をめざすユニバーサル王座は現在ブロック・レスナーが保持しており、7・9「グレートボールズ・オブ・ファイヤー」でジョーが挑戦することがすでに決まっている。レスナーが限定出場のため、挑戦権を得るのはなかなか難しい状況だろう。それだけに、現在のインターコンチネンタル王座は事実上のロウナンバーワン王座と言っても差し支えない。ここでベイラーが勝つようならば、日本でふたたびベルトを巻くのと同時に、ユニバーサル王座奪還への足がかりにもなるだろう。2年前のWWE初戴冠が再現されるのか、ベイラーの闘いを見逃すな!

(構成・文:新井 宏)


※来日タレント、対戦カードは変更される場合があります。予めご了承ください。
※王座は5月20日、NXT「テイクオーバー:シカゴ」終了時点でのもの。



■大会名:WWE Live Tokyo
■日時:6/30(金)〜7/1(土)
■会場:国技館 (東京都)

チケットの詳細はこちら

2017-06-12 17:02 この記事だけ表示